名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

夏原平和の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

夏原平和のプロフィール

夏原平和、なつはら・ひでかず。日本の経営者。「平和堂」社長。滋賀県出身。同志社大学法学部卒業後、父が創業した平和堂入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

夏原平和の名言 一覧

生産者に感謝し、お買い求めいただくお客様にも感謝する、そういう気持ちを常に持とう。


社会はいろいろな会社を求めており、会社は社会の役に立たなければならない。


「平和堂があって幸せだな」とお客様に思ってもらえる会社にならなければならない。


近ごろでは競合他社との関係も、売り上げや順位を競うレース型より、地域に応じた演出に着目するコンテスト型に変わってきています。


商売は立ち止まったら終わりだ。思考をやめてしまったらそれはお客様に対する裏切り行為だ。


大学4年生のとき、海外に放浪の旅に出ました。先輩から、「これからは国際化の時代。海外に行け」と言われたのがきっかけです。


「社会」と「会社」。左右に併記すれば縦横どちらからも同じに読める。社会と会社は一体のもの。


父(創業者・夏原平次郎)は常に考え続けた人でした。出店をする時にもよく考え、店を出した後も、ちょっとここは気に入らないな、もっと改善方法が何かあるだろうと言っていました。


中国での教育のポイントは個人の責任に訴えることです。当社ではお店で腕組みしている社員からは罰金をとります。出来ない人は何度口で注意しても治らないんです。ですが、中国には個人責任のような意識がしっかりあって、罰金をとるというとすぐに聞きます。


近江商人の「三方良し」哲学で面白いのは、「世間よし」という言葉だと思うんです。モノを売る側が良くて、お客様も納得していただけるのが一番ですが、さらに社会も納得しなければいけないというのがポイントですよね。これは世界共通の商売哲学だと思います。


「会社」と「社会」とは表裏一体のようなもので、上から読んでも反対から読んでも全く同じ読み方をしますね。つまり、会社とは社会の役に立つ存在でなければならないということなんです。


チェーンストア化するにつれ、商品やオペレーションを標準化、専門化、単純化する必要があります。ただ、標準化を画一化と捉え、どの店も同じような品ぞろえ・サービスにする企業がみられますが、平和堂は違う。一定の基準はあるものの、地域性によって変化を加え、楽しい売り場づくりを優先しています。


商品を購入してもらうだけが店の目的ではありません。お客様にとって店に来ること自体が楽しいと思っていただけるよう工夫する。それが平和堂の企業メッセージである「はずむ心のお買い物」なのだと考えています。


レジ係の態度やサービスはきわめて重要です。レジ係はお客様の次回ご来店のお約束係。つまり、お客様にとってレジの印象がよければまた来ようと思ってくださるだろうし、悪ければ二度と来たいと思わないでしょう。


一段高いレベルの意識や行動を活動に求めています。たとえば、「いらっしゃいませ」は通常のあいさつ。しかし、「お暑いなか、ありがとうございます」「雨ですので、お気をつけてお帰りください」とひとこと添えれば、お客様の印象はぐっとよくなる。それにとどまらず、顔見知りのお客様には名前を呼んでみたらどうだろう、などと従業員が自分たちで考え、実践しています。


平和堂は、私たちの先人ともいえ近江商人の「三方よし」の精神も、経営に生かしてきました。売り手よし、買い手よし、世間よし。なかでも「買い手よし」、つまりお客様にどうすれば喜んでいただけるのか、ずっと工夫を重ねてきました。


おかげさまで平和堂は昨年度、売り上げと利益ともに前年度を上回る業績をあげることができました。これは社名にあるように、創業以来、お客様の平和な暮らしのお役に立つ、地域の平和に貢献する、社員に平和な生活を提供する――といったことを地道に積み重ねてきた結果であると思っています。


夏原平和の経歴・略歴

夏原平和、なつはら・ひでかず。日本の経営者。「平和堂」社長。滋賀県出身。同志社大学法学部卒業後、父が創業した平和堂入社。取締役、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

ビジネスマンは平日忙しいせいで土日に朝寝坊をして、体内時計のリズムを崩してしまうものです。そうして休みを無駄にして後悔した経験のある人も多いでしょう。そうならないためにも、週末も平日と同じ時間に起床する。これはぜひ守ってほしいと思います。どうしても週末に寝だめをしたいのなら、早く就寝すればよいのです。そうして意識して朝方の生活に変えていくことが、早朝学習に適した身体をつくる第一歩です。


丹羽宇一郎

自らを律することができないトップは、誰からも信用されない。


嶋浩一郎

読書を高尚な趣味であるかのように、大層に捉えるのはストレスの元。カジュアルに楽しむのがベストです。私自身、ベッドでゴロゴロしながら読むのが一番好きですし、お酒を飲みながら読むことも多いですね。だから本にはワインのシミがついていたり、店のレシートやカードが挟まっていたり。お風呂で読んだ本はもちろん、水でふやけています(笑)。


観音寺一嵩

初対面で相手を認知し、3秒以内に自分から、にっこりとした笑顔で話しかけるのがポイントです。そのときの話題は天気や気温といった時候の話題や出身地、出身校など、ラポール(信頼関係)づくりに役立つものがいいでしょう。盛り上がりそうな話題が見つかったら、そこから話を展開していくのです。


宮内義彦

業務が拡大して一人で手に余るようになると、人を増やすことになります。そうなると、人がただ集まっただけの烏合の衆では統制がとれませんから、互いの協力関係を想定して組織という形にまとめなければなりません。大事なことは、組織というのは止むを得ず作るものということです。あくまでも複数の人を統制するため止むを得ずなのであって、会社は組織で動くというのは必ずしも適切な表現ではありません。


大山健太郎

我々も闇雲に飛び込んでいるわけではありません。全国にある1万8千店舗のデータが集まっているので、今何が売れているかを把握できます。それを継続的に分析すれば、次に何が売れるかも見えてくる。だからこそ、すぐに行動することができるのです。


奥島孝康

貪欲は知識に向けるべきであり、金銭に対して向けるべきではない。欲張りはいつの世でも品性下劣として嫌がられるだけである。


渋沢栄一

老人が懸念する程に元気を持って居らねばならぬ筈であるのに今の青年は却て余等老人から「もっと元気を持て」と反対な警告を与へねばならぬ様になって居る。危険と思はれる位と謂うても、余は敢えて乱暴なる行為や、投機的事業をやれと進めるものではない。堅実なる事業に就て何処までも大胆に、剛健にやれといふのである。


茂木健一郎

現代のビジネス環境では、複数の仕事を同時に進めなければならないのは、むしろ普通のことである。そのようなときに、完璧主義の人ほど、どの課題も完全にはできないと動揺することが多い。そうではなく、複数の仕事をどれも少しずつでも進めていく。どんな場合でも、「今、ここ」で取り組んでいることに集中すれば、とにかく、やらないよりは「ゴール」に向かって近づいている。


久住昌之

先を見据えることも大事かもしれませんが、目の前のことをひとつひとつやっていくことで見えてくるものもあると思います。


森脇健児

負けても負けても、やめないことが僕の生き様です。50歳になりましたが、まだまだしぶとく、続けていきます。


岡崎太郎

日頃から疑問や不満など、気づいたことをメモにとり、気になることは忘れないうちに調べるようにする。それを続けていくうちに、気づきやひらめきが生まれるようになる。