名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

壺阪龍哉の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

壺阪龍哉のプロフィール

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

壺阪龍哉の名言 一覧

名刺や手紙をその場で整理する「リアルタイム処理」は一見面倒に見えますが、短時間で簡単にできる作業です。反対に、「時間のあるときにまとめて処理する」方法は効率的なように見えて、実は時間の無駄にもつながりがちです。行う頻度が低いためスピーディに処理できないからです。溜まらないうちに処理する習慣をつけることが、整理上手の秘訣なのです。


整理が大事とはいえ、そこに時間をかけすぎて仕事が遅くなってしまっては本末転倒です。


名刺や手紙・ハガキ類を上手に整理するには、二つの心得が必要です。

  1. すぐ処理すること。受け取ったらその都度行うリアルタイム処理を心がけましょう。
  2. すべてを同じ扱いにはしないこと。名刺を全部同じ名刺フォルダに入れるなど、一律の方法で整理するのはあまりお勧めしません。今後のビジネスにどれだけ有効かを考えて、「活用するもの」「保存するもの」「廃棄するもの」の三段階に分けることが大切です。

仕事を効率的にこなし、最大の効果を生み出すには、まずは仕事をやりやすい環境を整えることが大事です。


デスクは、「飛行機のコックピット」のようなものだと考えてください。パイロットの目の前には、操縦桿や計器類など操縦に必要なものが一目で見える範囲に、手の届く場所に整理されて並んでいます。デスクも同じです。必要なものがすぐに取り出せ、しかもアクセスしやすい場所にある状態にあって初めて、仕事の効率を上げることができます。


日々やってくる郵便物は、受け取ったその場で処理するようにします。あとでまとめて処理したほうが効率的に思えるかもしれませんが、溜まった郵便物をまとめて処理するためには時間がかかりますし、返事の期限を過ぎてしまうなどのリスクが伴います。仕事の整理も、その場その場で処理していくことが、最も効率的なやり方です。


モノは溢れているときほどなくなりやすく、探すのにも時間がかかり、仕事効率が下がります。重要なものを整理した状態に保つためにも、不要なモノは捨てるべきだと心得ましょう。


いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。


デスクまわりに書類や本が散乱して無法地帯になってしまっている人は、まずは必要なものと不要なものを振り分ける作業から始めましょう。デスクの上や引き出しに入っている書類や本などをいったんすべて出し、必要な書類だけをピックアップしていきます。このとき、不要なものを廃棄箱に捨てていくという方法もありますが、これだとなかなか捨てられないので、必要なものだけをピックアップするという方法が効果的でしょう。時間は30分と決めて、考え込まずに作業を進めるのがコツです。


整理と聞くと「片づければいい」と考えて、デスクの上に散らかった書類や道具をとにかく引き出しにしまい込む人がいます。これは単に「整頓」しているだけです。もちろん、一時的にデスクの上はスッキリしますが、単にモノを移動させただけなので、仕事の効率を上げるための根本的な解決にはなりません。整理の目的は、「仕事がはかどる環境づくり」であることをしっかり覚えておいてください。


デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


1日の仕事を終えて帰る前に、5分間でもいいから毎日デスクまわりを整頓して帰るようにしましょう。5分間を整理時間に充てるだけで、翌日はスッキリしたデスクで仕事を始めることができます。それを繰り返すだけで、整理の達人になれるのです。


壺阪龍哉の経歴・略歴

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

他の記事も読んでみる

川島永嗣

実際のゲームでは必ず予想外のことが起こる。


佐々木常夫

不思議なもので、できるだけ困難な仕事に挑戦したいという姿勢でいると、どんどん新しい業務が回ってきます。人間は困難に直面すると、思いもかけない知恵が出てきます。


人見ルミ

自分が焦っていると気づいたときは、吐く息を長くすることで集中力が上がります。普段は無意識にやっている呼吸を、意識的に集中してみましょう。7秒数えながら息を吸い、1止めてから10秒数えながら腹から吐いていくのです。


オグ・マンディーノ

備えができていないと、命の周期、すなわち浜辺に寄せては返す大海の波のようなアップダウンの神秘的リズムが、あなたにとっての敵となり得る。満潮と干潮、日の出と日の入り、富と貧困、歓喜と絶望、これらすべての力はそれぞれの時を得て優位に成り立つものなのだ。偉大な業績が果てしなく続くかに思われる満潮時、その満ち潮に乗っている裕福な人を哀れみなさい。備えがなければ、災難に不意を突かれて破滅の叫びをあげることになる。常に最悪の事態に備えておきなさい。


平塚俊樹

「身に覚えがない。俺は正しい」ではなく、「いざ訴えられたら勝てるか否か」から発想をスタートさせないと、大怪我をする危険がある。


金子陽三

山田(進太郎・メルカリ創業者)さんとは彼が1社目の会社を起業したときからの知り合いでした。最初に山田さんに会ったときの印象は、インターネットサービスオタク。すごくサービスが好きで、それがなぜ広まるのか、どんな意味があるのかをすごくよく考えている。さらに、どこにチャンスがあるか見分けて、サービスを立ち上げる能力が非常に高い方だなと感じました。創業間もないベンチャー企業にいきなり3億円の出資を決めたことにリスクはありました。ただ、メルカリにとって重要なスタートダッシュのタイミングであり、そこで出資をさせていただける機会をもらったのはチャンスだと考えて、思い切って投資したのです。


松﨑暁(松崎暁)

無印良品は「わけあって、安い」というキャッチコピーでスタートしました。無印良品というのはわけがあって、つまり素材の選択、工程の点検とか、包装の簡略化といった合理的な理由で安いという意味です。ですから当社は毎年、全世界で価格を見直しています。


佐藤康博

これからは人生100年時代。一つの会社に勤めて人生が終わりになるわけではないので、その後を見据えて人間力、あるいは生きていく力を自分で磨いていく必要がある。


間塚道義

すべてが黒字でなければ通さないわけではありません。戦略案件で、今後の大型受注につながるものや、社員の育成につながるものは赤字でも積極的に取り組みました。


スティーブ・ジョブズ

30代や40代のアーティストが斬新なものを生み出して社会に貢献できることはめったにない。


渡邊陽一

「価値観の伝達」が当社の理念です。そして、当社の理念を世の中に広く知らしめていくことが、私に与えられた使命であると思っています。


井上礼之

私が常に心がけてきたことは、ある程度方向性が決まったら実行に移すことでした。そして、現場を注視し、変化の予兆を感じたら、いち早く戦略を変更する。これが、本当の戦略です。「一流の戦略と二流の実行力」と「二流の戦略と一流の実行力」があるとしたら、私は後者を選びます。一流の実行力から生まれる戦略こそ、変化の激しい時代を生き抜くための本物の戦略だからです。