名言DB

9419 人 / 110788 名言

塩崎均の名言

twitter Facebook はてブ

塩崎均のプロフィール

塩崎均、しおざき・ひとし。日本の医師。近畿大学学長。和歌山県出身。大阪大学医学部卒業。西ドイツ・ハイデルベルグ大学に留学。その後、大阪大学第二外科助教授、近畿大学医学部第一外科教授、近畿大学医学部附属病院長、近畿大学医学部長などを務めたのち、近畿大学学長に就任。著書に『天を敬い人を愛し医に生きる』ほか。

塩崎均の名言 一覧

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。


近大のような私立大学では国立大の1割程度しか研究費がもらえないことが多い。近大ではクロマグロの完全養殖に32年かかったが、研究資金は、それまでに養殖した魚を売って得た利益などを充てていた。これまでの研究成果を活用し、今後の研究資金を得ることは引き続き必要だ。


養殖クロマグロなどが食べられる飲食店の出店に当たっては「大学がなぜ金儲けするのか」と言われたこともあった。だが飲食店では学生が食器やメニューを考えるなど、来店客へのサービスに学生が関わっており、飲食店が一つの良い教育の場になっていると考える。


最近の近大は、伝統的に強い理系学部については実力が適正に評価されるようになってきたと感じる。偏差値と、大学の真の実力は異なることを正しく認識してもらいたい。ここ数年の近大の志願者数の増加は、それを若い世代が感じ取っていることの表れだ。


文系ほど世間に評価してもらうことが難しい学部はなく、この点については関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)に負けている。近大の教員を紹介するガイドブックを作成し、教員のメディア露出を増やして研究内容への世間の認知度を高める。


塩崎均の経歴・略歴

塩崎均、しおざき・ひとし。日本の医師。近畿大学学長。和歌山県出身。大阪大学医学部卒業。西ドイツ・ハイデルベルグ大学に留学。その後、大阪大学第二外科助教授、近畿大学医学部第一外科教授、近畿大学医学部附属病院長、近畿大学医学部長などを務めたのち、近畿大学学長に就任。著書に『天を敬い人を愛し医に生きる』ほか。

他の記事も読んでみる

中埜和英(八代目・中埜又左衛門)

これから世の中はすごく変わっていくでしょう。デジタル化という流れの中で、18世紀の産業革命を上回る、想像を超えた変化が起こるかもしれない。我々は10年先を占うことはできませんが、仮説を立てることはできるはずです。1年ほど前から、専門家も交えて議論を始めました。社内のメンバーは私以外に8人います。国内外の幅広い分野について10年先を予測して、どういう課題があり、それをどう乗り切るのかを考えるのです。


栗山英樹

チームとして結果を残し続けるためには、常に選手を入れ替えながら、若手選手を育てていくことが求められる。


小飼弾

社会人になったばかりの新入社員には、時間が許すならば、ビジネス書のようなノンフィクションではなく、フィクションを読むことを勧めたいですね。フィクションを勧める理由をひと言でいえば、「物語というのはたかが物語ではない」ということです。物語の世界というのは、現実の世界よりも広くて深いのです。フィクションだからといって侮ってはいけません。人間が何か新しいことをやるときは、必ずといっていいほど、ファンタジーの世界から入っていくことが多いのです。それは月面着陸でも、リニアモーターカーの開発でも同じです。


茂木克己

上司から部下へ、そしてそのまた下の人へと権限が移譲され、それぞれの人が自分の持ち場に適した能力を発揮することで、企業の組織力が生きてきます。トップはそのための交通整理をすればよいのです。もちろん、権限は部下に委譲しても、責任は常にトップにあります。「君に任せるけど、あとは知らんよ」では、部下が怖気づきます。反対に「後は引き受けるから、君の判断でやりたまえ」と言われれば、勇気百倍になります。またそのほうが、熱心に相談に来たり、経過報告に来る回数も多くなってきます。


岩瀬大輔

私は抱えている仕事が少しでも「煮詰まった」と思ったら、提出するようにしていました。コンサルティング会社にいたときも、レポートがそこそこできた時点で、すぐマネージャーにチェックしてもらっていました。「こんなに何度も持ってくる奴は初めてだ」と言われました。途中の過程で見てもらっていますから、内容は80点に満たないものもあります。だから、厳しい指摘も受けました。でも、上司やその分野に関して得意な人の力を借りた方が、短期間でよい成果のものができます。


永田清(経営者)

人生で大切なのは、いいコーチをもつことだ。コーチというのは手とり足とり教えてくれる。コーチを変えれば良くなったということはよくある。しかしコーチは技ではない。一番大切なのは自分に惚れてもらうという人格だ。


室井摩耶子

「これだ」という演奏ができて、お客さんからとても素敵だった、心に染み込むようだ、うちに帰ってもまだ音が響いています、なんて言われようものなら、私は天にものぼらん気持ちになる。それで神様に「まだやることがあるから、もうちょっと生かしといてね」とお願いしてるわけ。


野田一夫

優れた個性、理念、目標、戦略のない小企業が、大企業に躍進することはない。


玄田有史

ウィークタイズ(弱い結びつき)は永遠に広げていくのでなく、いい出会いといい別れを繰り返す中で築かれていく。


葛西紀明

小3でジャンプを始めた時、初めて登ったジャンプ台の高さに怖さを感じました。でも、「どのくらい飛べるのかな?」とワクワクもした。結局、その気持ちは今も変わらず、「どのくらいいけるかな?」と心が躍ってしまう。誰よりも遠くにきれいに飛び、飛距離を出すことに快感を覚えています。