名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田明美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田明美のプロフィール

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

増田明美の名言 一覧

失敗を重ねたからこそ、プライドを捨てて、新しい自分へと変わることができたのではないかと思います。


マラソンはよく人生にたとえられます。30代は、マラソンでいえばまだ折り返し地点にも達していない年齢でしょう。いま先頭を走っている人が、最初にゴールできるとは限りません。また、たとえ最後にゴールしたとしても、その人が走った道のりからは、何か必ず得るものがあるはずです。大切なのは、なぜ自分は走るのか、自分なりの答えを見つけることではないかと思います。


メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


マラソンランナーの現役を終えた私が新しい人生の道として選んだのは、スポーツ・ライターでした。私は書くことが好きになったのにはきっかけがあります。おしゃべりだったため、ある日、監督から「強くなりたければ口を閉じろ」と言われました。それで毎日、しゃべるように練習日誌を書いていました。多い日はノート半分ほどになることも。ですから、書くことで、自分の経験を後輩たちに伝えられると思ったのです。


増田明美の経歴・略歴

増田明美、ますだ・あけみ。日本のマラソンランナー、スポーツ・ジャーナリスト。千葉県出身。高校在学中、長距離種目計6種目で日本最高記録を樹立。現役時代、日本最高記録12回、世界最高記録2回更新。ロサンゼルス五輪女子マラソン日本代表。引退後はスポーツ・ライターとしてテレビ、ラジオ、雑誌などで活動しながら、大阪芸術大学教授、日本陸上競技連盟理事、日本ダブルダッチ協会会長、第2回アジアユースパラゲームズ日本選手団長、文部科学省中央教育審議会委員、厚生労働省健康大使、プラン・ジャパン評議員などを務めた。

他の記事も読んでみる

スティーブ・ジョブズ

人は見せてもらうまで、何が欲しいかわからないものだ。


津賀一宏

必ずしも大きなボリュームの商品事業にこだわらないということで、お客さまに突き刺さっていく。これが我々の考え方。


宮嶌裕二

熱しやすく冷めやすいユーザーが多い中、各地の駅を訪問するゲームの「駅メモ」は、ゲームで遊んだことがそのまま思い出になるライフログツール。思い出の蓄積だからこそ、途中でやめにくく、継続率が高いゲームとなっています。


山口多賀司(経営者)

いまは多くの企業で経営者の再教育が必要です。経営者を教育しなおして、新しい経営体制に入れ替えるべきですね。


末木紳也

ビジネスパーソンがキャリアアップするためには、自己投資が不可欠です。目指す資格を選ぶときには、注意が必要です。それは雑誌などに掲載されている人気ランキングなどは参考程度にとどめ、現在の仕事に直結した資格か、興味ある資格に絞り込むことです。


松下幸之助

人間というものは、気分が大事です。気分がくさっていると、立派な知恵才覚を持っている人でも、それを十分に生かせません。しかし気分が非常にいいと、今まで気づかなかったことも考えつき、だんだんと活動力が増してきます。


松井道夫

私は日本がもう終わりだとは思っていません。一番のカギを握るのは若者ですよ。これまでの歴史の中で年寄りが歴史を変えたなんて話、聞いたことがない。世の中に変化をもたらすのはいつの時代も若者です。


デビッド・テイラー(経営者)

今までの会社の歴史の中でも最も大きな変革の時期を迎えています。今回の決算は、目標とする最終地点には到達できていないものの、意味のある前進を遂げられたと思っています。製品ラインアップ、サプライチェーン、企業の組織文化も、これからの成長に向けて大きく変換を遂げた年だったと言えます。


成富茂安(成富兵庫)

勝ちというは味方に勝つことなり。味方に勝つというは我に勝つことなり。我に勝つというは気をもって体に勝つことなり。


成毛眞

若い世代では、「勝ち組カッコ悪い説」を唱える人が増えています。「大企業に居続けるのは、能力がなく、何も挑戦できなかった証拠」と考えているようです。彼らは、戦略コンサルティングファームや外資系金融機関、総合商社を辞め、ベンチャー企業を立ち上げたり、社会貢献系の仕事をしています。皆さんも、自分が旧来の価値観にとらわれていないか、考えてみてはいかがでしょう。


和地孝

経団連のミッションでインドに出かけた折、マザー・テレサの活動に触れ、帰国後に注射器などを贈りました。するとすぐに私宛にお礼状が届き、そこにはこう書かれていました。「私を診てくださったすべての医師、看護婦、そして治療に使った薬や医療機器、これらのおかげで私がいま、生かされており、これらを通して、神様はたくさんの愛を示してくださいました」「この感謝の気持ちをテルモの皆さんのための祈りに代えて贈ります」。じつに心温まる手紙です。お礼状で大切なことは、心が伝わることです。


塚本隆史

まず部下との間で情報を共有化し、自分の持っている問題意識、部下の持っている問題意識をよくすり合わせます。それがすべての出発点です。