名言DB

9429 人 / 110879 名言

塩田丸男の名言

twitter Facebook はてブ

塩田丸男のプロフィール

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

塩田丸男の名言 一覧

人生には貧乏以外にも、失恋、不運、挫折、逆境、愛する人の死など、様々な不幸はある。できればないほうがいいと思うことだろう。だが、長い目で見れば、不幸なことが人生の肥やしになる。逆境を肥やしにした人間だけが栄光をつかむことができる。


昼間の職場はタテマエの世界である。それは当然のことで、昼間からむやみに本音を振り回したのでは、かえってビジネスはぎくしゃくする。昼間のオンビジネスにおいてはタテマエを指標とするのが筋である。それだけに本音を応酬できるオフビジネスの世界が必要だともいえる。


塩田丸男の経歴・略歴

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

他の記事も読んでみる

髙橋秀幸(経営者)

私は、不祥事の最大の原因として現場と経営の距離が離れすぎていることが挙げられると考えます。


香山リカ(精神科医)

「これで勝負する!」と肩ひじ張らないで、「将来、別のことをするかもしれないけれど、いまはとりあえずこれをやっておこう」といったように、肩の力を抜いて仕事に向き合うことも大切だと思います。


石川泰彦

課題に対してクリエイティビティを働かせるのは、人間ならではの能力。それを引き出す環境づくりこそがカギを握っている。


大崎洋(大﨑洋)

「場」づくりで大切なのは、場が整理されてきたら、異質なものを放り込むことです。異質なものというと語弊があるかもしれませんが、整理整頓されすぎになってきたら、何か新しいものを放り込む。そうすることで、場は活性化するのだと思います。


朝原宣治

リレーという団体種目は、「チームワーク」「絆」「信頼」といった科学では証明しにくい要素が思わぬ力となり、結果に結びつくことがある。実際、メンバーの気持ちに温度差が生じると、バトンミスなどにつながる恐れもある。


鶴岡公二

相手ができもしない大風呂敷を広げてきたとき、それを見抜くためにも、相手がどこまでのカードを切れる権限を持っているのか、しっかり見極めなければならない。


ガー・レイノルズ

日本では、暗い演壇でスライドだけに光を当て、自分は陰に隠れたままレーザーポインタで指し示すというプレゼンをよく見かけます。このやり方は、おすすめできません。自分の姿を隠すのは、提案内容と自分を切り離したい、提案内容が批判されても無傷でいられるように自分は安全地帯にいたいという気持ちのあらわれです。そんな人のプレゼンを信じられるでしょうか。


名取芳彦

私はその時々で目標がありました。仏教の目標は「いつでも心穏やかでいる境地になること」。多くの経典や修業もその目標達成のためで、私もそのために毎日生きています。会社に行くのがつらいと思う人は、会社に行って働く目標がぼやけたり、失われてしまったりしているのかもしれません。生活費確保だけが目標になれば、人生=生活になります。それでは寂しいし、つらいでしょう。いま一度、働く目標を設定することをお勧めします。


朝倉千恵子

これが自分の最後の舞台だと思ってやりなさい。


森川亮

集めた情報をどうやって整理するかが大事です。情報は、集めただけでは使い物になりません。情報は世の中にいくらでもありますが、整理しないと、どんどん頭から抜けていってしまいます。