名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増田ユリヤの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増田ユリヤのプロフィール

増田ユリヤ、ますだ・ゆりや。日本のジャーナリスト、教師。神奈川県出身。國學院大學文学部史学科卒業後、私立高校で教鞭を執りながらテレビやラジオのリポーターを務めた。

増田ユリヤの名言 一覧

人間は過ちを繰り返してしまう生き物だけど、歴史から学べることは多い。歴史の勉強といっても、堅苦しく考えなくていいんです。岩波ジュニア新書のように、子供向けでもためになって面白い本はたくさんあります。


最初に赴任した高校は勉強に無関心の子がほとんどで、そもそも教科書なんか学校に持ってきていない(笑)。毎回自作のプリントや内容を工夫しないと話も聞いてもらえませんでした。そのおかげで自分自身の理解も深まった気がしますけどね。


増田ユリヤの経歴・略歴

増田ユリヤ、ますだ・ゆりや。日本のジャーナリスト、教師。神奈川県出身。國學院大學文学部史学科卒業後、私立高校で教鞭を執りながらテレビやラジオのリポーターを務めた。

他の記事も読んでみる

ロバート・キヨサキ

急速に変化する今日の世界では、リスクをとらない人こそがリスクをとっている。ビジネスを成長させる前に、起業家は失敗をするリスクを取る必要がある。


佐藤浩市

先輩のアドバイスには、自分のどこを反省して自分の糧にできるのかという「財産」が眠っている。


安倍昭恵

神道に「中今(なかいま)」という思想があって、今を生きることが一番大事だと教えているんですね。先々を考えて準備することは必要かもしれないけれども、心配ばかりしているよりは、今、この瞬間を楽しむ。その積み重ねが幸せな人生といえるんだろうなと思うんです。


松井忠三

現場で働く若い社員は、その気になれば危機意識を持つきっかけはたくさんあると思います。むしろ難しいのは、中間管理職です。彼らは経営者のように全体を見ているわけでもないし、若い社員のように現場を見る機会も少ない。だから状況が悪化しているときでも、波風立てずにいつもどおりこなせばいいという意識に陥りがちなのです。中間層は組織を停滞させるガンになっているケースが非常に多いと思います。


安田善次郎

日常の細事を大切に処理しないで、どうして物事が成功するだろうか。


鹿島茂

できるだけ雑多な情報に触れることが大切。内輪の飲み会ばかりを開いていても発展はない。もっと知らない人、異業種の人と話すべきである。移動中に読書ができないという意味で、クルマの運転にも益がない。最近は駅から遠い住宅地から都心への人口回帰が起きているようだが、徒歩25分の家から駅まで歩くのも、目から雑多な情報を仕入れられるので悪いものではない。また運動にもなる。「駅近」物件にこだわらなくてもいいではないか。


亀井民治

掃除は感じる心、気づく心を培います。


中嶋常幸

「楽しむ」ことも大切。苦しい場面でも、それを楽しんでしまう。せっかくだから、普段できないことをしてみたり――。


田島弓子

「自分の言いたいことを言う」のではなく、相手がどう言えば受け容れてくれるかを考えるのがコミュニケーションです。


筒井義信

すべての面で首位にこだわる。社内のマインドを高く維持するためにもナンバーワンへのこだわりは必要。


枝川義邦

徹夜すれば、翌日のパフォーマンスが下がることは誰でも実感するでしょう。睡眠負債の怖いところは、そういう自覚がないことが多い点。「睡眠のコントロールは完璧だ」という人が、実は借金まみれというケースもあります。睡眠研究では6時間睡眠を2週間続けると、脳の反応速度は2日間徹夜したのと同じレベルまで下がるという結果が出ています。気づかないうちに脳の情報処理能力はそこまで低下するということです。


豊田章男(モリゾウ)

私は祖父・喜一郎(トヨタ自動車創業者)のおかげで今があるのだと非常に感謝しています。ですから私も、自分のまだ見ぬ孫や従業員の孫に、「あの世代の人がやってくれたから今がある」と言われるような価値ある仕事をしたいし、それが私の長期的視点の理由の一つだと思います。