名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚越健司の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚越健司のプロフィール

塚越健司、つかごし・けんじ。日本の情報社会学者。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。専修大学兼任講師、学習院大学非常勤講師、拓殖大学非常勤講師などを務めた。著書に『ハクティビズムとは何か ハッカーと社会運動』。

塚越健司の名言 一覧

フェイクニュースに踊らされないためには、どうすればいいか。私の知る限り、「自分は踊らされない」と豪語する人ほど、騙されやすい。つまり、「自分は知らないということを知っている」という無知の知を意識することがまず大切だと言えよう。


塚越健司の経歴・略歴

塚越健司、つかごし・けんじ。日本の情報社会学者。一橋大学大学院社会学研究科修士課程修了、同博士課程単位取得退学。専修大学兼任講師、学習院大学非常勤講師、拓殖大学非常勤講師などを務めた。著書に『ハクティビズムとは何か ハッカーと社会運動』。

他の記事も読んでみる

山田直美(社会起業家)

最近、保護犬シェルターをビジネス展開したいから「ノウハウを教えてくれ」という話もあるのですが、これは商売だと思っていないし、私一代で終わらせるのが理想なんです。保護先が増えていいという視点とは矛盾しているけれど、そもそも身寄りのない犬が増えることが問題なわけで、私の願いは、早くシェルターなど必要のない時代がくることなのです。


塩﨑均(塩崎均)

マグロの完全養殖は1970年、国のプロジェクトとして始まりました。当時は2つの私立大学と1つの国立大学が関わっていましたが、3年やっても全然モノにならず、うち以外はみんなやめてしまいました。どうして近畿大学だけが続けられたかというと、それまでに養殖していたタイとかヒラメとかを売って、そのお金で研究費を賄ってきたんです。「とにかく自分たちの研究費は自分たちで稼げ」という昔からの考え方が今につながっています。


南雲吉則

父の死を通して、2つの気づきがありました。ひとつは自分が自己中心的な人間であったということ。もうひとつは父の人生は僕ら子どもたちを守るための人生だったということです。僕は父に何か返せていたのかと反省し、それからは周囲が見える人間となって、弟子を育てたいと考えるようになりました。今では名古屋や大阪などのクリニックは弟子に引き継いでいます。今後も若い人たちの独立を支援していきます。


スティーブ・M・スミス

IT系のスタートアップ企業だけと取り引きをしていたデータセンター事業者はその時期(ITバブル崩壊)を乗り越えられませんでした。しかし当社のお客様には歴史ある企業も多かったため、大きな影響を受けずに生き残ることができました。またその過程で、立ちゆかなくなった同業者を低コストで買収することもできました。このような投資が功を奏し、市場が再び復活するまでに、十分なキャパシティで顧客のニーズに応える体制を整えることができました。


上野和典

私は普段、仕事の優先順位を意識することはほとんどありません。目標に向かって必要なことだけをやるようにしているので、それに合致しないものにはそもそも手を付けないのです。


中桐啓貴

会社や社会の保障を当てにせず、自分のお金は自分で作るのが、本来あるべき姿勢。


小幡績

発音が下手でもいいので、流行の言い回しなどでなく、品のある言葉遣いを心がけるべきでしょう。


藤田大輔希

大学時代からを含めると30年近いメディア業界歴になります。縦横の豊富な人脈に加え、本の出版からメディアブランディングまでワンストップでサポートできるサービス体制が当社の強みです。人脈に関しては20年以上前から続けている当社主催のマッチング交流会の参加人数が延べ2万人を超えました。メディア関係者以外でも「この人を紹介してほしい」と言われたら、たいていのご要望には応えられる自信があります。


石川善樹

嫌いな人に対しては、思いやりを持ちましょう。「この人も家族や会社のために働いている。自分と同じように幸せを求めているだけだ」と心の中で唱える。すると不思議と苛立ちが和らぎ、心も乱れなくなる。


ヴィンス・ロンバルディ

負けたのではない。時間が無くなっただけだ。


田原総一朗

ジャーナリストとして身の危険を感じたことはないです。街宣車が来たこともあったけど、表に出て、「ここで話しても仕方ないから、親分と話す。電話番号を教えて」と言ったら教えてくれましてね。すぐ電話して、後日、九段会館で街宣車200台対僕1人で2時間半の討論会をやりました。最後は「考え方は違うが、国を思う心は同じ」と握手攻めにあった。


溝口勇児

私たちは、続けられなくてリバウンドするようなサービスを提供したくない。一人ひとりの体質に合わせて、五大栄養素をバランスよく摂りつつ、二カ月経ったときには正しい知識と知恵が身についているというサービスにしています。