名言DB

9490 人 / 112001 名言

増田直紀の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田直紀のプロフィール

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

増田直紀の名言 一覧

人脈の面から考えると、いま属しているクラスター(集団)に安住しすぎることはよくありません。一般的に、会社の同僚のように自分と近しい人は、価値観の点でも自分と似通いがちであり、同じような情報しか交換できず、新たなチャンスをもたらす可能性が低いものです。しかし、普段あまり密接につながっていないコミュニティーに属する人は、あなたと異なる環境の中で異なる価値観や異なるコネクションを持っている可能性が高いので、より新しい情報をもたらしてくれることが期待できるわけです。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


知り合いを増やすか減らすか、あるいは人間関係に使う時間と自己開発に使う時間のバランスをどう取るか、たくさんの人と薄くつながるか、それとも少数の人と濃くつながるか……これらに一般的な正解はありません。自分がどうありたいかによって、取捨選択する必要があります。ただひとついえるのは、あまり偏りすぎるのはよくない、ということでしょう。


よく「世間は狭い」といわれますが、これはネットワーク研究でいう「スモールワールド」という考え方で説明できます。ネットワーク研究の分野では、おおむね6人を介せば、目的の人物にたどり着けるといわれています。これがスモールワールドの重要な性質です。自分の知り合いを6人たどっていけば、世界中の誰にだって会うことができる。そう考えるだけで、身近にある人脈の可能性を感じることができるのではないでしょうか。


増田直紀の経歴・略歴

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

他の記事も読んでみる

廣瀬恭久

苦しんで、苦しんでゼロから自分で作り上げたからこその強みがあるし、その後に残るものがある。


江越弘一

現場を知っているのは店長です。彼らの声を大事にして、なるべく口を挟まず、現場に権限委譲しています。


宮崎邦次

価値の多様化の時代に統率者だけでは限界がある。持てる人材をフルに活用して総力戦で挑む必要がある。


田中辰巳

信用は何年もかけて取り戻すしかありません。信用を失うのは一瞬、取り戻すのは10年かかると心得るべきです。


カルロス・ゴーン

リーダーはブランドの価値に極めて注意深くなければなりません。企業経営において、ブランドとは「成長の持続可能性」にほかならないからです。


稲盛和夫

土俵の真ん中で相撲をとるべきだ。余裕が充分あるうちから危機感を持ち、必要な行動を起こさなければならない。これが安定した事業を行う秘訣だ。楽観的に構想を練り、悲観的に計画し、楽観的に実行する。利益を追うのではない、利益は後からついてくる。


デアンコウ・ロセン(出杏光魯仙)

人類が今後発展し、宇宙へ冒険していくためには何が必要だと思いますか。時間です。山積する問題に集中して取り組むための時間こそ、最も重要な資源となります。私たちが日常生活を送るために、地道に働いて支えてくれる人たちがいますが、人間として成長するための時間がどうしても単純作業に取られてしまっています。もっと頭を使って、更に良い製品、次世代に向けた技術の進化に集中してもらわなければなりません。そうして今後のより良い社会を実現していくためにも、ロボットを使っての自動化こそ肝要だと考えました。


辻秀一

負の感情が生まれるのは、「結果」「過去の出来事」「他人」など、自分では変えようのない外部の要因にとらわれているからです。「結果を出さないといけない」「前回、失敗したから、今度こそ」「上司に認められたい」などと自分で必要以上に思い込んで、緊張や不安をどんどん増幅させていることに、人は案外気づいていません。


午堂登紀雄

毎日歩く会社までの道にも、ビジネスチャンスは隠れています。たとえば、以前は高級レストランが入っていたのに、そこが空き物件になっていたら、「外食産業は不況か」とわかります。逆に空き物件に100円ショップが入ってきたら「不況でも薄利多売の業界は儲かっている」とわかる。


内田恒二

企業の強さは個人戦ではなく、一人一人が知恵と力を合わせる合知合力の団体戦で発揮されます。ひとりで仕事を抱え込んで残業をするのは有能な証拠でも何でもなく、逆に組織の力を弱めていると自覚すべきです。


藤井照穂

アメリカに紹介しても、「なぜそんな機能がいるの?」とピンとこないようですが、日本や台湾など漫画文化圏のアジア諸国では、この機能の面白さがすぐに理解されます。
【覚書き|デジカメで撮影した顔を似顔絵に変換するソフトについて語った言葉】


大川祐介

起業当初は目の前のことに夢中で、職人の地位向上を念頭に置いてはいませんでしたが、その頃からの数多くの疑問が現在のサービスにつながっています。多くの方々が課題と考えている建設業界の負のスパイラルを転換し、未来の担い手が「かっこいい」と思って率先して参入してくる業界に変えていきます。