名言DB

9412 人 / 110637 名言

増井俊介の名言

twitter Facebook はてブ

増井俊介のプロフィール

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

増井俊介の名言 一覧

成長とは、今の自分には出来ない事が、1年後には出来るようになっている、その事の積み重ね。


自分の理想の人物像に少しでも早くたどり着けるよう日々を過ごす、この事は常に意識しています。


成長するためには、広く浅く、色々な経験をするよりは、限りなく狭い範囲の仕事で、どこまでも深堀して考え、様々な失敗と成功を繰り返していく事が重要。


今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。


オーナーにとって最初の1年というのは、事業に慣れていないこともあり最も不安が大きい時期です。この期間のサポートを充実させていることが、継続率の高さ位に繋がっているのだと思います。


やりもしないのに、やる前から「こりゃ駄目だ」と言って諦めるのか、「そんな事ないはずだ」と言って踏ん張りをきかせる事が出来るのか。ではどうすれば「自分はやれるはずだ」と思えるようになるのか。それは、誰よりも頑張ってるという努力の積み重ねでしか自信が付く事はありません。


店舗数ナンバー1を実現するためには、世の中に「大吉」のことをもっと知ってもらわなければなりません。そこで新たに広報部を新設し、広告宣伝に力を入れていくことにしました。今後はWebを強化して若い客層も集客し、今までほとんど機能していなかった出張買い取りなどのサービスも強化していきます。


素の自分で勝負しても勝てないと感じ、どんな仕事内容、どんな役職であっても、それにふさわしい人物像を自分なりにイメージして、そのイメージと実態が一致するまで、足りない部分を補う作業は当然ですが、そういう人を「演じ続ける」という事を繰り返してきた結果、今までの自分には到底出来なかった事が出来るようになり、性格までもが変化していったと思います。


(社長就任要請の)話を頂いた段階で、Facebookなどを通じて知人50名に「貴金属やブランドの買い取り店で思い浮かぶのはどこか」という質問を投げかけてみました。すると、我々よりも店舗数の少ないブランドを挙げる人はいても、「大吉」を挙げる人は一人もいませんでした。業界2位の店舗数といっても、世間から見ればまだまだ知名度は低く、ブランディングのやり方から見直す必要があると感じました。50歳以上の女性がメーンターゲットであることから、長年、偏った宣伝活動をしていたことが要因だと考えています。


増井俊介の経歴・略歴

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

他の記事も読んでみる

上野治男

90年代に入ると、企業不祥事が各社で多発し、それを執拗に取り上げる報道が嫌でも目につくようになっていました。しかし、企業がにわかに悪化したわけではありません。誤解を恐れずに言えば、企業は昔から同じことをしてきました。変わったのは企業を取り巻く環境のほうで、社会全体が敏感になった。市民・消費者・マスコミの企業を見る目が厳しくなったというのが、近年の企業不祥事の特徴です。企業にはそれぞれ固有の伝統や風土がありますが、それは必ずしも外からは見えません。企業としての存在意義を示し、それを実のあるものにするために、企業は何を考え、何のために、何をしようとしているのかを明らかにしてほしい。そして、今の社会で通用する論理に従って行動してほしい、という要求が強まってきたのです。


森平茂生

モーリスギターの再建に取りかかったとき、私にはギター作りの経験はありません。社員の多くは年上です。改善提案をしても、「それならお前が作ってみろ」と言われることもありました。言葉がダメなら行動でなんとかするしかありません。海外のギターのイベントに行き、楽屋に飛び込んではプロに率直に意見を求めました。また、製造部長とともにアメリカ各地のギター作りの名工を訪ね、「本物」をこの目で確かめました。そうして技術を磨き、海外の高級ブランドと勝負できるギターを生み出そうとしたのです。もちろん簡単にはいきません。プロが納得するギターを求めて全員で試行錯誤を続ける日々。思いをわかってほしくて、社員を前に大泣きしたこともあります。そうして社員の意識を変えて品質を向上させながら、イベントやマスコミと協力したPR、アメリカ本土の楽器店を行脚する草の根活動などを通じて、新しい「モーリス」を作り上げていったのです。その結果、私が会社を辞めるときには、納期が半年待ちになるほどの人気ブランドになりました。


近藤太香巳

つらいときこそ、前向きな言葉を発するようにする。マイナスなことを言ってしまった時には、何か良くないことが起こると思った方がいい。つまり、マイナス思考のことを言うと運が逃げると自分でルールを決めているんです。もし言ってしまったときは、その後に小さな声で「ウソ、ウソ」と言うと運は逃げません。そういう気持ちを持つことがすごく大事です。


吉田尚記

思い込みを取っ払う。そのために有効なのが「科学」だと僕はずっと思っていて。科学って新しい事実が発見されたら「これまでの説は間違いでした」ってすぐに白旗を上げる。その繰り返しで発展してきましたよね?


岡田裕介(東映)

シネコンの運営はニーズに合わせて変わっていきます。今、すでに映画館ではなく、イベント会場になっています。映画だけでなく、コンサートや舞台中継など、とにかく映像ソフトを使った催しなら、何でも見られる時代になっています。


小嶋淳司

「なぜ、私の店に来てくださるのか」「なぜ、その商品を買っていかれるのか」。お客様に直接尋ねたり、お客様を観察したり。すべてお客様とのやり取りの中で自分の商いをつくりあげていった。そうして、知らず知らずの間に「現場」「現実」「現物」のいわゆる三現主義が身につきました。


水谷孝次

下鉄の駅に貼ってあるポスターをみていたら、8割が僕の作品だったこともあります。大きな仕事は次々と舞い込んでくるし、預金通帳の残高は日に日に膨らむ。さらに、賞までもらえる。それなのに、心は満たされず、身体もボロボロ。もともと僕は、デザインによって社会をよりよくしたいと思って、この世界に入ったんです。それなのに、当時はその頃の志を完全に忘れ、与えられる仕事をただやっているだけでした。「ここは、僕が若いときに目指した場所ではない。早く抜け出さなくては」。そう気づいた僕は、20人いた事務所を畳み、1人で出直すことにしました。その結果、仕事も収入も激減しましたけど、ご飯はおいしく食べられるようになったんです。


北尾吉孝

夫が家庭のお金を管理すれば、夫婦間の会話も増えます。電気製品が故障したので買い替えるとか、子供の学費がどれだけいるとか、家計の面から自然と会話ができます。


海部俊樹

地元の活動では、街頭に立ち、自分の言葉で自分の考えを訴え続けました。聞きかじりや受け売りの話はダメです。聞く人の心を動かすことはできません。


平櫛田中

いまやらねばいつできる?
私がやらねば誰がやる?


柳井正

僕は頑張った人がもっと報われるような社会にすべきだと思っています。間違った平等主義を掲げているのは世界中で日本だけです。人と違うことを評価しないし、リスクを取るとか、決断する勇気とかを評価しないですから。


神谷美恵子

もし若き日に一生を貫くほどの友や師との心の交わりが与えられていたら、それは人生最大の幸福の一つに違いない。青年にとって知識以上に大切な心の糧は、こうした「われとなんじ」の体験であると思う。現代の社会や学校は、こうした人間的な出会いの機会をどのくらい提供しているのであろうか。


アレクサンダー大王

私は兵士のために大きな苦労を忍んできた。お前たちの誰が私のためにそれほど苦しんだというのか。傷跡のある者は見せてみよ。その者は私の傷跡を見よ。お前たちの栄光と富のため、私は傷を受けたのだ。そしていま、私はもう戦いにかなわぬ者たちを、故国の人々がうらやむほどの身分にして帰郷させようとしているのだ。それなのにお前たちは皆を背き去ろうとしている。行くなら行ってしまえ。
【覚書き|長期遠征に耐えきれなくなって不平を漏らした兵士たちへの言葉】


伊藤正裕(起業家)

出張に出ればその経費が発生します。サンプルをつくるのにもお金がかかります。何より一人一人の労働時間に、会社は給料を払っています。自分が動くことですでに原価が発生していることを忘れず、費用対効果を考えなければなりません。


山尾志桜里

自分が属している組織を内側から批判するような人が大勢いる政党が、国民の信頼を得られるはずがない。