名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

増井俊介の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

増井俊介のプロフィール

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

増井俊介の名言 一覧

成長とは、今の自分には出来ない事が、1年後には出来るようになっている、その事の積み重ね。


自分の理想の人物像に少しでも早くたどり着けるよう日々を過ごす、この事は常に意識しています。


成長するためには、広く浅く、色々な経験をするよりは、限りなく狭い範囲の仕事で、どこまでも深堀して考え、様々な失敗と成功を繰り返していく事が重要。


今後100年は日本は景気が回復しないだろうと言われています。そんな日本でも、そういう情勢に負けずに、頑張っている、ビジネスで成功している、先輩たちは、くさるほどいる。


オーナーにとって最初の1年というのは、事業に慣れていないこともあり最も不安が大きい時期です。この期間のサポートを充実させていることが、継続率の高さ位に繋がっているのだと思います。


やりもしないのに、やる前から「こりゃ駄目だ」と言って諦めるのか、「そんな事ないはずだ」と言って踏ん張りをきかせる事が出来るのか。ではどうすれば「自分はやれるはずだ」と思えるようになるのか。それは、誰よりも頑張ってるという努力の積み重ねでしか自信が付く事はありません。


店舗数ナンバー1を実現するためには、世の中に「大吉」のことをもっと知ってもらわなければなりません。そこで新たに広報部を新設し、広告宣伝に力を入れていくことにしました。今後はWebを強化して若い客層も集客し、今までほとんど機能していなかった出張買い取りなどのサービスも強化していきます。


素の自分で勝負しても勝てないと感じ、どんな仕事内容、どんな役職であっても、それにふさわしい人物像を自分なりにイメージして、そのイメージと実態が一致するまで、足りない部分を補う作業は当然ですが、そういう人を「演じ続ける」という事を繰り返してきた結果、今までの自分には到底出来なかった事が出来るようになり、性格までもが変化していったと思います。


(社長就任要請の)話を頂いた段階で、Facebookなどを通じて知人50名に「貴金属やブランドの買い取り店で思い浮かぶのはどこか」という質問を投げかけてみました。すると、我々よりも店舗数の少ないブランドを挙げる人はいても、「大吉」を挙げる人は一人もいませんでした。業界2位の店舗数といっても、世間から見ればまだまだ知名度は低く、ブランディングのやり方から見直す必要があると感じました。50歳以上の女性がメーンターゲットであることから、長年、偏った宣伝活動をしていたことが要因だと考えています。


増井俊介の経歴・略歴

増井俊介、ますい・しゅんすけ。日本の経営者。貴金属買い取り店「大吉」などを運営する「エンパワー」社長。大阪府出身。神戸学院大学法学部卒業後、大手通信会社、コールセンター会社代表などを経てエンパワー社長に就任。

他の記事も読んでみる

鈴木進介

サラリーマン的ではなく、自分で仕事を創る「一事業家」であることを心がけていました。その意識のもと、スキル、人脈、企業に向けた資本をつくることに奔走していました。
【覚え書き|サラリーマン時代を振り返って】


ハービー・山口

見返りを期待しない善意が大切。


加藤俊徳

些細なことでイライラしてしまう人は、性格うんぬんというより、まずは寝不足ではないか、食事のバランスが崩れていないかどうかをチェックしてみてください。


石毛郁治

現場員になって第一に感じたことは人が多すぎるということでした。これは、だいぶ減らせると思いました。私はまず職工の名前を覚えることを心がけました。それから仕事をマスターするために工程ごとに彼らに加わって働いてみました。
【覚書き|三井鉱山九州炭鉱事務所に配属された当時を振り返っての発言】


中内功

自ら信ずること少なき者が、他の人々に福音を説くことは不可能である。飛びくる矢にたじろがず、木石のごとき非情な精神を持たねばならぬ。


渡瀬謙

お客様は別にきれいな営業トークを聞きたいわけではないのです。顧客がすでに知っていることを一方的に並べ立てれば、余計にイライラさせてしまうだけです。


佐藤優

40歳を過ぎれば何かを学ぶということも減るでしょうし、まして知らない人たちと一緒に、まったく違う環境でということもほとんどなくなる。そんなマンネリは、脳にとって一番良くないことです。英語が苦手な人だったら、公文式で英語を習うなんてのもおすすめ。


片田珠美

嫉妬の根底にあるのは「喪失不安」なんです。幼児は弟や妹が生まれると、お母さんが見ていないときに下の子を叩いたりします。それは「母親を取られる」という危機感が原因です。会社員が自分より先に出世した同僚に嫉妬するのも、「本来ならば自分がその地位を手に入れるはずだった」と思うから。


鳥羽博道

ここ数年、日本の企業の多くが縮み志向、内向き志向になってしまって、自分たちが生き残ることだけしか考えられなくなっている。だが、それは企業だけの問題ではない。悲しいかな、日本の社会全体が夢や安らぎや活気を持てなくなってしまった。世相がここまで暗くなってくると、夢が持ちにくくなるのも確かに真実だ。だが、こうしたときこそ、夢を抱いて明日を切り拓いていこうという気概を強く持たなければならない。


大喜多治年

航空機整備を皮切りに、内装品でギャレー(機内キッチン)、化粧室と展開してきて、トップシェアの一角に入った。ここでシェアを-段と伸ばすのは容易ではない。次の成長の柱として、これまでの経験や信頼性が生かせる事業としてシートに着目した。技術力で勝負しやすいプレミアムクラスのシートから始めたが、やがてはコストが問われるエコノミーも視野に入れる。軌道に乗れば収益貢献も本格化する。航空機内装品の総合メーカーとしての立ち位置を確立し、買収を重ねて巨大化した欧米の競合とは違った方法で生き残る。


荒蒔康一郎

私はビール会社の社員でありながら、ほとんどビールには携わっていない。小岩井乳業や医薬事業などを経験してきたが、未経験の分野にチャレンジするわけで、誰とでもダイレクトコミュニケーションをしようと考えた。「これをやりたいんだ!」という基本を示して、それをベースに何度もディスカッションを繰り返した。
【覚書き|キリンビール社長に就任したときを振り返っての発言】


松本晃(経営者)

何か新しい商品や事業を立ち上げるとき、「世のため人のためになるか」、「儲かるか」、「勝ち目はあるか」これらを常に考えています。