名言DB

9413 人 / 110706 名言

増田昌子(セットデザイナー)の名言

twitter Facebook はてブ

増田昌子(セットデザイナー)のプロフィール

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

増田昌子(セットデザイナー)の名言 一覧

ハリウッドで生き残るための鉄則は、「Don’t take No for No!(NOをNOと取るな!)」です。どんな仕事でも、ある程度の図太さは武器になるでしょう。人や世間が「無理だ」と言っても、本当に無理かどうかを決めるのは、自分自身だと思います。


アメリカの元同僚が、転職時の面接で「ハリウッドで働いていたなら、もう何があっても大丈夫ですね」と言われたそうです。そのとおり、ハリウッドで働いた者は、簡単なことで諦めたり、折れたりすることはまずないと、私も実感しています。


ターニング・ポイントとなったのは、駆け出しの頃に仕事をもらった『ジュラシック・パーク』。私の担当は、ジュラシック・パークの象徴「ビジターセンター」内の大階段だったのですが、当時はまだパソコンは使われておらず、階段のカーブや中二階との連結など、どう実現するかはすべて手計算でした。高校で習った三角関数やら円周率を駆使し、手すりのデザインもあわせて試行錯誤。あまりに面倒なので、最終的に、まだ勉強中だったパソコンを使い、背水の陣で仕上げました。私の設計図をもとに、コンストラクション(建造)担当の人たちが階段を創り上げ、それにペインターの人たちが色を塗って、完成です。不安だった私は、完成した階段を見て、「エンジニアもいないのに、できちゃった!」と感心しました。もちろん皆、経験はあったし、元建築士のデザイナーもいましたが、そのときは、全員が専門家でもないのに立派なセットが出来上がることが、とても面白かったのです。完成試写会では、スタジオで見てもリアルだった樹脂製の恐竜たちも本物さながらに動き回っており、それは感動しました。その後、挫折しそうなことも多々ありましたが、『ジュラシック・パーク』で味わった興奮と感動が、私を前に進ませました。


私の職業は、映画のセットデザイナー。映画のセットを創る仕事です。美術監督の指揮のもと、中世の街並みから宇宙船の内部まで、実際には見たことのない場所でも、ストーリーに合った世界観を創り上げます。華やかそうな仕事と思われることも多いですが、実際のところはかなりタフで、ドロドロした面もある仕事です。「3か月の予定」と言われ、遠い州に仮住まいの家を借りて働き出せば、1年経っても終わらない、なんてザラ。もとより、待っていれば常に仕事がもらえる安定した職業からはほど遠く、限られた仕事に無数のハゲタカが群がり、奪い合うような状況が永遠に続く仕事です(笑)。それでも私は、20代で単身アメリカに渡り「ハリウッドで映画の仕事をしたい!」と宣言して、大勢の業界人から「やめておけ! どれだけ厳しい業界かわかっているのか!?」と言われても諦めなかったことを、後悔していません。


増田昌子(セットデザイナー)の経歴・略歴

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

他の記事も読んでみる

角田秋生

理念や価値観という「芯棒」から手を離しては、成長し続けることはできません。しかし、芯棒を両手で握ったまま日本のやり方にしがみついていては、海外に出る意味がない。芯棒は片手で握り、もう一方をフリーハンドにしておく。それがグローバル展開でのカギになります。


宋文洲

やっぱり人を使うのは楽しいんです。社長をやっていると、権限があるから命じればみんなが走ってくれる。でも、やめたらそうはいかないですよ。経営者の中には、それこそ死ぬ寸前まで会社に出てくる人もいますよね。どれほど人をコントロールして使いまわすのが好きなのかわかるでしょう?これは中毒なんです。大麻のようなものです。僕の場合、中毒にかかる前に大麻をやめたということですよ。
【覚書き|早期に会社の代表権を返上し引退したことについての語った言葉】


遠藤結蔵

今後リアル店舗がネット販売に飲み込まれずに発展していくためには、ネットという武器を活用し、さらなるスピード感を持って変化し続けていかなければなりません。そこに知恵を尽くし、汗をかいた小売業しか生き残ることはできないと、私たちは覚悟しています。


高妻容一

ハイレベルな試合では、集中力が低下した方が負ける。集中力が途切れ、不安やプレッシャーから生まれるマイナス思考にとらわれると、呼吸が普段より浅く速くなり筋肉の微妙な動きが普段とズレてしまう。その結果、日頃の練習通りのプレーができなくなる。


小松俊明

仕事が速いけれど雑なタイプは、一週間後でも間に合うものを、ろくに見直しもせずすぐに出してしまう。それは、「早く出すのが優れている」と勘違いしているからだ。こういうタイプは、質を高めるために粘るのが面倒で仕方がない。だから早く提出することでごまかそうとする。こういうタイプには、「いくらすぐに出てくる牛丼屋でも、ものすごくまずかったら客は入らないだろう。一定のクオリティを担保するためには、期日までたっぷり時間を使って、じっくりやれ」と言うしかない。


藤田晋

先月、「捨てる会議」という名の会議をやりました。これまで実施してきた数多くの事業や制度を1度見直し、「やめるべきもの」を決めようというものです。


浅野純次

不正やブランドの凋落では、創業者の遺伝子が正しく継承されていないケースが多い。ソニーやシャープの創業者と後継社長たちとの落差は驚くほどである。では、どうしたらいいのか。創業者や中興の祖と言われる人たちの生き様や問題意識を後の世代がしっかり受け止めるための努力を重ねることである。すべてを金科玉条とする必要はないが、創業者の理念と行動を風化させない工夫を全社的に続けることで、企業は活性化し、不祥事や凋落への歯止めが生まれる。


宮内義彦

ブランド大学、企業に入り、定年まで人より少し上で過ごそうという意識を日本から払拭しなければいけません。官僚的なものから一度外れた人は中に入れないのが今の日本ですが、本当は外れた人の方が大事なんです。そうしないと日本は伸びないのではないかと思います。


吉江勝

地域や地方のトップを目指す。すると地方で評判になり、講演やコンサルタントの依頼など、仕事が広がる可能性が高い。


福地茂雄

異業種に飛び込むことになったので、多くの人が「大変じゃないか?」と心配してくれました。しかし、考えてみてください。私がビールをつくっていたわけではないし、番組をつくっているわけでもありません。経営の仕事とは、職員に気持ちよく働いてもらうことと経営資源を適切に配分することです。業種が多少違っても、することに変わりはありません。


佐渡島庸平

僕が独立してやりたいのは、天才たちとともに、「時代と国境を超えるような作品」をこの世に送り出すこと。だからダイエットや英語などその時々のブーム本といったものは、僕らの会社が目指すものから最も離れたところにあるんです。僕らは、10年後にも20年後にも、テーマになりうるものだけを追っていきます。


槍田松瑩

変化が激しい時代では、事業環境がどのようになるか誰にも予測できません。しかし、ミドルがしっかりとした価値観と考える力を持つ部下を育成する役割を全うし、そのような社員が揃った会社になれば、世の中に何が起ころうとも必ず乗り越えていけると考えています。


岩下宣子

言葉も大事ですが、「モノ」も気持ちを表す大きな手段。


糸井重里

さほど儲からない仕事を混ぜられるのは、普段の業務でしっかり利益を出しているから。利益をきちんと出しながら、やりがいのある活動もできることこそ、今後の「企業」のあり方であり、多くの人が望む働き方。


山本吉兵衛

商品をつくるときには、はじめに何のためにこういう商品を出すのか、という心があるんですよ。そういう立ち上がりの心が、販売の各段階のそれぞれの担当の人に伝わらなければ、正しい販売はあり得ないというのが私の哲学なんです。