名言DB

9419 人 / 110788 名言

増田明美の名言

twitter Facebook はてブ

増田明美のプロフィール

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

増田明美の名言 一覧

失敗を重ねたからこそ、プライドを捨てて、新しい自分へと変わることができたのではないかと思います。


マラソンはよく人生にたとえられます。30代は、マラソンでいえばまだ折り返し地点にも達していない年齢でしょう。いま先頭を走っている人が、最初にゴールできるとは限りません。また、たとえ最後にゴールしたとしても、その人が走った道のりからは、何か必ず得るものがあるはずです。大切なのは、なぜ自分は走るのか、自分なりの答えを見つけることではないかと思います。


メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


マラソンランナーの現役を終えた私が新しい人生の道として選んだのは、スポーツ・ライターでした。私は書くことが好きになったのにはきっかけがあります。おしゃべりだったため、ある日、監督から「強くなりたければ口を閉じろ」と言われました。それで毎日、しゃべるように練習日誌を書いていました。多い日はノート半分ほどになることも。ですから、書くことで、自分の経験を後輩たちに伝えられると思ったのです。


増田明美の経歴・略歴

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

遠藤周作

人間の一生には一度はまたとない好機が来る。


水野学

僕の中で、アートディレクションは「広く見る」こと、デザインは「深く見る」ことという区別をしています。「広く見る」というのはものごとを俯瞰して道筋をつくることで、「深く見る」というのはあらゆる細部を検証して精度を高めていくことです。


中松義郎(ドクター中松)

私は3年前にがんで余命2年だと宣告された。2015年12月に死ぬはずだったんだよ。非常に珍しいがんで、ほとんど完治する可能性がなかった。でも、これは「天が与えてくれたチャンス」だと思った。誰も治せないなら治療法を発明するしかない。そしたら、免疫力を高める「ガンガン食」、運動補助の杖である「ドクター中松A」など10の発明をした。それで生き延びた。


永田豊志

何事も楽しくなければ続きませんし、習慣化しません。


永守重信

残業をゼロにするためには、まずは残業が発生する「原因」を究明することだ。そこで私は、国内のグループ社員全員に、「生産性を高めるアイデアを提案してほしい」と投げかけた。すると間もなく、800を超える投書やメールが寄せられた。それらの投書を精読したところ、生産性を低下させ、残業をつくり出している原因が大きく分けて2つあることがわかった。


中村維夫

僕は、MNP(携帯電話番号ポータビリティ制度)って、案外、この会社にとって良かったんじゃないかな、という気がしているんです。傲慢で、驕っているこの会社に、頭から水をぶっかけるには、ちょうどいいことなんじゃないかなと。こんなことを社長が言っちゃいけませんけれどね(笑)。


本間卓哉

最初は採用活動を行い、IT顧問を輩出していこうかとも考えましたが、IT業界は独立意識の強い世界。組織として活動するよりも「個」を磨き、それらをコミュニティ化した方が、より多くの顧客サポートができると考えた。ITを活用したい企業と、今まで培ってきたスキルを活かしたい人。双方のニーズをサポートするのがIT顧問化協会の役割。


南場智子

テクノロジーの進化や社会の進歩は、当然、新しい軋轢を生みます。そのひとつひとつの対処の仕方で、真価を問われていくのだと思います。都度、生じる社会的な課題に対して真摯にかつオープンに向き合う。その姿勢があれば、社会を前に進めていく一翼を担うことができると信じております。


稲盛和夫

モチベーションを持てるよう努力するとき、自分の就いた仕事について、努めて「好き」になるのが一番いい方法。


黒田如水(黒田官兵衛)

大将が文道を好むというのは、必ずしも書物を多く読み、詩を作り、故事を覚え、文字を嗜むことではない。誠の道を求め、何事につけても吟味工夫を怠らず、筋目をたがえず善悪をただし、賞罰を明らかにして、心に憐みの深いのをいう。