名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田順の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田順のプロフィール

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

増田順の名言 一覧

低価格訴求による顧客価値提供ではなく、病院で働く人たちの仕事を徹底的に理解し、その仕事自体をデザインすることで価値を生みだすことに専念しました。


先輩たちが会社を残してくれたわけですから、会社をつなげていかなければならない。しかしそれ以上に、自分たちが次の世代に胸を張ってつなげなければならない。


お客様が気づいていないことや、諦めてしまっていることをどう気づいていただくか。そしてそのことに徹底的に向き合えるかが非常に重要。


初めは私も含めて社員みんなで会社のことを「知る」ことから始めました。その上で自分たちが目指すべき姿は何なのかということを定義するための徹夜合宿を、年に2~3回は行っていました。


前職のベンチャー企業との違いで一番「まずい!」と思ったことは組織上のエネルギーロスです。企業は顧客に対して、外に向けてエネルギーを向けなければならないはずなのに、まず社内を動かすのが大変。とにかく、動かない。


現在持っているリソースからビジネスを組み立てるのではなく、徹底的に顧客課題に立脚した行動を取り続けられるかどうか。このことが本当に社会に必要とされる集団となれるかどうかの大きな分かれ道。


今後もプロとして、単に「あるもの」や「求められるもの」を提供するのではなく、真に顧客の「ためになるもの」を創造・提案していきたい。


最近は病院づくりのプロジェクト全体をサポートするように変化しています。相談の入り口は手術室、ICU(集中治療室)などの高濃度治療領域から入るケースが多いんですが、実際に話をしてみると、ドクター・ナースの方々は病院づくりに関わっていく中で様々な課題が表面化し、そのことが消化不良になりながらプロジェクトが進んでしまっているケースが非常に多いことが分かってきました。最近はこのように病院づくりに関わる様々な課題解決こそが自らの事業領域と捉えています。


単に使い勝手を考えた製品(モノ)を開発するのではありません。病院づくりに慣れていない方々が自分たちの働く環境を積極的に、かつ納得した形で意思決定していただくプロセスも併せて開発する必要があると捉えました。我々はこのことを「モノ」づくりではなく「コト」づくりと定義し、事業活動を大きく変化させていきます。


この会社の経営理念は「人間尊重」です。これは会社の歴史を見ても、創業当時の会社案内にも大きく書いてあります。会社の歴史を徹底的に調べると、かつてはみんなが本気でこれを信じ、実践してきたことが分かりました。この「文化」を再興し、この集団の最大の強みにすべきだと原点回帰を目指しました。


社内改革で私が一番やらなければいけないと思ったことは、組織を柔らかくすることでした。当時、社内は非常に硬直化していて新しいことをやろうとしても難しい状況でした。ですから、情報の流れ、意思決定の場所を大きく変える必要性があると考え、北九州の小倉にあった本社を東京に移転することから始めました。


増田順の経歴・略歴

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

池田千恵

ときには寝坊をしてもいいんです。起きられなかったといって、罪悪感を持つのが一番よくありません。早起きは目的ではなく、あくまで手段です。私自身、飲み会などで夜が遅くなった翌日は、7時起きに変更したりしています。4時起きにこだわって、その日の仕事に支障をきたしてしまったら本末転倒ですから。また、その日の状況や体調によって睡眠時間を調整しながら柔軟に対応することは、早起きを長続きさせるコツでもあります。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

今日では世の中の動きがあまりに早すぎて、できないという言葉はそれを為す人によって中断される。


益子修

コンスタントに利益を出し続ける会社になるには、他社に負けない独自技術と、新しいクルマを提案できる開発力を持たなければいけません。


佐々木かをり

朝は頭が良く働くし、周りに邪魔されることもありません。限りある時間を有効に使おうとするなら、朝を活用したほうが絶対にいい、というのが実感です。


羽子田礼秀

よく三現主義と言いますよね。現地に足を運び、現物を手に取り、現実を知る。でも、私はそこに「現人」を加えた「四現主義」を唱えます。現地のお客様や従業員と接点を持つことが大事だと思うからです。お客様がおいしそうに試食している姿を見れば、私たちの考えが間違っていないことを確認できます。現地社員の努力も手に取るように感じられる。


久米信行

「やってみたらできた!」という経験を積んでいくと、物事に直面したときに、障害の大きさやありかが直感でわかるようになってきます。そして、「なんとなく自分はいけそう」とイメージできたときに、モチベーションが上がります。


瀬戸欣哉

四半期の結果に投資家が反応するのは当然で、パブリックカンパニー(公開企業)なんだから仕方がありません。ある程度、株価の上下を覚悟して、それでも僕は長期的な視点で経営していきますということを株主に納得してもらうしかない。


本田宗一郎

失敗したからといって、くよくよしている暇はない。


内藤忍

私の場合、スーツにネクタイというフォーマルな服装をすることはほとんどありませんが、カジュアルであっても、色使いや素材の質の良いものを選んで、艶のある服装をするように心がけています。また、シチュエーションに合わせた服装も重要です。たとえば、普段と違ったカチっとした服装で訪問すれば、「今日は真面目な話をしに来ました」ということが相手に伝わります。反対に、プライベートでの食事の場で堅い格好をすれば、相手とのあいだに心理的な壁ができてしまいます。相手と親しくなりたいのなら、思い切りカジュアルな服装にしてみるとか、服装から伝わるメッセージにもっと気を配るべきです。


柏本湊

家庭での節約で大事なのは、家族と金銭感覚をすり合わせることです。夫婦どちらかが浪費癖があるようでは、お金は貯まりません。将来、いくらかかるかを早めに話し合うことも重要ですし、夫婦で一緒に買い物に行く習慣をつければ、自然とそうしたすり合わせもできます。


大島真寿美

ぬいぐるみのうさぎが喋り出すところは無意識で書いていたんです。後から気付いたことですが、これはそういう小説だったのかもしれない。表にある物語の軸ではなく、その下にある物語の無意識の軸というものを手放さずに書きたかった気がする。だから、どんな方向にストーリーが向かっていっても、それを信じて書こうと。


田崎真也(田崎眞也)

料理やサービスを提供する仕事とは、いってみればお客様に雇われた執事なのです。本来はデートをする際、男性がホストとしてテーブルを整えて料理を用意し、ベストなワインを選ぶことができればいいのですが、当然、それを自分でやることができる人間などほとんどいません。だから、料理のプロたちに執事の役目を委託しているのだと考えるとわかりやすいでしょう。