増田寛也の名言

増田寛也のプロフィール

増田寛也、ますだ・ひろや。日本の官僚(建設)、政治家。東京都出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。茨城県企画部鉄道交通課長、建設省河川局河川総務課企画官、建設経済局建設業課紛争調整官などを経て岩手県知事選挙に当選し3期務めた。また、総務大臣、内閣官房参与、内閣官房安心社会実現会議事務局長、日本創成会議座長を務めた。

増田寛也の名言 一覧

「よそ者、若者、ばかもの」といわれるように、新しく物事を動かすには外からの知恵が大きな力となる。


補助金事業の持続性の低さは、必死さの違いなのかもしれません。そうした企業の真摯な姿勢は、もっと行政も学ぶべきでしょう。


旧建設省に入省してから5年目。千葉県警の交通指導課長に任命されました。そこで自分の行動指針となる教えを目の当たりにしました。「現場100回」がそれです。それ以降「悩んだ時ほど現場へ」を心がけてきました。


仕事があってこそ継続的な地域の魅力が生まれます。地方創生は、その意味で民間が主役。


岩手県知事時代には事業が進みつつあった県道工事の中止問題、公営岩手競馬の存続問題など難しい判断を迫られました。賛否両論が沸き起こる中、何度も現場に足を運び、現場の息づかいなどを見聞きして決断を下しました。県道工事は中止し、岩手競馬は厳しい条件付きで存続を決めたのですが、あの時の判断は間違っていなかったと思っています。


小さな自治体のよさは、首長が動きやすい点にあります。特色を出しやすい。ただし職員の層は薄い。自前の力にこだわらず期間限定で外部のプロを呼び、その力を周りに伝えていくことも重要。


行政にとって、民間企業と協働するよさは持続可能性の向上にあります。行政が実施するモデル事業は、「補助金の終わりとともに事業も終わってしまう」ということになりがちです。その点、企業と組めばマーケティングや事業価値を高める方法を学ぶことができ、事業の継続性が高まります。


大学生への講義も続けています。若い世代には「失敗は学びのチャンス」と考え、恐れずに物事に向かってほしいですね。周りの大人は若い人たちが何度でも挑戦できる機会を与えることが大切です。大変化の時代だからこそ新陳代謝が必要。政治家や企業経営者は聞く耳を持ち、一定の成果が出たら後に譲るという姿勢が重要な気がしてなりません。


郵政民営化、社会保障改革など幅広い分野に携わってきました。何とかこなしてきたのは知事を経験したことが大きいと思います。国の行政機関は縦割りで相互の壁が厚くなりがち。知事は地域全体に目配りするため横串で物事を見ることが多くなる。地域で医療や介護などの行政システムが全体として回るように目をこらす必要があり、多分野に触れてきた経験が役立っています。国のどの組織や人に力やノウハウがありそれをどう活用していけば物事が動いていくのかという「引き出し」を幾つも用意できてきたのもその延長線上のことでしょう。


増田寛也の経歴・略歴

増田寛也、ますだ・ひろや。日本の官僚(建設)、政治家。東京都出身。東京大学法学部卒業後、建設省(のちの国土交通省)に入省。茨城県企画部鉄道交通課長、建設省河川局河川総務課企画官、建設経済局建設業課紛争調整官などを経て岩手県知事選挙に当選し3期務めた。また、総務大臣、内閣官房参与、内閣官房安心社会実現会議事務局長、日本創成会議座長を務めた。

他の記事も読んでみる

西田厚聰

大きく攻めた方がいいときもあるし、小さく攻めた方がいいときもあります。


泉谷直木

組織が停滞するとき、トップに経営への課題意識があり、ミドル(中間管理職層)も現状への問題意識を持っているものの、一般社員が現状肯定意識を抱えたままであることはよくあります。このような組織を変革する場合、まずトップが「5年後に我が社の利益は半減し、10年後にはゼロになる」などと揺さぶりをかける必要があります。それがミドルへ連鎖し、最終的には全員が変革に向かって動き出すようになります。


佐藤秀哉

今後は、当社を現在のマザーズから1部上場企業になれるよう、しっかり成長させ、後継者を作って60歳になるまでに引退したい。IT業界は、世界的に見ると50代後半とか60代で社長を務めているのは日本くらいで、ほとんど40代か50代前半までです。毎日新しい製品やテクノロジーが出てきて、その中から次の成長の芽を読み取る頭のフットワークが付いていかないのです。


日野原重明

これは大変なことになった、と思い、とっさに頭に浮かんだのは、こうした緊急事態で人間の脈拍はどうなるだろうか、という疑問でした。隣に座っていたご婦人の脈を取ろうと思ったのですが、妙な疑いをかけられても困ると思いとどまり、自分の脈を測りました。するとやはり、いつもより脈が速くなっていて、ああ、私はいま興奮しているんだなあ、と納得したのです。つくづく医者なんですね。
【覚え書き|よど号ハイジャック事件に巻き込まれたときを振り返っての発言】


松沢哲郎

年中無休、1日12時間労働の研究生活が理想。


浅野秀則

もし僕が、すべての店を回って何も気づかなかったら、これはもう、即引退。辞めた方がいいです。それではこれ以上事業も伸びないし、経営も伸びない。そういうことです。


森雅彦

統合のときに単に両者のやり方を比べて、相手の方が優れているから採用したケースもあります。手法を相手に合わせたところで死ぬわけじゃないし、自分たちのプライドをちょっと捨てればいいだけですから。


白洲次郎

私の言いたいのは眼の前に横たわるこの難局は容易なことで乗切れるものではないと言うことだ。どんな嫌なことでも、事実は事実として勇気を持って直視直面することだ。


糸井重里

収増益を続けるためには、自分たちがやりたいと思えるような、さらに新しいことを生み出す必要がある。


押井守

世の中にあまた作られる映画を見まわしてみても、優れた表現を持つ映画は全体の5%といったところだろう。残りの95%は凡作だ。だが、その95%の凡作は不必要かというとそんなことはない。この世界は優秀な5%と残りの95%で構成されているが、その5%は95%に依拠して成り立っているからだ。


古森重隆

コニカミノルタが写真事業から撤退を発表した日、富士フイルムは「写真事業を継続し、さらなる写真文化の発展をサポートする」と宣言した。投資家からは銀塩写真の市場が激減している中で、なぜやめないのかと言われ続けた。しかし、企業はそろばん勘定だけで存在しているわけではない。我々は写真を人間にとって極めて重要な文化だと考えている。その写真文化を守ることは、富士フイルムの社会的使命である。


八田一朗

狩りの犬 獲物を追って どこまでも


宇野康秀

退路を断って危機感を持って再出発したことが、現在順調にいっているひとつの要因かなとも思う。


井村荒喜

一体人間というものは何かと考えてみると、これは頭のてっぺんから足のつま先まで物欲の塊である。しかし、正しい欲望は充足されねばならぬ。人間誰しもより良い生活を望まぬ者はない。それには高い収入がなければならぬが、それは一に高い生産能率から生まれるものである。高能率高賃金でなければならぬ。高能率高賃金が私の理想である。


武宮正樹

自分が打ちたい手を素直に打つ。これがなかなかできない。はじめの頃は自分の思う打ち手があるのに、見栄や傍目を気にして「よそ行き」の手を打ってしまう。これ、一番いけないことなんです。自分の打ちたい手を打てば、たとえ間違っていても反省材料になるし、自分でも納得がいく。


ページの先頭へ