名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田直紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田直紀のプロフィール

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

増田直紀の名言 一覧

人脈の面から考えると、いま属しているクラスター(集団)に安住しすぎることはよくありません。一般的に、会社の同僚のように自分と近しい人は、価値観の点でも自分と似通いがちであり、同じような情報しか交換できず、新たなチャンスをもたらす可能性が低いものです。しかし、普段あまり密接につながっていないコミュニティーに属する人は、あなたと異なる環境の中で異なる価値観や異なるコネクションを持っている可能性が高いので、より新しい情報をもたらしてくれることが期待できるわけです。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


知り合いを増やすか減らすか、あるいは人間関係に使う時間と自己開発に使う時間のバランスをどう取るか、たくさんの人と薄くつながるか、それとも少数の人と濃くつながるか……これらに一般的な正解はありません。自分がどうありたいかによって、取捨選択する必要があります。ただひとついえるのは、あまり偏りすぎるのはよくない、ということでしょう。


よく「世間は狭い」といわれますが、これはネットワーク研究でいう「スモールワールド」という考え方で説明できます。ネットワーク研究の分野では、おおむね6人を介せば、目的の人物にたどり着けるといわれています。これがスモールワールドの重要な性質です。自分の知り合いを6人たどっていけば、世界中の誰にだって会うことができる。そう考えるだけで、身近にある人脈の可能性を感じることができるのではないでしょうか。


増田直紀の経歴・略歴

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

他の記事も読んでみる

三浦知良

(食事について)意識し始めたのは35歳過ぎてからです。それまではしっちゃかめっちゃか。いまでもそういうときはあります。試合まで時間が空くときは脂っこいものも食べるし、みんながいうほどストイックじゃないですよ。人間ね、なんで仕事するかといったら遊ぶためだし、楽しむためでしょう。いい仕事をするためには思いっきり遊ばないと。


福沢諭吉

人生の途上ですでに独立して自力で生活している人に対しては、たとえ親子の間でも、やたらに干渉すべきではない。ましてや他人に対しては言うまでもない。


プラユキ・ナラテボー

一人でも多くの人々の心に、気づきの光が灯されんことを。小さな光の集いが、暗い世相を明るく変わりゆかしめんことを。


豊田章男(モリゾウ)

過去、経営に収益本位に傾きがちな面もありましたが、私自身の考えはあくまでトョタ経営の原理原則にあります。すなわち社会に貢献し、税金を納めて従業員を幸せにする会社であり続けることです。


唐池恒二

「ななつ星」の客さまの平均年齢は65歳です。「ななつ星」のコンセプトは「新たな人生にめぐり逢う、旅」。車窓をぼんやり眺めながら、これまでの来し方を振り返っていただき、そしてこれからの人生に思いを馳せてほしい。それが新たな人生にめぐり逢うことになる。そう考えました。


秋田正紀

企業風土を変えるには、コミュニケーションの活性化が大前提。ただし、コミュニケーションといっても、情報を共有するというだけではなくて、自分のポストや仕事の領域を乗り越えてでも、思っていることを言い合えるようにならなければいけない。その意味で、もっと社員の背中を押して、社員が意見や行動を実行しやすい雰囲気、また、環境を整備していかなければいけないと思っています。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

経営者、そしてゲーム作家の立場から「よかったなあ」と思うことがひとつあります。それは、ひたすら未知なるものに挑戦できたことです。


和才博美

我々通信業界の状況も、ここ10年、ドラスティック(徹底的)に変わり続けています。新しい技術がどんどん出て、さまざまな会社が参入し、前に行くには、常に新しいことを考えなくてはならないのです。失敗を恐れたり過去の成功体験にこだわりすぎていては、理想に向かって前進することができません。


カント

モラルある政治家は、国にとってなにが最善かをモラルを踏まえて考える。
モラルを説く政治家は、自分の政治のためにモラルを利用しようとする。


小宮山宏

20世紀は知識が爆発的に増えました。その結果、学問分野もいくつもの専門にどんどん細分化されて、全体像を見ることが難しくなっています。知識をより効率的に活用するためには、増え続ける知識間の相互の関連付けが必要です。


本田健

企業に勤めるサラリーマンは「自分の才能を知らない」という悲劇がある。


齋藤賢一(経営者)

キャリアのために海外駐在を希望するような人は大成しません。言葉を学び、文化を知るとは、赴任先を好きになるということ。そうでなければ、仕事になりません。社内でのキャリアを考えて、海外赴任を希望するような人はお断りです。