名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田明美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田明美のプロフィール

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

増田明美の名言 一覧

失敗を重ねたからこそ、プライドを捨てて、新しい自分へと変わることができたのではないかと思います。


マラソンはよく人生にたとえられます。30代は、マラソンでいえばまだ折り返し地点にも達していない年齢でしょう。いま先頭を走っている人が、最初にゴールできるとは限りません。また、たとえ最後にゴールしたとしても、その人が走った道のりからは、何か必ず得るものがあるはずです。大切なのは、なぜ自分は走るのか、自分なりの答えを見つけることではないかと思います。


メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


マラソンランナーの現役を終えた私が新しい人生の道として選んだのは、スポーツ・ライターでした。私は書くことが好きになったのにはきっかけがあります。おしゃべりだったため、ある日、監督から「強くなりたければ口を閉じろ」と言われました。それで毎日、しゃべるように練習日誌を書いていました。多い日はノート半分ほどになることも。ですから、書くことで、自分の経験を後輩たちに伝えられると思ったのです。


増田明美の経歴・略歴

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

角田識之(臥龍)

日本人の好きな偉人で、必ず上位に入る一人が坂本龍馬。人間は、自分にない魅力の人物に惹かれます。坂本龍馬や織田信長が日本人に人気なのは、コツコツとルーティンを繰り返す農耕民族にない魅力、いわば狩猟民族のような発想と行動力に惹かれるからです。


平井伯昌

「なぜ予測が外れたのか」という分析からマイナス面が見えたら、それをプラスに変える方法を選手と一緒に考えます。そして、再び予測を立て、克服するための練習に取り組み、競技会で検証する。その繰り返しで、徐々にレベルを引き上げていくのです。なかなか思うようにレベルが上がらず、繰り返すうちにまた同じ課題に戻ったりする場合もあります。でも、「予測と検証」を繰り返せば、指導力の精度が磨かれます。そして、方法論の引き出しも確実に増えていく。引き出しが増えれば、もし、大事な場面で選手が調子を崩したとしても、短時間でリカバリーできる確率が高くなります。「予測と検証」は、選手の実力と、指導力を同時にアップできる効果的な手法です。


梅田望夫

僕はシリコンバレーに住むようになってから、大きく変わったと思っています。シリコンバレーは、アメリカの中でも非常に特異な土地です。何が特異かというと、大人の態度なんです。おっちょこちょいで、若い人が出したアイデアに対し、面白い、やってみろって言うわけです。


土方邦裕

最初のコンセプト、細部へのこだわり、そして何より諦めない心。私たちは無水調理した料理のおいしさを、みなさんにも伝えたいという一心で開発しました。


藤野英人

社長が自伝をプレゼントしてきたら要注意。身の丈に合わない豪華な新社屋に入居したら、その時期がピークです。社長室が不必要に豪華である場合も同じこと。こういった事象は全て危険なサインと見ています。


小林一雅(小林製薬)

開発・生産・マーケティング・営業、全ての面で同じことを、同じように長い期間続けることがないようにして、「小林製薬は何をするかわからない」ということを小林製薬の魅力としたいと考えています。


東山紀之

この歳になると先輩よりも後輩が増えますが、事務所の後輩に指導は特に考えないですね。基本的にアドバイスもしません。それぞれが責任を持ってやっていますから。結局は本人が自分の仕事を説得力を持ってやっているかどうか。それを見ているのは、周りなんです。だから、僕についてこい、なんて感じじゃないです。あえていえば、自分の仕事をキッチリやって、その姿勢を見せるということぐらい。


村岡恵理

部下と上司もひとつの出会い。良きにつけ、悪しきにつけ、部下にとってはその出会いが、将来こんな上司になりたい、あんな上司にはなりたくないというイメージの基点となります。


中村好文

クライアントには、いつも要望書を書いてもらっています。ただ、大切なことはそこに書かれている内容というよりは、要望と要望の間から浮かびあがってくる「潜在的な要望」なんです。それをどう建築的なかたちにするか。そこでお喋りをしたり、一緒に食事をしたりお酒を飲んだりしてよく観察して、要望書の行間を読み取ってクライアントのツボを見つけて押してあげる。これがハマると達成感がありますね。クライアントもかゆいところをちょうどかいてもらった気持ちになって、おたがいに、めでたし、めでたし。うまくいけばね。


スティーブン・コヴィー

企業においても、しかるべきプロセスを踏むことを嫌い、近道しようとして迎えた結末は悲惨である。経営者は檄をとばすような演説や、従業員の態度を改めさせるための研修、外部のコンサルタントによる改善計画や買収合併などによって、高い生産性や品質、あるいは顧客満足を確保できる新しい企業文化を購入しようとする。しかし、そうした行動が職場の信頼を低下させてしまっていることに気づこうともしない。


枡野俊明

人間が変えようと思っても変えられないものがあるという事実を受け入れられれば、不安や妬みなどの感情はすーっと引いていく。


鈴木雅哉(経営者)

独自のデータベースを作ったところで、大企業へ売り込みました。ところが全くうまくいかない。バイイングパワーが無いので価格競争ができないし、システムの使い勝手も悪かったので、見向きもされませんでした。そこで方針転換し、中小企業に集中することにしました。間接資材のメーカーや問屋の営業マンは、1回当たりの購入額が大きい大企業に集中しがちです。そのルートから外れた中小企業向けに、通信販売の仕組みを提供できればビジネスになると考えたわけです。