名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

塩崎均の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩崎均のプロフィール

塩崎均、しおざき・ひとし。日本の医師。近畿大学学長。和歌山県出身。大阪大学医学部卒業。西ドイツ・ハイデルベルグ大学に留学。その後、大阪大学第二外科助教授、近畿大学医学部第一外科教授、近畿大学医学部附属病院長、近畿大学医学部長などを務めたのち、近畿大学学長に就任。著書に『天を敬い人を愛し医に生きる』ほか。

塩崎均の名言 一覧

学長就任後、副学長や学部長などを集めて昼食会を毎月開き、各学部の問題意識などを共有し活発に意見交換するようにしています。


近大のような私立大学では国立大の1割程度しか研究費がもらえないことが多い。近大ではクロマグロの完全養殖に32年かかったが、研究資金は、それまでに養殖した魚を売って得た利益などを充てていた。これまでの研究成果を活用し、今後の研究資金を得ることは引き続き必要だ。


養殖クロマグロなどが食べられる飲食店の出店に当たっては「大学がなぜ金儲けするのか」と言われたこともあった。だが飲食店では学生が食器やメニューを考えるなど、来店客へのサービスに学生が関わっており、飲食店が一つの良い教育の場になっていると考える。


最近の近大は、伝統的に強い理系学部については実力が適正に評価されるようになってきたと感じる。偏差値と、大学の真の実力は異なることを正しく認識してもらいたい。ここ数年の近大の志願者数の増加は、それを若い世代が感じ取っていることの表れだ。


文系ほど世間に評価してもらうことが難しい学部はなく、この点については関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)に負けている。近大の教員を紹介するガイドブックを作成し、教員のメディア露出を増やして研究内容への世間の認知度を高める。


塩崎均の経歴・略歴

塩崎均、しおざき・ひとし。日本の医師。近畿大学学長。和歌山県出身。大阪大学医学部卒業。西ドイツ・ハイデルベルグ大学に留学。その後、大阪大学第二外科助教授、近畿大学医学部第一外科教授、近畿大学医学部附属病院長、近畿大学医学部長などを務めたのち、近畿大学学長に就任。著書に『天を敬い人を愛し医に生きる』ほか。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ジャパネットの社長を退いて、もうすぐ3年。会社も大きく変わりましたよ。100年続く会社にしていこうとしたら、創業の精神だけでは、思い切った改革はできないでしょうから。不易流行の、不易――変えてはいけない「人の幸せに貢献する」という会社のミッション、使命さえ変えなければ、流行――時代に合わせてどんどん変えていけばいい。


佐伯泰英

だったら、それを利用して本当に月刊ペースで書いて、逆に『月刊佐伯』を広めてやろうと思った。

【覚え書き|執筆スピードが速いため『月刊佐伯』と呼ばれたことについて】


石川康晴

起業した頃、アパレル起業の新参者として、同業の先輩経営者に話を聞きに行くことがよくありました。その際に言われたのは「人は調整弁と思え。正社員なんて入れたら、切れないぞ」と。理論的には正しいのかもしれないですけど、「それ、社員の前で言えますか?」と思いました。それ以来、僕は「社員の前で言えないことはやらない」と決めました。創業してから20年間は100%正社員で賄ってきました。


山本博(アーチェリー)

周囲からは引退しろと散々言われました。でも、僕は子供のころから何かで負けたまま引き下がるのが大嫌いなんです。それに、人から言われて決めたのでは自分の人生ではなくなってしまうじゃないですか。


倉本圭造

正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。


白洲次郎

日本人も日本も欠点だらけらしいが、人間も国家も完全ではあり得ない。米国もまたその例外ではなかろう。


石井裕(工学者)

今後も自然災害や経済危機など、様々なクライシスが発生するでしょう。その時に、倒されても、倒されても立ち上がり続けなくてはなりません。何度強烈なパンチを食らってダウンしても、必ず立ちあがる。社会として、そんな体力と気力を備える、即ち「レジリエント(弾力性のある)」なものでなければいけないと思うのです。


松岡修造

誰でも体調を崩すと「やっぱり自分は飛ばし過ぎだった」と反省しますが、調子がよいときはなかなかそこに考えが及びません。「安全と思うときほど危険なのでは?」と疑い、自分の心と体と対話して状態をチェックし、それに応じて休養をとるように心がけましょう。


嶋浩一郎

忙しい人こそ、書店に行った方がいいと私は思います。私自身、かなりのワーカホリックですが、毎日1度は書店に行きます。なぜなら書店で棚を眺めているだけで、「今」が何となく分かってくるから。仕事でアイデアをひねり出さないといけない時、人は孤独になる。時間と自分との戦いです。そんな時、デスクでうなっていても何も生まれない。でも書店に行けば、今を生きている人々が欲しがっていること、知りたがっていることが、じわじわと伝わってくるのです。そうやって時代を感じるのは、仕事をするうえで、とても大切なこと。そのベースがあれば、企画のヒット率も上がるはずです。


赤羽雄二

自信があれば、やりたいことに次々とチャレンジできるし、たとえ壁に突き当たっても乗り越えられる。自分は成長できると信じているから、そのための努力や工夫も続けられる。一方、自己肯定感が弱い人は、何をやるにしても、「私にはムリ」「やってもどうせ何も変わらない」と諦めてしまう。


鈴木郷史

社長と新入社員の違いは何か。ひとつは情報量の圧倒的な差です。同じ情報が組織内に均等に流れれば、人間は間違いなく正しい判断をする、と私は信じています。これも主体的な人材を育てるポイントのひとつです。


南雲吉則

ガソリンが満タンなのに、10km走るたびに給油する奴がいるかい? それをやっているのが現代人なんだ。腹も空いてない。胃腸には前日食べた物が残っている。内臓脂肪も満載だ。それなのに「朝だから」って朝食をとる。その数時間後には「皆がメシ食いにいくから」って昼食をとる。燃やすべき脂肪があるまま、追加で脂肪をのせてるようなものさ。使うべき脂肪を使ってから、給油しようぜってこと。