名言DB

9419 人 / 110788 名言

増岡厳の名言

twitter Facebook はてブ

増岡厳のプロフィール

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

増岡厳の名言 一覧

競合は過当競争を生みます。事業の理想は競合のないフィールド。市場自体を自分で創造してしまえば競合はない、それが私の考えです。


我々は自社でハードもソフトも開発してきましたが、iPadを見た時、この価格、コスト、センスで自社生産は無理だと感じ、初めてハードウェアの仕事に見切りをつけました。


増岡厳の経歴・略歴

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

米山久

私は完璧な人間ではありません。知らないことも多数あります。それを教えてくれる人の存在は、とてもありがたい。


中野裕哲

苦労してやっと独立できた起業家ほど、起業そのものがひとつのゴールに思えてしまいます。例えば、長年修業してやっと自分のレストランが持てたというようなケースが代表例です。そんな時に陥りがちなのが、初期投資にお金を掛けすぎてしまうこと。初めて持つ自分のお店ということもあり、身の丈以上の家賃の物件を契約したり、豪華なデザインに目がくらみ、高額な内装工事を依頼してしまったり。ただ、必ず、一度立ち止まって考えてください。その初期投資は本当に回収できる金額ですか? それがなければ営業に差し支えるものですか? ここで判断を誤り、苦しんでいる起業家をたくさん見てきました。後で大変な思いをしないように、じっくりと検討しましょう。


梅森浩一

目先の残業代のために時間を無駄にするくらいなら、その時間帯で資格なり起業なり、何か稼げる勉強をした方がいいでしょう。それはその人の財産になります。けれど、残業代がもらえるかどうかは制度次第です。自分と制度、どちらを頼りにして生きたら幸福かは、明らかでしょう?


神田昌典

立場が弱い商談の場合でも、断ることにより、商談の流れを優位に持ってくることができるのである。営業マンの仕事は、相手に気に入られることではない。営業マンの仕事は、売ることなんである。


西多昌規

第一印象が好き嫌いのすべてではありません。言語的なコミュニケーションを重ねることで相手の内面が見えてきて、印象が変わるケースは少なくありません。


森下一喜

発想やアイデアはすべて、自分の「原体験」から生まれます。子供から大人になるまでの様々な経験。些細な、つまらないと思えることも含めて、過去の経験の中にこそ「オリジナリティー」「クリエイティビティー」が存在する。


大友啓史

デジタルメモの利点はアイデアを客観視できること。手書きの文字にはどうしても「我」が入ってしまうんですよ。夜中のラブレターと一緒で、客観的に読もうとしても難しい。でも、iPhoneのフォントに置き換えると、一定の距離を置ける。思い入れを持って書いたことでもiPhoneで読んだ途端、「何でこんなことにこだわってんの?」と思えたりする。自分が面白いと思ったことが、本当に面白いのか、冷静に判断したい時、デジタル化は有効。僕にとって、iPhoneはいわば思考の冷却装置のようなものなんです。


山岸舞彩

話し方の前段階の話になってしまうかもしれませんが、最も大切なのは、自分自身がニュースの内容をちゃんと理解することだと思っています。


嶋田毅

会社の中での会議や他社との交渉事で話がかみ合わない時には、「ここで議論したいことは、これですよね」と、論点をきっちりとすり合わせることが基本中の基本。


須田将啓

ビジネスにおいてあまり感情を出してはならないというような話がありますが、私はそれとは正反対で、感情のほうが大事だと思っているんです。例えば、もし自分が嫌いな人だったらその人が上手く行っていても素直に受け入れられないものです。つまり、ビジネスにおいては感情のパワーはとても大きいので、採用のときも、「この人と一緒に働きたいか」とか、「この人が大変なミスをした時に許せるかな」ということはいつも心のなかで考えています。