名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

増井俊介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増井俊介のプロフィール

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

増井俊介の名言 一覧

成長とは、今の自分には出来ない事が、1年後には出来るようになっている、その事の積み重ね。


自分の理想の人物像に少しでも早くたどり着けるよう日々を過ごす、この事は常に意識しています。


成長するためには、広く浅く、色々な経験をするよりは、限りなく狭い範囲の仕事で、どこまでも深堀して考え、様々な失敗と成功を繰り返していく事が重要。


今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。


オーナーにとって最初の1年というのは、事業に慣れていないこともあり最も不安が大きい時期です。この期間のサポートを充実させていることが、継続率の高さ位に繋がっているのだと思います。


やりもしないのに、やる前から「こりゃ駄目だ」と言って諦めるのか、「そんな事ないはずだ」と言って踏ん張りをきかせる事が出来るのか。ではどうすれば「自分はやれるはずだ」と思えるようになるのか。それは、誰よりも頑張ってるという努力の積み重ねでしか自信が付く事はありません。


店舗数ナンバー1を実現するためには、世の中に「大吉」のことをもっと知ってもらわなければなりません。そこで新たに広報部を新設し、広告宣伝に力を入れていくことにしました。今後はWebを強化して若い客層も集客し、今までほとんど機能していなかった出張買い取りなどのサービスも強化していきます。


素の自分で勝負しても勝てないと感じ、どんな仕事内容、どんな役職であっても、それにふさわしい人物像を自分なりにイメージして、そのイメージと実態が一致するまで、足りない部分を補う作業は当然ですが、そういう人を「演じ続ける」という事を繰り返してきた結果、今までの自分には到底出来なかった事が出来るようになり、性格までもが変化していったと思います。


(社長就任要請の)話を頂いた段階で、Facebookなどを通じて知人50名に「貴金属やブランドの買い取り店で思い浮かぶのはどこか」という質問を投げかけてみました。すると、我々よりも店舗数の少ないブランドを挙げる人はいても、「大吉」を挙げる人は一人もいませんでした。業界2位の店舗数といっても、世間から見ればまだまだ知名度は低く、ブランディングのやり方から見直す必要があると感じました。50歳以上の女性がメーンターゲットであることから、長年、偏った宣伝活動をしていたことが要因だと考えています。


増井俊介の経歴・略歴

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

他の記事も読んでみる

榎本博明

大切なのは、「人からどう見られるか」ではなく、「自分が納得できるか」ということ。そのためには、比較対象を他人ではなく、自分にすればいい。理想の自己イメージを明確にして、その理想と現実の自分の言動を比べてみる。たいていは「まだまだ未熟だ」「もっと頑張れる」と、理想と現実とのギャップを感じるはずです。そのギャップを埋めようとする気持ちが向上心を刺激し、人格的成長や仕事力アップへとつながっていくんです。


須田健太郎(経営者)

初ツアーの仕事が2011年2月。いよいよこれからという3月に、東日本大震災が起こりまして。ただ、ピンチはチャンスだととらえることにしました。訪日観光が止まったのは事実ですが、一時停止なのでいずれまた戻ってきます。その間にマーケットを開拓しようと、東南アジアに営業に行きました。一方、日本のホテルも空き室ばかりで、無名の僕らでも簡単に部屋を確保できた。結果、翌年は取り扱い訪日客数がいきなり550人になりました。観光業が苦しい時期に頑張って送客したことがホテル側でも評判になって、その次の年は5000人、さらに次は2万5000人に増えました。


佐久間昇二(佐久間曻二)

経営の本質を見極め、改善していけば何とかなる。


室田淳

チャンスがきてから頑張っても駄目で、ここぞというときに本領を発揮できる心と体を準備しておくことが、輝き続ける秘訣でしょう。


桂三枝(6代目桂文枝)

格好悪い自分を人目にさらして恥をかくのは、最初はしんどいかもしれません。けれども、完璧で隙がない人より、多少失敗して笑われる人のほうが、可愛げがあって、結局は多くの人から愛されるのです。


ケリー・マクゴニガル

本当に自信を持っている人は、「受容力」があります。ほかの人が言うことや聞くことが何であれ、「その人を教育したり、その人とつながったり、自分自身が学ぶチャンスだ」ということを信じているのです。そうした人は、聞き上手でもあります。


鍵山秀三郎

目先の損得にこだわる振る舞いは、私から見れば将来確実に不幸になる行動と言えます。なぜならそこには、人として高邁に生きようという美意識がなくなっているからです。そして、そのような美意識のない人物が大成した例を、私は見たことがありません。それは、今までにたくさんの人を見てきた私の、間違いのない法則です。


山口真導

売上げが入金されないときは、入金を確認することが重要。これは、代金を支払わなくても何も言ってこない取引先と、代金の支払いが1日でも遅れたら、「何時支払うんだ!」と確認してくる会社があったら、どちらの会社に優先的に支払うのかということを考えたら明かなこと。


大倉忠司

社員はみな判断の際に「何が正しいか」とみずから問いかけており、善悪の判断に重きを置く社風ができています。結果論ですが、正しいことを追求すればするほど、会社の業績もよくなっていきました。


安藤宏基

「自分の言葉で理由を説明できる」この現場の肌感覚に勝るものはない。逆に、一番ダメなのは取締役が説明することでしょう。屋上屋を架した話には説得力がありません。


徳重徹

電動バイクの市場としてベトナムを考えたとき、ベトナムの日本人コンサルタントに「止めておきなさい」と言われたことがあります。理由は、ベトナムでは電動バイクが一度流行ってダメになったからです。しかし、だからダメだというのは違うのではないか、と思いました。現場でいろいろとヒアリングをしていくと、かつて流行ったのは中国製の電動バイクで、ダメになったのは電池の寿命が短かったからだということがわかりました。ならば、電池の寿命が長ければ可能性はある、と思いました。実際、弊社は昨年ベトナムに現地法人を設立し、事業を展開しています。


鹿島守之助

フォードが言っているように、マネジメントがよければ必ず収益は上がるものである。