名言DB

9413 人 / 110706 名言

塩原正也の名言

twitter Facebook はてブ

塩原正也のプロフィール

塩原正也、しおはら・まさなり。日本の経営者。「パワーエッジ」社長。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。制御系ソフトハウス、業務系ソフトハウスなどを経てパワーエッジを設立。

塩原正也の名言 一覧

お客様がしっかり運用できるようにサポートするには、それぞれの業務内容を熟知していなければなりません。つまり単にエンジニアとしての技術力だけが優秀でも駄目なんです。当社は社員育成において、お客様の業務内容をしっかりと身に付けるように徹底しています。


ICTベンチャーには営業専門職の社員を持たない会社が多い。しかし、お客様のニーズをしっかりと引き出すには営業部隊が必要です。当社は営業力と技術力の2枚看板に、「よろず対応」というオプション付きでお客様のニーズに対応していきます。


地方には大手企業は少ないですが、中央の大手企業と直接取引をしている部品メーカーなど大手企業を支える優秀な中小企業が数多くあります。ところが、それらの企業のシステム化が進んでいないのが実情。彼らの業務課題を解決するため、これまで培ってきた当社のノウハウが役に立つのです。


塩原正也の経歴・略歴

塩原正也、しおはら・まさなり。日本の経営者。「パワーエッジ」社長。東京都出身。早稲田大学法学部卒業。制御系ソフトハウス、業務系ソフトハウスなどを経てパワーエッジを設立。

他の記事も読んでみる

岡崎慎司

足元を見つめて、目の前のことに集中する。「今を生きる」という感じで、コツコツと積み重ねていくのが僕のスタイル。最初から「自分は弱い」というスタンスで臨み、自分が今やれることをやる方が力を出せる。


朝倉孝景(朝倉敏景)

神社仏閣の前や町並みを通る場合には、所々で馬を止めて、きれいにしているところに対してはこれを褒め、また、破損したりなどしているものに対してはこれを憐みいつくしむ言葉をかけてやると、下々の者は御言葉を賜わったとえって、非常に喜び、悪くなった箇所はすみやかに修理し、良いところはますます磨きをかけるようにするものである。そのようにするならば、造作もなくて見事な領内とすることができるのであって、それというのも、もっぱら主人の心がけ次第でいかようにもなるのである。


桜井章一

ときにはあえて困難に飛び込む勇気を持つことで、自然と平常心を身につけられるのではないかと思う。


山田邦雄

我が社には営業ノルマも基本的にありません。もちろん「今期はこの製品をどのように販売するか」といった計画は立てますが、数字が先で行動が後、ということはないです。


戸塚隆将

男性の靴はさほど流行に左右されないので、多少値が張ってもいい物を何足か揃えるのがお勧めです。それぞれ週1、2度履く程度にしてグルグル回していくと、最低でも一足10年はもちます。新卒時、格好良さに惹かれ、奮発して何足か買った靴。それ以降、あまり買い足すことはしていません。定期的に手入れをして、気づいたら十何年になっていました。


古森重隆

その人のパフォーマンスはその人物の総和によってあらわされる。トータルの力を磨くことが必要。


岩波貴士

冠婚葬祭は特別な日。ゆえに、お金も惜しまないし、記念に何か残したいという思いも生まれます。こういった財布のひもが緩むところにビジネスチャンスがある。


一義(ホスト)

理想の自分に近づくには、人間の仕組みを知っておくことも必要。


石原進

社員の仕事に対する意欲を高めるには、自分の働きや意見が経営に反映されて経営に直接参加しているという意識をここの社員に持ってもらうことが必要だと考えています。


中山雅史

日本の選手は代表から小学生まで技術は高い。でも勝ちきれないことがある。そこに「気持ちがのらない」と接戦では勝てません。とくに球際にその強さが求められます。


佐藤優

誰だってお金は欲しいし稼ぎたいと思う。ただしお金には麻薬のような、一種人間の感覚を麻痺させる魔力がある。お金の大切さと同時にお金の怖さも知っておかないといけない。


石原加受子

未来は必ずネガティブな方向に転ぶわけではありません。ポジティブに予測できる要素も、現状には必ず存在するはずです。不安に陥る人はそれを見過ごし、否定的な見方へと傾きすぎるのです。不安を解決する方法とは、公平な見方をすることというこの一点に尽きます。


山本高史

僕の言う「経験」とは、何か新しいことに取り組むというのとは少し意味が違って、「脳に情報を覚えさせること」だと考えています。本や新聞で読んだ情報もそうですし、酔っ払って階段から落ちて骨を折った、といったことも、脳に叩きこむことによって貴重な経験になる。それが「脳内データベース」となって自分のなかに溜まっていき、雑談や発想のもとになるわけです。そして一番楽で正しい経験の積み方は何か。それは「考えること」です。


武藤潤(経営者)

理念めいたものを100回唱えたところで人は動かない。会社が進むべき方向を議論し、「そもそもなぜこのようなことをするのか」という原点にまで踏み込んでいけば、自分の役割を考えて動く人が育つ。


江上治

貯め込まれたお金は、金庫の中でじっとしているわけじゃない。お金が必要だというあらゆる機関、大小の企業、個人に貸し付けられる。むろんダダ(無料)ではなく、利子というものが漏れなく付いてくる。この利子によって、お金は増殖を始める。増殖も、お金の機能として数えることができるが、この機能を享受できるのは、お金を余分に持ち、貯めこんだ者だけだ。