名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚田正由記(塚田正之)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田正由記(塚田正之)のプロフィール

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

塚田正由記(塚田正之)の名言 一覧

上司の顔を見て仕事するのではなく、お客様の顔を見て仕事しなければ、未来はありません。


何かを生み出すことは、生き甲斐があり、やりがいがあって楽しい。


サービスが悪ければクチコミで広がり、良ければ良いなりに広がる。いい加減なことはできません。


企業作りは、まさしく人作りです。人作りには、やはり教育にお金をかけ、時間をかける。ゴールのない、果てしない挑戦ですね。


ひとつくらい成功したからといって、未来永劫に成功するわけではない。次回もっといいものを作って、人に喜んでもらいたいと思っています。


私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


「社長、昨日までと言っていることが違いますよ」と、社員に言われますが、朝令暮改は当たり前だと思います。より良い道があればそちらに進むでしょう。


私はサラリーマン時代から挑戦者でした。しかし、どこの会社もたいてい保守的で体制派ですから、「考えている暇があったら、仕事しろ」と相手にされませんでした。私は変革が大好きですから、色んな事にチャレンジしました。そのつど、体制派から、蹴飛ばされ、つぶされ、頭をたたかれました。日本では出る杭は打たれてしまう。しかし、そんな事は構いませんでした。私の味方は会社ではなく、お客様だったからです。


ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。


塚田正由記(塚田正之)の経歴・略歴

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

他の記事も読んでみる

谷正人

ファッションは顧客を見てすぐに修正するのが勝負どころ。百貨店とファッションビルの営業担当者でみると、現場のスピード感が全然違う。ルミネなら現場担当者が判断できるが、百貨店は平気で1か月はかかったりしますから。


及川智正

「お前のやっていることは正しいのか」と、よく人から言われますが、そんなことは分からないですよね。僕らは企業家なので、事業を始めました。これが正しいかなんて、将来自分が死んだ時に周りの人が判断するだけの話です。正しいかどうかより、死ぬまでやり続ける気持ちがあるかどうかが重要なのではないでしょうか。


ウィンストン・チャーチル

悲観主義者はいかなる機会に恵まれても困難を見つけ、楽観主義者はいかなる困難であっても機会を見つける。


ジェイ・エイブラハム

あなたの会社や製品やサービスと恋に落ちるべきではない。お客様と恋に落ちるべき。お客様をあなたの恋人のように考えるべき。そうすれば他の競合からは信じられないような突出した成果が得られるでしょう。


石川慶

ドラマで「答え」を出したとは思いません。このドラマを観て、視聴者の方々ひとりひとりがそれぞれの「答え」を探してくれたら、それに勝る喜びはありません。


松本洋(コンサルタント)

従業員の意識を変え、やる気にさせるのは経営陣や管理職のマネジメント次第。マネジメントを変えることで企業はどのようにも変化する。


DJ AMIGA

DJとして心掛けていることは、自分が楽しむこと。やはり、自分が楽しんでないとお客さんも楽しく無いと思うので。


蒲島郁夫

県庁の職員には、とにかくリスクを恐れずに「皿を割れ」と言っています。皿を割れというのは、皿を洗わない人は皿を割らない、たくさん仕事をし、皿を洗う人が皿を割るからです。


木村政雄

どんなに忙しくても、仕事を投げ出したいと思ったことはありません。発想を変えれば、仕事が忙しいのは良いことでしょう。仕事がなくて暇な人は、誰からも当てにされていない人ですよ。


ビル・ゲイツ

毎日毎日「勝ちたい」という気持ちで出社しなければならない。切羽詰まったときにこそ、最高の能力を発揮できる。
【覚書き|「良い仕事をするにはどうすればいいのか」「出世するにはどうすればいいのか」と聞かれての言葉】


佐藤優

残念ながら僕たちが暮らしているこの社会は、全員が幸せになれる社会じゃありません。それどころか、これからは敗者にとってはますます生きにくい、厳しい社会になると考えています。だからこそ僕たちはお金に振り回されるのではなく、お金を味方につける生き方をしなければ。


小宮山宏

イノベーションのシーズは日本各地で生まれています。それらの方向性を一にして、前に進む体制をどうやって作るかが課題。お互いに知恵を出し合い自律分散協調を実現していくことが重要。