名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

増田順の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田順のプロフィール

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

増田順の名言 一覧

低価格訴求による顧客価値提供ではなく、病院で働く人たちの仕事を徹底的に理解し、その仕事自体をデザインすることで価値を生みだすことに専念しました。


先輩たちが会社を残してくれたわけですから、会社をつなげていかなければならない。しかしそれ以上に、自分たちが次の世代に胸を張ってつなげなければならない。


お客様が気づいていないことや、諦めてしまっていることをどう気づいていただくか。そしてそのことに徹底的に向き合えるかが非常に重要。


初めは私も含めて社員みんなで会社のことを「知る」ことから始めました。その上で自分たちが目指すべき姿は何なのかということを定義するための徹夜合宿を、年に2~3回は行っていました。


前職のベンチャー企業との違いで一番「まずい!」と思ったことは組織上のエネルギーロスです。企業は顧客に対して、外に向けてエネルギーを向けなければならないはずなのに、まず社内を動かすのが大変。とにかく、動かない。


現在持っているリソースからビジネスを組み立てるのではなく、徹底的に顧客課題に立脚した行動を取り続けられるかどうか。このことが本当に社会に必要とされる集団となれるかどうかの大きな分かれ道。


今後もプロとして、単に「あるもの」や「求められるもの」を提供するのではなく、真に顧客の「ためになるもの」を創造・提案していきたい。


最近は病院づくりのプロジェクト全体をサポートするように変化しています。相談の入り口は手術室、ICU(集中治療室)などの高濃度治療領域から入るケースが多いんですが、実際に話をしてみると、ドクター・ナースの方々は病院づくりに関わっていく中で様々な課題が表面化し、そのことが消化不良になりながらプロジェクトが進んでしまっているケースが非常に多いことが分かってきました。最近はこのように病院づくりに関わる様々な課題解決こそが自らの事業領域と捉えています。


単に使い勝手を考えた製品(モノ)を開発するのではありません。病院づくりに慣れていない方々が自分たちの働く環境を積極的に、かつ納得した形で意思決定していただくプロセスも併せて開発する必要があると捉えました。我々はこのことを「モノ」づくりではなく「コト」づくりと定義し、事業活動を大きく変化させていきます。


この会社の経営理念は「人間尊重」です。これは会社の歴史を見ても、創業当時の会社案内にも大きく書いてあります。会社の歴史を徹底的に調べると、かつてはみんなが本気でこれを信じ、実践してきたことが分かりました。この「文化」を再興し、この集団の最大の強みにすべきだと原点回帰を目指しました。


社内改革で私が一番やらなければいけないと思ったことは、組織を柔らかくすることでした。当時、社内は非常に硬直化していて新しいことをやろうとしても難しい状況でした。ですから、情報の流れ、意思決定の場所を大きく変える必要性があると考え、北九州の小倉にあった本社を東京に移転することから始めました。


増田順の経歴・略歴

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

柴田励司

現在のリーダーに求められているのが、遠心力型マネジメントです。これは「個々の社員が自分で計画を考え、自らの判断で動く」というマネジメントスタイルです。リーダーは指示を出すのではなく、仕事の全体像を見て個々の担当者には見えない部分をフォローし、関係する人や情報をつなぐ役割に徹する。これがいまの時代には必要なリーダーシップです。


植木理恵

一般論とは発話者が誰であっても同じ内容ですから、論理的には正しくても、相手には響かない。むしろ語れば語るほど、その人が信用できないように感じられます。


渡瀬謙

商品で差がつかない時代。相手は商品ではなく「人」でモノを買うかどうかを判断します。


北条重時

生まれ出る喜びがあれば、また、必ず死する悲しみがあり、悲喜はこもども到来するのである。昔の塞翁という人は、この意味をよく知って善悪禍福に対する心構えを定めた賢い方であった。これは、未来に対しても同じことである。


江川達也

基本は公式通りでも、細部には微妙なチューニングが必要です。これができないと、たんなるマニュアル人間の域は出られません。つまり、いざというときに応用が利かないから、結局、使えないのです。


岡田博和

お客様の信頼を得るためには、フェイストゥフェイスでの営業活動が非常に重要。


内田久美子

我々の仕事は戦うことが目的なのではなく、お客様の悩みを解決することが最大の目的。戦いというのは手段の一つですが、戦わずに解決できれば、それが一番ですね。


倍賞千恵子

若い頃は歌とお芝居と両方していると、「どちらかを選ばないと、うまくいかないよ」とよく言われました。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということですね。それが今、この歳になって、二兎を追うことができつつあるのかな、と感じています。歌のことを「3分間のドラマ」とよく言いますが、お芝居もしてきたからこそ、「3分間のドラマ」である歌も、今、しっかり表現できているのではないかな、という思いもあります。


小野譲司

多様な価値観の顧客を取り込もうとすればするほど、満足していない顧客も取り込むことになるため、平均的な顧客満足度は自然と低下していきます。満足度の高い企業や業界には一つの傾向があります。それは、顧客のターゲットが絞られているということです。


西川徹(経営者)

大学での技術研究と、産業界の間にある深い溝にジレンマを感じたんです。大学は論文を書くことが主な目的になっていて、せっかくいい技術があってもなかなか製品化されない現状がありました。一方、グーグルに代表されるように、ITの分野では新しい研究がすぐに実用化されていく流れがある。それを見ていて、僕らもアカデミックで生まれた最新の技術を製品にしてすぐ届けられる組織をつくりたいなと。
【覚え書き|起業のきっかけについて】


田中雅子(経営学者)

理念浸透というと、何か特別な施策があるように思いがちですが、日々の仕事のなかにその秘訣が横たわっていることを、肝に銘じる必要がある。


高城幸司

苦手だろうとも、会社としては、社内外の人とコミュニケーションをとって、きちんと仕事をしてもらい、利益を生んでもらわなければなりません。ですから、僕は人づき合いが苦手という社員にはこうアドバイスしているんです。普段は無愛想でも、だらしなくても何をしてもいい。ただ、仕事のときだけはテキパキとこなし、どんな人とも笑顔で接する、爽やかなサラリーマンに変身する。割り切って、演じるんです。男性は変身モノが好きでしょ? 案外、できるものですよ。