名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塩原研治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩原研治のプロフィール

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

塩原研治の名言 一覧

技術の伝承とは、既存の知識を勉強するところにではなく、いま、一番むずかしい課題を突破するところにしかありません。つまり、そのためには、まず自分たちが先輩から受け継いだ技を少しでも高めないといけないわけです。


私は不器用なタイプなのですけど、時計の修理においてはそれもひとつの個性と捉えて、直観でパッと仕事を進めるのではなく、あらゆる方法を試してから最善の方法を見つけるという手順を追求することにしたんです。


セイコーの研修センターの先生は、「教えられたことをしているだけでは応用してものを考えて実行することができないから、世界では勝てないのだ」という考え方を徹底していたんです。しかも、ただ放任というのではなく、「○○を一時間以内に、○○の精度で」と、こちらに与える課題がとてもハッキリしていて適切なんです。課題を解くために必要な工程を自分で工夫して作るので「やらされるもの」にはならない。おかげで、自分だけの領域を開拓する楽しみにのめりこみました。


セイコーの研修センターでは訓練を「やらされている」という印象は全然ありませんでした。それは指導員が素晴らしかったからだと思います。研修センターの先生は、1967年に、スイスの天文台が主催する時計コンクールの「ニューシャテル」において、機械式時計の精度を1日5秒以内どころか0.03秒以内の誤差にまで高めた、当時で間違いなく世界最高の水準に達していた時計職人でした。「後輩が先輩を越えていくのは当然」というのが基本的な姿勢で、つまり先生のやり方を押しつけることがないんです。教えることをしない。「この修理は最初にここから」なんて説明はいっさいありません。修理の順番も方法もこちらが自分で考え、必要な道具についてもそれぞれで改良していくんです。


セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


諏訪の研修センターには偶然ですが知り合いが一人いました。高校の先輩が私と同じように島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入って諏訪に来ていたのです。話をしてみたら「技能五輪というものがあって……」と目を輝かせて熱心に時計の勉強をしていました。その先輩は一年後にセイコーではじめて技能五輪において世界一になった人だったのですが、その熱意に惹かれて、時計の勉強にすごくはまりこんでいきましたね。
【覚書き|修行時代を振り返っての発言】


塩原研治の経歴・略歴

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

他の記事も読んでみる

アラン・ジマーマン

海外出張は、ビジネスパートナーやクライアントと会う機会であると同時に、現地の風土を肌で感じ、現地で生活する人々と知り合える絶好の機会。実際に現地で得た経験と知識は、ブランドマーケティングにとって重要な情報になる。そのため、出来る限り人任せにせず、自ら赴くようにしている。


松本晃(経営者)

私には5年後の世界、日本、産業、会社を予測・予知する能力はない。したがって、今年度および次年度の計画とその達成には大いにこだわっている。


藤井孝一

早起きを続けるためには、毎日続けられる簡単なことを習慣化するといいと思います。毎朝、というのがポイントです。私は365日、雨が降っても、正月でも起きたら散歩すると決めています。「○曜日と○曜日は散歩」などとすると、「今日は散歩の日だっけ?」なんて考えているうちに眠くなってしまいますから。


上川隆也

昨年、『その男』の舞台でケガ(捻挫)をしました。それまではケガはもちろん、のどを潰すことも、病気にかかることもなくやってきただけに。芝居の足かせになるネガティブなものを味わうことなくやってこられたことが、どれだけありがたかったことかを実感しました、痛いほどに。これまでのように、ただがむしゃらにやっていると、「勤続疲労を起こす」とわかったので、初めてマッサージに通うようになったんです。それまで疲労感に対しては無自覚だったので、そういうことに頼ったことがなかったんですけど、そろそろ「身体のメンテナンスも必要なのかな」と。まあ、ケガ以降、自分の身体も含め、舞台への向き合い方まで変えざるを得なかったというか、芝居をやらせてもらえるありがたさを刻み、舞台に対する思いが一層深く、強くなった1年でした。そうした思いが、今度の『ヘンリー六世』にどんな形で作用していくのか。自分のことながら、もの凄く楽しみなんですよ。


上田準二

もはや安くすれば売れるという時代でもなく、我々小売業としては常に新しいもの、また、付加価値の高いものを値頃感のある価格、いわゆる適正価格でどれだけ打ち出していけるかだと思う。


高城幸司

仕事について語るときは必ず相手の意見を聞き、その見解を確かめましょう。意見を言ってもらった時点で相手を当事者として加えることができますし、どう協力してもらえるかも見極められます。


中島武

会社勤めだと、自分が望む仕事ができるとは限りません。ただ、不本意な仕事でも自分の肥やしにしないと、本当に無駄な仕事になってしまいます。要は自分の考え方ひとつです。


遠藤正一

若い社員たちに一流の人に会って欲しい。側にいるだけで元気になりますし、「世の中にこんな方がいらっしゃるんだな」と嬉しくなります。


舟竹泰昭

スマートフォンの普及や新たな決済サービスの登場など、金融業界は激変の時代を迎えています。セブン銀行はこれまで安全で先進的な決済インフラを築いてきましたが、現状に安住するわけにはいきません。社会のキャッシュレス化が進めば、現金もATMも要らなくなるからです。


吉田晴乃

「上司の評価が低空飛行」ならば、まず、あなたが会社から何を求められているのか、もう一度考えてみるべきでしょう。上司は必ず、あなたに望んでいる仕事の優先順位と成果に基づいて評価するからです。


坂本朝夫

伝統を残したいから、新しいことをするんだ。


湯浅和夫

問題が部門と部門の間に存在するため、誰もそれに真剣に向き合おうとしないのです。供給活動を市場動向に同期させるには、リアルタイムに出荷・在庫の動きをとらえ、生産計画に反映させることが必要です。欧米の先進企業ではいち早くロジスティクスに着目し、サプライチェーンの無駄を省いています。