名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

夏目漱石の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏目漱石のプロフィール

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

夏目漱石の名言 一覧

焦ってはいけません。根気づくでお出なさい。世の中は根気の前に頭を下げることを知っていますが、火花の前には一瞬の記憶しか与えてくれません。うんうん死ぬまで押すのです。


もし途中で霧か靄(もや)のために懊悩していられる方があるならば、どんな犠牲を払っても、ああここだという掘当てるところまで行ったらよろしかろうと思う。


万里の道を見ず、ただ万里の天を見る。


現下(今)の如き愚なる間違ったる世の中には正しき人でありさへすれば必ず神経衰弱になる事と存候(ぞんじそうろう)。もし死ぬならば神経衰弱で死んだら名誉だろうと思う。時があったら神経衰弱論を草して天下の犬どもに犬である事を自覚させてやりたいと思う。

【覚え書き|神経衰弱で休養している教え子の鈴木三重吉への言葉】


夏目漱石の経歴・略歴

夏目漱石、なつめ・そうせき。日本の小説家、評論家、英文学者。幕末、江戸出身。一高時代、同級生の正岡子規に俳句や漢詩を学ぶ。東京帝国大学英文科卒業後、英語教師を経てイギリスに留学。一高、東大、明大などで教鞭をとったのち、小説の執筆を開始し人気作家となった。

他の記事も読んでみる

レイ・クロック

自分の客により良いサービスを行う気があるなら、地下のレイアウトや脇道のアクセスがあるかなど、微細に至るまで調べるべきだろう。


藤田晋

ビジネスで信頼できる人を見つけるコツは、「信頼できる人を見極められる人」を見つけること。最後は自分で確かめる必要がありますが、「Aさんが信頼している人なら、問題ないだろう」と考えられるからです。「信頼できる人を見極められる人」は、大きな仕事を成功させたメンバーの中で、中心となって動いていた人や、人をうまく束ねていた人である可能性が高い。そんな「信頼できる人をつなぐハブのような人」と知り合えると、仕事がスムーズに進む。


前刀禎明

自分の目的に合っているかを考えず、片っ端から真似をしても、効果は得られないでしょう。


佐々木大輔(経営者)

高い期待を持ってもらう努力がインターネット上の(クチコミの)拡散に繋がる。


服部幸應

私が32歳のとき、母が急逝し、栄養専門学校を急遽継ぐことになりました。当時、役員は父の代からの長老ばかりで、「まだ継ぐには早すぎる」「何も知らない若造が」という空気があり、常に針のむしろに座らされている気分でした。そんなある日、たまたま立ち寄った書店で出会ったのが、『現代の帝王学(伊藤肇著)』という本でした。僕はそこに書かれていることを、そのまま実行していきました。すると、面白いように本に書いてる通りになりました。また、何か壁にぶつかったときも、この本を読み返すようにしていました。この本がなかったら、30代のつらい時期を乗り切ることはできなかったでしょう。


早川幸治

英語のライティングは、「使う可能性のある文章」を想定し、実際に書いてみましょう。ビジネスシーンで使う英語は、難しい単語や独特の表現が多い一方で、「型が決まっている」という利点もあります。いくつかのパターンを覚えさえすれば、すぐに使える・通じる英語として活用できるのです。


数土文夫(數土文夫)

経営の根幹は会社の資産であるヒト、モノ、カネの相乗効果をいかに高めるかです。


実藤裕史

目の前の壁もよーく見れば意外と穴が開いている。突破法を考えると楽しくなってくる。


菅原勇継

「ヤレ、ヤレ」と言ったところで、本気になって働く人間はいません。大切なことは、プライドを持てる仕事をつくったり、やる気を出す環境を整えることです。当社のように人手不足の会社は多いですが、学歴にこだわらず、どんどん飛び込んできてほしいと願っています。


千本倖生

認識しているだけではダメ、決断しアクションに結び付けないといけません。一歩を踏み出すか踏み出さないかは、天と地ほどの差があります。


中原圭介

哲学書を読んでいれば、合理的な考え方ができるようになり、思考力や洞察力がぐんと高まります。初心者にはハードルが高いので、哲学の入門書や漫画からスタートしてもいいでしょう。


岩田松雄

与えられた仕事を片っ端からやっていくというのは、歴史の試験勉強をするのに教科書を最初から順に読んで、最後まで読み切れないようなものです。それではムダが多い。試験で良い成績を取ることが目的なら、試験に出そうなところから始めればいい。たとえば、過去問を調ベたり、先生が授業で強調していたところを思い出して「こういう問題が出そうだな」と予想し、そこを集中的に勉強したりすればいいのです。