名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚越恒爾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚越恒爾のプロフィール

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

塚越恒爾の名言 一覧

へらへらと上滑りして出てくる口上手な言葉に、人をとらえる力があるでしょうか。そんな口上手になるくらいなら、口下手の方がいい。


饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


塚越恒爾の経歴・略歴

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

他の記事も読んでみる

ロバート・キャンベル

九州大学では研究室の仲間と「明日から○○稲荷神社に調査に行くから、一緒に行こう」とそんな毎日。古い民家の蔵から出た毛筆の写本や、版木で刷られた板本を整理し、目録をひたすら作っていく。僕がハーバードで4年かけて頭にたたき込んだ日本文学のジャンル分けなんかあまり役に立たなかった。山のような第一次の原資料を目の前にしたら、日本文学の研究を志して日本に来た海外の研究者の大半は、そこで完全にアウトになるんじゃないでしょうか。僕も一瞬、挫折しかけた。だけど、九州大学の研究室の熱気がすごくてね。一緒に調査、整理していくうち、これだけ原資料がふんだんにあったら、研究者としての「城」を造れるのではないかと。地道に測量し、地ならしをして石垣を積み上げていけば、ひょっとしたら秋空にそびえる美しい天守閣が打ち立てられるのではないかと考えたんです。


山内雅喜

セールス・ドライバーがつねに、会社の代表であるという意識をもってお客様の元に向かってくれなければ、ヤマト運輸という会社は成り立ちません。では、個々の社員にそういう意識を持たせるためにどうすればよいかといえば、強いリーダーがひとり存在してガンガン引っ張っていくような組織ではなく、一人一人が自主的かつ自律的に最適解、全体解をめざして動いていく組織である必要があるのです。


有馬利男

会社にとって有用な価値とは、経済的価値だけでなく、社会的価値、人間的価値の総合であり、これらを統合的に高いレベルにまで押し上げてゆくことが求められます。


神永学

ミステリーは手強いライバルがたくさんいるジャンルなので、心霊という要素を加えて、独自性を出すことにしました。ミステリーに幽霊を出すのは反則と言われていますが、あえて禁じ手を選ぶことで、自分らしさが表現できるんじゃないかと。


安東邦彦

その商品が顧客にどういう価値を提供できるかがカギ。ここを理解していれば、商品情報を並び立てる営業トークが無意味なことは一目瞭然。


岡聡(コンサルタント)

同じ全国紙でもA新聞とS新聞ではスタンスが違いますし、ショッピングモールなどで「人気ランキング1位」などと大々的にアピールされる商品は、仕組まれている場合も多いもの。そういったメディアの論調や表現に踊らされることなく、自分の目で確かめ判断し選ぶことが大切であり、他人に対して自分の言葉で出来事の情報やものの価値を説明できることが重要です。


ロバート・ウォルターズ

私は来日後、いろいろな経験を通じて感じたことがある。それはホテルに行っても、飛行機に乗っても、日本人の仕事に対する倫理観が、きわめて高いということだ。ほかの国を見ても、これだけの美点を持っているところはないだろう。問題点があるとすれば、フレキシビリティ、つまり柔軟性に欠けること。


有坂錬成

海外に進出している日本企業がテロに遭遇する危険性は格段に高くなりました。海外駐在員や出張者自身が危機感を持つ、自分の頭で安全対策を考える、といった地道な取り組み以外に安全への近道はありません。地震があると机の下に隠れるように、危機管理への取り組みが習慣になるお手伝いをしたい。


ジェフ・ベゾス

発明には長い時間がかかり、我慢強いことが大切です。


井上智洋

スティーブ・ジョブズは大学を中退してゲーム会社アタリに入社しましたが、風呂には入らない、野菜しか食べないといった変人ぶりで、周りから嫌われていたようです。そのため当時のアタリの社長はジョブズを夜間勤務に回して、周囲とぶつからないよう隔離したのです。無理をしても、変人のジョブズを社内に囲おうとしたわけです。日本では以前から周囲に合わせようとしない人間は嫌われてきましたが、中学・高校の時代からLINEで育ってきたいまの学生たちは、周囲から浮くことをことのほか恐れます。大学でも、昔はいたであろう変人の部類の若者はほとんど見当たりません。それだけ変わり者は貴重になっているわけで、これからの時代の企業は、「変人をいかに囲うか」を意識して考えるべきかもしれません。


松井忠三

手帳に行動や考えを記録することは、経営者としての指針を見出す手助けともなります。私は、読んだ本とそこから気がついたことや覚えておきたいことを手帳に記します。年末を迎えると、それを「経営姿勢」としてまとめるのです。この経営姿勢を表わす言葉は毎年増え、これを常日頃、見直すようにしています。


泉谷直木

我々はこの数年間、たくさんの企業を買収してきました。今ではグループ連結で80社の企業があり、それぞれに強みがある。今度は、それらの強みを組み合わせて、今までにない新しい強みを生んでいく。つまり、シナジーを出していくことができる。