名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増子直純の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増子直純のプロフィール

増子直純、ますこ・なおずみ。日本のミュージシャン。ロックバンド「怒髪天」ボーカル。北海道出身。怒髪天を結成。

増子直純の名言 一覧

バンドの活動休止中に、穴開き包丁を実演販売してた時もそうだけど、うまく実演してテクニック的なものを見せることよりも、決め手はやっぱり熱意。


笑いは大事だよね。笑いは心を和ませるし、開かせる。泣かせるのは実は簡単だけど、笑わせるのは難しい。


自分から心を開かないと、絶対向こうの人なんか心を開きっこない。自分が心を開けば心を開いてくれる。


自分から壁を作らない、カッコつけないっていうのもすごく大事。


「完璧にしゃべろう」とか思ったら絶対ダメ。段取りより、伝えたいことを相手に伝えるっていう熱意が大事。


ライブに来てくれてる人に関して「対・お客」って見てない。MCも、初対面の人一人ずつにしゃべっているつもり。


ライブの前っていっぱい練習するんだけど、別に失敗してもいいんだよ。最悪、やり直せばいいんだから。「ごめん! ちゃんとやりたいからもう1回やるわ」って。


増子直純の経歴・略歴

増子直純、ますこ・なおずみ。日本のミュージシャン。ロックバンド「怒髪天」ボーカル。北海道出身。怒髪天を結成。

他の記事も読んでみる

吉本隆明

早急さと若さは同じようなもので、そういう意味では、仕方がなかったとも思う。ただ、早急に1つの方向に進むのは、あまりいいことではない。それだけは確信を持って言うことができる。


近藤昭

海外の成長力を取り込むという意味では、ホテル事業も大きく育てていきます。「IKIDANE町屋」では、ビジネスホテルやカプセルホテルが十分取り込んでいない大人数の家族連れの利用を想定しています。外国人ファミリーの受け皿だった民泊は規制強化で事業者の登録件数が伸び悩んでいますから、当社がその分も海外からの宿泊ニーズに応えていきます。今後も大きな需要が見込める観光地を中心にホテルを開業する考えです。欧米の方はもちろん、日本への憧れやリスペクトを抱いているアジアの観光客への訴求を強化していきます。


松本晋

会社にウェアなど必要なものを置いていて、毎週、土曜日と日曜日に、1時間ほどかけて約10kmのランニングをしています。走ったあとは、20~30分のストレッチも欠かしません。走るのは午後1~2時と決めています。冬でも寒さが緩む時間帯ですから。以前は早朝に走っていたのですが、やっぱり冬は寒さが厳しいんですよ(笑)。夏はとくに暑い時間帯ですが、生活リズムを変えないために、冬と同じく午後1~2時に走っています。


小笹芳央

上司が大量に仕事を任せてきたとき、上司はどのくらいの分量まで音をあげずに頑張るかを見ています。つまりこれは「試される仕事」です。ここを突破できれば次は仕事を任されるようになり、さらには重要なプロジェクトを託されるようになります。この階段を上る候補者と目されているのですから、チャンスと考えるといいでしょう。


箱田忠昭

人に好かれる話の聞き方5大原則。

  1. 聞き役に徹する。
  2. 人の話を奪い取らない。
  3. 相手の話を即座に否定しない。
  4. 相手のいうことを即座に肯定する。
  5. 反論されても反論で返さない。

姫野友美

「じゃあこうすれば」と女性の話を遮って提案するのはNG。女性は話を聞いてもらい、共感してもらうことで、自身の欲求を満たす。相槌を打ちながら、最後まで聞くのが正解。


岡藤正広

商売の勘は非科学的だし、あまり大きな声に出しては言えないけれど、僕は商売をするうえで、とても大事なものやと信じています。


遊川和彦

パッションがあれば、伝えたいことがあれば、なぜそこまでこだわるんだと、観る方も引き込まれる。


田原総一朗

京セラの稲盛和夫さんに取材したとき、面白い話を聞きました。彼は日本の企業にセラミックを売ろうとしたのですが、最初は相手にしてもらえなかった。それで本場のアメリカに売りに行った。アメリカはテストだけはしてくれるから、チャンスがあったんですね。結果、テキサス・インスツルメンツという大きな半導体会社が買ってくれて、京セラは世界的企業になった。


寺田健

上司は部下のことがなかなかわかりにくい。部屋に呼んで話したり、酒を飲ませたりしてみても相手は体裁のいいことばかりを言うから、わかるまでには一年から三年ぐらいかかります。


浅野総一郎

商売人はとくに約束を厳守することが必要である。時間を偽ったり、約束を破るような人はすぐ信用を失ってしまうのである。


孫正義

インターネット関連の事業を始めるには自動車会社や電機メーカーを作るのとは違って、土地やたくさんの従業員や多額の資本金などは必要ない。知恵と情熱さえあればよいのです。事実、ヤフーは二人の学生がはじめたものだし、ジオシティーズもアマゾンもイーベイも創業者は元サラリーマンです。