名言DB

9419 人 / 110788 名言

増井俊介の名言

twitter Facebook はてブ

増井俊介のプロフィール

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

増井俊介の名言 一覧

成長とは、今の自分には出来ない事が、1年後には出来るようになっている、その事の積み重ね。


自分の理想の人物像に少しでも早くたどり着けるよう日々を過ごす、この事は常に意識しています。


成長するためには、広く浅く、色々な経験をするよりは、限りなく狭い範囲の仕事で、どこまでも深堀して考え、様々な失敗と成功を繰り返していく事が重要。


今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。


オーナーにとって最初の1年というのは、事業に慣れていないこともあり最も不安が大きい時期です。この期間のサポートを充実させていることが、継続率の高さ位に繋がっているのだと思います。


やりもしないのに、やる前から「こりゃ駄目だ」と言って諦めるのか、「そんな事ないはずだ」と言って踏ん張りをきかせる事が出来るのか。ではどうすれば「自分はやれるはずだ」と思えるようになるのか。それは、誰よりも頑張ってるという努力の積み重ねでしか自信が付く事はありません。


店舗数ナンバー1を実現するためには、世の中に「大吉」のことをもっと知ってもらわなければなりません。そこで新たに広報部を新設し、広告宣伝に力を入れていくことにしました。今後はWebを強化して若い客層も集客し、今までほとんど機能していなかった出張買い取りなどのサービスも強化していきます。


素の自分で勝負しても勝てないと感じ、どんな仕事内容、どんな役職であっても、それにふさわしい人物像を自分なりにイメージして、そのイメージと実態が一致するまで、足りない部分を補う作業は当然ですが、そういう人を「演じ続ける」という事を繰り返してきた結果、今までの自分には到底出来なかった事が出来るようになり、性格までもが変化していったと思います。


(社長就任要請の)話を頂いた段階で、Facebookなどを通じて知人50名に「貴金属やブランドの買い取り店で思い浮かぶのはどこか」という質問を投げかけてみました。すると、我々よりも店舗数の少ないブランドを挙げる人はいても、「大吉」を挙げる人は一人もいませんでした。業界2位の店舗数といっても、世間から見ればまだまだ知名度は低く、ブランディングのやり方から見直す必要があると感じました。50歳以上の女性がメーンターゲットであることから、長年、偏った宣伝活動をしていたことが要因だと考えています。


増井俊介の経歴・略歴

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

他の記事も読んでみる

淡輪敬三

日本にとどまっているのではなく、様々な機会をとらえてじかに世界を見ることが重要です。気軽に海外に出かけるためにも、英語は重要です。たかが英語、されど英語です。


高橋智隆

私が重視するのは触れたくなること。モノへの愛着は触れることでさらに深まる。だから私はロボットの質感や素材にこだわっています。


野村克也

「イチローの弱点を徹底的に見抜いてやろう!」。そう思ってスコアラーも交えて、徹底的にイチローのビデオを見て、分析したんだよ。出た答えは「攻略法がない。打たれるのは仕方ない」(苦笑)。じゃあ、どうしたか? 俺はマスコミを使ったんだ。テレビ局の取材で「ああいう特別な打者は逃げたら必ず打たれる。だからイチロー攻略には危険を承知で、思い切って内角中心で攻めさせます」と大胆に宣言した。それもイチロー、そしてオリックスの仰木監督の耳に届くようにな。そしてシリーズが始まると、イチローが打席に立ったとき、思い切って外角攻めをした。コメントで内角を意識させておき、逆をついたわけだ。さすがの天才も崩れたよ。シリーズ中はイチローの打率を2割台に抑えて、ヤクルトは4勝1敗で日本一になった。


亀井忠夫

海外の建造物と比較して、日本は「キメの細かな」建築を得意としていますが、これは写真だけで伝わるものではありません。実際に現地に立って実物に触れて、初めてその良さを体感できるものです。たとえばYKKの本社ビルに関しては、オフィスの中の空間を快適化するために、窓の外面全体にスクリーンのようなアルミ押出形材による繊細な簾を配し日射を遮りました。混沌とした街並みが魅力的な秋葉原ですが、同じような雰囲気のビルを作るよりも、清涼剤のようなスッキリとした佇まいの建物が良いと考えたのです。建物のすぐ目の前が道路となっているのですが、その狭いスペースにも植物を植え、緑の少ない秋葉原の街に映えるようにしています。この土地はもともと、大名である藤堂家の屋敷があったこともあり、ゆかりのある樹木を植えました。興味を持つ人も多く、受付まで訪ねてくる人には樹木のパンフレットを渡していますので、社会貢献に力を注ぐYKKの企業姿勢も一般の方に伝わります。


ロバート・M・ベラーディ

計画通りに行くことは不可能です。繰り返し修正が必要です。でも、そのとおりにいかなくても、計画は決して無駄にはなりません。計画を立て、自分の意志で人生をつくろうとすることこそ、不安に対する最も効果的な対策だと思っています。


竹田圭吾

パッション、執念が重要です。何かしらの企画を提案した場合、一度や二度認められなくても手を変え品を変え、二度、三度とアタックしてみる。それくらいの熱意があれば、人を動かす力が言葉にもこもります。


田中雅子(コンサルタント)

管理するという意識だと、上から目線になるし、自分は動かないで指揮命令を下すだけになってしまう。それでは気持ちのギャップが広がるだけで、部下は動いてくれない。


中村貞裕

オンタイムでもオフタイムでも、人脈を広げ、たくさんの人と接していると、自分の中にフックができます。すると、何かをプロデュースしたいと思ったとき、自分のフックにひっかかったものを掘り下げれば、それが昼の仕事にもつながります。


石井淳蔵

発売を急ぐあまり、時間が惜しいという理由でリサーチをやらないのは主客転倒。商品の市場導入の時期は、逆に、リサーチの時間と費用をとって、そこから逆算してスケジュールや予算を決めるのが常識だ。


吉永泰之

何事も突き詰めるとシンプルな答えが出てくるものです。