名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

夏目漱石の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏目漱石のプロフィール

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

夏目漱石の名言 一覧

焦ってはいけません。根気づくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。


もし途中で霧か靄(もや)のために懊悩していられる方があるならば、どんな犠牲を払っても、ああここだという掘当てるところまで行ったらよろしかろうと思う。


万里の道を見ず、ただ万里の天を見る。


現下(今)の如き愚なる間違ったる世の中には正しき人でありさへすれば必ず神経衰弱になる事と存候(ぞんじそうろう)。もし死ぬならば神経衰弱で死んだら名誉だろうと思う。時があったら神経衰弱論を草して天下の犬どもに犬である事を自覚させてやりたいと思う。

【覚え書き|神経衰弱で休養している教え子の鈴木三重吉への言葉】


夏目漱石の経歴・略歴

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

他の記事も読んでみる

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)

あなたは自分の今日時点の資産合計額を即答できるだろうか。即答できれば、お金が上手く回っている可能性が高い。逆に即答できなければ確実に上手くいっていないはずだ。


足立正

私の処世訓をしいてひとつの言葉に求めるならば「謙虚に」ということになるだろうか。つまり、思い上がったり、出しゃばったりしないこと、そして人の立場を尊重することだ。お互いに他人の立場を認め合ってものごとに処したなら、たいがい事は上手く運ぶ。いろんな美徳が頭に浮かぶけれど、結局、謙虚の二字に尽きるように私は思えるのである。


花沢健吾

この世界に入って、技術的に桁違いの人が本当にいるんですよ。そこの差をどうやって埋めていくか。それのために使えるツールはどんどん使っていきたい。


石村和彦

ある商品の需要が減って、設備の稼働に余裕があるのなら、その時間を改善のためのテストに充てることもできます。厳しい状況でもそうして力を蓄える時間と考えれば、やるべきことはたくさんあると思うのです。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

素直に頭を下げると、たとえ党が違ってもみんなちゃんと教えてくれる。


伊佐山元

僕は居心地がよくなりすぎると危機を感じる性格なので、飛び出しました。


岸博幸

やりがいという言葉はとても抽象的で、もっと因数分解できるはずです。仕事をしていて感じるやりがいは、いろいろあります。たとえば、お客さんの喜ぶ顔を見たことかもしれないし、チームで何かを達成したからかもしれない。それくらい、人によっても異なるものです。自分が人生をどう送るべきかというベースがあってこそのやりがいです。人生の夢と希望を持ちましょう。


田中和彦

「自分でやった方が早い仕事」は、部下を鍛えることはあっても、自分にはプラスにならない場合がほとんどです。マネジャーは、そうした仕事に自分の時間を費やすのはもったいないという自覚を持つべきです。最初は部下へのレクチャーに時間をとられるかもしれませんが、将来への投資だと考えて、積極的に仕事を手放してください。


佐瀬守男

自分を成長させるヒントは、日々の仕事のディテール(細部)の中にあります。たとえば弊社でいえば、どうやって青のりをかけたらおいしく見えるか。あるいはお客様へどんな声の掛け方をしたら喜んでいただけるのか。そういった現場の小さな仕事と真剣に向かい合い続けることで、やがて本当の実力がついてくるはずです。


前川あゆ

男性の場合は身だし強みも大切。女性が男性を見る目は厳しいのです。特に、清潔感があるかどうかに気を配りましょう。身の回りの小物についても、手を抜いてはいけません。たとえば、靴が汚れていたり、取り出した名刺入れがポロポロだったりすると、女性の評価は急降下します。


吉越浩一郎

会社に経営理念はいらない。こう述べると顔をしかめる経営者は多いが、私はあえてそう明言しています。とくに日本の会社は、経営者が自分で考えたものではなく、何かの本を読んで拾ってきたような言葉を理念として掲げている場合が多い。学校の作文の宿題ではあるまいし、私に言わせれば、そんな理念はもう最初から落第です。会社において肝心なことは、作文の出来不出来ではない。現に行われている経営の出来不出来が問題なのです。


瀧本哲史

投資先で人材採用を行うとき、面接で必ず聞く質問があります。「いままであなたがやってきた仕事の中で、最も会社を儲けさせた私語とは何ですか?チームで取り組んだ仕事の場合、あなたがそこで果たした役割は何ですか?」これに答えられない人は基本的に採用しません。逆にきちんと結果を出してきた人は、この質問に即答できるはずです。