名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

塩田丸男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩田丸男のプロフィール

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

塩田丸男の名言 一覧

人生には貧乏以外にも、失恋、不運、挫折、逆境、愛する人の死など、様々な不幸はある。できればないほうがいいと思うことだろう。だが、長い目で見れば、不幸なことが人生の肥やしになる。逆境を肥やしにした人間だけが栄光をつかむことができる。


昼間の職場はタテマエの世界である。それは当然のことで、昼間からむやみに本音を振り回したのでは、かえってビジネスはぎくしゃくする。昼間のオンビジネスにおいてはタテマエを指標とするのが筋である。それだけに本音を応酬できるオフビジネスの世界が必要だともいえる。


塩田丸男の経歴・略歴

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

他の記事も読んでみる

大西賢

我々が今後もフルサービスキャリア(従来型の高級感のあるサービスを提供する業者)として生きていくことは間違いありません。そういう意味では、チケットの価格に敏感なお客様ではなく、最高の品質とサービスに魅力を感じてくださるお客様にご支持をいただきたいというのが、JALの方向性だと思います。


山本忠人

ソリューションビジネスに進出するにあたり、従来は北・南といった地理別、あるいは大・中・小といったお客様企業の規模別に分けていたのを、業界業種のインダストリー別に改めました。例えば病院と損保会社では、ワークプロセスが全く違います。実態に合わせた臨機応変にニーズに対応できる体制に切り替えたのです。


似鳥昭雄

人生において師を持つことは大切です。それも厳しければ厳しいほどいいのです。親父代わりとも呼ぶべき恐ろしい大師匠、渥美俊一先生の出会いがなかったら、現在のニトリはありません。
【覚書き|ニトリの創業期に渥美俊一氏からチェーンストア理論を厳しく指導されたことを振り返っての発言】


堀紘一(コンサルタント)

「あまり寝ていなくて」と忙しさを自慢するのは愚かである。頭を正常に働かせるには7から8時間の睡眠がいる。そして会社に居残る時間を短くする。仕事の密度を濃くし、夜7時以降は会社にいないようにする。勉強や会食の時間がとれないからだ。


畑村洋太郎

マニュアルも現場に即さないものになっているケースが意外にあります。工場で従業員がロボットの検査をする際に、ロボットを囲む柵外から行うように決められていたが、実際には柵内で動く様子を見ないと本当の不具合がわからず、中に入って自己を起こしたという例もありました。でも悲観する必要はありません。失敗は必ず多くのことを教えてくれますから。


成毛眞

読書メモをとったり、整理したりするヒマがあるならもっと多くの本を読み、情報は頭の中で自然に取捨選択・整理されるのに任せましょう。そもそも読書は面白いからすものなので、読んだ内容を忘れてしまっても何の問題もありません。


米倉弘昌

今は本当に原点に帰るとき。日本の強さは人間力と技術力であり、それをさらに磨いていく。常に改革し、前向きに生きていく。もっと自信を持って臨むときだと思います。


越智直正

中学を出て、靴下問屋に丁稚奉公をして以来、私は靴下のことしか知りません。酒は飲めませんが、「人生、靴下に酔っぱらいっぱなしやな」と妻から冗談を言われるぐらい、靴下にのめり込んできました。


渡邉美樹

(東日本大震災で被災した陸前高田市の)瓦礫の中に立つと、国政の重要さを改めて感じますね。この3か月間、被災地の復興はほとんど一歩も前に進むことができないでいます。現地には今、大きく二つの問題があります。ひとつは住居です。確かに仮設住宅は数が揃いつつあります。しかし、夏は暑く、冬は寒い建物です。仮設にさえ入れば大丈夫とはとても言えません。先日、陸前高田市の仮設住宅入居者からこんな話を聞きました。有名な政治家が、仮設住宅までやってきて、玄関先で2、3分話をして、握手をして、それで帰ってしまった。入居者の方は怒っていました。部屋の狭さ、温度管理の難しさ、そういったものを全く見ずに帰ったと。


鈴木幸一(経営者)

それまで僕は頼まれたことは一切断らず、相手に一生懸命尽くしているつもりでした。今度は頼む側として真剣に頭を下げているのに、彼らをバカ野郎とすら思いました。しかし、私の事業への出資の話から必死で逃げようとする友人たちを見て、はたと気づきました。頼みごとを引き受けるのは、美徳でも何でもない。断ることの方が引き受けるよりずっと難しく、覚悟がいることなのだと。以来、断るときはきっぱり断ることに決めました。
【覚書き|IIJ創業時に資金調達のために走り回っていた時期を振り返っての発言】


亀井勝一郎

自己に絶望し、人生に絶望したからといって、人生を全面的に否定するのはあまりにも個人的ではないか。人生は無限に深い。我々の知らないどれほど多くの真理が、美が、あるいは人間が、隠れているかわからない。それを放棄してはならぬ。


塩﨑均(塩崎均)

学生はある意味で顧客でもありますから、満足度を高めるための取り組みにはこれからも力を入れます。