名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

塩原正也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塩原正也のプロフィール

塩原正也、しおはら・まさなり。日本の経営者。「パワーエッジ」社長。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。制御系ソフトハウス、業務系ソフトハウスなどを経てパワーエッジを設立。

塩原正也の名言 一覧

お客様がしっかり運用できるようにサポートするには、それぞれの業務内容を熟知していなければなりません。つまり単にエンジニアとしての技術力だけが優秀でも駄目なんです。当社は社員育成において、お客様の業務内容をしっかりと身に付けるように徹底しています。


ICTベンチャーには営業専門職の社員を持たない会社が多い。しかし、お客様のニーズをしっかりと引き出すには営業部隊が必要です。当社は営業力と技術力の2枚看板に、「よろず対応」というオプション付きでお客様のニーズに対応していきます。


地方には大手企業は少ないですが、中央の大手企業と直接取引をしている部品メーカーなど大手企業を支える優秀な中小企業が数多くあります。ところが、それらの企業のシステム化が進んでいないのが実情。彼らの業務課題を解決するため、これまで培ってきた当社のノウハウが役に立つのです。


塩原正也の経歴・略歴

塩原正也、しおはら・まさなり。日本の経営者。「パワーエッジ」社長。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。制御系ソフトハウス、業務系ソフトハウスなどを経てパワーエッジを設立。

他の記事も読んでみる

高山なおみ

挿絵は、どなたかにお願いしようかと思っていたんですけど、自分で描き始めたら楽しくなっちゃって。描き方は絵本づくりの相棒でもある中野真典さんから一回だけ教わりました。ひと言だけ「よく見て、ゆっくりひと筆で描いてください」って。画材も「何をどんな風に使ってもいい」って言うんですよ。つけペン用のインクを使って筆で描いてもいいし、ポトンと滴が落ちたら泣いてるみたいになる。上からクレヨンを重ねて、尖った棒で削ってもいい。デッサンのように描こうとしなくても見えたまま、感じたままでいいんだって。


遠藤功

何かを感じ、気づくことが起点となり、問題意識が生まれ、疑問を持ったり、「なぜだろう?」と考え始める。そして、それが自分にとっての新たな「発見」となり、「発想の芽」となる。


澤本尚志

雇用の確保・維持が厳しさを増すなか、弊社は最先端の技術をいち早く取り入れ、「人的業務」から「技術サービス」への移行を進めています。現在、セキュリティ技術ナンバーワン企業を目指して、積極的に技術の取り込みを進めているのですが、特に注力している分野が、画像を使った警備システムです。


松尾豊

産業と結びついて大きな価値を生み出さない限り、研究も進歩しない。大きな産業をつくり出したものが学問でも勝つのだと思います。


村尾隆介

シートベルトって、あの3点式のタイプってボルボの特許なんですけど、安全な車を他のメーカーにも作って欲しいという考えで、その 特許を放棄したらしんです。こういう、ボルボ=安全性というキーワードと、その裏にはストーリーがあるんですよ。戦略上それが外に発信できているし、本気で、そう思ってやってる。たとえ、小さなお饅頭屋さんでも、「自分たちは、こういう思でこのお饅頭を作っています」という風に、自分たちの言葉で伝えることができたら、もっとよくなりますよね。


宮戸直輝

よく「保険会社は人と紙でしかない」と言われます。出身大学や学部、キャリアなどに関係なくいろんな人がいることが組織として大切です。そして各人が「いま自分が働いている場所で何がしたいのか」「その先に何を目指しているのか」「部署や会社をどういうふうに動かしていきたいと思っているのか」という意識を持っていることが重要です。


アンティステネス

妬み深き人は、錆びによって鉄が蝕まれるごとく、おのれ自身の気質によって蝕まれる。


宮崎邦次

価値の多様化の時代に統率者だけでは限界がある。持てる人材をフルに活用して総力戦で挑む必要がある。


伊集院静

阿佐田哲也さんは「ギャンブルで大事なのは、自分のフォームを作ることだ」と言った。競馬や競輪など3分先、5分先の幻想を追いかけるレースを前に、場が荒れるか、荒れないかはわからない。だから、自分で決める必要がある。決めて打つ。たとえば、100万円の金をこの一点に打つ、と。10万円ずつばらして買い、どれか当たればという賭けは必ず外れるからだ。それは鳥を撃つのに散弾銃を使うようなもんだ。小鳥は撃てるが、大きな獲物は獲れない。大物を狙うなら、散弾銃の発想をしてはいけない。選択には常にリスクがなければ駄目だ。


石黒和義

身も心も自立した生き方について、死にざまも含めて、私たちはもっと考えることが必要な時代になってきたと思います。これは、決して人任せに社会や国の所為にするものでなく、すぐれて主観的な自分自身の問題です。


水野仁輔

小学1年生の頃に、地元浜松の「ボンベイ」というカレー屋に出会ったのが、カレーにハマるきっかけでした。高校卒業まで通いつめ、大学進学で上京した後もボンベイの味を求め、インド料理店でのバイトと食べ歩きをする日々。さらにカレーが好きになり、就職後も「東京カリ~番長」という出張料理集団を作って、公園やクラブで出張カレーイベントをしていました。これが注目され、料理教室の講師やレシピ本の執筆など想定外の展開に。とことんハマると、声がかかるのですね。


石井淳蔵

「理論」といわれると、私たちはつい、普遍的に正しいと思い込んでしまう。だが、物理や化学などの自然科学の理論はともかく、我々が生きている社会の理論となると、そうではない。社会の理論がいかに完璧に見えたとしても、時間がたつと相対化される。「これでしかない」と思ったことが、思い込みにすぎなかったことがわかってくる。そして、それは必ず起こる。