名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚本昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本昌彦のプロフィール

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

塚本昌彦の名言 一覧

超ポジティブ。僕の信念は、そこに辿り着く。しっかりと考えに考えたうえならば、前のめりに挑戦をするべき。


自分が好きだ、楽しいと思えることを研究テーマにしなさい。


「好き」「楽しい」というモチベーションがあれば、次々にいろんな想像が広がる。学生たちは僕なんかが考えつかないアイデアを形にしてきます。


「楽しい」に勝るエンジンは無い。


上司はネガティブなことを言うものです。それは話半分に聞いておいて、二歩先を考えながら超ポジティブに突き進むのが正解。少なくともそのほうが楽しい。


アニメや映画でウェアラブル・コンピュータがたくさん出ているのも見逃せません。そういったビジョンは研究者のモチベーションを大いに刺激しますからね。


興味のない分野で可能性や改善策を探しても、想像が及ばないことがあるかもしれない。それが一生懸命打ち込んでいることなら研究テーマも考えやすい。だから、助成金の申請に不利なマニアックなものであっても、市場との接点は僕が見つけてくるから、好きなことをしなさい。


世の中、何かというとネガティブなことばかり言う人、多いでしょ。デキない理由ばかり言って挑戦しない、させない。それは、違う。リスクを考えたうえでそれを凌駕する「やる理由」をたくさんリストアップすればいい。


僕はずっと「これはスゴイでしょ?」と友達に伝える行為が大好きだった。一貫しているのは自分でモノをつくり、誰かに見せる。そして喜ばれる満足感が好きだということ。


机上の研究、論文だけで終わらせるのがイヤだった。情報技術の研究って、頭でっかちになりがちなんですよ。僕は実際に使うことで、そんなスタイルも変えたかった。実際に使い続ければ、利便性や可能性、または問題点がより見えてくる。


ウェアラブル端末を装着して生活するという選択も、最初は悩みに悩んだ。やはり見た目のインパクトも強いし、ただの目立ちたがりの研究者にとられるのではないかと。だけど、誰もやっていないことを実践するメリットのほうがずっと大きかった。自らの体を使って蓄積させていくことは、他の人が絶対に追いつけない強みになる。オンリーワンであることが、来るべきウェアラブルの世界でナンバーワンになれる可能性に繋がるわけですから。


モバイル(携帯)の次の段階であるウェアラブル(着用可能な)の時代はすぐそこですよ。パソコンを着るようになると仕事が変わり、生活が変わるんです。夢物語と思われるかもしれない。でも、携帯電話も初期のころは背負う時代があったでしょ。いまのようにゲームをしたり、買い物をしたりする世の中を10年前にみなさんが予想できたでしょうか。


夢みたいな話をすると必ずネガティブな批判をされる方が出てくるんですよ。「危なくないか」「目に悪いんじゃないか」。ほかにも「ライバル市場は?」「マーケット規模は?」なんていうのもある。ようは難癖つけて出る杭を叩く。夢のある企画をつぶそうとする力が働くんです。そうした力に抗う意味でも、自らウェアラブルコンピュータを身につけるようになったんです。「ウェアラブルの有用性を実践してやる!」「自分の体でノウハウを蓄積してやる!」ってね。


塚本昌彦の経歴・略歴

塚本昌彦、つかもと・まさひこ。日本の情報工学者。大阪府出身。京都大学工学部数理工学科卒業、京都大学大学院工学研究科応用システム科学専攻修士課程修了、京都大学で工学博士号を取得。シャープ勤務、大阪大学工学部情報システム工学科講師・助教授などを経て、神戸大学工学部電気電子工学科教授、神戸大学大学院工学研究科教授。

他の記事も読んでみる

山本直美(チャイルド・ファミリーコンサルタント)

部下に対しても、「(将来)どうなりたいか」ではなく「(いま)どうありたいか」という目標を持たせ、それが行動に表れているようなときは、きちんと評価する姿勢を見せるようにしてください。そうすれば、彼らは大きな自信を得て、「ありたい自分」をますます追求できるようになります。これも人材育成のひとつのコツだと言えるでしょう。


ベンジャミン・フランクリン

勤勉は幸運の母である。


松岡利昌

以前、私はセンサーを使いオフィスのコミュニケーション状況を調査したのですが、喫煙者が社内のコミュニケーションに大きな役割を果たしていることがわかりました。しかも、喫煙室のすぐ外にラウンジを設置することで、喫煙者と非喫煙者の間でも活発なコミュニケーションが行われるのです。こうしたスペースを設けることで、社内のコミュニケーションを活発化するという手もあると思います。


ロバート・キヨサキ

皆さんに実践してほしいのが、「フォーカス」するということ。ただし、その意味はふたつある。ひとつは、投資対象を絞ること。もうひとつは、気持ちのうえでも「集中」すること。


小山龍介

ティッシュ箱は置き場所が定まらない物のひとつです。私がお勧めするのは、ティッシュ箱をガムテープで机に留めてしまうことです。ティッシュ箱のようにかさばる物は、机の下や引き出しの横に貼りつけておけば邪魔にならないし、紛失する心配もありません。ペン立ても同様で、ガムテームで机の上に固定しておけば、いつも同じ場所にあって安心です。


榎本博明

成長とは、言葉を換えれば自己改造です。自分の本質的な部分を変えるのは、精神的に負担や苦痛をともなうものですが、手っ取り早く「自分を大きく見せたい」意識が働くと、人間は上から目線になりやすいんです。しかし、上から目線は自分の弱さを一時的にカモフラージュするだけで、自分が強くなるための手段じゃない。自信のなさは、すぐに相手に伝わってしまうのが現実なのです。


新川義弘

注文を取りに行くスピード、料理を出すタイミング……こうした基本を疎かにして、パフォーマンスに走っては本末転倒です。基本をおさえてこそ、お客様への事前予知力が生きてくるのです。そこはくれぐれも勘違いしないでください。


南雲吉則

肩の力を抜くためにお勧めしたいのは、自分の顔を鏡でみてみることです。意識していないと、表情が硬くなっているものです。怖い顔をしていたら、鏡のなかの自分に「肩に力が入っているよ。無理するなよ」と声をかけてあげてください。自分自身の心や身体と対話することも、肩の力を抜いてリラックスするには有効です。


舟橋孝之

以前は、獲物を捕獲するように、次々と新しい顧客を開拓していく「狩猟型の営業」が奨励されていました。しかし、乱獲が希少な生物の絶滅を招くように、景気が低迷して顧客がそう簡単に増えない状況では、狩猟型の営業だけでは必ず限界を迎えます。景気のよかったころに現場にいた上司が、自分のやり方を若い部下に強いるケースは多いと思いますが、昔のスタイルは残念ながらもう通用しないのです。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

体力がある若い頃は仕事を「量」で測りがち。対して成熟したビジネスマンは仕事を「パフォーマンス」「成果」で測る。そして、短い時間でそれを獲得したことに達成感を覚える。


アリストテレス

幸福は暇にこそあると思われる。なぜなら、我々は暇を得るために働き、平和のうちに過ごさんがために戦争をするからなり。


船木和喜

スランプの種は、主に心の中にある。心は見えないからこそ、書くという見える化する作業が役立つ。それによって、隠れている本当の種が見つかるはず。