名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

塚田正由記(塚田正之)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田正由記(塚田正之)のプロフィール

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

塚田正由記(塚田正之)の名言 一覧

上司の顔を見て仕事するのではなく、お客様の顔を見て仕事しなければ、未来はありません。


何かを生み出すことは、生き甲斐があり、やりがいがあって楽しい。


サービスが悪ければクチコミで広がり、良ければ良いなりに広がる。いい加減なことはできません。


企業作りは、まさしく人作りです。人作りには、やはり教育にお金をかけ、時間をかける。ゴールのない、果てしない挑戦ですね。


ひとつくらい成功したからといって、未来永劫に成功するわけではない。次回もっといいものを作って、人に喜んでもらいたいと思っています。


私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


「社長、昨日までと言っていることが違いますよ」と、社員に言われますが、朝令暮改は当たり前だと思います。より良い道があればそちらに進むでしょう。


私はサラリーマン時代から挑戦者でした。しかし、どこの会社もたいてい保守的で体制派ですから、「考えている暇があったら、仕事しろ」と相手にされませんでした。私は変革が大好きですから、色んな事にチャレンジしました。そのつど、体制派から、蹴飛ばされ、つぶされ、頭をたたかれました。日本では出る杭は打たれてしまう。しかし、そんな事は構いませんでした。私の味方は会社ではなく、お客様だったからです。


ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。


塚田正由記(塚田正之)の経歴・略歴

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

他の記事も読んでみる

岩田松雄

本来は、仕事の目的や背景を説明するのは上司の役割です。私自身、部下に仕事を頼むときには、「何のための仕事か」をできるだけ説明していました。しかし、実際には、そうした説明をしない上司が多いでしょう。そういう場合は、黙って指示どおりに仕事に取りかかるのではなく、部下のほうから目的や背景を尋ねるべきです。


里見多一

当社は90年の歴史と伝統を持つ会社ですが、逆にいえば過去を変えていくことに社内に多少の抵抗感があるのも事実です。そういう中で、不易流行の如く変えてはならないもの、そして時代に即して変えなくてはいけないものを峻別することが大切です。大切なものは守り伝え、時代に合わなくなったものは思い切って捨て、新しいものを取り入れていく経営が重要だと思っています。


田口一成

途中で投げ出さずに修正しながら続けていけば、必ず成功する。


柳弘之

弊社に入社してくる人材は、そもそも乗り物が好きで、しかもユーティリティー(実用)よりもプレジャーやレジャーで使う乗り物を作りたいという人が多いのです。社員の意識調査をやると、「会社が大好き」という社員が圧倒的に多いのですが、自分が好きなジャンルで、面白い商品を開発したり販売したりすることにチャレンジできるからではないでしょうか。


大塚寿

「自分は何を大切にし、どのように生きたいのか」というビジョンを明確に描ければ、それを達成するために、どのタイミングで何をすべきか、という具体的な段取りを組むことができます。つまり、計画性をもって人生を歩めるのです。


小寺春樹

社長業はこんなものだと思ったら終わり。


守島基博

仕事を任せて人を育てるという行為は、リスクをともなう行為である。任せてみて、ダメな場合もある。しばしばそのことを恐れて任せることをしなくなる。でも、本来考えるべきは、顕在化したリスクにどう対処するのか。また顕在化しないためにどこまでサポートできるのか、ということである。リスクテークなしの人材育成はありえないという言い方もできる。


酒巻久

「書く」行為こそ、仕事に向かう姿勢を変え、成長をもたらす。仕事内容や目標を改めて書き出すと、行動を見つめ直すことができ、今後の指標がはっきりする。当事者意識を持って効率的に働けるようになる。逆に書かないと、目標が曖昧なまま、走り続けてしまう。


大久保幸夫

まだ誰もやっていない領域なら、短期間でトップに立てる。その領域でエッジを立てていくという戦略が必要だ。


津賀一宏

事業部というのは、商品があり、その商品を支える技術があり、モノ作り力があるのが基本の姿です。そしてお金と人がその中でうまく回ることが重要です。


石川康晴

現代アートの収集を始めたのは5年前。ニューヨーク在住の河原温さんの作品12点が売りに出されていて、何もしなければ外国に渡ってしまう。だったら僕が、と購入。それからコレクションを始めました。現代アートを見ていると、自分のアタマが固いことを思い知らされる。発想を決めつけない重要性を気づかせてくれます。


駒崎弘樹

ワークライフバランスはもはや福利厚生ではなく、生産性の向上、離職率低下による人事コスト削減等、「経営戦略」としてとらえるべき問題です。