名言DB

9413 人 / 110706 名言

塩原研治の名言

twitter Facebook はてブ

塩原研治のプロフィール

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

塩原研治の名言 一覧

技術の伝承とは、既存の知識を勉強するところにではなく、いま、一番むずかしい課題を突破するところにしかありません。つまり、そのためには、まず自分たちが先輩から受け継いだ技を少しでも高めないといけないわけです。


私は不器用なタイプなのですけど、時計の修理においてはそれもひとつの個性と捉えて、直観でパッと仕事を進めるのではなく、あらゆる方法を試してから最善の方法を見つけるという手順を追求することにしたんです。


セイコーの研修センターの先生は、「教えられたことをしているだけでは応用してものを考えて実行することができないから、世界では勝てないのだ」という考え方を徹底していたんです。しかも、ただ放任というのではなく、「○○を一時間以内に、○○の精度で」と、こちらに与える課題がとてもハッキリしていて適切なんです。課題を解くために必要な工程を自分で工夫して作るので「やらされるもの」にはならない。おかげで、自分だけの領域を開拓する楽しみにのめりこみました。


セイコーの研修センターでは訓練を「やらされている」という印象は全然ありませんでした。それは指導員が素晴らしかったからだと思います。研修センターの先生は、1967年に、スイスの天文台が主催する時計コンクールの「ニューシャテル」において、機械式時計の精度を1日5秒以内どころか0.03秒以内の誤差にまで高めた、当時で間違いなく世界最高の水準に達していた時計職人でした。「後輩が先輩を越えていくのは当然」というのが基本的な姿勢で、つまり先生のやり方を押しつけることがないんです。教えることをしない。「この修理は最初にここから」なんて説明はいっさいありません。修理の順番も方法もこちらが自分で考え、必要な道具についてもそれぞれで改良していくんです。


セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


諏訪の研修センターには偶然ですが知り合いが一人いました。高校の先輩が私と同じように島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入って諏訪に来ていたのです。話をしてみたら「技能五輪というものがあって……」と目を輝かせて熱心に時計の勉強をしていました。その先輩は一年後にセイコーではじめて技能五輪において世界一になった人だったのですが、その熱意に惹かれて、時計の勉強にすごくはまりこんでいきましたね。
【覚書き|修行時代を振り返っての発言】


塩原研治の経歴・略歴

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

他の記事も読んでみる

平谷悠美

クライアントの求めるものをしっかりと把握するために、先方とのヒアリングは欠かせません。その後、リーダーである私がストーリーを作りますが、それをチームで共有します。共有することで上司から他社の同じような事例によるアイデアをもらったり、部下が現場で聞いた声などを反映できます。


吉永泰之

私はリーダーに必要な資質は、ひとつしかないと思っています。それは社員の心に火を点けるということです。これはアメリカの心理学者か誰かがいった言葉らしいのですが、私はつねに社員の心に火を点けられるリーダーでありたいと思っています。


高井英幸

才能をまとめていく仕事をするとき、自分には才能がないということを自覚していなければならないと思うのです。東宝は才能ある人が才能を発揮する場を持っている。才能を世の中に送り出す機能も持っている。でも、自分には才能がないから、中身は才能のある方につくっていただく。そういう割り切りの図式をきちんと持っておく必要があります。


片田珠美

感じの悪い人が上司になった場合、言われたことは記録に残すこと。メールのやり取りなど証拠があれば言いがかりにも対応できます。組織のなかで感じの悪い人と一対一にならないよう、周りと共闘することが大切です。ただ、感じの悪い上司は往々にして部下にスパイを紛れ込ませているので要注意。酷い場合は戦わず、他の上司に相談しましょう。


松本清雄

不採算店舗の思い切った閉鎖が利益率向上に寄与している。15年度は97店舗、16年度は87店舗を閉めた。売り上げ数値を落とすのは分かっていたが、前倒しで断行した。従来は「日本一」に固執したために、売り上げ規模を追いすぎた面があった。今後は利益バランスを崩してまで、売り上げは追わない。人口が減少する国内市場では当然のことだろう。利益重視の経営により、15年度、16年度は2期連続で最高益を達成できた。


原田泳幸

商品の価値には、有形と無形のものがある。いまは有形の価値ではなく、無形の価値を高めているところが勝っている。


中島孝志

教材の営業マン時代、ある会社に売り込みに行ったのですが、うちは必要ないという返事。そこでいろいろ質問していくと、教材そのものに問題があるわけではなく、教育業務を担当する人手不足が原因だとわかりました。そこで、教育関連のる提案をしたところ、一転、拒絶していた相手が購入してくれました。相手の隠れた問題点やニーズを引き出すには、適切に質問することが大事だということを痛感しました。


小林栄三

愛情は大切です。僕はいつも愛情の反対語は無関心だといっています。無視こそがコミュニケーションの最大の敵です。いかなるときも関心をもって人に接していくことが大事です。


冨山和彦

トップダウンで決めたことを会社が受け入れられる土壌はつくっておかないといけない。細かいアジェンダはボトムアップで決めていけばいいけど、大事な意志決定はトップがやるのは当然。


尾崎元規

製品に関して生活者コミュニケーションセンターにお問い合わせやクレーム、ご提案など年間10万件以上のご連絡があります。そのデータをコミュニケーションセンターが整理して、事業部門や研究部門に流していきます。新製品を発売したら、翌日からどのような消費者反応があるのかをリアルタイムで見られるようになっています。売上の数字と消費者の反応が毎日見られるようになっているのです。


大橋光夫

お詫びの際に大切なのは、相手の期待の上を行くことです。逆に褒められたときに出向くのは下の者でいい。失礼に当たると思われがちだが、先方は理解してくれるものです。人は往々にしてその逆を行いがちです。


オスカー・ワイルド

人間は不可能を信ずる事が出来るが、ありそうもない事を決して信ずることは出来ない。


岩崎夏海

自分が持っていった提案が断られたら、他社に持っていき、他社で実績をあげる。これしかありません。『もしドラ』が150万部売れたいま、私は「行列のできる出版相談所」状態になっています。「売れないから」という理由で断られた小説も出版が決まりました。かつて出版を断った編集者たちも、「うちで本を出してくれないか」とお願いに来ています。このように他社で実績をあげ、自分の正しさを証明するのです。


梅宮辰夫

意識的に計画を立ててやってきたことがなにもない。でも後悔はしていないよ。死ぬまで完成されない男もたくさんいるわけだから。その都度、変わりながら歩めばいいんだよ。


平尾誠二

普段から部下のことをよく観察しておくことが大事です。それによって、同じ「大丈夫です」という返事を聞いても、声の感じから、「本音は不安なんだな」とか、「今日は自信がありそうだな」というようなことまで察することができるようになります。そうして、相手の気持ちや何を考えているのかを掴んだうえで、それに応じた話し方をすると、伝わりやすさは段違いに高まります。