名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚田健雄の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚田健雄のプロフィール

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

塚田健雄の名言 一覧

「閉じこもる」「ぶらさがる」「しがみつく」の3つは日本人の悪い癖です。生き残りのために合併を決めながら、旧会社の経営幹部が何らかの形で新会社に居残るのはみっともない。


私は12年前、トヨタ自動車から通信の世界に飛び込み、すぐに合併論者になりました。なにしろ、この業界には日本電信電話(NTT)というとんでもない巨人がいる。規模、技術力、資金力で太刀打ちできない新電電がばらばらに戦っていても、いずれ限界が来ると思いました。しかし、IDOという会社は電力会社、商社、お役所などの寄り合い所帯。社内では合併論は相手にされません。反発というより、無視です。親会社の支援があれば昔ながらのやり方でやっていけると思っていたのです。合併が実現したのは誰もがその必要性を悟ったからです。7年かかりました。


日本企業の経営者は合併の際「対等合併の精神」という言葉を使いたがります。言葉の響きはいいのですが、そこに落とし穴があります。京セラの稲盛さんは50対50の方式では合併後も複数の業務が残り、たすきがけ人事など非合理な制度が横行すると主張します。まったく同感です。統合で経営トップを3人で平等に分け合う銀行もあるそうですが、競争業種では村落共同体型の合併は成功しません。だから新会社はDDIが存続会社になり、リーダーシップは明確です。


2000年10月1日、新しい通信会社、KDDIが発足しました。慶事に水を差すわけではありませんが、現時点ではDDI、KDD、IDOの三社が表面的にくっついただけです。これから三社をひとつの会社にする大変な作業が待っています。合併というのは根気のいる、実に厳しい仕事です。


塚田健雄の経歴・略歴

塚田健雄、つかだ・たけお。日本の経営者。IDO(日本移動通信)の社長。名古屋大学法学部、名古屋大学大学院修士課程修了後、トヨタ自動車工業に入社。トヨタで取締役、常務を務めたのち、IDO(日本移動通信)に移り専務から社長・会長。その後、NTTに対抗するためDDI、KDD、IDOの合併に参加しIDOの会長を辞任。その後、トヨタエンタープライズの顧問や、日本通信の社外取締役などを務めた経営者。

他の記事も読んでみる

関正生

最後にモノを言うのは「メンタルの強さ」です。私がよく行くシンガポールでは英語が公用語の一つなのですが、「シングリッシュ」と揶揄されるほど訛りの強い英語が話されており、政府が対策に乗り出しているほど。しかし、当の現地人は「俺の英語がわからないのか」と言わんばかりに、シングリッシュを押し出してきます。このメンタルの強さ、日本人も大いに見習いたいところです。


赤羽雄二

身近にいる仮説思考の達人の話を聞くことも勉強になります。常に他の人より一歩、二歩先を考えて仕事をうまく行っている人は周りに必ずいますから、どのように仮説を立てているのかを聞いてみる。そうすれば、仮説思考の本質をより理解できるはずです。


織田大蔵

金は貯めるときに貯めておかなければ、あとはなかなか貯まるものではないんだ。


白井一幸

子供に親が「失敗してもいいから、思い切ってやれ」とか、上司が部下に「責任は取ってやるから、思い切ってやれ」と言う。これらは響きのいい言葉で、みな良かれと思って使っていますが、大きな間違いだと私は思います。では、一流の指導者はどうするかというと、「最初に任せて、最後に責任を取る」のです。人は責任を与えられるから頑張れる。責任は大きなエネルギーになり、大きな成果をあげます。成功の原動力になるものを、最初から奪ってしまってはいけません。


橘玲

日本のビジネスパーソンは、主観的には頑張っているかもしれませんが、国際的なアンケート調査では、世界でも仕事に対するモチベーションがもっとも低いグループに入ります。努力しても報われない構造的な不平等が根底にあるのだと思います。こうした現状を変えるには、公正に競争できて納得感の高い労働市場に変えていくことが必要でしょう。


小池信三

数字というのはその気になればつくることもできる。それをしないできちんと積み上げていっての大台にこそ意味がある。でも数字はあくまで数字。仕事の質が伴わなければ意味がない。


藤本誠之

新聞に良いニュースが出たからといって、寄り付きで飛び付いても、安いうちに買えるとは限らない。他の投資家よりもほんの少し前に気が付かなければ意味がない。


辻井隆行

「1か月に1度進捗を伝える」というのは、問題を解決するうえでは小さな一歩に過ぎない。しかし、問題を他人のせいにせず、自らの問題として協力して解決していくという意識を共有できたことは大きかった。


奥田務

日本の企業を見てみると、自動車や電機などの製造業は、緻密に生産工程を管理して生産性を高めています。しかし一方で、サービス業などの第3次産業は各職務が明確でないケースが多いように感じます。特に百貨店業界は各職務の業務内容が曖昧なうえ、同じバイヤーという職務でも企業によって求められる業務内容が全く違う。これが人材を滞らせ、成果主義力根づかない原因となっています。漠然と社員を働かせても、生産性が上がるわけがありません。


田代英治

ブログ運営の3つの利点。

  1. 自分の市場価値を知ることができる。自分のどういう部分に魅力を感じてくれるのかということを知ることで、顧客のニーズも明確になる。
  2. 世の中の人がどういう情報を望んでいるのかがわかる。ブログに対する感想や書き込みから、世の中の人がどういう情報を望んでいるのかを知ることが出来る。
  3. 自分をブランド化できる。文章を日々書き続けていくことで、雑誌などに取り上げられ、HPや自分に付加価値をつけることが出来る。

柳澤康弘

高い理想を掲げて渇望状態を自ら作り、現状に「不満足する」能力を磨いていくことも大切かもしれません。


石塚しのぶ

優れたリーダーは自分の考えや気持ちをありのままに表現します。社員とともに笑い、悩みを包み隠さず、間違いは潔く認める。そうした姿勢に人望が集まるのです。