増岡厳の名言

増岡厳のプロフィール

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

増岡厳の名言 一覧

競合は過当競争を生みます。事業の理想は競合のないフィールド。市場自体を自分で創造してしまえば競合はない、それが私の考えです。


我々は自社でハードもソフトも開発してきましたが、iPadを見た時、この価格、コスト、センスで自社生産は無理だと感じ、初めてハードウェアの仕事に見切りをつけました。


増岡厳の経歴・略歴

増岡厳、ますおか・ただし。日本の経営者。「日本テクトホールディングス」社長。神奈川県出身。北里大学獣医畜産学部卒業後、ダイセーに入社。東京ダイセー常務、フェデラルエクスプレス東京国際・国内業務部長などを経て日本テクト社長に就任。そのほか、医療法人産育会堀病院理事、日本口腔インプラント学会学術大会顧問、クックパッドベビー会長、全日本プロレス・イノベーション副会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

野儀健太郎

組織は大きくなると効率を求めるようになります。僕は一人ひとりを大事にし続けたかったのですが、会社全体で求職者の考えや気持ちを大事にする感覚が乏しくなっていきました。口で言うのは簡単かもしれませんが、一人ひとりに寄り添うことを体現していく組織を作りたいと考え、フェローズの設立にいたりました。


津谷正明

ブリヂストンらしさには、品質のほかに、継続して改革していくという価値観がある。だから我々経営陣も日々、経営を改革する義務がある。もっともっと上を目指さなければいけない。


澤田秀雄

ハウステンボスの再建にはたくさんのチャレンジをしましたが、その7割は失敗に終わっています。しかし、3割の成功が黒字に結びついたのです。


伊藤惇夫

気になる事件が起きたときは、その歴史的背景を調べる。過去10年くらいの歴史を調べれば、事象の裏にあるものが見えてくる。


臼井由妃

自己紹介は「普段のビジネスシーン」「異業種交流会」「プライベート」といった3つほどのパターンを想定して、日ごろから練習しておくとよいでしょう。慣れてきたら、季節の話題やニュースを採りいれると内容にもより幅が出てきます。たとえば、天気の話題は誰とでも共有できて便利ですが、天気の話題に自分のキャラクターを重ねるひと言を添えると、自然に素顔を垣間見せることができて、相手も親近感を持ってくれるはずです。


長谷川和廣

ビジネスは戦争だ。よく部下に対して言ってきた言葉です。だから、味方は多いほうがいい。しかし、そんな簡単なことにも気づかず、淡々と上司に命じられた仕事をこなしている人があまりにもたくさんいます。しかし、現代の日本ではほとんどの企業の経営者はダウンサイジングする機会をうかがっています。そして、味方がいない人、敵が多い人がまず先に、会社からはじき出される危険性があります。


宮坂学

圧倒的にお客さんに使ってもらえる「オンリーワン」のものを作ろうと決めました。そして、自分たちの力でそれができない時には「最強タッグ」を組めるパートナーと組んでいこう、と。


下村朱美

技術の進歩で社会は激しく変化しています。けれども人間はそう変わるものではありません。悲しいことは悲しく、嬉しいことは嬉しいのです。そう考えると、サロンは温かさや信頼を感じられる場所、「人間っていいな」と感じられる場所だと思います。AIやロボットが普及し、無機質なモノが増えていく時代だからこそ、サロンは人間の温かさや優しさを、残せる場所であってほしいと思っています。


若林克彦(経営者)

初めて周囲に認められた発明は、「転がすだけで等間隔で種がまける機械」。当時お年寄りが腰を曲げてつらそうに種をまいているのを見て、何とか負担を軽くしたいと。小学生だった私の発明を大人たちが賞賛し広まりました。その時の喜びが私の原点になっています。


プラユキ・ナラテボー

心の動きに気づく力が培われてさえいれば、たとえネガティブな思考が生まれてきても、すぐにそれに気づいて現実に立ち戻ることができる。


野中正人

ブランド化などというと、「しまむらにはらしくない」と思われるかもしれません。もちろんシャネルやグッチのような高級ブランドになろうというわけではありません。私の考えるブランド化とは、「お客様に明確なイメージを持ってもらえる」ということです。たとえば、トヨタ自動車のカローラには、多くの人が「燃費がよくて価格が安い」といったイメージを持っているでしょう。これがブランドです。カローラと聞いて「自動車だよね」という答えが返ってくるようでは駄目です。しまむらと聞いて「衣料品店だよね」という答えが返ってくるようでは駄目なのです。


赤塚保正

私は6代目の社長になりますが、初代赤塚安次郎を筆頭に代々の経営者は、祖業に縛られることなく、様々な事業に挑んできました。


西江肇司

広告だと思うと、消費者は身構えてしまう。逆に客観的な報道だと、スッと受け入れてもらえる。世間に受け入れられやすい引っ掛かりをつくることが大事なんです。


久世由美子

指導している間はずっとプールサイドを往復するので、日に2万歩ほど歩きます。遠くから眺めているだけでは分からない選手の泳ぎの変化を察知できるとともに、私自身の意気込みを選手に伝えることができるからです。


江上剛

一方的に話すだけではなく、聞くところからコミュニケーションは始まります。ですから上司は、悪い報告を受けた途端に「なんだ、それは!」などと頭ごなしに怒らないことです。中間管理職がやってしまいがちなことですが、わざと大げさに叱ってみせて「厳しい上司ぶり」を上役にアピールする人がいます。それは絶対にやってはいけないことです。また、トラブルの報告を受けたからには、上司は覚悟を決めて、命がけで解決にあたらなくてはいけません。


ページの先頭へ