名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

壺阪龍哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

壺阪龍哉のプロフィール

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

壺阪龍哉の名言 一覧

名刺や手紙をその場で整理する「リアルタイム処理」は一見面倒に見えますが、短時間で簡単にできる作業です。反対に、「時間のあるときにまとめて処理する」方法は効率的なように見えて、実は時間の無駄にもつながりがちです。行う頻度が低いためスピーディに処理できないからです。溜まらないうちに処理する習慣をつけることが、整理上手の秘訣なのです。


整理が大事とはいえ、そこに時間をかけすぎて仕事が遅くなってしまっては本末転倒です。


名刺や手紙・ハガキ類を上手に整理するには、二つの心得が必要です。

  1. すぐ処理すること。受け取ったらその都度行うリアルタイム処理を心がけましょう。
  2. すべてを同じ扱いにはしないこと。名刺を全部同じ名刺フォルダに入れるなど、一律の方法で整理するのはあまりお勧めしません。今後のビジネスにどれだけ有効かを考えて、「活用するもの」「保存するもの」「廃棄するもの」の三段階に分けることが大切です。

仕事を効率的にこなし、最大の効果を生み出すには、まずは仕事をやりやすい環境を整えることが大事です。


デスクは、「飛行機のコックピット」のようなものだと考えてください。パイロットの目の前には、操縦桿や計器類など操縦に必要なものが一目で見える範囲に、手の届く場所に整理されて並んでいます。デスクも同じです。必要なものがすぐに取り出せ、しかもアクセスしやすい場所にある状態にあって初めて、仕事の効率を上げることができます。


日々やってくる郵便物は、受け取ったその場で処理するようにします。あとでまとめて処理したほうが効率的に思えるかもしれませんが、溜まった郵便物をまとめて処理するためには時間がかかりますし、返事の期限を過ぎてしまうなどのリスクが伴います。仕事の整理も、その場その場で処理していくことが、最も効率的なやり方です。


モノは溢れているときほどなくなりやすく、探すのにも時間がかかり、仕事効率が下がります。重要なものを整理した状態に保つためにも、不要なモノは捨てるべきだと心得ましょう。


いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。


デスクまわりに書類や本が散乱して無法地帯になってしまっている人は、まずは必要なものと不要なものを振り分ける作業から始めましょう。デスクの上や引き出しに入っている書類や本などをいったんすべて出し、必要な書類だけをピックアップしていきます。このとき、不要なものを廃棄箱に捨てていくという方法もありますが、これだとなかなか捨てられないので、必要なものだけをピックアップするという方法が効果的でしょう。時間は30分と決めて、考え込まずに作業を進めるのがコツです。


整理と聞くと「片づければいい」と考えて、デスクの上に散らかった書類や道具をとにかく引き出しにしまい込む人がいます。これは単に「整頓」しているだけです。もちろん、一時的にデスクの上はスッキリしますが、単にモノを移動させただけなので、仕事の効率を上げるための根本的な解決にはなりません。整理の目的は、「仕事がはかどる環境づくり」であることをしっかり覚えておいてください。


デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


1日の仕事を終えて帰る前に、5分間でもいいから毎日デスクまわりを整頓して帰るようにしましょう。5分間を整理時間に充てるだけで、翌日はスッキリしたデスクで仕事を始めることができます。それを繰り返すだけで、整理の達人になれるのです。


壺阪龍哉の経歴・略歴

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

他の記事も読んでみる

ダンテ・カーヴァー

僕のお父さんは政府の仕事をする一方で、バスケットボールの選手でもあり、コーチでもありました。そんな父から、チームワークについて聞かされたことを覚えています。「バスケットボールでは自分がどんなにうまいプレイヤーだと思っても、ひとりでボールを持つものではない」と。


瀬戸欣哉

僕には物事をやる時のプリンシプル(原理原則)があって、それがドゥ・ザ・ライト・シングなんです。いろいろな理屈やしがらみがあっても、正しいことをやると決めたら迷いません。


経沢香保子

話のテクニックも重要ですが、それよりも、まずは「コンテンツ」を磨くべき。「何がしたいのか」という、話す内容をまず吟味する。テクニックだけ上達しても、口先だけの薄っぺらい人と見られかねません。


豊田昌洋

我々はM&Aをする時、業績の数字で判断しません。その会社を買収することによって、我々にどんなプラスがあるのか、我々の手でどのように会社を変えられるか。そこがポイントです。変えることができる自信がなければ買収しません。


三谷宏治

これだけ多様な情報発信がされる時代になったというのに、多くの人は同じ情報しか見ていません。ネットで情報を調べても、検索結果の上位に表示されたサイトしか見ませんし。ニュースもヤフーのトップページに掲載されたものしか見ていません。ネットであらゆる情報にアクセスできるのに、結局は皆と同じメジャーな情報しか見ていない人がほとんどなのです。これでは多数派の意見に流されて当たり前です。


フランソワ・ノーカット

「上司に聞いてきます」とお客様をお待たせすることに意味はあるのでしょうか。
【覚書き|「従業員は、お客様のためなら上司の承認を得ずに行動して良い」というリッツ・カールトンのルールの意味について語った言葉】


石原司郎

リユースショップにとって、買い取りは経営を行う上での生命線。


吉田玉男

仕事はどんなものでも苦労が付きもの。しかし、その苦労を支えるのは仕事への情熱です。あまり学問が先に立つと理屈が多くなる。口が達者でも体が動かんといけません。だから若い時分からどんどん真似して人の芸を盗む。そして身を持って覚えていく。どんな仕事でも同じだと思います。


蜂谷二郎

当社はお客様の「夢の実現」をお手伝いすることが使命です。一人ひとり、その内容は違いますが、それらにひとつひとつ対応すると。それができることが当社の強みだと思っています。


楠木新

定年退職して何をするか。その探し方に正解はなく、自分自身で考えるしかありません。ただ、探し方のヒントはあります。それは「とにかく動く」こと。たとえば、新たな働き口を探そうとするときに「行ったことはないけれど、ハローワークで仕事は見つからないから行かない」「体を動かす仕事は、やったことがないからやらない」と考えて動かない。こうした頭でっかちはもったいない。行動を起こせば思わぬ道が開けていたかもしれません。


小堀秀毅

エレクトロニクス事業で部長をやっていたとき、携帯電話の通信用デバイスに問題が見つかり、発売直前の機器を全部回収し、徹夜で交代しながらチェックした。対策品をつくって何とか発売につなげ、組織の代表として交渉したが、億単位のクレーム補償になった。社内で了解を取るのにも苦労したが、それによってお客様から信頼され、継続して新しい製品の開発にあたることになった。


西出雅弘

営業担当が不動産関連の法務や税務、建築基準法などの知識を身に付けられるようカリキュラムを設け、教育も行っています。営業担当が専門知識を持っていれば、何かあったときに問題の本質をつかむことができる。これが迅速な対応につながります。