名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田正造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田正造のプロフィール

増田正造、ますだ・しょうぞう。日本の能楽研究家。武蔵野大学名誉教授。東京都出身。早稲田大学国文科卒業。武蔵野女子大学教授、武蔵野大学名誉教授などを務めた。

増田正造の名言 一覧

世阿弥は、観客がどれくらい入っているのか、舞台が野外なのか屋内なのかなど、あらゆる要素を頭の中に入れて、一番正しい高さで声を出せということを言っています。


能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。


信長にしても秀吉にしても家康にしても、どうしてあれほど能に入れ込んだのか。それは-体なぜだろうかと、いつも私は考えています。もしかしたら、能を通して自らの仕事や使命を結びつけ、考察していたのかもしれません。実業の世界も能も相手がいるところが共通するところ。だから互いに学べ合えるのではないでしょうか。


増田正造の経歴・略歴

増田正造、ますだ・しょうぞう。日本の能楽研究家。武蔵野大学名誉教授。東京都出身。早稲田大学国文科卒業。武蔵野女子大学教授、武蔵野大学名誉教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

土光敏夫

計画とは将来への意思である。将来への意思は、現在から飛躍し、無理があり、現実不可能に見えるものでなくてはならない。現在の延長上にあり、合理的であり、現実可能な計画はむしろ「予定」と呼ぶべきだろう。将来への意思としての計画は、困難を受け入れ、困難に挑み、困難に打ち勝つモチーフを自らのうちに持たなければならない。


団野村

どんな優れた選手でも、同じタイプの選手が先に採用されれば必要とされないし、逆にギリギリまで待つことで市場価値が上がることもある。情報を集め、市場の流れを掴み、初めて有利な交渉ができる。


大串亜由美

相手が発するキーワードに関連して、自分の話を切り出していきます。そうすると「それなんだよ」とか「実はね」といったふうに、相手の反応も良くなり、会話のキャッチボールが生まれやすいんです。先方も話していて楽しいですから、「この人とはまた会いたい」となるのです。


古森重隆

富士フィルムの業態転換が成功したのは、経営の決断だけでなく、会社にそれを実現するための真の実力があったからです。ナンバーワンへのこだわり、メカニズムを解明しようとする姿勢、品質のあくなき追求、技術を地道に作り上げる風土――。過去の先輩方には感謝してもしきれません。


堀切功章

商品を使うお客様にいかに近付けるかということに尽きる。お客様の気持ちを十分に知った上で商品を作ることが大事。常にマーケットから学びながら商品を作っていくというスタンスが求められる。


井上礼之

突発的で劇的な変化が多発する乱世に生き残るためには、外部環境の変化にいかに適応できるかがカギとなってくるでしょう。いわば突然変異種をどれだけ持っているかが、企業の新たな発展の大きな力になると思います。


ジェフリー・イメルト(ジェフ・イメルト)

新しい構想を得て、成長のために新たな市場を切り開いている。成長に向けた取り組みを世界中で展開しなければ、グローバル平均を上回る結果を出すことはできない。


高倉豊

意識してほしいのはアブダクションという思考法だ。論理的な思考法としては、法則からロジックを重ねて結果を導く「演繹」と、事例の積み重ねで結論を導く「帰納」が有名だ。一方、アブダクションはいきなりひらめきで仮説を立て、それを検証することで結論づけるというやり方をする。演繹でも帰納でもない、第三の思考法だ。非論理的であり、悪くいえば根拠のない思いつきに過ぎない。しかし根拠にとらわれないからこそ、既存の枠を飛び出す自由な発想ができる。


本田健

知性を使って、お金が上手く回ってくる仕組みを考えればいいんです。好きなことといっても、人とかかわること、誰かにとって何かプラスになることでないと駄目です。たとえば映画が好きな人は、映画について面白い解説をして、メルマガで配信するなどの方法があります。


赤塚保

世間には老舗と呼ばれるお店がまだ数多くありますが、歴史があるからと慢心して古いままの考えだけで経営を行っていると、時代の変化に対応できず沈んでしまいます。


藤原弘治

私の嫌いな言葉は「囲い込み」。顧客利便性のあるものは必ずブレイクスルーしますから、オープンにプラットフォームを作っていくことが大事。


坂田浩一

私は提携相手のトップとは何度も会い、人間を知り、信頼関係を作る努力を怠りませんでした。ところが、欧米の会社は業績が落ち込むと経営トップがいとも簡単に更迭されてしまう。日本的な浪花節は通用しません。最後の最後にものをいうのは「契約」だということを思い知りました。