名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

増沢隆太の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増沢隆太のプロフィール

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

増沢隆太の名言 一覧

ミスを隠さず、ミスから逃げず、きちんと報告する部下は組織の宝。


反省は自分中心ではなく、一から十まで相手中心に考えるべき。自分中心に考えると、「自分に合わせること」を相手に求めるため、評価・印象が悪化しかねない。


真面目で失敗経験が少ない人ほど「叱られたくない」という気持ちが働き、頭に血が上りがち。ミスした後の判断力は普段の1割まで下がっている。できるだけ早く、上司などの「冷静な第三者」に状況を報告し、判断を仰ぐべき。「ミスを隠さない」「パニックのまま1人で動かない」。この2点が基本。


ミスした事実が社内で広まってしまったとしても、気に病むことはない。自分が思うほど、人は自分のことに興味はないのだから、必要以上に萎縮せず、堂々と振る舞うこと。その後の仕事で取り返せばいいと考えよう。


謝罪ではミスが起きた経緯を説明すべきではない。謝罪とは、相手の怒りのエネルギーを受け止め、怒りを沈静化させるためのステップ。ミスの経緯を説明し始めると、どうしても自分を正当化したり、言い訳になりやすいので、相手の怒りを収束させるどころか、かえって増大させてしまう危険性がある。


増沢隆太の経歴・略歴

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

他の記事も読んでみる

山田雅夫

いいなと思ったものを携帯電話のカメラでメモ撮りするのは、自分が消費者として商品やサービスと接するとき、最初に意識するのは視覚情報だからです。たとえば、「このインテリアは素敵だ」などと感じても、その色遣いや壁の質感など、微妙な雰囲気は、言葉ではなかなか表現しにくいもの。でも、携帯電話でメモ撮りしておけば、あとでその画像をひと目みるだけで、そのとき「いい」と思ったイメージがはっきりと蘇るのです。


三津家正之

領域によっては、当社が想定する3~4倍のスピードで開発を進めている会社もあります。そのような競合のスピード感を意識して、社内の仕事の進め方の見直しを行っているところです。


坂戸健司

使えない名刺を持っていてもムダ。年末に年賀状を出し、返事が来なかった人の名刺は捨てましょう。ただ、名刺を捨てることには心理的な抵抗が強い。私も、すぐには捨てられません。いったん箱に入れて事務所の奥にしまい込み、「捨てたも同然」という扱いにします。1箱1000枚程度入る名刺ケースを使えば、大して場所は取りません。


わたなべぽん

私、飲み会などのイベントから帰ると、「あんなこと言わなきゃよかった」「テンション上げてはしゃいだけど、バカだと思われたかな」と膝を抱えてしまうんです(笑)。そうなると、次にイベントに参加する時に出かけるのが億劫になってしまいます。結果的に、自分の行動範囲を狭めてしまうことにつながるんですよね。私の場合、自意識過剰で「こう見られたい」という欲求ばかりが先に立ってしまっていたのでしょう。そこで、自分のハードルを上げるのをやめて、「私は私のままでいいや。純粋にイベントを楽しもう」って考えるようにしたんです。


角川春樹

社長時代、忙しくて睡眠時間はだいたい3時間ほどだったと思うが、私は仕事だけをしていたわけではない。ときには仕事を1カ月以上休んで、冒険の旅に出た。仲間数人と、伊豆の下田からチリまで、太平洋を船で渡ったこともある。途中で死にかけたこともたびたびだったが、自分を野生の状態に置くことで、生き返ったような充実感を味わえたのだ。


ポール・ビソネット

日本のビジネスマンが抱く悩みのひとつが、英文メールで仕事の依頼をしたのに相手が動いてくれない、下手をするとメールを無視されることさえあるということです。なぜでしょうか。原因のひとつに、メールの依頼内容が曖昧であることがあげられます。これは、起承転結という結論を最後に述べる日本語の文章スタイルをそのまま英文にも適用したことで、簡潔なメールを好むネーティブは「結局何が言いたいのか(求められているのか)わからない」と判断した可能性があります。


加藤俊徳

運のいい人というのは、社会に貯金しているのではないだろうか。プラスの行為の反対給付は、その人の代では返って来なくても、その子孫が恩恵を被ったといったことはあるだろう。


梅原誠

どんな形であれ夢があることで、人生は豊かな方に転がる。


奥野宣之

業界紙の記者になってからは、手帳としてだけでなく、会議用や取材用など、いろいろなノートをつくりました。しかし、何冊ものノートを持ち歩くのはたいへんです。何をどのノートに書いたのか思い出せなかったり、ふと思いついたことを、どのノートに書いておいたらよいのか悩んだりすることもありました。そこで「すべての情報を一括管理できる万能ノートをつくれないだろうか」と試行錯誤した結果、たどりついたのが、一冊のノートですべての情報を整理する「百円ノート式」です。


米山公啓

仕事を始める前にどんな流れで進めていくか、段取りを頭の中でイメージしておくと、高い集中力で仕事に取りかかれるのです。また、朝から集中力を高めたいなら、前日に仕事を全部やり終えずに2割ほど残しておきましょう。朝はその仕事の続きから始めるといい。何をやればいいのかわかっているので、作業に集中できるのです。


中山雅史

自分に甘くするのも自分で、一番厳しくできるのも自分。


ルイス・バークスデール

最近はグローバルイノベーションが進み、5年前の技術はもう通用しませんし、10年後に今ある職はないかもしれない。技術分野で活躍する人にとっては、イノベーションは毎日の問題、一生の問題になる。