名言DB

9429 人 / 110879 名言

塩沼亮潤の名言

twitter Facebook はてブ

塩沼亮潤のプロフィール

塩沼亮潤、しおぬま・りょうじゅん。日本の僧(金峯山修験本宗)。「仙台慈眼寺」住職。宮城県出身。高校卒業後、総本山金峯山寺で出家。金峯山史上2人目となる千日回峰行を達成。仙台慈眼寺を建立し住職になった。著書に『人生の歩き方』『毎日が小さな修行』『忘れて捨てて許す生き方』『心を込めて生きる』。

塩沼亮潤の名言 一覧

同じことを繰り返して心の習慣にすると、だんだんと見えてくるものがある。


自分が嫌だなと思う存在は、逆に自分を磨いてくれます。そう心を上手く転換することで、過去の嫌なことがすべて良い経験になり、感謝の気持ちになります。そうやって生きていると不思議と自分の将来が良い方に運ばれていくのに気づく。


行者として私が目指すのは世界の人々の心を通い合わせること。近々ニューヨークに拠点を定め、様々な宗教や文化との交流を重ねる活動を始めます。外国語の勉強は大変ですが、これも修行。小僧の心で臨みます。


「なぜそんなに厳しい過酷な修行をするのですか」とよく問われますが、山での修行とは、自分自身の心を高めて、あらゆるとらわれから離れる人生の大学みたいなものです。


私たちはすべてが思い通りにならないという現実の中で生きております。なかでも、人間関係の悩みは一番ストレスがかかるものです。例えば、自分は何も思ってもいないのに、嫌なことをされたり、言われたり。日々悩んでいる人はたくさんいらっしゃるかと思います。でもこれは、すべての私たち人間に与えられた人生という修行でもあるんです。


企業社会で言えば「社長の肩書」も仮のものでしょう。地位や権力におこ守り、関わる人たちを軽んじたり無理を強いたりするのは愚かなこと。先を行く者は「親の目」で関わる人々に心を配り、時に厳しく、しかし慈悲の心を忘れずに接する。そして厳しい状況にあっても自らを律し、範を示す。そうした背中を見て育った者が、やがて志を継いでいく。


2500年前、釈迦は「同じことを同じように情熱を持って繰り返していると、悟る可能性がある」と仰いました。これは漫然と同じことを繰り返せということではなく、努力を怠らずに日々を重ねる大切さを説くものです。千日回峰行の初めの頃は体力に任せて山を強く蹴って先を急ぐ。すると足に痛みが出る。どうしたらよいかと考えながら行を続けるうちに、山にも思いやりをもって歩けばよいと分かる。こうしたことも「楽な道」ではなかなか気づけません。あえて厳しい行に挑み、山と五分と五分で向き合い、用心しながら努力を重ねる経験からこそ、知ることができる。


千日回峰行を満行した者は「大阿闇梨(だいあじゃり)」と呼ばれます。仏教の世界では高い位の「肩書」ですが、そこが終点ではありません。修行は人生を終える最後の一息まで続きます。千日回峰行は1000日間の行。その翌年には「食べず、飲まず、寝ず、横にならず」を9日間続ける「四無行」を満行しましたが、これも9日間の行。すべては通過点です。ひとつの行を終えたら、それは捨てる。ただ持ち続けるべきは「生涯小僧の心」のみ。


塩沼亮潤の経歴・略歴

塩沼亮潤、しおぬま・りょうじゅん。日本の僧(金峯山修験本宗)。「仙台慈眼寺」住職。宮城県出身。高校卒業後、総本山金峯山寺で出家。金峯山史上2人目となる千日回峰行を達成。仙台慈眼寺を建立し住職になった。著書に『人生の歩き方』『毎日が小さな修行』『忘れて捨てて許す生き方』『心を込めて生きる』。

他の記事も読んでみる

萩本欽一

欠点は美点となって花開くこともある。欠点のある人がそれを克服しようと思って試行錯誤していると、それが個性として伸びていくから、独特のキャラクターが生まれるんです。


秋元征紘

決断力をつけるには、日常の生活で即決の癖をつけましょう。ランチは即決。ネクタイも瞬時に自分の好きなものを選ぶ訓練をしましょう。


山口真由

たまに「記憶=丸暗記」だと思い込んでいる人がいます。しかし、丸暗記する必要もないところで無駄な労力をかけるのはいますぐやめるべきです。


朝山あつこ

どの事業においても大切にしているのは、子供たちに寄り添いながら、一緒に、未来に希望を見いだしていくこと。


キャロル・ドゥエック

大きな目的を達成するには、必ずしも自信は必要ない。


市村洋文

「ぼうっと歩いているうちにエベレストに登っちゃった」という人が一人もいないように、大きな「夢」を実現するためには、今を真剣に生き、魂を燃やして全力で努力しなければならない。そう考えたら、休日もうかうかしてはいられない。


鍵山秀三郎

自分の意にならない、そんなつらいときにこそ成功する。自分の都合のいい条件でやっても成功はない。なぜなら、これをこうすればとか、こうなればとか、さらにいい条件を期待してしまう。そうなれば、すべてに甘えが出て絶対に成功しなくなるのです。


小林哲也(帝国ホテル)

「帝国ホテルに来るとホッとする」と評価してくださる方が多くいらっしゃることは、非常にありがたいことです。私は「ハード」「ソフト」「ヒューマン」の3つの要素が高品質にバランスよく整ってこそ、良いホテルができると確信しています。中でも、ハードとソフトを動かすヒューマンの部分が非常に大事だとずっと言い続けているんです。


アラン・グリーンスパン

外からとやかく言うべきことではないだろうが、エコノミストとして見る限り、移民を増やそうとしていないことは日本経済を将来難しい状況に追い込むと思う。生産性上昇や労働人口に限りがあれば成長は鈍くなってしまう(日本経済の先行きへのコメント)


清野智

我々は鉄道会社です。鉄道会社はお客様に乗っていただいて事業が成り立ちます。新幹線も東京の山手線もそうですが、A地点からB地点まで乗っていただかなければなりません。ただ、東京の方々が山手線で東京の都心をグルグル回るだけではなく、やはり東京の方々に青森や秋田にまで行っていただいたり、逆に秋田の方々に東京に来ていただいて、東京から秋田に戻ると。そういう移動を生み出さなければ我々は成り立ちません。ですから、我々が観光に関する素材や面白い列車を企画して乗っていただき、目的地で楽しんでいただけるような仕組みを提供しなければなりません。そのためには地元の方々のバックアップが必要になります。