名言DB

9412 人 / 110637 名言

壺阪龍哉の名言

twitter Facebook はてブ

壺阪龍哉のプロフィール

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

壺阪龍哉の名言 一覧

名刺や手紙をその場で整理する「リアルタイム処理」は一見面倒に見えますが、短時間で簡単にできる作業です。反対に、「時間のあるときにまとめて処理する」方法は効率的なように見えて、実は時間の無駄にもつながりがちです。行う頻度が低いためスピーディに処理できないからです。溜まらないうちに処理する習慣をつけることが、整理上手の秘訣なのです。


整理が大事とはいえ、そこに時間をかけすぎて仕事が遅くなってしまっては本末転倒です。


名刺や手紙・ハガキ類を上手に整理するには、二つの心得が必要です。

  1. すぐ処理すること。受け取ったらその都度行うリアルタイム処理を心がけましょう。
  2. すべてを同じ扱いにはしないこと。名刺を全部同じ名刺フォルダに入れるなど、一律の方法で整理するのはあまりお勧めしません。今後のビジネスにどれだけ有効かを考えて、「活用するもの」「保存するもの」「廃棄するもの」の三段階に分けることが大切です。

仕事を効率的にこなし、最大の効果を生み出すには、まずは仕事をやりやすい環境を整えることが大事です。


デスクは、「飛行機のコックピット」のようなものだと考えてください。パイロットの目の前には、操縦桿や計器類など操縦に必要なものが一目で見える範囲に、手の届く場所に整理されて並んでいます。デスクも同じです。必要なものがすぐに取り出せ、しかもアクセスしやすい場所にある状態にあって初めて、仕事の効率を上げることができます。


日々やってくる郵便物は、受け取ったその場で処理するようにします。あとでまとめて処理したほうが効率的に思えるかもしれませんが、溜まった郵便物をまとめて処理するためには時間がかかりますし、返事の期限を過ぎてしまうなどのリスクが伴います。仕事の整理も、その場その場で処理していくことが、最も効率的なやり方です。


モノは溢れているときほどなくなりやすく、探すのにも時間がかかり、仕事効率が下がります。重要なものを整理した状態に保つためにも、不要なモノは捨てるべきだと心得ましょう。


いるモノといらないモノを振り分けるとき、過去を基準に判断することが大事です。多くの人は未来を基準に考えてしまうため、「いつか必要になるのではないか」と思って捨てることができません。「過去につかったことがあるかどうか」の実績ベースで考えることが重要です。


デスクまわりに書類や本が散乱して無法地帯になってしまっている人は、まずは必要なものと不要なものを振り分ける作業から始めましょう。デスクの上や引き出しに入っている書類や本などをいったんすべて出し、必要な書類だけをピックアップしていきます。このとき、不要なものを廃棄箱に捨てていくという方法もありますが、これだとなかなか捨てられないので、必要なものだけをピックアップするという方法が効果的でしょう。時間は30分と決めて、考え込まずに作業を進めるのがコツです。


整理と聞くと「片づければいい」と考えて、デスクの上に散らかった書類や道具をとにかく引き出しにしまい込む人がいます。これは単に「整頓」しているだけです。もちろん、一時的にデスクの上はスッキリしますが、単にモノを移動させただけなので、仕事の効率を上げるための根本的な解決にはなりません。整理の目的は、「仕事がはかどる環境づくり」であることをしっかり覚えておいてください。


デスクまわりには必要なものだけが残り、不要なものは捨てられている状態が理想です。そのためには、モノに優先順位をつけ、それぞれに適切な処理を行うのが整理の基本です。


1日の仕事を終えて帰る前に、5分間でもいいから毎日デスクまわりを整頓して帰るようにしましょう。5分間を整理時間に充てるだけで、翌日はスッキリしたデスクで仕事を始めることができます。それを繰り返すだけで、整理の達人になれるのです。


壺阪龍哉の経歴・略歴

壺阪龍哉、つぼさか・たつや。日本のコンサルタント。東京出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、鐘紡(カネボウ)、共栄工業を経て、ファイリング・クリニック(株)、トムオフィス研究所を設立。そのほか、駿河台大学文化情報学部・文化情報学研究科客員教授、記録管理学会会長、総務省文書管理アドバイザー、日本経営協会参与、ファイリング・デザイナー検定委員、ライフベンチャークラブ生涯現役アドバイザーなどを務めた。専門はオフィス業務の効率化。主な著書に『オフィス整理学』『情報の達人になるためのチェックポイント』『パソコンネットワーク時代の正しい文書作りとファイリング術』『7つのムダを捨てれば、すべてうまくいく!』『できる人の「超」整理術』ほか。

他の記事も読んでみる

藤井美保代

私が受ける業務改善の相談には、「書類の運用ルールを確立したものの、それが長続きしない」というケースが少なくありません。それはたいてい仕組みがシンプルでないことに原因があります。取り出したりしまったりすることに手間がかかると、それにストレスを感じてしまい、机の上や、適当な空きスペースなどに放置するということが起こりがちです。その結果、大事な資料の行方がわからなくなるといった事態も起きてしまいます。


江上剛

ミッションをひとつに絞れば、いろんな知恵が出てきます。僕は「お客様のため」と軸足を定めたから、アイデアがどんどん浮かびました。ところが不思議なことに、お客に軸足を置いて提案すると、上司と喧嘩になるのです。当時の僕は、今日はどの上司と喧嘩しようか、などと考えながら出勤していたものです。


エーリッヒ・フロム

人生におけるもっとも大きな仕事は、人が自分自身に誕生を与えることであり、自分の内にある可能性を実現させることである。人間が努力して作り上げる最も重要な労作は、自分自身のパーソナリティーの形成である。


丸谷智保

商品開発でも購買データだけに頼るのではなく、現場を見ることと感性を高めるように注意してきました。極端な例かもしれませんが、一時的に商品開発の担当者からパソコンを取り上げたこともありました。コールセンターも開設し、顧客の声を吸い上げる体制を強化しています。


三澤和則

ネット上での風評被害対策で一番大切なことは「悪評を書かれないこと」です。悪評で多いのが、退職した社員が書き込むケースです。そのため、悪評を書き込まないようにするためのサービスも行っています。まず従業員への研修を実施、悪評を書き込むことが、企業にとってだけではなく、書いた本人にもリスクがある行為だと理解を深めます。実際、書き込みを特定されて訴えられるケースもあります。さらに企業側には「悪評の種となる体質」の改善を求めます。悪評は根も葉もないものもあれば、誇張されているとはいえ、種のあるものもあります。その悪評の種を取りのぞけるような、企業の体質改善をうながすコンサルティングも始めています。退職した社員にヒアリングして、本当の退職理由を聞き出し、そこから解決すべき企業の課題を報告します。


朝原宣治

リレーという団体種目は、「チームワーク」「絆」「信頼」といった科学では証明しにくい要素が思わぬ力となり、結果に結びつくことがある。実際、メンバーの気持ちに温度差が生じると、バトンミスなどにつながる恐れもある。


畑正憲(ムツゴロウ)

無理のしすぎは禁物ですが、細かいことを気にしすぎるべきではない。人間の気力や生きる力というものを馬鹿にしてはいけない。


程近智

「日本の強みを海外へ」という発想はこの際、捨てた方がいい。重要なのはドイツなどのように外資を活用することだ。世界の最先端を呼び込んで産業クラスターを作り、世界標準を日本で確立する。そのビジョンがなければ「いつか来た道」。ガラパゴス化した製品・サービスを生み出すだけで、いずれ衰退するだろう。


藤本篤志

部下への定期ヒアリングの際に、「こぼれかけている話」や「他社にとられそうな案件」の相談を受ければ、上司は自身の経験や知識に基づき、適切なアドバイスができる。また、次回の訪問に同行する必要を感じたら、その場でスケジュールを決めることも簡単だ。


金児昭

上司は気に入らないものだと考えればいいのです。なぜなら、自分が一番かわいいんですから。私はずっとそう思ってきました。そうやって開き直っていれば、なぜ上司はこんな仕事、無理難題を押し付けるのかなどと悩むこともありません。そして、思い切り仕事にぶつかれるようになります。要するに、仕事は出たとこ勝負。それでいいんです。


トマス・エジソン

もし自分が正規の教育を受け、一流大学の学士あるいは博士の資格を持っていたならば、きっと理論に自信を持っていたに違いない。理論に自信があれば、2つのものをつなげたら何が起こるか、理論で結果を想定するだけで、何もしなかっただろう。だが幸か不幸か、私は何の学歴もない。だから、何でもやってみなければ分からないではないか。それで私は何でもつなげてみた。そうしたら、信じられない面白いことがいっぱい起きた。それが私の発明の秘訣だ。


塚田健雄

2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


福原正大

私が教育に興味を持ったきっかけは、外資系の金融機関にいたとき、世界レベルのリーダーの中に日本人がまったくいないこと気づいたことです。金融業界のトップは多様です。欧米の人だけでなく、私のいたバークレイズではインド人がナンバー2を務めていたし、中国人や韓国人もたくさん活躍していました。それに対して日本人はまったく見ない。金融業界だけではありません。産業界で世界標準を決める場面でも日本人が話すことはないし、国際機関においても、日本は出しているお金に比べて人の数が圧倒的に少ない。それはなぜかと考えたときに突き当たったのが、教育でした。


齋木昭隆

2016年、当時のオバマ米大統領が現職大統領として初の広島訪問を果たしました。原爆を投下した国の大統領が被爆国の首相と原爆慰霊碑の前に立つなどかつては想像もできないこと。私も黒子として調整にあたりましたが、長い年月をかけて同盟関係を構築してきた先人たちの努力の積み重ねとその総和があったからこそ実を結んだのです。


桜田厚(櫻田厚)

どの企業も理念や目標を掲げていますが、お客様やお取引先にそれが伝わるよう、努力することが大切です。