名言DB

9413 人 / 110706 名言

塚田正由記(塚田正之)の名言

twitter Facebook はてブ

塚田正由記(塚田正之)のプロフィール

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

塚田正由記(塚田正之)の名言 一覧

上司の顔を見て仕事するのではなく、お客様の顔を見て仕事しなければ、未来はありません。


何かを生み出すことは、生き甲斐があり、やりがいがあって楽しい。


サービスが悪ければクチコミで広がり、良ければ良いなりに広がる。いい加減なことはできません。


企業作りは、まさしく人作りです。人作りには、やはり教育にお金をかけ、時間をかける。ゴールのない、果てしない挑戦ですね。


ひとつくらい成功したからといって、未来永劫に成功するわけではない。次回もっといいものを作って、人に喜んでもらいたいと思っています。


私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


「社長、昨日までと言っていることが違いますよ」と、社員に言われますが、朝令暮改は当たり前だと思います。より良い道があればそちらに進むでしょう。


私はサラリーマン時代から挑戦者でした。しかし、どこの会社もたいてい保守的で体制派ですから、「考えている暇があったら、仕事しろ」と相手にされませんでした。私は変革が大好きですから、色んな事にチャレンジしました。そのつど、体制派から、蹴飛ばされ、つぶされ、頭をたたかれました。日本では出る杭は打たれてしまう。しかし、そんな事は構いませんでした。私の味方は会社ではなく、お客様だったからです。


ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。


塚田正由記(塚田正之)の経歴・略歴

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

他の記事も読んでみる

森山眞弓

様々な役割を「重圧」とは受け止めず、新たな体験やポストを面白がりながら仕事をこなしていく。そうした姿勢が「森山になら任せられる」との評価につながっていったのではないでしょうか。


山西健一郎

世界で戦うために、まずは仕事への強い情熱と、前向きな戦闘能力を持ってほしい。


岩崎裕美子

できるかどうかは社長の本気度次第です。時短や女性活用も社長の気持ち一つです。社員からいろんな提案が出されても、OKしてあげられなければ意味ないですから。


川村隆

日立の改革が数年で急速に進んだ理由は、意識改革をやったこと。一番大きかったのは、自分の事業をきちっと黒字にしようと各事業責任者の意識を変えたことです。どんぶり勘定でやっていた事業を社内カンパニーに区切り、収益はもちろんバランスシートにまで責任を持たせた。毎年IR説明会を行い、「ここはできました」「できません」「次はどうします」と言え、と。社内格付けを導入し、格付けが悪いからもうカネを貸さないというのをやった。


岩波貴士

今日のビジネスは非常に細分化され、様々な商品やサービスに溢れています。一見、チャンスがないように見えますが、アイデアひとつで大ヒットを生み出せる状況ともいえる。


築山節

しっかりと睡眠をとるには、眠りに入りやすい脳の状態をつくることが肝心です。私がおすすめしているのは「入眠儀式」です。ベッドに入るまでの行動を毎晩繰り返せば、それが一種の自己催眠になり、眠りに入りやすくなります。


野本弘文

高齢者が増えることをマイナス要素と見て邪魔者扱いするのではなく、高齢者がいかに楽しく生活できるかが重要です。それがまた、経済の活性化にもつながります。


柴田励司

会社に行って業務が始まってしまうと、あとはジェットコースターに乗っているようなもので、あっという間に1日が終わってしまいます。ですから、朝の30分は、ものごとをじっくり考えたり、自分の判断について改めて俯瞰したりする貴重な時間です。


辻井隆行

企業の経営では、複数の部署に関係する問題で「あちらを立てればこちらが立たず」というジレンマの状況に陥ることは珍しくない。たとえば、いくら全社で「顧客満足度を高めろ」といった共通の目標を掲げていても、各部署が日々の業務で達成すべき目標が異なれば、部署間の利害はどうしても対立してしまうものだ。


斉藤惇

ドン・キホーテのように非現実的な夢を一足飛びに実現させようとするのではなく、徐々に足場を固めていきたい。


福嶋宏盛

営業した相手が価格以外で渋っている場合、直接聞いてもなかなか教えてくれません。このようなときは単刀直入に質問するのではなく、相手に話をさせながら原因を探っていくことになります。


中村壮秀

SNSは顧客の反応が瞬時にわかります。企業は顧客を理解し、自分たちの強みや弱みを認識し、さらなる商品やサービスの質の向上を目指していく。勝ち組となるのは、こうした一連のサイクルが早い企業ばかり。当社はここに入り込んで、お客様の顧客創造や企業価値創造に寄与したい。


岩崎隆夫(岩﨑隆夫)

他社に真似されない得意技を持つことが大切。


大竹美喜

経営者は孤独です。夜も安眠できないほど苦しむこともあるかと思いますが、朝は必ず来ます。ですから、希望を絶対に捨てないでほしい。会社倒産という最悪の状態になっても、嘆かないでほしい。再起は可能です。


西野浩輝

交渉の場にホワイトボードを用意しておくとよいでしょう。ボードを使いながら話をすることで、空間を支配することが可能になります。また、話をするとき大きく手を動かします。こういった手法で、言葉は穏やかでも、相手に付け入る隙を与えない心理的効果が生まれ、主導権を握るにはもってこいのテクニックです。