名言DB

9,520 人 / 112,352 名言

塚本昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本昌彦のプロフィール

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

塚本昌彦の名言 一覧

超ポジティブ。僕の信念は、そこに辿り着く。しっかりと考えに考えたうえならば、前のめりに挑戦をするべき。


自分が好きだ、楽しいと思えることを研究テーマにしなさい。


「好き」「楽しい」というモチベーションがあれば、次々にいろんな想像が広がる。学生たちは僕なんかが考えつかないアイデアを形にしてきます。


「楽しい」に勝るエンジンは無い。


上司はネガティブなことを言うものです。それは話半分に聞いておいて、二歩先を考えながら超ポジティブに突き進むのが正解。少なくともそのほうが楽しい。


アニメや映画でウェアラブル・コンピュータがたくさん出ているのも見逃せません。そういったビジョンは研究者のモチベーションを大いに刺激しますからね。


興味のない分野で可能性や改善策を探しても、想像が及ばないことがあるかもしれない。それが一生懸命打ち込んでいることなら研究テーマも考えやすい。だから、助成金の申請に不利なマニアックなものであっても、市場との接点は僕が見つけてくるから、好きなことをしなさい。


世の中、何かというとネガティブなことばかり言う人、多いでしょ。デキない理由ばかり言って挑戦しない、させない。それは、違う。リスクを考えたうえでそれを凌駕する「やる理由」をたくさんリストアップすればいい。


僕はずっと「これはスゴイでしょ?」と友達に伝える行為が大好きだった。一貫しているのは自分でモノをつくり、誰かに見せる。そして喜ばれる満足感が好きだということ。


机上の研究、論文だけで終わらせるのがイヤだった。情報技術の研究って、頭でっかちになりがちなんですよ。僕は実際に使うことで、そんなスタイルも変えたかった。実際に使い続ければ、利便性や可能性、または問題点がより見えてくる。


ウェアラブル端末を装着して生活するという選択も、最初は悩みに悩んだ。やはり見た目のインパクトも強いし、ただの目立ちたがりの研究者にとられるのではないかと。だけど、誰もやっていないことを実践するメリットのほうがずっと大きかった。自らの体を使って蓄積させていくことは、他の人が絶対に追いつけない強みになる。オンリーワンであることが、来るべきウェアラブルの世界でナンバーワンになれる可能性に繋がるわけですから。


モバイル(携帯)の次の段階であるウェアラブル(着用可能な)の時代はすぐそこですよ。パソコンを着るようになると仕事が変わり、生活が変わるんです。夢物語と思われるかもしれない。でも、携帯電話も初期のころは背負う時代があったでしょ。いまのようにゲームをしたり、買い物をしたりする世の中を10年前にみなさんが予想できたでしょうか。


夢みたいな話をすると必ずネガティブな批判をされる方が出てくるんですよ。「危なくないか」「目に悪いんじゃないか」。ほかにも「ライバル市場は?」「マーケット規模は?」なんていうのもある。ようは難癖つけて出る杭を叩く。夢のある企画をつぶそうとする力が働くんです。そうした力に抗う意味でも、自らウェアラブルコンピュータを身につけるようになったんです。「ウェアラブルの有用性を実践してやる!」「自分の体でノウハウを蓄積してやる!」ってね。


塚本昌彦の経歴・略歴

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

他の記事も読んでみる

藤田晋

会議で意見を聞かれた時に周囲の顔色をうかがって「右へ倣え」とする人も、それを嫌って反対の意見を言う人も、どちらもダメ。自分の基準で考えた意見を言っていない。


徳重徹

経営企画など面白い仕事もさせてもらいましたが、働くうちに「何かが違う」と思い始めました。そこで、親には告げずに会社を辞めることにしました。自分の気持ちに純粋に、自分の足で生きていこう、自分に力を付ける生き方をしていこうと決めたのです。


中西宏明

今は「攻め7割、守り3割」で行け、と言っているのに、みんな褒められて安心して、3割ぐらいしか攻めてないんじゃないか。こういうマインドセットをどうやって乗り越えられるかが課題。


ティム・ブレット

地域社会の活性化なくして、企業の成長はない。


渡邉美樹

危機感を共有し、みんなで力を合わせて頑張ることができれば、会社は浮上する。


南原清隆

体が動く40代のうちはできるだけムチャをしていくこと。それをテーマにやっていこうと思っています。


楠木建

私があの本(『ストーリーとしての競争戦略』)で言いたかったのは、あらゆる競争戦略は「ストーリー」という思考様式でつくられるべきだということです。「ストーリー戦略」といった新しい戦略論のカテゴリーを提示するものではそもそもない。競争戦略の本質をストーリーとして考えるという「戦略ストーリー」の本であり、「ストーリー戦略」の本ではないのです。


安田道男

相対的な優位性とは、生まれ持った才能や、自分がすでに保有しているものの中にあります。ところが、すでに持っている才能には目を向けず、努力して獲得したものだけが価値があると考えがちです。いわゆる、ないものねだりです。そうではなく、自分にすでに備わっているものの中から、相対的優位性が発揮できる闘い方を探るほうが、現実的であり、儲けにつながる可能性が高まります。


ドナルド・トランプ

私に言わせれば、タフであるためには、たくましさと頭の良さと自信を兼ね備えている必要がある。


本田有明

アメリカ独立の父ベンジャミン・フランクリンが自らを戒め、守るべき徳目をチェックリストにした「フランクリンの13の徳」をもとに、自分の行動を振り返るのもよい方法。フランクリンは節制、沈黙、規律、決断、節約、勤勉、誠実、正義、中庸、清潔、平静、純潔、謙譲の13項目をあげましたが、全部真似る必要はありません。自分なりの項目を立てて、自らを省みるようにするといいでしょう。


千林紀子

バトンはいい状態で渡したいし、私以上にこの事業を伸ばすという気概を持った人に引き継ぎたい。私は異動した部署での経験を通じて、経営の基礎を身につけました。それが今になってよく分かります。次世代の人を育てるときは、そのとき本人が見えている部分と、より広い視野で高い視座を養うための経験を積ませてあげたいですね。


出口治明

会社として残業をなくすためには、残業をやめることをルール化してしまうことですね。会社単位でも部署単位でも構わないので、上司の指示があったとき以外、勝手に残業することを禁じてしまうのです。こうすることで上司のマネジメント能力も高まるので、一石二鳥です。