名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚田彊の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田彊のプロフィール

塚田彊、つかだ・つとむ。日本の経営者。「朝日航洋」社長。愛知県出身。東京大学経済学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。同社部長、国際デジタル通信常務取締役などを経て朝日航洋に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

塚田彊の名言 一覧

特に男性は社会との接点がなくなると老化が進むようだ。


会社のため、家族のため、生産人口として燃焼し、成果を上げることは素晴らしい人生だ。ファーストライフの充実が大切なことに異論はない。しかし、人生はそれだけではない。定年後、ファーストライフでは望めなかった、もう一つの人生を設計したらいい。20年間という長い時間を趣味や晴耕雨読のみで過ごせるものではない。


会社をリタイヤした後の人生を、「第2の人生(セカンドライフ)」や「余生」と言うのをやめよう。今や平均余命は約20年間もあるのだ。単なる余生ではもったいない。私は、「アナザー・ファーストライフ(もうひとつのファーストライフ)」こと呼ぶことにしている。


私はもう丸9年になるが、某企業の課長クラスの社員に自らの体験をアドバイスしている。人数は10人未満で最初に2時間半ほど、仕事上の悩みに対して具体的な事例を挙げながら、質疑応答の時間を設けている。特徴的なのは、その後だ。「赤提灯」と呼んでいるが、オフィスを出て近くの居酒屋でざっくばらんに話す。お酒も入り、突っ込んだ話もでき好評だ。私にとっても現役世代との接点を持つことができる貴重な時間であり、精神衛生上も良い。世代も変われば、失敗話や経験談が喜ばれるのだ。なんとも愉快である。


塚田彊の経歴・略歴

塚田彊、つかだ・つとむ。日本の経営者。「朝日航洋」社長。愛知県出身。東京大学経済学部卒業後、トヨタ自動車工業に入社。同社部長、国際デジタル通信常務取締役などを経て朝日航洋に入社。専務取締役などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

秋元久雄

「信用」を勝ち得た段階で、初めてお客さまにとって「本当に必要とされる営業マン」になれるのだ。その結果、「結婚する娘の家を建てたい」「別荘がほしい」などといった、リピート仕事の好循環へつながっていく。


松井忠三

性格は変えられなくても、行動は変えられる。


ハーマン・サイモン

ブランド力が本物であれば、もっと高い価格で売れるはずです。シェアを追い、量で勝負するのではなく、少量で利益を得る方向にシフトすべきです。


石川康晴

企業が成長を続けていくには、絶え間ないR&D(研究開発)が必要。これまでも主力事業の営業利益の3分の1をR&Dに回していました。主力事業がしっかり稼いでいるうちにエントリー事業を育てていきます。


古森重隆

印刷材料の営業担当だった30歳の頃、顧客の生の声を聞かせるため、技術者を顧客のもとに連れて行った。そこで辛辣な当社品への評価が響いたのだろう。技術陣もその後は改良に力を入れるようになった。


加藤諦三

あるアメリカ人の物語です。1831年、その人は事業に失敗しまた。32年、州議会選挙に落選しました。35年に恋人が死亡、36年に神経衰弱を患い、38年に州議会議長選挙に敗北。40年には大統領選挙人団の選に漏れました。43年には下院議員に落選しました。48年にも落選しました。54年、上院議員に落選しました。56年、副大統領選挙に落選。58年、上院議員に落選しました。そして、60年にどうなったか。その人はアメリカで最も尊敬される大統領になりました。リンカーンです。リンカーンはなぜ失敗に強いのでしょうか。なぜ奴隷解放という偉大な事業ができたのでしょうか。人を見ていないで、頂上を見ていたからです。人を見ていないで、自分の努力を見ていたからです。


星野佳路

フラットな組織では、現場で実現できることの自由度も高まる。興味があって勉強しても、現場のサービスに生かせなければつまらない。勉強したことを仕事で試したり、反映させたりして、どんどん変えていけることも仕事の面白さにつながっている。


石坂茂

当社は婚活サイト、パーティ、合コンセッティングなどメニューが豊富なので、顧客のタイプに合わせたサービスが提供できる。心理的ハードルの低いサービスから結婚相談所に移行させることで、良質な顧客を低コストで確保できる。


小嶋光信

鉄道のような公共交通の再生で何より重要なのは、地元住民の支援です。地元の自治体などから貴志川線存続の相談を受けた時、まず現地を見てみることにしました。すると、6000人くらいの有志の住民が1000円ずつの会費を集め、貴志川線に乗って存続させようという運動をしていたんです。自治体主導の存続運動ではなく、自分たちでイベントを開いて人を集めたり、駅の清掃をしたりと、必死に活動をなさっていました。調べてみると、沿線の人口はわずかながら増加傾向でした。しかも、近くを走る幹線道路は渋滞が多い。公共交通のニーズはあると確信しました。


岩崎裕美子

早く帰れるようになると、美術館の企画展示を見に行ったり、習い事をしたり、家族とゆっくり過ごしたりと、仕事では得られない経験がたくさんできて、感性も磨かれます。そこから新しい商品のアイデアが生まれたりして、確実に仕事にもプラスになっている。17時退社が業績アップにもつながる好循環を生み出せていると実感しています。


渥美俊一

最低でも11店舗なきゃチェーンストアじゃない。


矢野博丈

20世紀の企業経営は、成長を前提としていました。しかし、21世紀は明らかにそうではありません。21世紀の人間は、たくましくなければいけません。成長しなくてもいいけれど、日々の営みを積み重ね、執念深く自分の弱みを知り、備える必要があります。