名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚越恒爾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚越恒爾のプロフィール

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

塚越恒爾の名言 一覧

へらへらと上滑りして出てくる口上手な言葉に、人をとらえる力があるでしょうか。そんな口上手になるくらいなら、口下手の方がいい。


饒舌は、かえって自分の言葉を卑しめます。言葉を卑しめるということは、自分を卑しめることと同じです。


塚越恒爾の経歴・略歴

塚越恒爾、つかごし・つねじ。日本のアナウンサー。東京出身。横浜国立大学工学部卒業後、NHKにアナウンサーとして入局。アポロの中継、よど号ハイジャック、安田講堂事件、浅間山荘事件などの現場実況中継を担当。退職後に、対話総合研究所を設立し、話し方について教えた。また「ファンタ爺さん」の名前でブログを執筆し、全国の小学校で講演活動を行っている。太平洋戦争期の航空機パイロット塚越賢爾の息子。

他の記事も読んでみる

荒蒔康一郎

アメリカのアムジェン社というベンチャーと合弁で、貧血治療薬を開発するプロジェクトに配属されたとき、経営の厳しさを目の当たりにしました。アムジェンの創業者たちは、人生をかけています。もちろん、こちらも真剣に取り組んでいるのですが、やはりキリンの一部門ですから、「潰れたら他のことをやればいいか」と思わないではいられなかった。命がけて仕事をしている経営者たちと接して、帰りの飛行機の中で考え込んだこともしばしばでした。いってみれば、経営の厳しさとロマンをここで注入されたわけです。


藤田耕司(経営コンサルタント)

社長の平均年齢が上昇し、60歳を超えている中で、体力や気力の限界を感じて事業承継を考え始めている経営者は近年急激に増えている。ただ、退任のタイミングや引き際を自分で決めるというのはすごく難しい。困難にしている動機は大きく分けて2つある。それは人間が持つ自分のために何かをしたいという「私欲」と、自分以外の周りの人に喜んでもらいたい、会社や社会を良くしたいという「公欲」だ。


勝間和代

私を取り巻く状況がこの10年で変わったように、一人ひとりが少しでも変わることで社会もだんだんよくなっていく。


辻本憲三

どんな商品でも、世界のトップクラスでなければいけません。トップに入るような商品は、必ずどの分野でも5つ、6つはありますから、それらと比較して負けるようなものはつくらない。たとえ日本でトップであっても、世界は関係ない。世界で売れるような商品を開発し、マーケティングをしていこうということですね。


角田秋生

公文が大事にしているのがインストラクターの先生です。インストラクターは現地の方にお願いしています。日本の駐在員がやることはあまりありません。その国や地域を愛し、子供たちや国の将来を考えている方々を採用していきます。


喜多洲山

スムーズな事業承継には様々な手法が考えられますが、最近はM&Aを活用したケースが増えています。当社の場合は単に今ある会社を売却するのではなく、きめ細かなコンサルティングによって会社をきっちりと再生し企業価値を高めた上で、売却先を探すようにしています。


三谷宏治

引き出しが増えたことで、その後の自分の仕事に大いにプラスになりました。だからこそ、できるだけ多くのプロセスを学んで、引き出しを増やしておくことが重要です。


平井伯昌

最新の科学情報を得ると、その情報通りに従いたくなります。でも、それにとらわれると、選手の泳ぎの良さが失われる場合だってある。情報を最大限に活用するためには、思考の柔軟さが必要です。そのためにも「自分の頭で考える」という習慣が大事。


スティーブン・セア

私たちは個性や多様性を尊重しています。なぜなら、様々な個性を持つ社員が、それぞれの「違った視点」を持ち寄ると、新たな解決策が生まれるからです。多様な個性の持ち主が協力体制を組むことは、組織にとってもメリットであり、価値を生みます。


フィリップ・コトラー

景気後退時には販促予算が大幅に削られるのが普通です。しかし、削るだけなら誰にでもできます。マーケティングの専門家なら、人々の心に響くような強いメッセージを効率的、効果的に伝えられているかという視点から検証するのです。無駄がある部分は思い切って削り、何で置き換えていくのかまで考えるのです。


細谷功

知らず知らずのうちに視野が狭くなっていることは多いもの。そんなときは、「他人に気づかせてもらう」のが一番。周りの人に積極的にアドバイスを求めましょう。より広い視点を得るには、自分は何も知らないという謙虚な姿勢、いわゆる無知の知を持って問題と向き合うのが第一歩だからです。


熊谷眞一

私が最初の店を出したときに考えたのは「山形にあるパリの味」です。何よりも「東京にある店には絶対負けない」というプライドで頑張ってきました。それが周囲の人たちの父性本能をくすぐったのかなと思っています。