名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塩原研治の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩原研治のプロフィール

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

塩原研治の名言 一覧

技術の伝承とは、既存の知識を勉強するところにではなく、いま、一番むずかしい課題を突破するところにしかありません。つまり、そのためには、まず自分たちが先輩から受け継いだ技を少しでも高めないといけないわけです。


私は不器用なタイプなのですけど、時計の修理においてはそれもひとつの個性と捉えて、直観でパッと仕事を進めるのではなく、あらゆる方法を試してから最善の方法を見つけるという手順を追求することにしたんです。


セイコーの研修センターの先生は、「教えられたことをしているだけでは応用してものを考えて実行することができないから、世界では勝てないのだ」という考え方を徹底していたんです。しかも、ただ放任というのではなく、「○○を一時間以内に、○○の精度で」と、こちらに与える課題がとてもハッキリしていて適切なんです。課題を解くために必要な工程を自分で工夫して作るので「やらされるもの」にはならない。おかげで、自分だけの領域を開拓する楽しみにのめりこみました。


セイコーの研修センターでは訓練を「やらされている」という印象は全然ありませんでした。それは指導員が素晴らしかったからだと思います。研修センターの先生は、1967年に、スイスの天文台が主催する時計コンクールの「ニューシャテル」において、機械式時計の精度を1日5秒以内どころか0.03秒以内の誤差にまで高めた、当時で間違いなく世界最高の水準に達していた時計職人でした。「後輩が先輩を越えていくのは当然」というのが基本的な姿勢で、つまり先生のやり方を押しつけることがないんです。教えることをしない。「この修理は最初にここから」なんて説明はいっさいありません。修理の順番も方法もこちらが自分で考え、必要な道具についてもそれぞれで改良していくんです。


セイコーの研修センターは土日になると休みなのですが、休みは「カリキュラム通りではなく時計の勉強を自由にできる日」と思っていたぐらい、時計の世界に入りびたっていました。


諏訪の研修センターには偶然ですが知り合いが一人いました。高校の先輩が私と同じように島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入って諏訪に来ていたのです。話をしてみたら「技能五輪というものがあって……」と目を輝かせて熱心に時計の勉強をしていました。その先輩は一年後にセイコーではじめて技能五輪において世界一になった人だったのですが、その熱意に惹かれて、時計の勉強にすごくはまりこんでいきましたね。
【覚書き|修行時代を振り返っての発言】


塩原研治の経歴・略歴

塩原研治、しおはら・けんじ。日本の時計職人。高校卒業後、セイコーのクォーツ時計を専門につくっていた島内精器(のちのセイコーエプソン島内事業所)に入社。セイコー技術研修所で時計の組み立てを学ぶ。国際技能競技大会(技能五輪)に出場しアイルランド大会時計修理部門で金メダルを獲得。その後、セイコーにて数々の新製品の立ち上げ、量産化の仕事に携わる。時計製造の技術の継承を目的としたマイクロアーティスト工房をセイコー内に設立。同工房が製作した機械式複雑腕時計「クレドール・ノード・スプリングドライブ・ソヌリ」は年間5点限定、定価1500万円でありながら発売後注文が殺到した。国家検定時計修理1級、厚生労働省卓越技能者「現代の名工」認定、黄綬褒章受章。

他の記事も読んでみる

澤田秀雄

僕はテストをしているわけです。社長以下のみんなに任せて、上手くやっていけるのかと。いまのところは、まあまあ上手くいっているわけです。そしてどんどん次の世代が経営を担っていけばいい。優秀な人がいい志を持って、いい事業をして、いいパワーでやっていくのが僕の理想だと思うんです。だから僕は、会長になってからは、もちろんたまに口を出しますけれど、ほとんど任せるように、できる限り努力しているんです。


山川美穂子

人は主観や感情では説得されませんが、根拠やロジックを示されると納得するし、動かざるを得ない。


中村信仁

商談でのプレゼンテーションは長くても5分が限度でしょう。30分も延々と商品説明を聞かされるなんて、お客様にしてみれば苦痛以外の何ものでもありません。商品の基本性能や特性は、パンフレットやカタログを読めばわかることです。売れる営業をめざすなら、パンフレットには書けない、もっと立体的な話をしなくてはなりません。立体的な話とは、この商品を購入したらどんな効果が得られるのか、「お客様にとってのメリット」を感じさせる話のことです。


今井雅則

20代、30代、40代、50代の4つのチームを作り、それぞれにビジョンを考えてもらいました。だって、会社に対する思いや考え方、経験が違うでしょう。20代は「あと40年この会社で働くかもしれない」という意識で考えるけれど、50代はどうしたって、定年退職まで、残り10年というスパンで考えがちになる。様々な年代を1つのチームにして考えさせると、いろいろな世代から出た意見をまとめるから、発想が丸まってしまう。だから、年代別に考えさせたんです。


上野治男

90年代に入ると、企業不祥事が各社で多発し、それを執拗に取り上げる報道が嫌でも目につくようになっていました。しかし、企業がにわかに悪化したわけではありません。誤解を恐れずに言えば、企業は昔から同じことをしてきました。変わったのは企業を取り巻く環境のほうで、社会全体が敏感になった。市民・消費者・マスコミの企業を見る目が厳しくなったというのが、近年の企業不祥事の特徴です。企業にはそれぞれ固有の伝統や風土がありますが、それは必ずしも外からは見えません。企業としての存在意義を示し、それを実のあるものにするために、企業は何を考え、何のために、何をしようとしているのかを明らかにしてほしい。そして、今の社会で通用する論理に従って行動してほしい、という要求が強まってきたのです。


松田憲幸

多くのソフトメーカーはプログラムを内製し、デザインを外注するのに対して、我々は逆です。プログラムを外注することはあっても、デザインは必ず内製しています。「本格翻訳」という翻訳ソフトは、大手メーカーが開発した製品を、当社がパッケージからプロデュースして販売することで売り上げが100倍になった。その成功体験もあり、ビジュアルの重要性を肌で感じています。


山田満(経営者)

当社の強みは地道に医療現場を回り製品を説明して回ったのと同時にユニークな商品、どこにもないような独自性を追求してきたことだと思います。


江上剛

私の30代はまさに「一所懸命」でした。自分が置かれたその時々の立場で、「一」つの「所」に「命」を「懸」けて働きました。一見、損な生き方のように感じるかもしれません。でも、決してそんなことはありませんでした。案外、周りはきちんと見てくれているものです。


山田真哉

大事なことは一定の利益を計上しながら、潤沢なキャッシュ・フローを維持することであり、本当の意味で数字を見ていくには「キャッシュ・フローの視点」と「利益の視点」というように、複眼的な味方をしていく必要があります。


稀音家義丸(二代目)

世阿弥が記した『風姿花伝』の中に「序破急」という言葉が出てきます。能や舞踊など日本の芸能はこの3つで構成され、「序」は導入、「破」は展開、「急」は結を指します。序にも「序の序」「序の破」「序の急」とあり、破と急にも「一段」「二段」「三段」と、変化していきます。芸能に限らず、あらゆることに序破急があります。四季がそうであり、人との会話にもあります。


おちまさと

会議が上手くいかないのは、目的とルール、この2つがわかっていないのが原因でしょう。サッカーの試合での目的は、相手のゴールにシュートを叩きこんで勝つことです。だけど、守らなくちゃいけないルールがあります。手を使っちゃいけないとか、個人プレーをして試合を壊さないなんていうのもひとつのルールと言えます。会議もまったく同じで、そういう基本的なことを理解していない人が活躍できるわけがないんです。


磯崎功典

やはり主力ブランドにきちんと投資をしていかなければなりません。時間はかかりますが、ブランド力が高まればPB商品や低価格商品へのひとつの対抗策にもなってきます。