名言DB

9419 人 / 110788 名言

塚田健雄の名言

twitter Facebook はてブ

塚田健雄のプロフィール

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

塚田健雄の名言 一覧

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


塚田健雄の経歴・略歴

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

小林喜光

経営の問題を討議する会議では、ひたすら怒ります。とくに発言に意識のズレや甘さを発見したときは許しませんし、逃がしません。たとえば、何年間も赤字なのに、黒字にする努力計画や意欲も示さないまま、「こういう状況なので、予測では今後もこの程度になるでしょう」などと平気な顔でプレゼンする事業部長クラスには「もう一回、頭に汗をかいて出直してこい」と、ガツンとやります。会議でガツンと叱ったあとには爽やかにフォローします。そういう点も心がけているつもりです。


大山健太郎

アイリスは内製化比率が高いという特徴があります。つまり、川下からニーズが上がってきたら、自分で作ってしまうのです。いまや日本の大手メーカーの大半は、アッセンブリー(組み立て)をやっているだけで自分ではものを作っていません。下請けに部品を作らせて、それを組み立てて、ラベルを貼って出荷しているだけ。だから、仮にニーズをキャッチできても、もはや自力で新しいものを作る力はないのです。しかし、うちの場合は何でも自作してしまう。だから、こういうものが欲しいというニーズに柔軟に応えていけるのです。


白石康次郎

逃げても壁はずっと追っかけてくる。しかもさらに高くなって。


有田浩之

数字に対する感覚を身につけるには、世の中のニュースを自分の興味のもてる数字と関連させて考えてみるのがよいでしょう。たとえば、自社の時価総額や売上などをインプットしておいて、競合他社で損失を出したというニュースがあったら「自社ならこの程度のダメージになるだろう」と置き換えて考えてみる。そういう癖をつければ、数字に対する感覚は自然に磨かれていくでしょう。


木村昌平

私はかねがね経営理念や企業理念は大切だと思っていました。セコムの事業は安全安心という形のないものなので、その遂行にあたっては企業理念が極めて重要になります。


安藤広大

本気で勝とうとしている人が勝つ。それに気付いて以来、何事も勝ちを信じ抜いて取り組むことが重要だと実感し、実践してきた。


丸山学

いかに労せず、してお金を生むか。人に協力してもらえるか。それにはブログやホームベージなどで訪問者を楽しませる仕掛けが重要。技術的なことより、そこを理解している人がこれからはお金持ちになっていくでしょう。


木村成一

私は、歴代社長の中で唯一、「エプロンをつけたことのある社長」といわれています。親会社の東急不動産から出向して20年以上、東急ハンズで仕事をしてきました。店舗でフロアマネージャーとして働いていたときは、エプロンをつけてフロアを巡回し、レジを打つこともありました。歴代社長は東急不動産出身ですが、私のように長くハンズで働いた人はいません。


青木仁志

企業ですから、利潤を上げることはもちろん重要です。しかしそれは経営の目的ではなく、あくまでも「結果」です。


松井知敬

いざ自分がやってみると、育児書を読んで勉強して試してみるけど結果が出ない。ついには長男が学校に行きたくないと言ったり、長女も受験へのストレスからか当たり散らすようになって。やっと子育ての難しさに気づいた。「これじゃいけない」と思い、それから毎日のように妻と腹を割って話すようになりました。そうすると子育てのことだけではなく、仕事のことや生活のこと、自分のことを俯瞰できるようになったんです。私にとって主夫生活は、心の奥底にあって意識したこともなかった「信念」に触れ、それを一度打ち壊して構築し直した時期でした。主夫として子供を育てるため、そうせざるを得なかったというのが実情ではありますが、これほど生き方を変えることになった経験はありませんし、この先もないと思います。