名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増谷洋の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増谷洋のプロフィール

増谷洋、ますたに・ひろし。日本の経営者。「NRIセキュアテクノロジーズ」社長。

増谷洋の名言 一覧

情報システムを守るのはツールやシステムではない。人なんだ。


情報セキュリティ業界では現在、人材が競争優位性の源泉となってきているといっても過言ではありません。


増谷洋の経歴・略歴

増谷洋、ますたに・ひろし。日本の経営者。「NRIセキュアテクノロジーズ」社長。

他の記事も読んでみる

山中伸弥

最初に研究者の柔軟な考え方に触れたのは、日本でのことです。臨床医になるのを諦めて、基礎医学の研究を志し、大阪市立大学大学院医学研究科の博士課程に入り直したのですが、そこで受けた三浦克之先生のご指導がそうでした。研究というのは、仮説を立て、それが正しいかどうかを実験で検証する繰り返しです。ある時、三浦先生が立てた仮説を検証する実験を行なってみると、仮説とは正反対の結果が出ました。普通、自分の仮説が外れたら、がっかりしますよね。ところが、三浦先生は逆にすごく興奮されていたんです。これには驚きました。結局、3年ほどその研究をやらせていただき、それで学位を取得しました。予想外の実験結果に興味を持ち、それによって新たな研究テーマを追究するという私のスタイルは、ここから始まっているといえます。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師時代、僕は他校の理科の先生と定期的な自主研究会を開き、子供の科学的関心を高める理科実験のあり方などの意見交換や、ディスカッションをする場を設けていました。仲間と集まり話すことで、理科教育に対する思いを持続していたような気がします。


滝一夫

会社の歴史が長いということは、取引先との歴史も長いということです。歴史があるからこそ、苦しいときには助けてくれる。もちろんその逆もある。それにアパレルの世界でタキヒヨーの名を知らない人はいません。これはありがたい。だからこそ、今後も歴史をつくり続けていく。そのためにも新しいことをやり続けることが重要なのです。


いぬかいはづき

英語は今や「身につけていて当然」の語学。他の人とキャリアの差をつけるにはプラスアルファの語学スキルが必要。アジア圏で通用する中国語の習得を目指すと心強い武器になるでしょう。


鈴木喬(経営者)

実際に自分が現地に行って、見て、触って、経験することで、情報収集の肌感覚が身につきますし、経営者にとって大切な「大局観」や「勘」を養うことにもつながります。


夏野剛

雑談についてはおしゃべりが好きなだけ、というのが大きな理由なんですけど、それだって、立派な情報収集になっているわけです。ネットサーフィンも雑談と同じで時間の無駄に思われるかもしれませんが、そうやって楽しみながら集めた情報がアイデアに結びつくことは実際多いんです。夢中になりすぎて、予定が狂ってはいけませんが、情報収集には極力時間を割くべきだと思います。


森川亮

どんな働き方をするにしろ、人生の最期に幸せだったと思いたいものです。幸せのバロメーターは、死ぬ瞬間に後悔しないかどうかだと思います。仕事で大きな結果を出せなくても、出世できなくても、自分がコミットしたコミュニティーに何らかの貢献をし、それがコミュニティーの人たちから喜ばれるような生き方が望ましい。会社にも家庭にも社会にも貢献せず、自分一人で好きなことをして孤独に死ぬというのは、あまり幸せではなさそうです。自分が関わったコミュニティーの人たちを笑顔にできれば、幸せになれるでしょう。皆さんと周囲の人たちが幸福になることを願っています。


山口真由

覚えられない理由は、頭の回転の速さではなく、やり方が間違っているから。私の経験上、記憶に関する限り、頭の良し悪しはあまり関係がありません。正しい方法を知っているかどうかの差なのです。


長沼毅

いまは、以前ほど成果には執着してません。「やってみて駄目だったんだから、いいじゃないか」と。「やらなかった後悔じゃない。やった後悔だから、自分を認めよう」と。


細谷功

判断材料がそろわないから揃うまで結論は出せないと考えていると、いつまでたっても結論は出ません。10の情報で答えが出せない人は、100の情報があっても答えが出せないでしょう。なぜなら情報が増えれば、判断を迷わせるネガティブな情報も増えるからです。


小笠原清忠

小笠原家は鎌倉時代にはじまり、代々将軍家の指南役として仕えてきました。礼法を教える家はたくさんありましたが、武士にとって最も大切な武術まで教育できるのが当家しかなかったことが、常に政権に重宝されてきた理由でしょう。


松本大

情報収集は幅広く、バランスよく取ることが基本。