名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

増岡厳の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増岡厳のプロフィール

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

増岡厳の名言 一覧

競合は過当競争を生みます。事業の理想は競合のないフィールド。市場自体を自分で創造してしまえば競合はない、それが私の考えです。


我々は自社でハードもソフトも開発してきましたが、iPadを見た時、この価格、コスト、センスで自社生産は無理だと感じ、初めてハードウェアの仕事に見切りをつけました。


増岡厳の経歴・略歴

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

林望

習慣化しているものには、必ず無駄がこびりついています。そこに切り込んでいく気概を持ってほしい。


吉田忠裕

父はとにかく多弁でね。社員の前で話を始めると1~2時間は覚悟しなければならなかった。なんでそんなに長く話ができるかというと、次から次へと社員の失敗のケーススタディーを話していたんですね。失敗した本人は針のむしろです。失敗の共有こそが企業を強くするというのが父の考えで、「叱るのも諭すのも、人前でなく個室でやったらどうか」と意見されても聞かなかった。私は父のようなことはしません。失敗が社内で共有される仕組みを別に築いています。


宮内大介

社員は年に一度以上、研修所に集まって研修を受けます。そこで社員同士コミュニケーションを深め、意見交換し合うことで仕事のモチベーションも変わってくる。


上田研二

私は会社を大きくしたいとは思っていません。小さいけれどもキラリと光り輝き、自分を変え、会社を変え、社会を変え、国を変え、世界を変える。そういう影響力のある会社にしたい。


平強

大企業には小さい企業にはないブランドとか看板があります。しかし、大企業の看板はそんなに大切でしょうか。大企業といっても所詮は小さな企業グループの集団にすぎません。しかも、ほとんどの事業が縦割りで横の連絡がないのが普通です。イメージや信用が看板によって得られるのは確かです。しかし、実際には事業を行っているのは、各事業グループの人びとであって看板ではありません。看板のメリットよりも、社内の手続きや説得に自分の労力の80%以上を割かなければならないデメリットの方がよっぽど大きい。


ダン・ケネディー

『伝えたいことを伝え、伝えて、ちょっと違う形でもう一度伝えて、さらにちょっと形を変えてもう一度伝えて、それから、何を伝えたかを伝える』スピーチでもセミナーでもそうしているし、セールスレターでもそうしている。


平岩国泰

子供たちの「いいとこ探し」をして、褒めて伸ばしていけば必ず真っすぐに育つ。


セオドア・ルーズベルト

失敗するのはつらいが、成功を試みたことがない方がもっとひどい。


ベント・リトリ

私たち専業メーカーはあくまでも高品質な製品をつくるのが役目です。日本市場の開拓・半場はセールス・オンデマンドにお願いしています。彼らは米アイロボット社の自動掃除機ルンバを扱って大ヒットさせるなど、日本での売り方について熟知しています。ですから、日本での売り方についてはセールス・オンデマンドに助けてもらいながら考えていこうと思っています。


佐々木圭一

もし、自分の思いや意見を相手が魅力的に感じる言葉やかたちに変えて伝えられるようになれば、あらゆる場面で物事が好転します。デートに誘ったときにOKをもらえる確率が高まるだけでなく、商談も成立しやすくなるし、企画も通りやすくなるし、上司や部下に無理なお願いをするときにも受け入れてもらえやすくなります。うまく伝えることができていないから、「実力はあるのに結果が出ない人々」になってしまっていると思うのです。


上土達哉

「LINEバイト」では、通常のアルバイト求人情報に加え、映画の舞台挨拶に潜入する潜入バイトや、観光地を魅力的に撮影するフォトジェニック旅行バイトなど、貴重な体験ができるオリジナルコンテンツも定期的に実施しており、会員数は1200万人を突破しました。


吉岡信一(経営者)

樋口廣太郎社長から、「アメリカで遊んで来い。成果はいらない」と、まだ経営が苦しいのに送り出されました。人材育成で受けた経験を、いまは当社に活かしたい。
【覚書き|アサヒビール時代を振り返っての発言】