名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚本昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本昌彦のプロフィール

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

塚本昌彦の名言 一覧

超ポジティブ。僕の信念は、そこに辿り着く。しっかりと考えに考えたうえならば、前のめりに挑戦をするべき。


自分が好きだ、楽しいと思えることを研究テーマにしなさい。


「好き」「楽しい」というモチベーションがあれば、次々にいろんな想像が広がる。学生たちは僕なんかが考えつかないアイデアを形にしてきます。


「楽しい」に勝るエンジンは無い。


上司はネガティブなことを言うものです。それは話半分に聞いておいて、二歩先を考えながら超ポジティブに突き進むのが正解。少なくともそのほうが楽しい。


アニメや映画でウェアラブル・コンピュータがたくさん出ているのも見逃せません。そういったビジョンは研究者のモチベーションを大いに刺激しますからね。


興味のない分野で可能性や改善策を探しても、想像が及ばないことがあるかもしれない。それが一生懸命打ち込んでいることなら研究テーマも考えやすい。だから、助成金の申請に不利なマニアックなものであっても、市場との接点は僕が見つけてくるから、好きなことをしなさい。


世の中、何かというとネガティブなことばかり言う人、多いでしょ。デキない理由ばかり言って挑戦しない、させない。それは、違う。リスクを考えたうえでそれを凌駕する「やる理由」をたくさんリストアップすればいい。


僕はずっと「これはスゴイでしょ?」と友達に伝える行為が大好きだった。一貫しているのは自分でモノをつくり、誰かに見せる。そして喜ばれる満足感が好きだということ。


机上の研究、論文だけで終わらせるのがイヤだった。情報技術の研究って、頭でっかちになりがちなんですよ。僕は実際に使うことで、そんなスタイルも変えたかった。実際に使い続ければ、利便性や可能性、または問題点がより見えてくる。


ウェアラブル端末を装着して生活するという選択も、最初は悩みに悩んだ。やはり見た目のインパクトも強いし、ただの目立ちたがりの研究者にとられるのではないかと。だけど、誰もやっていないことを実践するメリットのほうがずっと大きかった。自らの体を使って蓄積させていくことは、他の人が絶対に追いつけない強みになる。オンリーワンであることが、来るべきウェアラブルの世界でナンバーワンになれる可能性に繋がるわけですから。


モバイル(携帯)の次の段階であるウェアラブル(着用可能な)の時代はすぐそこですよ。パソコンを着るようになると仕事が変わり、生活が変わるんです。夢物語と思われるかもしれない。でも、携帯電話も初期のころは背負う時代があったでしょ。いまのようにゲームをしたり、買い物をしたりする世の中を10年前にみなさんが予想できたでしょうか。


夢みたいな話をすると必ずネガティブな批判をされる方が出てくるんですよ。「危なくないか」「目に悪いんじゃないか」。ほかにも「ライバル市場は?」「マーケット規模は?」なんていうのもある。ようは難癖つけて出る杭を叩く。夢のある企画をつぶそうとする力が働くんです。そうした力に抗う意味でも、自らウェアラブルコンピュータを身につけるようになったんです。「ウェアラブルの有用性を実践してやる!」「自分の体でノウハウを蓄積してやる!」ってね。


塚本昌彦の経歴・略歴

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

他の記事も読んでみる

徳岡邦夫

F1並みのスピードで過ぎる日常から、散歩をするようにゆっくりとした非日常に接すると、慌ただしく見逃してきた自分の生活や、人間関係に改めて気づくことがあるようです。あるお客様は食事のあとに携帯電話を取り出して、「なぜか急に、パリにいる娘の声が聞きたくなった」といって電話をかけておられました。そこで親子の絆が深まれば、私たちにとっても本当に嬉しいことです。これもまた、最高のおもてなしができた証だと考えています。


夏川賀央

会社帰りに街をブラブラしたり買い物をすることも、流行や消費者の気持ちを理解することにつながります。それは、ダラダラ残業して、いつも居残りメンバーで飲みに行ってしまうような人では、なかなか学べないことです。大切なのは、残業をせずにただ早く帰るだけでなく、その時間をどうやったら仕事に活かせるかという視点を持つことです。


手代木功

トップダウンの教育に加えて、下からもプレッシャーをかけています。その仕組みが、社長就任以来、3か月に1度、全従業員に配信しているメッセージです。5000~8000字もの長文で、株価を含めた会社の状況や展望など、インサイダー取引にならないよう配慮しつつ詳しい情報を盛り込んでいます。本来、上に立つ者は、部下より優れた判断力を身に付けているべきですが、現実は上司の方が多くの情報を持っているというだけで、部下に対して優位に立っているケースも少なくないでしょう。全社員に同じ情報を提供することで、上司に勉強を促し、考える力を養ってもらいたいと考えています。


鍜治真起

僕はもともと、出版社や印刷所に勤務しているときから、「いつか自分で雑誌をつくりたい」という気持ちがありました。


久住昌之

(店選びのときに見るのは)店の場所だったり、雰囲気だったり。ただ、なるべく古い店に入りたいんですよ。なんでかって言うと、店を何十年も続けるのは大変なことで、それだけの魅力があるということだから。雰囲気がいいとか、店主がいいとか、味がいいとか、安いとか、いろんな良い部分があるから、愛されて続いてるということだと思うんです。


河合滉二

信念を持って仕事に向かい、失敗を恐れず実行するところに、人間としての前進や企業の発展が生まれる。皆の考えではない。これは自分の考えだと自信を持って言える仕事は必ず成功する。そしてそのような仕事こそ後世まで残るのである。


古森重隆

自分の人生を振り返れば、鮮やかに物事が成就、あるいは勝利できたことは少ない。何らかの成果を上げることができた時も、必死になって考え、知力と死力を振り絞り、最後まで泥臭く頑張り通した後の成就が大半だった。これは私に限らず、何かを成し遂げた人のほとんどがそうではないだろうか。


竹内弘高

教養を身につけるには、真面目に青臭い議論を交わすことが何より大切。


たむらけんじ

僕はホンマにビビリですねん。裸に獅子舞でテレビに出てますけど、ガラスのハートです。けど経営者としては、数字に関してそれくらい慎重でいいと思ってますわ。


張本邦雄

営業時代に自分なりに考え、人間関係は訪問回数と時間に比例するはずだと、用がなくても担当先に足を運び続けました。当時は(オイルショックで)売る商品がありませんから、世間話だけして帰ってくる。でも、何度も通い続けているうちに、「お客様と営業」の関係から「人と人」の関係に変わったと感じる瞬間がくるのです。すると、「近くまで来たので寄りましたが、お茶でもどうですか?」と誘って、いろいろな話ができるようになります。まあ大半は「最近仕事どうです?」といった他愛もない話でしたが、相手がぽろっと重要な情報を教えてくれることも増えました。


吉岡徳仁

日本のものづくりの本質は欧米のそれとは異なります。インパクトやアイデアの斬新さを主張する欧米に対し、日本は完成度に対するクオリティを追求する。しかも、それは世界トップクラスのレベルです。


五島昇

事業とは、最後は浮沈をかけた勝負である。
【覚書き:父、五島慶太の生き様から学んだ経営哲学について語った言葉】