名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

増田寛也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田寛也のプロフィール

増田寛也、ますだ・ひろや。日本の官僚(建設)、政治家。東京都出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。茨城県企画部鉄道交通課長、建設省河川局河川総務課企画官、建設経済局建設業課紛争調整官などを経て岩手県知事選挙に当選し3期務めた。また、総務大臣、内閣官房参与、内閣官房安心社会実現会議事務局長、日本創成会議座長を務めた。

増田寛也の名言 一覧

「よそ者、若者、ばかもの」といわれるように、新しく物事を動かすには外からの知恵が大きな力となる。


補助金事業の持続性の低さは、必死さの違いなのかもしれません。そうした企業の真摯な姿勢は、もっと行政も学ぶべきでしょう。


旧建設省に入省してから5年目。千葉県警の交通指導課長に任命されました。そこで自分の行動指針となる教えを目の当たりにしました。「現場100回」がそれです。それ以降「悩んだ時ほど現場へ」を心がけてきました。


仕事があってこそ継続的な地域の魅力が生まれます。地方創生は、その意味で民間が主役。


岩手県知事時代には事業が進みつつあった県道工事の中止問題、公営岩手競馬の存続問題など難しい判断を迫られました。賛否両論が沸き起こる中、何度も現場に足を運び、現場の息づかいなどを見聞きして決断を下しました。県道工事は中止し、岩手競馬は厳しい条件付きで存続を決めたのですが、あの時の判断は間違っていなかったと思っています。


小さな自治体のよさは、首長が動きやすい点にあります。特色を出しやすい。ただし職員の層は薄い。自前の力にこだわらず期間限定で外部のプロを呼び、その力を周りに伝えていくことも重要。


行政にとって、民間企業と協働するよさは持続可能性の向上にあります。行政が実施するモデル事業は、「補助金の終わりとともに事業も終わってしまう」ということになりがちです。その点、企業と組めばマーケティングや事業価値を高める方法を学ぶことができ、事業の継続性が高まります。


大学生への講義も続けています。若い世代には「失敗は学びのチャンス」と考え、恐れずに物事に向かってほしいですね。周りの大人は若い人たちが何度でも挑戦できる機会を与えることが大切です。大変化の時代だからこそ新陳代謝が必要。政治家や企業経営者は聞く耳を持ち、一定の成果が出たら後に譲るという姿勢が重要な気がしてなりません。


郵政民営化、社会保障改革など幅広い分野に携わってきました。何とかこなしてきたのは知事を経験したことが大きいと思います。国の行政機関は縦割りで相互の壁が厚くなりがち。知事は地域全体に目配りするため横串で物事を見ることが多くなる。地域で医療や介護などの行政システムが全体として回るように目をこらす必要があり、多分野に触れてきた経験が役立っています。国のどの組織や人に力やノウハウがありそれをどう活用していけば物事が動いていくのかという「引き出し」を幾つも用意できてきたのもその延長線上のことでしょう。


増田寛也の経歴・略歴

増田寛也、ますだ・ひろや。日本の官僚(建設)、政治家。東京都出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。茨城県企画部鉄道交通課長、建設省河川局河川総務課企画官、建設経済局建設業課紛争調整官などを経て岩手県知事選挙に当選し3期務めた。また、総務大臣、内閣官房参与、内閣官房安心社会実現会議事務局長、日本創成会議座長を務めた。

他の記事も読んでみる

カルロス・ゴーン

リーダーシップを鍛えるには、厳しい課題を与え続けることが欠かせません。


永守重信

約1年間かけて残業をどう減らしていけるか、試行する期間を設けました。実行してみて、それで利益が上がるかどうか、まずはやってみようと。この時、いきなりスローガンを打ち出すのではなく、社内で検証して結果が出たら世間に公表する、ということに決めたのです。結果はすぐに出ました。当社の平均残業時間は月30時間程度でしたが、上長による定時帰宅の声掛けといった「すぐにできるアクション」で、あっという間に残業時間は3割減になった。さらに社内改革を進めて、残業時間は今期までに半分に減っています。


山本晴義

私が推奨しているのが「一日決算主義」です。週末にまとめてストレス解消をしようとするのではなく、その日のストレスはその日のうちに解消するのです。具体的には、運動、睡眠、休養、食事、会話の時間を毎日、確実に確保すること。すると、精神的に充足した状態で翌朝を迎えることができます。


分林保弘

本業でつながりのない企業同士のM&Aはお勧めしません。本業でシェアの拡大が見込めるケースや、相乗効果が見込める相手を探します。例えば、技術力は高いが後継者がいない企業を、関連商品を扱う商社が買うことで販売力を付けるといったケースです。


荻原浩

普通なら、「いつまでも中途半端なことはしていられない」となったら、真っ当に生きるためにも長年やってきた広告の世界に戻るんでしょうけど、なぜか、うちの奥さんと共謀して、さらに危険な橋(小説)のほうへ向かってしまったんです。なぜか? うーん、なぜなんでしょう。こんな若造のような選択をしてしまったのは。迷ってた時期もあるはずなんだけど。そうだ、根拠のない自信――それだな。それだけですよ。


伊藤慎介

経産省は「天下り」ではなく、最前線で活躍する20~30代の若手官僚にもっと民での経験を積ませたらどうか。現在も官民人事交流制度があるが、数年で戻ってくることが決まっているため、「お客さん」扱いで終わってしまい、意味がない。プロジェクトが完了するまで責任を持たせることで、OBたちが各界で活躍するリクルートや日本IBMのような、人材輩出機関になるべきだろう。


大東隆行

うちの店長に必要な資質はいくつかあります。まずは『行動力』です。来店客層や数字を読んで、「うちの店は昼のサラリーマンが多い。定食をたくさんつくったろ」と思ったら、次の日から定食を並べる。知恵を集結して行動を起こすのです。次は、『部下のことを理解する力』です。パートさんもアルバイトも含めて、自分の店にいる人の性格と行動を読む。それによって、仕事場の配置を考えることができます。そして『愛嬌』。店長は部下を引っ張っていく存在です。上に立って人に指図する人間は人間性を問われます。


早川幸治

英語のライティングは、「使う可能性のある文章」を想定し、実際に書いてみましょう。ビジネスシーンで使う英語は、難しい単語や独特の表現が多い一方で、「型が決まっている」という利点もあります。いくつかのパターンを覚えさえすれば、すぐに使える・通じる英語として活用できるのです。


有本隆浩

感性のアンテナを張って、情報を瞬時に捉え、誰よりも早く行動した人が勝つ。頭でいくら考えても行動しない人は遅れていく。ビジネスとはそういうもの。


澤上篤人

長期運用をしていると、会社の行動や社風が最初とは変わってくることもあります。注意深く観察していいると見えてきます。数字は、その確認材料として使うものなんです。だから、機械的に数字で銘柄をはじき出すスクリーニング(利益などが一定の条件を満たすかどうか検索し、投資対象になるか振り分ける方法)なんかは一番ダメです。


中村勘三郎・18代目(5代目 中村勘九郎)

悩むのは家の中だけでいい。稽古場ではとにかくやれ、動物的に動け。


綾辻行人

父親が急逝し、父の商売の後始末に奔走しないといけなくなりました。お金のこととか法律とか、ぜんぜん詳しくなかったから。ひどく苦労しました。大人になるというのは、社会的成功や財産を築くのではなく、こういった現実を背負うことなんだと、身を持って知ることができました。楽しい気分だけで、人生はやっていけるものじゃないなと。