夏目誠(精神科医)の名言

夏目誠(精神科医)のプロフィール

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

夏目誠(精神科医)の名言 一覧

最もストレス耐性がある人は「いつどこでも寝られる人」。それぐらい睡眠は大事。


メンタルの病などの深刻な状況をもたらす危険性があるストレスの状態は3つあります。「過剰」「継続」「繰り返し」です。問題はストレスが過剰なまま、継続したり、繰り返したりなど引きずることにある。


自律神経などが乱れて、体の弱い部分にストレス反応が表れるのが「注意報(第1段階)」だとしたら、気分の落ち込みや不眠が続くなどの心的ストレス反応は「警報(第2段階)」。メンタルの病が目の前に迫っていると警戒すべきです。


ストレスは常に悪者で、不要な存在だと思っている人がいるかもしれませんが、それは誤解です。ストレスの概念を提唱したカナダの医学者ハンス・セリエ博士は、ストレスを次のように例えました。「ストレスは人生のスパイスだ」と。スパイスの過剰摂取は健康に良くないが、一方でそれを全く使わない料理なんて食べられたものではありません。スパイスが料理にアクセントや変化をつけるのに欠かせないように、ストレスもまた刺激ある人生に送るために、なくてはならない存在なのです。


夏目誠(精神科医)の経歴・略歴

夏目誠、なつめ・まこと。日本の精神科医。「大阪樟蔭女子大学」教授。奈良県立医科大学卒業後、大阪府立公衆衛生研究所精神衛生部長心得、こころの総合健康センター部長などを経て大阪樟蔭女子大学教授。また、日本産業精神保健学会常任理事、日本産業ストレス学会理事長を務めた。著書に『気づき力で変化をキャッチ―ちょっと先読むメンタルヘルス』『「スマイル仮面」症候群―ほんとうの笑顔のとりもどし方』。

他の記事も読んでみる

佐野浩司

仕事のスキルは、同僚に相談するなど本人が働きかけるだけでいくらでも高まるので、そのちょっと手を伸ばす意識が行動に結びつきさえすればいいのです。仕事は教えられるものではなく、自分で学ぶものです。


オグ・マンディーノ

あなた自身でありなさい。たとえ全世界を欺くことができたとしても、本当のあなた以外の何者かになろうとすることは、何者にもならないより何千倍も悪い。他人を喜ばせるために、自分とは別物の何かに自分自身を引き上げようと、無駄な努力をするのはやめなさい。自分の虚栄心を満たすために偽りの仮面をつけてはならない。自分が達成したことを評価してもらおうと、躍起になってはならない。そうすればするほど、あなたそのものに対する評価が消えてゆく。


藤田晋

弊社が求めているのは、自分のアイデアに熱狂することができ、プライドも何もかなぐり捨てて、その実現に寝食を忘れて没頭できる人材です。


高島宏平(髙島宏平)

楽しいと思って起業したはずなのに、次から次へと起こるトラブルを前に、つらいと思うことがたくさんありました。しかし、つらいと思って得をすることは何もない。「何事も楽しむ」と気持ちを切り替え、事業が軌道に乗るまでの時期を乗り切りました。
【覚書き|創業時の厳しい時代を振り返っての発言】


村田昭治

企業の体質をより強化するときなのだ、という認識を徹底しなければならない。体質強化というのは、自社のもっている独自の価値を磨いてドメインをしっかり築き、確認し、それを着実に堅実に活用すること。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

当行も以前、人件費を抑えるべく大幅に採用を削減したことがありました。そして、その影響が20年近くたってから出てきて苦労した苦い経験があります。ですから、辛抱してでも、ほかを倹約してでも、トップは信念をもって採用も含めた人材育成を続けなければならないのです。これが、トップの重要な役割の一つ。


林家正蔵・9代目(林家こぶ平)

食べたり、寝たりといったことにも、昔以上に気を使うようになりました。これらはいわば、仕事に向けた攻めの準備。いい仕事をするために、大切にしているんです。おかげで、過去を振り返る暇なく、仕事を次々にやれています。


柳井正

部下の欠点ばかりを指摘する上司もいますが、欠点に目をつむって長所を活かすことのほうが大切。


野村修也

「敵は内側にいる」可能性がある。従業員の不満が多い会社では、社内の情報が故意に漏洩されるようなこともある。


佐々木常夫

上司が部下の行動を変えることだって相当に難しいのですから、部下が上司に「言うことをたびたび変えられては困ります」などと言ったところで、相手が反省するわけがないのです。ですから、上司の言うことがコロコロ変わるなら「上司は言うことを変える」ということを前提に仕事をする必要があります。日頃から上司をよく観察し、「この口ぶりだと、あとで言うことを変えるぞ」と予測して、変わっても対処できるよう仕事を進めるのです。


近藤誠一

重要なのは、いざという時のために人脈を作っておくことです。それは公邸に食事に呼んだり、出張して一緒に食事したり、セミナーやシンポジウムに出たりして、とにかくあらゆる階層、政治家、経済人、学者、一般人、学生などなど、ネットワークをつくって、何か問題が起こった時には誰に電話すればすぐ答えがもらえるか、働きかけができるかを考えておくことです。


浅井恵一

私自身、かつて在籍した総合商社では業務内容が異なる様々な部署で仕事をしてきました。振り返れば、その中で多様な考え方、価値観に出合った経験が自らを大きく成長させたように思います。


坂根正弘

ライバルに負けてもいいところ、あるいはライバルと同じぐらいでいいところをあらかじめ決めておき、その分、強みに磨きをかける。


ジェームズ・アンドリュー・スタンレー

日本では、文字の書き方が決まっているのが印象的です。日本の高校で英語教師をしていたとき、授業のあとで日本人の先生に、「ジェームズ先生、アルファベットが間違っていますよ」と言われてしまったのです(笑)。正しくは、間違えていたのではなく、それが「私の書き方」なのですが、注意されてしまいました。カナダでは、字は人が読めればOK。相手が読めさえすれば、オリジナルの書き方をしても人から何か言われることはありません。まさか日本で手書きの文字を注意されるとは思わず、日本人が型を重んじる人々だということを学びました。


髙柳浩二(高柳浩二)

これまではコンビニ業界全体が成長し、みんなでパイを分け合ってきた。これから日本は人口が減っていく。1店当たりの来店客数は減ることになり、客の取り合いが激しくなる。そう考えると、質を高めていかなければならない。


ページの先頭へ