名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

塚田健雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田健雄のプロフィール

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

塚田健雄の名言 一覧

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


塚田健雄の経歴・略歴

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

増田明美

メディアの仕事を始めてすぐ、ラジオのパーソナリティのお話をいただきました。「マラソンでも頑張れたのだから、きっと大丈夫」と引き受けたのですが、当然マラソンとラジオは違います。失敗の連続でした。マラソンで築いたプライドもズタズタです。ある日、実家に電話をかけて愚痴をこぼすと、父がある川柳を紹介してくれました。「生きている証拠に今日も恥をかき」。本当に救われた気がして、電話口でボロボロ泣いたことを覚えています。この川柳はいまでも私の座右の銘です。


福嶋康博

商品を見たとき、「ヒットする」と思っても売れないことはありますが、「これは売れないな」と感じた時はほぼ100%売れないものです。


原田武夫

アメリカならホワイトハウスのスタッフはもちろんのこと、国務省や民間政策シンクタンクの担当者もはるか遠い先を睨んでいます。よって、目先の利益・判断に流されることはまずありません。それは、優れた企業の経営者たちにも共通していることです。


澤田秀雄

私が最も怖いと思っているのは、時代に合わせようとするあまり、基本を考えずに利益の追求に走ってしまうことです。企業にとって利益はもちろん大切ですし、会社を大きくしていくことも大切です。でも、世のため社会のためという基本から外れて規模や利益を追い求めると、利益のためなら不正やごまかしをしてもいい、という気持ちが生まれます。これでは本末転倒です。


井上陽介

新分野に挑む。会社を変える。イノベーションを起こす。どの課題も一筋縄ではいかないだけに、努力しても変わらない状況が続くと、組織全体に諦めの気持ちが広がりやすく、つい現状に甘んじてしまう人も増えてきます。それでも、未来はこちらの方向にあると明確に指し示して説得し、みずからの行動でその流れに人々を巻き込んでいくのが、リーダーのリーダーたる所以でしょう。


横田雅俊

自社のロイヤルカスタマーである顧客からは、比較的容易に競合情報を入手できる。「他からアプローチはありましたか?」と素直に質問すれば、たいていのことは教えてくれるだろう。自社のファンではない顧客の場合は、情報を積極的に開示する顧客と、まったく出さない顧客の両極端にわかれる。情報を出す顧客は、競合同士を競わせることが目的だ。


田中稔一

躊躇してしまったらノーチャンス。積極的に外へ出て行って、次々と新しいもので先行していく。


三遊亭歌る多

この業界でよく言われる言葉ですが「芸人に上手も下手もなかりけり。行く先々の水に合わねば」とあります。つまり相手が何をどれだけ求めているかを瞬時に察知できることのほうが、芸がうまくなることよりも大事なのです。


高田明(ジャパネットたかた)

進歩というものは、今あることを否定するところからしか生まれない。


清水喜彦

じつは読書は決断力のトレーニングにも効果的。私はいつも3冊を並行して読んでいます。同じ時代を舞台にした作品を並行して読むと混同が起きがちですが、ページをめくればその本の世界にすぐ入り込める。こうして頭を切り替える力を磨いたおかげで、次々と降りかかる現実ビジネスの問題にも瞬時に対応できるようになりました。


勝俣宣夫

新入社員のときは、自分で自由にできる時間がまったくありませんでした。当時は週休1日で土曜日も半日出勤でしたので、勤務時間が終わったあと午後もそのまま残って、腰を落ち着けて仕事をする時間にあてていました。休日に出勤することもありましたが、残業や休日出勤をすることについて、格別おかしいという認識はありませんでした。いまの時代からからすると非常におかしいことなんでしょうけれど、我々の時代はそれが当たり前だったんです。


井上愛一郎

技術者として最高のものをつくりたいと思っても、民間企業である以上、ビジネスとして成立するかどうかが大きな要素になります。いくらすごいものをつくっても、買ってくれるお客さんがいなければ意味がありませんから。そういう意味では、国家プロジェクトという形で京の開発を進められたことは本当にありがたい話でした。