塚田公太の名言

塚田公太のプロフィール

塚田公太、つかだ・こうた。日本の経営者。倉敷紡績(のちのクラボウ)社長。新潟出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、三井物産に入社。ボンベイ支店に駐在しインド奥地で綿花の直接買い付けに従事、ボンベイ支店次長を経験したのち、三井物産の綿花部門が独立した東洋綿花(のちのトーメン)に移籍。ボンベイ支店長、大阪船場支店長、取締役、綿花部長、常務、専務を経て会長に就任。太平洋戦争終結後、貿易庁長官、富山紡績会長を経て、倉敷紡績社長に就任。綿花同業会会長、日本綿糸布輸出組合理事長。

塚田公太の名言 一覧

私にとっては、すべての先輩、友人が大恩人であったと言える。そこに善悪の別、成功と失敗の差はあっても、それぞれになにものかを教えてくれた。私がどうやらここまでやってこられたのは、まったく先輩の導きと同僚と後輩の友情のたまものであるということがしみじみと痛感される。


東洋綿花の発足とともに、これまで三井物産のボンベイ支店次長だった私が、支店長に昇格した。ほとんど例外なく次長は支店長へ、支店長が重役へと、一階級ないし二階級特進したものである。もともと綿花部には、仕事の性質上、血の気の多い若い人たちがひしめいていた。それらの人たちがこの異例の人事に刺激され、これまでの月給取り商売でなく、我々の仕事のためにやろうじゃないかと大いに張り切った。
【覚書き|三井物産綿花部が独立し東洋綿花(のちのトーメン)になった当時を振り返っての発言】


戦後いろいろと職名は変わったが、いつも恵まれた環境にあった。それも、これも、みんな友人知己の温情のたまものだと心から感謝している。


たった3回の経験だったが、大学時代に禅寺にこもったことは、私にとっては大きなクスリになった。おかげで後年、三井物産に入ってボンベイで社宅生活をするようになったとき、とにかく感情に左右されがちな環境の中にありながら、ちっとも苦しまずに過ごせたのは、あの禅寺における共同生活のたまものだと、いまも感謝している。


一橋(大学)時代、寄宿舎生活にはきちんとした規律もあり、またそれぞれ違った家庭事情や環境のもとに育ったものが一緒になっての共同生活は、社会勉強の上で大いに役立った。


私は子供のころ体が弱くて、しょっちゅう身内のものに心配をかけていたものだ。私はいつも「弱い弱い」と言われ通しだったので、世の中に出るまでに何とかして丈夫な体になってやろう、という願いが頭の中から離れなかった。そんな緊張感もプラスになったかもしれない。そんなことで、大学では選手にはならなかったが柔道とボートで体を鍛えたし、学校を出て渡印してからも、暇を見てはテニスをやった。こうして生きていて、どうやら元気で働いていられることは私は何かに感謝したいほど、嬉しく、ありがたい気持ちである。


イギリスからもらった名目だけのタイトルなんか返上したらどうか。日本にも明治33年までは居留地があって外人から見下されていたが、日本人自身の自覚と努力によって、ついにその壁を打ち破った。
【覚書き:英国領インドで綿花取引を行っていた際、現地のインド人ブローカーに言った言葉。このブローカーはのちにインド独立運動に身を投じ、ガンジー派の幹部として活躍した】


人はパンのみで生きるものではないとよく言われるが、個人主義の徹底した欧米諸国で、老人のための施設がいかに完備していても、そこに友情とか愛情と言う精神的糧が欠乏していては、人間は長生きできにくいのではなかろうか。


塚田公太の経歴・略歴

塚田公太、つかだ・こうた。日本の経営者。倉敷紡績(のちのクラボウ)社長。新潟出身。東京高等商業学校(のちの一橋大学)卒業後、三井物産に入社。ボンベイ支店に駐在しインド奥地で綿花の直接買い付けに従事、ボンベイ支店次長を経験したのち、三井物産の綿花部門が独立した東洋綿花(のちのトーメン)に移籍。ボンベイ支店長、大阪船場支店長、取締役、綿花部長、常務、専務を経て会長に就任。太平洋戦争終結後、貿易庁長官、富山紡績会長を経て、倉敷紡績社長に就任。綿花同業会会長、日本綿糸布輸出組合理事長。

他の記事も読んでみる

加藤進(住友商事)

現場の要であるミドルマネジャー(中間管理職)には成長意欲は欠かせない。産業構造の変化と地軸の変化を見据えて食らいつく気概が欲しい。変化を先取りし、新しいビジネスを開拓することが求められるのだ。


清水康一朗(清水康一郎)

知識や情報への投資を惜しまない人は確実にいて、ネットの世界ではそうした少数派にアプローチすることができる。


村田昭治

あきらめないこと。これこそ人の美学。


五島昇

企業は愛されるだけでは駄目だ。尊敬される怖さを持て。


美崎栄一郎

プレゼンのスライドは、ビジュアル1点と1つのメッセージで十分。シンプルなほど伝わりやすい。


山内孝

1990年代後半にフォードの力を借りて経営再建に取り組んだ際、「変革か死か」と突き付けられた。


ジェリー・ドリザス

ビジネスパーソンはあくまでもチームオリエンテッド、チーム主義であるべきだし、常に謙虚であるべきだと思います。しかしその一方で、チームメンバーの一人一人が自分の思い、意志といったものを持つことが必要なのです。


佐藤優

外務省でも新人の時は不条理なことをやらされた。でも、その後を耐える根性がついたよね。


新田信行

世のため人のために汗をかくのが僕の仕事。


松下正幸

今の大学生のかたがたというのは、レポートを出せということになりますと、インターネットで調べて、そこからいろんなものを引っ張り出してきてギュッと合わせて、レポートをまとめるというかたが多いようです。その組み合わせ方ぐらいには少し創意工夫はあるけれど、そのもとになるものについては、あまり自分自身で考えていないのではないかなと思うことが、結構あります。私は若い皆さんがたには、自分自身の考え方を持つということを、もっともっとやってほしいと思います。


ホセ・マルティ

私の体が消えることがあっても、私の思想は消えないだろう。


中司祉岐

予定を手帳に書き込む行為は、今日がどんな日になるかを、ただ予測しているに過ぎません。本来は、今日がどんな日だったかを克明に書き起こし、それを材料に行動を分析して、翌日の行動を変えることの方が大事。


江戸英雄

運に恵まれるには、努力が必要である。


ビル・グロース

未熟なギャンブラーは2~3ドル勝っただけで得した気になり、カードが不利に転じた時にはすべてを使い果たす。


山内雅喜

クール宅急便の開発の時もそうでしたけど、当時の会社の利益から考えれば投資額は、それを数倍上回るものでしたから。当時、失敗すればどうするのだろうと思っていましたが、今あらためて思うと、勇気ある決断をしたのだなと思いますね。その代わり、裏では大変な苦労をしながらも検討を重ね、決断する。決めた以上、リーダーが責任を取る形を取らないと、社員は一緒について行こうとは思いません。その決断と裏腹にある責任をリーダーは必ず持たねばならないでしょう。


ページの先頭へ