名言DB

9429 人 / 110879 名言

増田正造の名言

twitter Facebook はてブ

増田正造のプロフィール

増田正造、ますだ・しょうぞう。日本の能楽研究家。武蔵野大学名誉教授。東京都出身。早稲田大学国文科卒業。武蔵野女子大学教授、武蔵野大学名誉教授などを務めた。

増田正造の名言 一覧

世阿弥は、観客がどれくらい入っているのか、舞台が野外なのか屋内なのかなど、あらゆる要素を頭の中に入れて、一番正しい高さで声を出せということを言っています。


能はいつも決まったことを繰り返しているように見えるかもしれませんが、実は違います。常に新しいことをやっているのです。囃子方(はやしかた)や地謡(じうたい)などとのぶつかり合いの中で、常に創造しているからこそ、数百年たった今なお輝きを失っていないのでしょう。


信長にしても秀吉にしても家康にしても、どうしてあれほど能に入れ込んだのか。それは-体なぜだろうかと、いつも私は考えています。もしかしたら、能を通して自らの仕事や使命を結びつけ、考察していたのかもしれません。実業の世界も能も相手がいるところが共通するところ。だから互いに学べ合えるのではないでしょうか。


増田正造の経歴・略歴

増田正造、ますだ・しょうぞう。日本の能楽研究家。武蔵野大学名誉教授。東京都出身。早稲田大学国文科卒業。武蔵野女子大学教授、武蔵野大学名誉教授などを務めた。

他の記事も読んでみる

古市憲寿

皆に当てはまる解決策などありません。それぞれがそれぞれの場所で頑張っていくしかない。


河野章宏

うちはあんまり「売ろう」と思ってないんで(笑)。聴いてもらうことの方が優先だから。どうぞどうぞって。でも正直、うちはレンタルだけで食べていけるだけの金額が入ってきてるんですよ。「売る」ことに特化してたら手に入らないけど、「聴いてもらう」ことから得られる収益があるんですよね。


馬渡晃

万が一、事業がうまくいかない状況が続いたら、さらに大きな穴にはまらないよう、慌てず騒がず、失敗の原因を探ってください。再起不能ラインさえ越えなければ、何度でもやり直しは可能です。チャレンジ精神を忘れないでください。


馬田一

製鉄所を建設するとしたら数千億円から一兆円かかります。下手をすると、会社が火だるまになりかねません。高炉一基つくるといったって、そう簡単にやっちゃいかんわけですよ。ある意味、猪突猛進は簡単だけれども、それはハイリスク・ハイリターンです。相当に物事を慎重に考えなくてはいけません。ただし、いったん決めたら、脇目も振らずにやります。


齋藤薫

私はひたすら忙しい忙しいという毎日なのでワーカホリックに見られたりもするけど、実は仕事そのものは好きではないんです。好きなものと言えばリゾートや海や山で、私は確実に「休日に遊ぶために」働いているんです。それにいまも本当はもう引退しているはずなんです。若い頃から、「老後のために勤め上げたい」とずっと考えていましたからね。ずっと以前からの憧れの言葉も「アーリーリタイア」でしたし。それに、リタイア後の計画もかなりまとまっていて、だから、いま、目の前の仕事を頑張れるところがある。休日やリタイア後のイメージがあるから、毎日、睡眠時間のほかはだいたい何か書いているな、なんて状況にも耐えられるところがあるんです。


津谷正明

日本では「男は黙って……」といった沈黙賛美の考え方があるかもしれませんが、それでは駄目です。言わなければ伝わらないし、お互いに言葉をやりと知り続けなければ理解は深まりません。


片岡鶴太郎

バラエティを離れて役者を目指すことも、ボクシングでライセンスを取ることも、絵を描きたいというのも全部、心の声でした。自分の内側から聞こえてくる声には従うしかない。


藤田晋

トラブルやピンチのときは少なからず動揺しますが、一呼吸ついて、動揺を顔や言動に出すのを抑えることが重要。「動揺を見せない人」は、それだけで、「頼もしい」と評価が上がります。ですから、トラブルが起きたりピンチに陥った時こそ、動揺を見せずに乗り切って、評価を上げてください。


三枝利行

会社は一つの組織なので規範を持つことは大切ですが、物事を前に進めるときは、社内のルールではなくグローバルなルールというか、もっと高い位置からの視点を持って取り組むべきだと思うのです。アクセルは外側の目で踏んで、ブレーキは内側の目で踏むという感じがいいと思いますね。


金子高一郎

地にしっかり足がついていれば必然的にお客様もついて信頼していただける。