名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塩田丸男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩田丸男のプロフィール

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

塩田丸男の名言 一覧

人生には貧乏以外にも、失恋、不運、挫折、逆境、愛する人の死など、様々な不幸はある。できればないほうがいいと思うことだろう。だが、長い目で見れば、不幸なことが人生の肥やしになる。逆境を肥やしにした人間だけが栄光をつかむことができる。


昼間の職場はタテマエの世界である。それは当然のことで、昼間からむやみに本音を振り回したのでは、かえってビジネスはぎくしゃくする。昼間のオンビジネスにおいてはタテマエを指標とするのが筋である。それだけに本音を応酬できるオフビジネスの世界が必要だともいえる。


塩田丸男の経歴・略歴

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

他の記事も読んでみる

酒井健二(経営者)

社員の意識を変える一方で、ぬるま湯体質を打破する上でもう一つ大事なことは、経営者の経営力、交渉力をつけること。


小路明善

世界陸上で金メダルを獲られた直後に弊社をご来訪いただき、室伏(広治)選手とお話しする機会を得ました。強く印象に残っているのは、ハンマーを投げるあの瞬間に合わせて、事前に心技体を計画立ててトレーニングしているというお話でした。平凡なことを非凡なレベルまで練習し続ける綿密な戦略家とでも言いましょうか。ビジネスの世界にいる私どもにも通じることです。


山本忠人

なによりお客様第一。お客様の様々な業務フォローの中に、たとえば、当社のアペオスを組み込むとします。その場合、客先の業務フローをよく理解しなければ意味がありません。ITに関する相当な知識が必要なのです。


ロバート・キヨサキ

資金繰りが上手くいっている会社は、財務体質が健全であるだけでなく、借金の管理や契約条件の設定、収益やキャッシュフローの管理、優遇税の活用について、可能な限り最善の戦略を備えているものだ。契約条件によっては、月並みなビジネスチャンスが、ビッグビジネスに化けることも珍しいことではない。


なかにし礼

お前は何も考えていないじゃないかと自分に問うた。もっと生きるということを真剣に考えなければ、と。


林野宏

ルーティンワークは面白くないと感じられがちです。集中力を発揮できないことも少なくないでしょう。そういう場合でも工夫の仕方次第で、仕事はいくらでも面白くなります。仕事をゲーム化すればいいのです。たとえば、同僚とどっちが先に帳簿の記入が終わるかスピードを競い合う。あるいは自分一人で時間の目標を立てて、それにチャレンジする。今日は自己記録更新だと、ひそかに喜ぶのもいいでしょう。ゲーム要素を入れることで、つまらないと思っていた時間もあっという間に過ぎてしまうはずです。しかも、仕事の処理能力も向上します。


藤間秋男

失敗の原因を考え、反省することは必要です。でも、ひとしきり頭のなかで反省したら、次のやるべきことを考えましょう。過去をすっぱり忘れて前向きになることが大切です。


レオナルド・ダ・ヴィンチ

●芸術家はたくさん仕事をするためには、時には描かずにいる必要がある。
●画家は孤独でなければならない。なぜなら、一人なら完全に自分自身になることができるからだ。たった一人の道連れでもいれば、半分しか自分ではなくなる。
●仕事から離れて、リラックスする時間を取ることは良いことだ。というのは、ふたたび仕事に戻ってきたときに、よりよい判断ができるからだ。


永守重信

グローバル化の時代、経営者は「外に目を向けよ」と常に言われる。しかし、私は、経営者は一方の目で外を見ても、もう片方の目では同時に内(社内)を見ていないといけないと思う。


本田直之

たとえば金融の勉強をするのに、簿記や金融商品、アナリストのノウハウなど、ありとあらゆることを学ぶのは大変です。しかし、「3年後に起業するために金融知識を身につける」というように目的をフォーカスすれば、「簿記はプロに任せて、まず開業資金を増やすために投資の勉強をする」と、-極集中で勉強ができます。最初の選択肢はあくまで幅広くもつことがポイント。そのなかから、必要なものを慎重に吟味してフォーカスします。アクティブに勉強するのとパッシブに勉強するのとでは、結果に雲泥の差があります。


ダン・ケネディー

扱いにくい顧客にどこまで尽くすかは、ビジネスをする人それぞれが決めればいい。だが少なくともいえるのは、「お客様は神様です」という格言を無批判に金科玉条のごとく信奉するのは賢明と言えないということだ。わたしや従業員のほうが間違ている場合もある。私たちもミスはする。そういう場合は顧客に謝罪して、失敗を埋め合わせるために最大限の努力をする。しかし、実際には、わがまますぎて取引相手として価値のない顧客が少なくない。


石川光久

最初に心に突き刺さる言葉をバーンと言って、みんなを本気にさせます。余計なことは言わず、結論から入るんです。僕の情熱と、僕がみんなをしっかりバックアップすることをわかってもらえればいい。だから一分以上は話しません。