名言DB

9429 人 / 110879 名言

塚田健雄の名言

twitter Facebook はてブ

塚田健雄のプロフィール

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

塚田健雄の名言 一覧

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


塚田健雄の経歴・略歴

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

清水雅

幸せは、なんとなく肌で知るときが最も幸せである。幸せとは最適の温度のようなものだから。


村井満

「面接はあがったり、震えたりしないのが理想」と考えがちですが、私は違う。「緊張している様子が見て取れる人」が、一番好ましいと思っています。緊張するのは、本気で向き合っている時だけだからです。「結果はどうでもいい」と思っていたら、緊張しません。


中川政七・13代目(中川淳)

経営の知識はすべて本から学びました。「これだ」と思ったら、すぐに実践してみる。失敗したら、どう適用するのかをひたすら考えて、「じゃあ、こうなのか?」とやり方を変えて、また失敗して、という繰り返しです。いい本に当たるとひたすらやることになるので、なかなか読み進まないんですよ。


高野勇樹

情報収集を進める中で、様々な事業で起業をしている方々がいることを知り、交流をする機会を得ました。その中で話を聞いていると、忙しい経営者と、ライフスタイルが充実している経営者と2つのパターンに分かれることに気が付きました。私自身、収入と時間に拘束されないライフスタイルを手に入れたい! と勉強し始めて、23歳の時にウェブで完結できる事業で起業をしたという経緯です。


福沢諭吉

生活が苦しいといっても、よく家計について考えれば、早く一時のお金を得て、それを使って小さな安楽を買うよりも、苦労して倹約を守り、大成する時を待つほうが、得策だと思います。


前川孝雄

一見するとムダに思える雑談も、コミュニケーションのズレや不足を補うためにはあえて必要ではないでしょうか。私が経営する会社では、長期休暇後の最初のミーティングでは、休暇中の出来事について皆で1時間ほど話します。また週に一度、その週に読んだ本を互いに紹介し合う時間を設けています。仕事に直結するわけではありませんが、相互理解に大変役立っています。


渡邉幸義

私には信念があり、一見損であることも、人として正しいことだと思えばやり抜いてきました。その結果、私がやってきたことは事業として成り立つことがわかりました。


森澤篤

アートの場合は、創造力に富む作品により誰かに大きな感動を与えることが世の中へのインパクトになる。一方、ビジネスで求められる創造性は、売り上げが伸びる、新しい顧客がつく、ブランドイメージが高まるなど、具体的な結果につながらなければ意味がない。たとえ斬新なアイデアでも、1円も生まないアイデアには投資しようという人はいないだろう。


松井忠三

チャレンジ精神がなければ、どんな企業も生き延びられない。


アルフレッド・アドラー

勇気とは困難を克服する活力のことだ。勇気のない人が困難に出会うと、人生のダークサイドへと落ちていってしまうだろう。