塩田丸男の名言

塩田丸男のプロフィール

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

塩田丸男の名言 一覧

人生には貧乏以外にも、失恋、不運、挫折、逆境、愛する人の死など、様々な不幸はある。できればないほうがいいと思うことだろう。だが、長い目で見れば、不幸なことが人生の肥やしになる。逆境を肥やしにした人間だけが栄光をつかむことができる。


昼間の職場はタテマエの世界である。それは当然のことで、昼間からむやみに本音を振り回したのでは、かえってビジネスはぎくしゃくする。昼間のオンビジネスにおいてはタテマエを指標とするのが筋である。それだけに本音を応酬できるオフビジネスの世界が必要だともいえる。


塩田丸男の経歴・略歴

塩田丸男、しおた・まるお。日本の作家、評論家。山口県出身。大正生まれ。読売新聞記者、文化放送ニュースキャスター、テレビ朝日ニュース解説員などを務めたのち、作家、評論家となった。日本ジャーナリスト大賞受賞。

他の記事も読んでみる

遠藤功

仕事には、自分でコントロールできることと、できないことがあります。そして、それをするか、しないかという選択肢があります。コントロールできることを片っ端からやりきる。これが、大きな目標をホラでなくす方法です。


福地茂雄

意識改革について同じ言葉を何度も繰り返す日々にしんどい思いもしましたが、職員の意識が徐々に変化していくのがわかりました。


森正文(経営者)

大企業の経営者にはもっと自信を持ってもらいたい。収益の拡大をコミットし、賃上げを決断すべきだ。これができないような経営者は去るべきじゃないか。


藤田晋

絶体絶命の状況をイメージし、自分をとことん追い込んで考え抜くことが大切。たとえば、事業戦略を決める重要な会議などでは、参加者全員が「成すべき目的や目標」を強く意識して、それこそ脳がヘトヘトになるまで考え抜かなければならない。


ジム・ロジャーズ

肝心なのは変化を起こす「触媒」を探すことです。


菊間千乃

夢を夢で終わらせないために努力し、現実を実現していくために自分も目標を立てて、4年のスパンで、私なりの人生を考えました。その目標から考えて、では来週までに何をすべきか、明日は、そして今日は何をすべきか。そうしていくことで、自然と夢につなげていこうとしました。


石田宏樹

立ち上がって間もないベンチャー企業が生き残る方法は、たった一つしかありません。それは、「起こったこと」に対して、即座に、大企業よりも早く対応するという柔軟性をフルに活かすということ。


安藤百福

私は事業に失敗して財産を失い、48歳から再出発した。60歳、70歳からでも新たな挑戦はある。人生に遅すぎるということはない。私の人生は波乱の連続だった。成功の喜びに浸る間もなく、何度も失意の底に突き落とされた。しかし、苦しい時の経験がいざというときに常識を超える力を発揮させてくれた。


冨安徳久

人材育成で大切なことは、何度も繰り返し教育すること。人は忘れてしまう生き物ですので、体に染みつくまで何度でも教え込まなければなりません。その時には「良い話だ」と感動しても、日々の仕事が忙しければすぐに忘れてしまう。だからこそ会社のトップは、メッセージを繰り返し発信する必要があります。そのうち、先輩社員が新人に対して、会社のトップと同じメッセージを語るようになれば、新入社員としても「トップは同じことを言っている」と納得感があり、ブレない組織になります。


左京泰明

私が退社を一度も悔やんだことがないのは、心が求めることに真っすぐに従ったから。会社を辞める不安はありましたが、ほかにやりたいことがあった。さらに、結局、会社勤めを続ける方が不安な気持ちがより強かったということです。会社員という枠で人脈を築き、スキルを高めたとして、もしも会社という存在がなくなったら、どうなるのだろうかと。


佐藤浩市

オフの何も考えない時間があるから良い演技ができるとは言い切れないけど、何かしらの好影響を与えていることは確かです。曖昧なオン・オフではなくて、100か0かみたいなメリハリのある時間が僕には必要なのでしょう。


糸井重里

いわゆる仕事のできる子たちが集まった集団がそつなく手がけた仕事と、才能や実力が真ん中より少し下の子たちが一生懸命にやった仕事は、案外、差がないと思っています。弱点があっても、一生懸命に頑張ることが重要なんです。


端羽英子

私たちが目指しているのは、誰もが自分に必要な知見にアクセスできる環境をつくること。


坂根正弘

天才的な人は目に見えない問題の本質をすぐ見抜き、「ここはこうなっているはずだから、こうしたらいい」と仮説を立てて解決します。ただ、そのメカニズムが見えるようになりさえすれば、誰でもアイデアが出せます。どこにどんな問題があるのか、見える化して事実をつかむことが仕事の成否を分けることだと知りました。


加藤一二三

対局中に相手の側に回り込んで将棋盤を眺める「ひふみんアイ」は、「見方を変えれば何かあるはずだ!」という直感から生まれました。


ページの先頭へ