名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

増田昌子(セットデザイナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田昌子(セットデザイナー)のプロフィール

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

増田昌子(セットデザイナー)の名言 一覧

ハリウッドで生き残るための鉄則は、「Don’t take No for No!(NOをNOと取るな!)」です。どんな仕事でも、ある程度の図太さは武器になるでしょう。人や世間が「無理だ」と言っても、本当に無理かどうかを決めるのは、自分自身だと思います。


アメリカの元同僚が、転職時の面接で「ハリウッドで働いていたなら、もう何があっても大丈夫ですね」と言われたそうです。そのとおり、ハリウッドで働いた者は、簡単なことで諦めたり、折れたりすることはまずないと、私も実感しています。


ターニング・ポイントとなったのは、駆け出しの頃に仕事をもらった『ジュラシック・パーク』。私の担当は、ジュラシック・パークの象徴「ビジターセンター」内の大階段だったのですが、当時はまだパソコンは使われておらず、階段のカーブや中二階との連結など、どう実現するかはすべて手計算でした。高校で習った三角関数やら円周率を駆使し、手すりのデザインもあわせて試行錯誤。あまりに面倒なので、最終的に、まだ勉強中だったパソコンを使い、背水の陣で仕上げました。私の設計図をもとに、コンストラクション(建造)担当の人たちが階段を創り上げ、それにペインターの人たちが色を塗って、完成です。不安だった私は、完成した階段を見て、「エンジニアもいないのに、できちゃった!」と感心しました。もちろん皆、経験はあったし、元建築士のデザイナーもいましたが、そのときは、全員が専門家でもないのに立派なセットが出来上がることが、とても面白かったのです。完成試写会では、スタジオで見てもリアルだった樹脂製の恐竜たちも本物さながらに動き回っており、それは感動しました。その後、挫折しそうなことも多々ありましたが、『ジュラシック・パーク』で味わった興奮と感動が、私を前に進ませました。


私の職業は、映画のセットデザイナー。映画のセットを創る仕事です。美術監督の指揮のもと、中世の街並みから宇宙船の内部まで、実際には見たことのない場所でも、ストーリーに合った世界観を創り上げます。華やかそうな仕事と思われることも多いですが、実際のところはかなりタフで、ドロドロした面もある仕事です。「3か月の予定」と言われ、遠い州に仮住まいの家を借りて働き出せば、1年経っても終わらない、なんてザラ。もとより、待っていれば常に仕事がもらえる安定した職業からはほど遠く、限られた仕事に無数のハゲタカが群がり、奪い合うような状況が永遠に続く仕事です(笑)。それでも私は、20代で単身アメリカに渡り「ハリウッドで映画の仕事をしたい!」と宣言して、大勢の業界人から「やめておけ! どれだけ厳しい業界かわかっているのか!?」と言われても諦めなかったことを、後悔していません。


増田昌子(セットデザイナー)の経歴・略歴

増田昌子、ますだ・まさこ。日本の映画・ドラマセットデザイナー。東京都出身。ハリウッドで大ヒット映画のセットを多数担当。

他の記事も読んでみる

池田貴将

習慣を変えていくうえで、ひとつアドバイスがあります。それは、たとえ三日坊主になっても自分を責めないこと。いい習慣を身につけたり、悪い習慣を断ったりして自分を変えようとする。その挑戦が短期間で挫折してしまったとき、私たちはつい、「自分はダメなんだ」と思ってしまいます。けれども、本当は三日坊主がいけないのではありません。三日坊主のあとに諦めてしまうのがいけないのです。考えてみてください。いい習慣を三日間継続できたけれど、四日目に挫折した。ここで諦めればそれまでですが、諦めずに翌日から再チャレンジして、また三日間続けられたとします。この調子で三日坊主を一年間繰り返したら、一年の四分の三はいい習慣を実践できたことになります。もう、習慣が変わったといってしまっていいはずでしょう。


小山昇

武蔵野では、できる限りお客様訪問を1人では行かせません。最低でも3回に1回は2人で行かせます。効率は悪いんです。でも、そのほうが他の営業社員がお客様とどんなコミュニケーションをしているのかを現場で見られる。往復の移動の中で様々な情報交換もできる。するとみんなスキルアップして、どんどん成果を上げるようになります。


廣内武

日常生活の中にヒントがある。その意味でも五感を磨くことが大事。


飯田亮

後世から見たら愚かなものかもしれません。しかし、できるだけのことはしなくては。


井植歳男

私が創業当初から描いていた夢のひとつは、輸出によって海外へ進出することであった。社名の「三洋」も、太平洋、大西洋、インド洋になぞらえたものである。


竹田晴夫

伸びる社員と伸びない社員。片や仕事を追いかけ、片や仕事に追いかけられる。それが違いでは?


小路明善

大切なのは、どの市場でどのようなビールが求められ、我々はそれに対してどのような商品を提供できるかということ。日本が海外事業の司令塔でなければならない理由はない。


平井伯昌

「成功すれば選手の手柄、失敗すればコーチのミス」。そういうスタンスで支えていることを選手に伝えれば、彼ら・彼女らが背負っている重荷が減り、競技により集中できるようになる。


胡厚崑(ケン・フー)

ICT(情報通信技術)の業界は変化が激しく、しかも速い。そのため複数の人間が意思決定に携わるのがふさわしい。


石川泰彦

優れたリーダーはコミュニケーション力が高い。例えば弊社の広島支社では、支社長が働き方や期待される役割などを現場のマネジャーたちに密に働きかけた結果、人数が減少し残業時間も短縮、生産性が改善しました。業績は大幅に向上し、その成果が社員の給与に還元され、社員満足度もぐんと高まりました。こうした事例がほかの支社にも広がっています。


津谷祐司

社内で企画の発表会をしています。毎週、制作・広告・管理セクション・マネージャーの4つのチームに分かれ、A4の紙1枚に自分の改善案を言き、発表するのです。1ヵ月に約400枚の改善・企画案が出ます。いい案には5万円の賞金が出ます。サイトの退会率を低くする手法なども出て効果を上げてくれました。


佐藤洋治

今、非常に殺伐として夢がなくなっている社会になっていますから、どういうふうにこの世界が変わっていくか、今ちょうどターニングポイントというか、今までやってきたことの作り直しが必要になっているのだと思う。