名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田昌子(セットデザイナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田昌子(セットデザイナー)のプロフィール

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

増田昌子(セットデザイナー)の名言 一覧

ハリウッドで生き残るための鉄則は、「Don’t take No for No!(NOをNOと取るな!)」です。どんな仕事でも、ある程度の図太さは武器になるでしょう。人や世間が「無理だ」と言っても、本当に無理かどうかを決めるのは、自分自身だと思います。


アメリカの元同僚が、転職時の面接で「ハリウッドで働いていたなら、もう何があっても大丈夫ですね」と言われたそうです。そのとおり、ハリウッドで働いた者は、簡単なことで諦めたり、折れたりすることはまずないと、私も実感しています。


ターニング・ポイントとなったのは、駆け出しの頃に仕事をもらった『ジュラシック・パーク』。私の担当は、ジュラシック・パークの象徴「ビジターセンター」内の大階段だったのですが、当時はまだパソコンは使われておらず、階段のカーブや中二階との連結など、どう実現するかはすべて手計算でした。高校で習った三角関数やら円周率を駆使し、手すりのデザインもあわせて試行錯誤。あまりに面倒なので、最終的に、まだ勉強中だったパソコンを使い、背水の陣で仕上げました。私の設計図をもとに、コンストラクション(建造)担当の人たちが階段を創り上げ、それにペインターの人たちが色を塗って、完成です。不安だった私は、完成した階段を見て、「エンジニアもいないのに、できちゃった!」と感心しました。もちろん皆、経験はあったし、元建築士のデザイナーもいましたが、そのときは、全員が専門家でもないのに立派なセットが出来上がることが、とても面白かったのです。完成試写会では、スタジオで見てもリアルだった樹脂製の恐竜たちも本物さながらに動き回っており、それは感動しました。その後、挫折しそうなことも多々ありましたが、『ジュラシック・パーク』で味わった興奮と感動が、私を前に進ませました。


私の職業は、映画のセットデザイナー。映画のセットを創る仕事です。美術監督の指揮のもと、中世の街並みから宇宙船の内部まで、実際には見たことのない場所でも、ストーリーに合った世界観を創り上げます。華やかそうな仕事と思われることも多いですが、実際のところはかなりタフで、ドロドロした面もある仕事です。「3か月の予定」と言われ、遠い州に仮住まいの家を借りて働き出せば、1年経っても終わらない、なんてザラ。もとより、待っていれば常に仕事がもらえる安定した職業からはほど遠く、限られた仕事に無数のハゲタカが群がり、奪い合うような状況が永遠に続く仕事です(笑)。それでも私は、20代で単身アメリカに渡り「ハリウッドで映画の仕事をしたい!」と宣言して、大勢の業界人から「やめておけ! どれだけ厳しい業界かわかっているのか!?」と言われても諦めなかったことを、後悔していません。


増田昌子(セットデザイナー)の経歴・略歴

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

他の記事も読んでみる

金川顕教

無駄を省くと、選択肢が減る。選択肢が減ると、やることがシンプルになるので時間のムダをなくすことができる。


千原せいじ

バブルが崩壊した頃、巨人の桑田投手が24歳のときに親族の不動産投資の失敗で、10億円以上の借金を抱えたというニュースがあったじゃないですか。僕はなぜかあれをよく覚えていて、自分が24歳になったとき、「なんぼ金を貸してくれるんやろう?」と思ったんですよ。当時、千原兄弟は関西でそこそこ顔を知られていて、ラジオも入れてレギュラーは7、8本。大阪では知らん人がいないくらい売れていました。それで、仕事の合間にふとヒマな時間ができたとき、「そうや、金借りに行こう」「なんぼ貸してくれるやろ?」と。銀行に行って「融資を受けたいんやけど」と相談したら、出てきたのは学生ローンのパンフレットでした。もちろん、千原せいじとわかっています。自分ではまあまあ稼いでいると思っていたので、がく然としましたよ。それで、「バカにすんな!」言うて出てきたものの、同時に「世間のモノサシではこんな感じかー」とも思うて。怒りようがなかった。正直、若くてアホやから、芸人になって売れればなんでも手に入ると思っていたわけです。でも、それは全部、自分に都合のいいイメージで、リアルな社会とはズレますよね。


佐藤昌弘(コンサルタント)

営業の目的は、売上を最大化することです。だからといって、やたらとお客の数を増やせばいいというものではありません。たとえ、年間の営業活動を通じて新たに一社しか契約できなくても、相手がトヨタ自動車のような大口の取引先をできたならどうでしょう。細かな取引先を回るよりそちらに全力を注ごうと考える営業マンがいても、別に不思議ではありません。


堀之内九一郎

私には物が売れない経験はない。売れるまで売ろうとするから必ず売れる。成功とは、成功すると決めた人しか成し得ない。


南部靖之

リーダーは「心で判断できるか」が重要。そしてそれを実行に移すことが、先見性につながる。


西田文郎

スポーツ選手でも科学者でも経営者でも、非常に優れたことを成し遂げる人を「天才的」とか「常人離れしている」とか言います。実はそういう人は、99パーセントの人が否定的にとらえてしまうことを、子どものように純粋に「できる!」と思い込んでいて、肯定的にチャレンジし続けられる人です。


吉野俊昭

新商品の開発でも、新事業の推進でも、これは「よろこビックリ(喜びと驚き)かどうか」を常に問いかけています。その意識をすべての関係者に徹底させるのが私の使命です。先頭に立って旗を振りながら、今後はより積極的な海外展開も仕掛けていきたいと思います。


太田伸之

中身の良さは、消費者を魅了するために絶対に欠かせない条件。しかし、それは十分条件ではない。こだわりの技が詰め込まれた商品でも、見栄えのよくないパッケージでポツンと棚に置かれていたら、消費者に関心を持ってもらうのは難しいでしょう。


仙田満

世の中はどんどん変化していきますから、できることをこなすだけではリスクが高い。常に新しい領域を研究し、自分が置かれた環境を外に拡大していく努力をすべき。


鎌田富久

成長する人は素直に他人の意見を取り入れる力があります。ですが、もともとやりたいことの軸は決してブレません。いちいち失敗にめげていたらキリがないので、楽観的に構えるべきですが、一方で大失敗すると取り返しがつきませんから、堅実さも求められます。また、自信家でなければ投資家や社員、ユーザーを説得することは出来ず、しかし謙虚でなければ人の上には立てません。難しいですが、どれも起業家にとって必要な要素ですね。もし経営陣が複数いるなら、役割分担をしても良いかもしれません。


白川敬裕

司法試験の時は、大学の図書館や予備校の自習室を利用しました。まわりの皆が集中して勉強しているので、自分も刺激を受けて勉強できる。


石川康晴

組織は大きくなると、「前例主義」や「指示待ち仕事」になりやすい。問題を探すことすらしない人が増えるのは、組織にとって危険サイン。