名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

増沢隆太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増沢隆太のプロフィール

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

増沢隆太の名言 一覧

ミスを隠さず、ミスから逃げず、きちんと報告する部下は組織の宝。


反省は自分中心ではなく、一から十まで相手中心に考えるべき。自分中心に考えると、「自分に合わせること」を相手に求めるため、評価・印象が悪化しかねない。


真面目で失敗経験が少ない人ほど「叱られたくない」という気持ちが働き、頭に血が上りがち。ミスした後の判断力は普段の1割まで下がっている。できるだけ早く、上司などの「冷静な第三者」に状況を報告し、判断を仰ぐべき。「ミスを隠さない」「パニックのまま1人で動かない」。この2点が基本。


ミスした事実が社内で広まってしまったとしても、気に病むことはない。自分が思うほど、人は自分のことに興味はないのだから、必要以上に萎縮せず、堂々と振る舞うこと。その後の仕事で取り返せばいいと考えよう。


謝罪ではミスが起きた経緯を説明すべきではない。謝罪とは、相手の怒りのエネルギーを受け止め、怒りを沈静化させるためのステップ。ミスの経緯を説明し始めると、どうしても自分を正当化したり、言い訳になりやすいので、相手の怒りを収束させるどころか、かえって増大させてしまう危険性がある。


増沢隆太の経歴・略歴

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

他の記事も読んでみる

清水信次

僕が主張をするのは、公平性を欠くなど問題があるからです。僕が損をするとか得をするというのは関係ないのです。


大屋敦

アメリカやカナダで、超一流の実業家が現役を退くと、多くは学校の運営に専念するのを見受けるが、私の教鞭をとった経験から照らして、それはまことにもっともであり、また見習うべきことであると思われる。
【覚書き|早稲田大学で教鞭をとった時代を振り返っての発言】


松田昌士

赤字が続く国鉄時代、組織の板挟みに苦しみました。巨額の借金、多発するストライキ、国民からは「罪人」のように見られる。もう辞表を叩きつける覚悟で改革に取り組むしかなかった。


ホルスト・シュルツ

従業員は顧客と対等です。自分に誇りを持ちエクセレンス(卓越したレベル)を実行している限りは。


田中邦彦

市場が飽和状態だからもはや新しいアイデアなどない、という言い訳は私が会社勤めをしていた30年前からありました。明治時代、江戸時代からそういう言い訳をする人はいたんじゃないでしょうか。人間に欲望がある限り、アイデアが枯渇するなんてあり得ません。いつの時代もビジネスチャンスというものはあるんです。


田中仁(経営者)

眼鏡には700年以上の歴史があるのに、ずっと役割が変わらなかった。そこを「眼鏡って、ただ視力が矯正できればいいの?」と視点を切り替えることで新しい市場が生まれた。


染谷光男

欧米でのしょうゆ事業が好調なのは、醸造しょうゆの良さが高く評価されている点が、最も大きな成功要因だと思います。商品の良さを知ってもらうには、実際に口にしてもらうほかに術はありません。キッコーマンは1957年に米国市場に進出しましたが、当時から手がけていたのがスーパー店頭でのデモンストレーションでした。消費者の方々に「やはり本醸造はいい」と納得していただくには、実際に食べてもらうのが一番だと考えての取り組みでした。マスメディアを使えば、不特定多数の人に一気にメッセージを流せます。他方、店内でのデモンストレーションは1日にせいぜい数百人規模の人たちにしかメッセージを送れません。実際に家庭で試してみようと思う人はごくわずかでしょう。それを週末ごとに繰り返すというのは、実に地味な作業です。しかし、海外で根を生やすには、この地道な取り組みこそが重要なのです。それをやらないと深みのない、うわべだけのものになってしまいます。


柴山政行

たまに経営者が「我が社にはいい人材がいない」と口にすることがあります。社員の士気を下げる問題発言であると同時に、「自分は人事能力がないダメな経営者である」と吹聴しているも同然です。必要に迫られて募集をかけても、いい人材など来るはずがありません。


知識賢治

人間はどうしても、自分がそれまでやってきた方法をスタンダードだと考えてしまいがちですが、それでは不十分だと認める力がないと、自分をのばすことはできない。加えて、他人の弱さを受け入れる力も備えていなければ、人を育てることができません。部下の未熟さを受け入れて初めて、「どうやってこの人を成長に導けばよいか」を考えられるのですから。


島村恒俊

60点主義にして、80点を狙わせることが大切。


橋本昌三

システム開発では、思わぬ赤字案件が出てきます。そのときに必要なのは、たとえば想定される赤字額が10億円だとしたら、それをできるだけ早く確定し、その10億円を出発点にいかに赤字額を圧縮できたかで実績を評価することです。いつまでも赤字になったことだけをあげつらっていては、担当者の士気は上がりません。損失がはっきりしないまま、時間の経過とともにその額が膨らんでいくリスクほど、怖いものはありません。


木村皓一

若い人が具体的な夢を持って努力するのは、素晴らしいことです。その努力に対して、企業がすべきことは、経済的なバックアップだと思っています。私は、企業が何かひとつ社会貢献をすればいいと思うんです。できることをできる範囲で支援する。そういう企業がたくさん集まれば、大きな力になります。