名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚越恒爾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚越恒爾のプロフィール

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

塚越恒爾の名言 一覧

へらへらと上滑りして出てくる口上手な言葉に、人をとらえる力があるでしょうか。そんな口上手になるくらいなら、口下手の方がいい。


饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


塚越恒爾の経歴・略歴

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

他の記事も読んでみる

斉藤惇

神仏は人間に均等にチャンスを与える。そのチャンスに対して、真剣に、前向きに取り組むかどうかによって、人生が開くか開かないかが決まる。


宮嶋宏幸

こういうふうに声をかけたら上手くいったというような個別事例の情報交換は、研修でもやっています。ただ、こうすれば絶対に上手くいくというような、パターン化された便利なトークはありません。たとえば、言葉づかいは丁寧にといっても、あまり丁寧すぎると嫌がられる場合もあります。そのさじ加減は、自らが接客の現場で学ぶほかないのです。


山久瀬洋二

文化や習慣の違いを理解しないと、円滑なコミュニケーションや良好な人間関係は築けない。


山田満(経営者)

物事はやってみなければ分からない。やる前から理屈を並べても何も始まらない。


斎藤広達

意識すべきことは「初動」の速さです。人は嫌な仕事や進め方がわからないしごとには、手をつけるのが遅くなる傾向があります。解決策はただひとつ。少しでも手を動かすことです。難しい企画書でもまず書いてみる。仕事を始めてみることです。すると、想像より簡単であれ大変であれ、やるべきことが進み始めてしまえば、人はノッてくるものなのです。


安渕聖司

「自分のベストな状態をどこに持ってくるか」を考えるうえでも、中長期的な視点でスケジュールを組み立てることは重要です。「1か月後に大事なプレゼンがある」といった場合、その日をベストなコンディションで迎えるには、今後1か月の中でどのように体調を整えていくかを考える必要があります。


榊原健太郎

誰も会いに行ったことのない人と、新しい関係を築く方が得るものが多い。


内田雅章

人脈を維持するためには、相手に「人」「機会」「情報」を提供すること。


中島武

大切なのはジャッジ能力なんです。「これは良くてあれは良くない」ということがわかるということ。レストランに限らず、いま何が来ていて、何が来ていないのか、それを見極めるジャッジ能力が必要ですね。


藤田晋

何かを成し遂げるためには、目標を明確にして、それを見失わないことが大切です。当たり前のようで、これができない人は多い。起業を目指していたはずが、仕事に追われ、熱意を失い、惰性の中で夢から離れてしまう。ひとえに目標に対する集中力が甘いからだと思います。


三宅占二

キリングループの長期経営構想でも、当社の中期経営計画でも、以前からマイナス市場の中でどう会社の体力をつけるかという課題に取り組んでいます。計画立案時より環境はさらに厳しくなりましたが、急にプラスがマイナスに転じたわけでも、赤字が出たわけでもありません。大変なのは確かですが、逆に長期ビジョンや質的な成長へチャレンジするには良い環境ではないでしょうか。


国部毅(國部毅)

広報は本当に大切な部門です。特に会社のトップと常に何でも話せる関係でなくてはならない。