名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚田正由記(塚田正之)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田正由記(塚田正之)のプロフィール

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

塚田正由記(塚田正之)の名言 一覧

上司の顔を見て仕事するのではなく、お客様の顔を見て仕事しなければ、未来はありません。


何かを生み出すことは、生き甲斐があり、やりがいがあって楽しい。


サービスが悪ければクチコミで広がり、良ければ良いなりに広がる。いい加減なことはできません。


企業作りは、まさしく人作りです。人作りには、やはり教育にお金をかけ、時間をかける。ゴールのない、果てしない挑戦ですね。


ひとつくらい成功したからといって、未来永劫に成功するわけではない。次回もっといいものを作って、人に喜んでもらいたいと思っています。


私は昨日までと同じことが好きではない性分です。今日を新たにし、明日また何か新しい生き方をしたいと思っています。


「社長、昨日までと言っていることが違いますよ」と、社員に言われますが、朝令暮改は当たり前だと思います。より良い道があればそちらに進むでしょう。


私はサラリーマン時代から挑戦者でした。しかし、どこの会社もたいてい保守的で体制派ですから、「考えている暇があったら、仕事しろ」と相手にされませんでした。私は変革が大好きですから、色んな事にチャレンジしました。そのつど、体制派から、蹴飛ばされ、つぶされ、頭をたたかれました。日本では出る杭は打たれてしまう。しかし、そんな事は構いませんでした。私の味方は会社ではなく、お客様だったからです。


ハウスウエディングを知ったのは前職の結婚式場に勤めていた頃、米国での結婚式に参列したときです。ホテルや式場とは違い、一軒の邸宅を貸し切ってお客様を招き、参加者はドレスやタキシードで着飾り、ダンスを踊って式を楽しんでいる。その華やかさに衝撃を受けました。帰国後、日本でも同様の結婚式を企画、提案しましたが時期尚早と受け入れてもらえませんでした。当時、結婚式の需要は伸びていたので、会社はあえて新しいことにリスクを取る必然性がなかったのですね。しかし、これまでの日本にはないハウスウエディングを実現するという夢は大きくなるばかりでした。そんな折、お世話になった社長が退任されたので、それを機に独立をしました。


塚田正由記(塚田正之)の経歴・略歴

塚田正由記、塚田正之、つかだ・まさゆき。日本の経営者。「ベストブライダル」社長。学習院大学経済学部卒業後、「日本閣観光」を経てベストブライダルを設立。同社を急成長させた。

他の記事も読んでみる

神田昌典

戦略や業務改善について議論する会社は多くても、メンバー同士がどうコミュニケーションを取るべきかについて、ちゃんと話し合っている会社は少ない。


木村祐一

人から「堂々としているね」なんて言われますけど、最初からそうだったわけではないんですよ。子供の頃から輪を乱すタイプでも、目立つタイプでもなかった。副リーダーの腹心みたいなタイプ。お笑いの世界に入ったのも、「オールディーズ」の相方に誘われて。「笑いで天下取る!」という感じでもなかったですね。いろんなきっかけがあって、少しずつ変わっていったというのが実際のところ。


斉藤秀樹(人材開発コンサルタント)

チームというのは「器」です。器が壊れていれば、良い人材を採用しても成長しないし、新しいシステムや制度を導入しても成果は出ない。逆に器がしっかりしていれば、中にいる人間同士に共同意識が生まれ、シナジーが発生します。外から人材や制度を持ってこなくても、今いるメンバーでパフォーマンスを最大化できるのです。


経沢香保子

私がよく思うのは「量は質に転化する」ということです。考えることも大切だけど、時間をかけてやり続けることも、とても大切。先輩が5分でできることも、新入社員は半日かかってしまう。私もそうでしたが、こうしたことは、多くの人に当てはまると思う。この差を埋めるためには、経験を積むしかない。


森本千賀子

高効率でハイレベルなインタビューにするためには、事前に「質の高い質問」を準備することです。全体の構成やフレームを意識しつつ、間きたいポイントを大見出しでノートに書き込み、そのうえで、各項目について聞いていくこと。面談が終わった後にメモを読み返すと、良い質問ができたときほどメモが充実しているものです。


田原総一朗

経営者は日和見だと成功しない。経営者を見ていると、市場に振り回される腰の軽いタイプより、自分の信念を持って、それを貫き通しているタイプの方が成功している。


安田隆夫

私は、小学校4年生のときに目をケガしまして、今もう左目がまったく見えないんです。まさに独眼竜。そのころはどうしようもないガキ大将で、本なんかまったく読まなかったんですが、何回か入院をしまして、病院でじっとしていなきゃいけなくて、これが辛くてですね(笑)。で、しょうがなく本を読み始めたんです。そうしたら、はまりましたね。『十五少年漂流記』とか、夢中になって読みました。ですからもう、私は本に救われましたね。ケガをしたからよかった。何が幸いするかわかりません。


益本康男

当社の平均社長在籍期間が10年を超えるのは、以前は20年も社長を務めた人がいたからですよ。今は10年も続けたら死んでしまいます。「コイツに任せても大丈夫」という幹部がいたら、社長は辞めて、私はいずれ会長に専念するつもりです。


筒井義信

先日、若手チームによるプロモーションプロジェクトの検討報告を役員会で行いましたが、私を含め役員から見ると、ここはこうしたらどうかという部分がいろいろ見つかるわけです。しかし、ここは若い力に任せ、我々は意見を言わずに責任だけ取ろうということに決めました。


岩田松雄

「あの人についていきたい」と言われるリーダーが持つ5つの共通点。

  1. 壮大なミッション(使命)を語る。
  2. 無私で働く。
  3. 何をすればいいかわからないときは小さな行動を起こす。
  4. 自らの権力に対して畏れを持つ。
  5. 素直な心を常に持つ。

堀紘一(コンサルタント)

多くの日本人は受験勉強のやり方に染まっているため、苦手科目を重点的に勉強し、総合点を引き上げればよいという発想に傾きがちだ。得意科目はさほど努力をしないでも高得点を期待できるから伸び代が少ない。だから苦手の克服に注力せよ、というのが受験勉強の鉄則となる。だが、ビジネスマンに必要な勉強法は、まったく逆で、得意科目を徹底的に伸ばすということ。極端にいえば苦手科目は捨てるくらいでいい。得意な人と組んで、その人に任せればいいからだ。


日色保

当社の社長になる前、ジョンソン・エンド・ジョンソングループの臨床診断機器部門のアジア太平洋地域を統括していました。海外は国ごとに文化が違うので、信頼できる人に現地のリーダーを任せ、彼らをサポートする形で仕事を進めました。