名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田順の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田順のプロフィール

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

増田順の名言 一覧

低価格訴求による顧客価値提供ではなく、病院で働く人たちの仕事を徹底的に理解し、その仕事自体をデザインすることで価値を生みだすことに専念しました。


先輩たちが会社を残してくれたわけですから、会社をつなげていかなければならない。しかしそれ以上に、自分たちが次の世代に胸を張ってつなげなければならない。


お客様が気づいていないことや、諦めてしまっていることをどう気づいていただくか。そしてそのことに徹底的に向き合えるかが非常に重要。


初めは私も含めて社員みんなで会社のことを「知る」ことから始めました。その上で自分たちが目指すべき姿は何なのかということを定義するための徹夜合宿を、年に2~3回は行っていました。


前職のベンチャー企業との違いで一番「まずい!」と思ったことは組織上のエネルギーロスです。企業は顧客に対して、外に向けてエネルギーを向けなければならないはずなのに、まず社内を動かすのが大変。とにかく、動かない。


現在持っているリソースからビジネスを組み立てるのではなく、徹底的に顧客課題に立脚した行動を取り続けられるかどうか。このことが本当に社会に必要とされる集団となれるかどうかの大きな分かれ道。


今後もプロとして、単に「あるもの」や「求められるもの」を提供するのではなく、真に顧客の「ためになるもの」を創造・提案していきたい。


最近は病院づくりのプロジェクト全体をサポートするように変化しています。相談の入り口は手術室、ICU(集中治療室)などの高濃度治療領域から入るケースが多いんですが、実際に話をしてみると、ドクター・ナースの方々は病院づくりに関わっていく中で様々な課題が表面化し、そのことが消化不良になりながらプロジェクトが進んでしまっているケースが非常に多いことが分かってきました。最近はこのように病院づくりに関わる様々な課題解決こそが自らの事業領域と捉えています。


単に使い勝手を考えた製品(モノ)を開発するのではありません。病院づくりに慣れていない方々が自分たちの働く環境を積極的に、かつ納得した形で意思決定していただくプロセスも併せて開発する必要があると捉えました。我々はこのことを「モノ」づくりではなく「コト」づくりと定義し、事業活動を大きく変化させていきます。


この会社の経営理念は「人間尊重」です。これは会社の歴史を見ても、創業当時の会社案内にも大きく書いてあります。会社の歴史を徹底的に調べると、かつてはみんなが本気でこれを信じ、実践してきたことが分かりました。この「文化」を再興し、この集団の最大の強みにすべきだと原点回帰を目指しました。


社内改革で私が一番やらなければいけないと思ったことは、組織を柔らかくすることでした。当時、社内は非常に硬直化していて新しいことをやろうとしても難しい状況でした。ですから、情報の流れ、意思決定の場所を大きく変える必要性があると考え、北九州の小倉にあった本社を東京に移転することから始めました。


増田順の経歴・略歴

増田順、ますだ・じゅん。日本の経営者。「セントラルユニ」社長。福岡県出身。明治学院大学経済学部卒業後、西松建設、システム環境研究所、チェーンマネジメントなどを経てセントラルユニに入社。副社長グループ会社管掌・改革本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

クリス・アンダーソン

起業した誰もが儲けられるわけではないが、私の会社は1万個市場(ニーズがあっても潜在顧客が1万人以下のニッチな市場)の中で利益を上げている。1万個市場は大量生産するには小さすぎるため、手つかずのままだったが、顧客が1万人いれば十分に儲かるビジネスがつくれる。いまの状況は20年前のウェブ革命と同じで、今後新たな市場が膨らむことで生産者も消費者も恩恵を受けることになる。


豊田佐吉

一日働かざれば、一日食わず。


ジェイ・エイブラハム

値上げを顧客の理解を得たとして、そこで満足してはいけません。状況を反転させるべきです。増分のコストをどうしても負担していただかなければいけない、その代わりにお客様にはきちんとその分より高い価値を、サービスをこれから提供していきますよということをお約束するということです。


津賀一宏

現場が元気になってもらわなければいけない。そういう意味では、昔の事業部制のような、今でいうビジネスユニットと呼んでおりますけれども、このビジネスユニット主体の経営という形で臨んでいきます。自分たちが経営の主役なんだという意識を見える形にしないといけない。


江上治

仕事のできない人は「やること」ばかり増やしている。目的、目標に合わせて何を「やらないか」を決めることが必要。


神永学

僕の中では小説はゲームやマンガと同列。よく「読んでおくべき本はありますか?」と質問されますが、そんな本は一冊もありません。読書は勉強じゃない。単純に面白いから読むんです。


谷まさる

学内デザインコンテストの採点コメントには、辛辣なことも書きますが、基本的には良い部分をしっかりと褒める。自信を持たせることは、最も大切な教育の役目ですから。


山本一成

人間の弱点は、何かを目にした時、そこに意味を感じて「物語」として理解しようとすることなんですよ。将棋でも相手の一手を見て、「これは後に続くこんな意味があるに違いない」と考えすぎる。すると、そうした物語が見えない手、常識的には悪手を過小評価してしまう。


櫻田武(桜田武)

偉い人は死ぬまで夢に向かって挑戦し続けたようだ。私もそうしたい。


西山昭彦

失敗や挫折はあくまで行為であって人格を否定するものではない。切り離して考える必要がある。過剰に自分を追い込む人は、そこが分けられず「自分はダメだ」「どうせオレは」と自己否定する。それではいつまでたっても断ち切れない。


新渡戸稲造

我々の親にも子にも友人にも欠点があれば、我々の憎み嫌う人にも特長がある。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

チームメンバーの相性は確かに大事。が、同じような思考や価値観を持った人ばかり集めて仕事をしやすいチームにすると、案外桁外れのパワーは生まれにくくなる。最強チームを目指すなら、互いに衝突することだってあり得る多様なバックグラウンドを持つ人たちを臆せず束ねていこう。
(藤巻幸夫、ふじまきゆきお、複数の企業のアパレルのバイヤーを歴任しブランドを立ち上げる)