増沢隆太の名言

増沢隆太のプロフィール

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

増沢隆太の名言 一覧

ミスを隠さず、ミスから逃げず、きちんと報告する部下は組織の宝。


反省は自分中心ではなく、一から十まで相手中心に考えるべき。自分中心に考えると、「自分に合わせること」を相手に求めるため、評価・印象が悪化しかねない。


真面目で失敗経験が少ない人ほど「叱られたくない」という気持ちが働き、頭に血が上りがち。ミスした後の判断力は普段の1割まで下がっている。できるだけ早く、上司などの「冷静な第三者」に状況を報告し、判断を仰ぐべき。「ミスを隠さない」「パニックのまま1人で動かない」。この2点が基本。


ミスした事実が社内で広まってしまったとしても、気に病むことはない。自分が思うほど、人は自分のことに興味はないのだから、必要以上に萎縮せず、堂々と振る舞うこと。その後の仕事で取り返せばいいと考えよう。


謝罪ではミスが起きた経緯を説明すべきではない。謝罪とは、相手の怒りのエネルギーを受け止め、怒りを沈静化させるためのステップ。ミスの経緯を説明し始めると、どうしても自分を正当化したり、言い訳になりやすいので、相手の怒りを収束させるどころか、かえって増大させてしまう危険性がある。


増沢隆太の経歴・略歴

増沢隆太、ますざわ・りゅうた。人事・経営コンサルタント、産業カウンセラー。「RMロンドンパートナーズ」代表。ロンドン大学大学院修士課程修了。日本シイベルヘグナー・マーケティングマネージャー、スーパーナース取締役などを経てRMロンドンパートナーズを設立。そのほか、東京工業大学特任教授を務めた。

他の記事も読んでみる

磯崎功典

お客様とのあらゆる接点で当社独自の価値をお伝えすることが、さらなる支持拡大につながる。


藤原和博

いきなり独立するのはハードルが高いですが、組織内自営業者という考え方で働くことは可能です。つまり、会社の資産を利用してスキルを磨き、いつでも自営業者になれるくらいの力を身につけるつもりで仕事をするのです。


鈴木哲夫

新しいことをやれば最初は必ず損をする。だが、方向が正しければ、時間がかかるかどうかの違いはあっても、最終的には成功する。しかし筋の悪いものはいくら努力しても駄目だ。

【覚書き|上記の発言はHOYAがメガネレンズに参入した経験を語った言葉。参入後5年は大赤字で30億円の赤字を出してしまう。しかし、その後の5年間の業績を加えると、トータルで70億円の黒字に事業が成長していた経験を語った言葉】


樋口武男

何も新しいことをしなければ、その企業の業績は世の中の景気に左右され、一進一退となる。


似鳥昭雄

社内では、仕事は自分のためにやりなさいと言っています。会社のため、社長のためではなく、自分の技術を高めていくために仕事をやりなさいと。そうやっていけば、価値のある人間になる。そうしたら給料も上がるし、責任も上がるし、自分のやり甲斐もできます。


秋元久雄

世の中が激変しているのに、まだ「過去の栄光」にしがみついている企業が多い。今や落ち目の東芝や神戸製鋼所も、これまで「名門」と呼ばれてきたけど、それは、「昔の人」が頑張ったおかげ。社会が変わったら人も企業も新しい挑戦をしないといけないのに、名門企業は過去の実績にとらわれてそれができない。このままだと、日本の名門企業の多くは軒並み「迷門」化していくだろうな。


水留浩一

電通時代、営業でNEC(日本電気)を担当していました。その頃「バザールでござーる」という広告キャンペーンをやっていました。これを主導していたクリエーティブディレクターの佐藤雅彦さんのもと、プレゼンのやり方、発想法、表現法などを学びました。


下地寛也

資料作成に必要なのは「相手はどう思うか」という想像力です。そのために、構成と視点という軸で思考してから、作業に取りかかることが大切。


谷まさる

あらゆる生物の中で人間だけが年をとっても変われる。いまからでも勇気をもって挑戦してほしい。ガムシャラにね。人生は一度しかない。「次」は無いんです。


メンタリストDaiGo

世界的企業のCEOでさえ、朝の4~5時に起きて、他人に邪魔されない時間を確保しています。普通の人なら、なおさら早起きすべき。皆が7時に起きる中、自分だけが5時起きを習慣化できれば、自信にもつながります。


小倉広

「借りを作りたくない」といって、人の手を借りずに、自分で何とかしようとする。そんな人は、非常に多いですね。しかし、一人でできることなんてたかがしれています。納期が遅れたり仕事の完成度が低かったりすれば、取引先や上司、同僚に迷惑をかけるだけです。この悪循環から抜け出したいなら、借りを作ることから逃れてはいけません。


佐久間俊行

昔、ビジネス誌に尊敬する経営者のインタビューが掲載されていまして、その中に、「ビジネスマンとして上達する近道は、とにかく仕事の量をたくさんこなす。 圧倒的な量をこなすことで、見えてくるものがある。私はそのために職場の行き帰り以外は、ずっと仕事をしていた」といった内容が書いてありました。それなら、私は泊まりこんでみようと。尊敬する経営者の仕事量をまずは上回ってみようと、最初の6ヶ月間は家に帰らず、ずっと泊り込んで仕事をしていました。単純に忙しくて、家に帰る暇がなかったということもありますが、それは経営者として経験の浅い私なりの工夫と挑戦でもありました。


大橋洋治

このままではダメだと危機感が募り、経営理念とビジョンを改めてつくりました。その理念とビジョンを社内に浸透させられたからこそ、どん底の状況を乗り越えられた。


村上隆男

ホールディングスと言っても、それぞれ別会社だからそれでいいと思ったら、そこで変化がなくなってしまいます。ですから、それぞれの技術や知見を応用しなければならないと思っていました。簡単ではありませんが、例えばビールと焼酎、ワイン、飲料の研究所を同じ敷地に置いてみると、自然に交流が進む可能性が高いと考えました。


ロバート・ドブキン

大学では学生がアナログを好きになるように、先生方がアナログを面白くみせるようにすることが大切です。デジタルやソフトウエアでは、すぐに結果が出るので、学生はソフトウエアを開発して、うまくいった経験を持っています。学生がアナログの世界は自分の人生で様々な結果を出せる、良い場所だと思えるようにすることが重要です。アナログが自分の人生の一部になるようにしなくてはいけません。


ページの先頭へ