名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚田健雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田健雄のプロフィール

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

塚田健雄の名言 一覧

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


塚田健雄の経歴・略歴

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

佐伯泰英

誰かが新たなジャンルを切り開かないと業界が疲弊していくだけ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

締まりの悪い蛇口がいくつもあると知らないうちに大量の水が流出してしまうのと同じで、固定費の総額は膨大に膨れ上がる。


堀紘一(コンサルタント)

相手の話を聞き、想像力を働かせることが大切。最近の若い人のコミュニケーションは一方的な感じがします。フェイスブックだって何だって、相手の状況を考えず自分の情報をアップするでしょう。で、返事や反応がないと不安になって、怒ったり(笑)。もっと生のやり取りというかな、相手の反応をその場その場で受け止め、相手の感情を汲み取りながらコミュニケーションして行く。交渉力の本質はそういうところにあると思いますね。


岡崎嘉平太

結構です。二合とは言わずに一升にしたらどうですか。さらに酒をたくさん買って川に捨てると日本は一層繁栄するのではないですか?
【覚書き|岡崎氏が貯蓄増強中央委員会会長時代、ある人に「貯蓄より消費の方が経済が発展するのではないでしょうか。私はいままで一合だった晩酌をこれから二合にします。そうすれば日本が繁栄するでしょう」と皮肉を言われたときに皮肉で返した言葉】


藤井孝一

朝一番にメールチェックやブログ更新などをやってしまえば、それがウォーミングアップの役目を果たし、すぐにトップスピードで仕事に取り掛かることができます。


芦田昭充

トップの意向なんて、一度言ったからって社内にパッと浸透していくものではありません。繰り返し繰り返し言う。これしかありません。


藤井孝一

世の中に「いい本」は星の数ほどあります。しかし、本当に人生に活かせるかどうかは、読後の行動にかかっているのです。それは本を読んだら「アウトプット」を習慣化することです。


山口誠一郎

5事業のうち、「流動」「開発」は不動産売買により高い収益を上げることができるビジネス。「賃貸」「ファンド・コンサルティング」「管理」はストック型ビジネスなので、安定した収益を維持することができます。この5つの不動産ビジネスを市場の変化に合わせ、柔軟に対応しています。


苅谷道郎

時間の管理術で大切なのは、かける時間とかけない時間の組み立てです。仕事は何でも短時間でこなせば合理的になるわけではありません。時間をかけるべきところはしっかりかけることで必要なときに迅速で的確な判断が発揮されます。


クラウス・メーダー

創業者ロバート・ボッシュは「品格のある経営の在り方は、長期的に見れば最も利益を生み出す」と語っています。その精神から、私たちのグループは株式を上場せず、大半はロバート・ボッシュ財団が保有しています。これにより株式と経営を分離できるため、利益追及に寄りすぎず、長期的な視点での先行投資ができるのです。


冨安徳久

従来の葬儀業界では、リピーターをつくることではなく、一度の葬儀でどれだけ売り上げられるかが重要でした。なぜなら、売上げの一部が自分の手当となるシステムだったからです。必然的に、社員はなるべく価格の高い祭壇を売るようになる。しかし、それでは最も心を傾けるべきご遺族の気持ちが置き去りにされてしまう。絶対にそんなことがあってはならない。社員には「徹底的に遺族の方に尽くす」という精神で仕事をしてもらわなければなりません。


中野信子

私は現場に生かされてこその学問だと思っています。誰もが英語の論文をやすやすと読みこなせるわけではありませんし、その時間もビジネスパーソンにはないかもしれません。ですから、学問的な基礎をきちんと踏まえたうえで、それをわかりやすく一般読者に伝えるスポークスマン的な活動をする人を育てていくべきだと思います。