増田直紀の名言

増田直紀のプロフィール

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

増田直紀の名言 一覧

人脈の面から考えると、いま属しているクラスター(集団)に安住しすぎることはよくありません。一般的に、会社の同僚のように自分と近しい人は、価値観の点でも自分と似通いがちであり、同じような情報しか交換できず、新たなチャンスをもたらす可能性が低いものです。しかし、普段あまり密接につながっていないコミュニティーに属する人は、あなたと異なる環境の中で異なる価値観や異なるコネクションを持っている可能性が高いので、より新しい情報をもたらしてくれることが期待できるわけです。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


人間関係が豊富な人とつながりを保っておけば、その人が近道となって様々な情報やチャンスを得ることが期待できます。


知り合いを増やすか減らすか、あるいは人間関係に使う時間と自己開発に使う時間のバランスをどう取るか、たくさんの人と薄くつながるか、それとも少数の人と濃くつながるか……これらに一般的な正解はありません。自分がどうありたいかによって、取捨選択する必要があります。ただひとついえるのは、あまり偏りすぎるのはよくない、ということでしょう。


よく「世間は狭い」といわれますが、これはネットワーク研究でいう「スモールワールド」という考え方で説明できます。ネットワーク研究の分野では、おおむね6人を介せば、目的の人物にたどり着けるといわれています。これがスモールワールドの重要な性質です。自分の知り合いを6人たどっていけば、世界中の誰にだって会うことができる。そう考えるだけで、身近にある人脈の可能性を感じることができるのではないでしょうか。


増田直紀の経歴・略歴

増田直紀、ますだ・なおき。日本の研究者。東京大学大学院情報理工学系研究科数理情報学専攻准教授。東京大学工学部計数工学科卒業、東京大学大学院工学系研究科計数工学専攻修士課程・博士課程修了。日本学術振興会特別研究員、理化学研究所基礎科学特別研究員、東京大学大学院情報理工学研究科講師などを経て同研究科准教授に就任。研究テーマは計算脳科学、複雑ネットワーク、社会行動の数理など。著書に『複雑ネットワークとは何か』『私たちはどうつながっているのか』ほか。

他の記事も読んでみる

古谷博義

当社のソフト食を待ってくださっている方がいる。その方たちを何とか笑顔にしたい。


茂木友三郎

海外で働いている人は挑戦的。日本人が海外で働くことには困難が付きまといます。その困難に向き合っていると、自然と挑戦的にならざるを得ない。そういう厳しい環境で頑張っている。


奥田碩

現在日本は第二の敗戦を迎えたといわれていますが、それならば経営者が本当にその責任をとったらいいのではないか。戦後、公職追放と言う形で多くの経営者がパージ(追放)を受けました。それによって経営陣が若返り、30代、40代の経営者が生まれて戦後の経済を支えていったのです。第二の公職追放をとまでは言いませんが、自ら取るべき責任をうやむやにしたまま、新しい経営体制を築くことには無理がある。


出雲充

ほかの人が諦めてしまうところで諦めたら新しいことはできません。あともうひと踏ん張り頑張ろうと思うための動機はいろいろあると思いますが、私の場合、バングラデシュの子供たちの栄養失調を解決したいという思いで、会社を先につくったことでした。


川上量生

経営統合したら、KADOKAWA・DWANGOで何かやるとみんな思うでしょう。そうしたら全力で、ドワンゴだけでできるサービスをやるわけです。みんなに「経営統合って何だったっけ」と思ってもらえたらそれでいいんです。


葉山有樹

技術というのは、うまくなれば自然に「もっともっと」と渇望するようになるものですよね。それで僕は、23歳の頃に独立し、自分の窯を持つことにしました。


伊藤彰(コンサルタント)

上司や先輩の指導力による、部下の成長度合いの格差も問題となっている。最初の上司によってその人のビジネス人生が決まるといっても過言ではない。これでは、教育を怠る上司についた新人は不幸である。


勝間和代

幸い日本は社会保障が整備された同ですから、どんなに大失敗をしても、最後は国家によるセーフティーネットが存在します。であれば思い切って挑戦すればいいのです。


白潟敏朗

「この仕事は、私にとって何のメリットがあるんですか?」と部下に詰め寄られて、ムッとした経験を持つ上司もいるのではないでしょうか?このような部下のやる気をアップさせるには、仕事の面白さを実感させるのが非常に有効です。


奥山清行

私はどんな仕事に携わる場合でも、商品が生み出す現場や、売られている現場、使われている現場をすべて知ることをとても重視しています。たとえば、先ごろ農業機械などで有名なヤンマーの社外取締役を務めることになったのですが、それに先駆けて行なったのが、ユーザーである農家を訪ねて回ることでした。自分でもトラクターや耕転機を運転して農作業も体験しました。それと並行して、ヤンマーのほとんどの工場にも足を運びました。私が工場に行くと時間が長いことで有名なんです。ただ見学するだけではなく、自分で機械を触ったり、製造工程のディティールに踏み込んで担当の人に話を聞いたりしますから、それだけ時間がかかるのです。しかし時間と労力をかけて川上と川下の現場を見ることで、作る人たちのこだわりがわかり、またそれを使う人たちの潜在的なニーズを感じ取ることができます。そうして初めて、両者をつなぐために自分ができることを考えられるようになるのです。


安田隆夫

危機に陥るたびに、それを脱して立ち上がり、さらなる成長拡大を遂げるという繰り返しが、これまでのドン・キホーテの歴史だった。


井上雅博

変えることにより何かが生まれます。実際、エンジニアの開発組織を統合したことで重複の無駄が見えるようになってきました。僕は組織にベストというものはないと考えています。ひとつのやり方をずっと続けるのではなく、とにかく変えてみること。それに伴って改善の余地も生まれてきますし、人が変われば違う目で見ることもできます。


室伏広治

楽しくないと日々の練習や、スランプで記録が伸びない時期を乗り越えられません。記録が伸びない期間が長くなるほど、「本当にこの練習でいいのか」という不安も生じる。でも、自身の能力を高めていくことが「楽しい」と思えたり、自分の潜在能力が少しでも引き出される実感があれば、新鮮に感じて意欲的にチャレンジできるようになり、集中力にもつながります。


サント=ブーヴ

楽しみにも喜びにも、隠しておかなければならないものがある。それらは程度を超すと、他人を怒らせ、醜い行いと呼ばれ、復讐を受けることになる。


新井直之(執事)

怪しげな儲け話を投機と考え、話に乗っかる資産家は少なくありません。彼らは「新しい手法で法整備が追いついていない」「実態がよくわからない」「投資している人がまだ少ない」を儲かる3条件だと考えて、逆に攻めていくのです。もちろん、怪しい話に乗って騙されたり損をするケースも少なくありません。それなので「こういうお金はなくなってもいいつもりで投じること」と言います。それでも積極的に怪しい儲け話に投資しているのは、儲かるときのリターンが大きいためです。庶民が躊躇している間に、彼らは大きく儲け、さらに資産を増やしているのです。


ページの先頭へ