名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

塚本康浩の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本康浩のプロフィール

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

塚本康浩の名言 一覧

「好きなこと」と「社会に役立つもの」。この2つをどう繋げていくかがカギ。


外野からの声には鈍感を決め込むに限る。「好き」と「社会」を繋げられたら、あとはダチョウのようにアホみたいに突き進んでいいんちゃいますかね。


人は話してみないとわからない。逆に言えば話せばわかる。


僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。


ダチョウの一番の問題点は、「コワい」ということ。抗体をつくるには、どうしたってダチョウに近づかざるを得ない。するとダチョウたちは危険を感じて、体重160kgもあるくせに、シャモみたいに跳び蹴りしてくるんです。僕も何度か吹き飛ばされてますね。あのかわいくも、恐ろしく凶暴な動物を実験材料に使えた、踏み込めた、というのは僕のダチョウ愛の賜物ではないでしょうかね。


ダチョウ抗体を作り出したのは僕らですが、ダチョウマスクなどの商品はベンチャー企業や素材メーカー、化粧品メーカーとのコラボレーションです。じつはここで活きたのが「獣医をしてきた経験」だと感じてます。要はコミュニケーション力。土佐犬を飼っているおっさんとか、逆ギレするおばちゃんとか……。それはもういろんなタイプの人間と折衝してきたわけです。それを体験していたので、いろんな価値観を持った方々とフラットに話せた。ずっと研究所に閉じこもりプラナリアを顕微鏡で覗くだけの研究者には難しかったんじゃないかなと。


ダチョウの自然治癒力はすごい。ある日数十羽のカラスに体をつつかれ皮はベロベロにはがれ、やっとクビが繋がっているダチョウがいた。「助からないな……」と確信したのに3日後には皮下組織が固まり、1か月後には新しい皮膚が再生していた。気が付いたらピンピンして走り回っていたんですよ。専門医として生態を観察しながら「生命力と免疫力が強いダチョウで抗体などをつくったら強力なものができるのでは?」という仮説が立った。「面白い。飼ってみたいな」という思いと同時にね。


ダチョウのどこに魅かれたか? まず、アホなんですわ。いままで見てきた動物と比べ、段違いにアホでしたね。さらに「汚い」んですね。普通鳥類はすべからくキレイ好きで熱心に羽づくろいする。おかげで病原菌を排除でき、長生きができるとも言われている。だけどダチョウは汚れたら汚れっぱなしなんです。なのに寿命は60年と極めて長い。「アホ」で「長生き」って何だかすごいでしょ? だけど、それは「生命力が強い」ということなんです。


大学院で研究をしながら、夜は大学近くの動物病院でバイトもしていたんです。現場はすごかったですよ。コワモテの飼い主が闘犬によって傷ついた土佐犬を連れて泣きついてきたり、自分とお揃いのマニキュアをプードルに塗り「除光液で皮膚炎が起きた」と嘆く飼い主が現われたり……。大阪ですから、めちゃくちゃですわ。でもそんな風に研究室に閉じこもっていられない性分だったから、ダチョウと出会えたんです。


子供の頃から烏好きで、ずっと烏を飼っていました。だけど小学生の頃、風呂も寝るのも一緒だった黒ブンチョウを誤って踏んで死なせてしまった。お尻から飛び出した内臓を前に、何もできなかった。その悔しさから獣医を目指したんです。研究室も、ほとんどの獣医希望者は犬や牛、豚などの家畜を選ぶけれど、僕はアヒルや鶏といつた家禽(かきん)を選んだ。大学院に進んでからの研究対象も鶏。鶏の砂ずりから抽出されるタンパク質の分子がガン細胞の転移に関与することを突き止め修士論文とした。


塚本康浩の経歴・略歴

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

他の記事も読んでみる

ゴーリキー

他人をあてにしてはならない。我々はみんな取るために生きているので、与えるために生きているのではない。


西村晃(経済評論家)

いまは弱肉強食の世の中だけに、「うちの業界はこうだから……」という論理を押しつけても勝ち組にはなれない。同様に自分の都合ばかり押しつけたところで、お金儲けにはつながらない。


小野守男

望遠ズームは性能がよくても安いものがないと、ある専門家が指摘したわけ。その専門家は、5万円以下でつくれたら市場は拡大する、とも言い切った。ならば「その価格で製品化しよう」となった。


岡藤正広

こちらの情熱を伝えるためには、高い目標を設定することが一番です。ただし、高すぎる目標はいけません。社員はみんなしらけてしまう。1年先、2年先、せいぜい3年先に、少し無理をすれば届くくらいの目標を設定することがポイント。


宗次徳二

他の人が「そんなことを」というような小さなことを「そこまでやらなくても」と言われるくらいコツコツ続けてきた人が、力を蓄えて成長するのです。


北島康介

食へのストレスを感じないように、食事制限はしていません。好きなものを好きなだけ食べる。睡眠はトレーニングの一部だと考え、たくさん寝るようにしています。


金子和斗志

人生は一度きり。お金で買えないたった一度の人生を、「人間として生まれてきてよかった」と思えるようにしたい。


諏訪内晶子

演奏家にとって大前提になるのは演奏の技術だから、基礎的な訓練についてはまずどのような状況においても続けます。


孫正義

知恵で勝負することが重要なのです。慣習・形式・権威にとらわれないでチャレンジするそれがベンチャースビリッツです。事業の成功は、精一杯チャレンジを続けていれば後は確率論の問題です。失敗を恐れずに、様々な手段を次々に試していれば、必ずどこかで当ります。卵は数を生まないと、試練に耐える鮭は生まれてこないわけです。


奥田務

経営を変えていくとき、非常に大切なのは、社員全員が健全な危機意識を持つことだと思うんです。もうダメだダメだと考えるのは本当にダメで、努力しているけれど、もっと高い目標に向かって変えていくんだという意識を永遠に持ち続ける。それが生き甲斐じゃないかと。そうすることで、不況下でも、経常利益を5年連続増益、最高益を2年連続で更新できたし、今期も三年目の最高益を出すつもりでやっています。


和崎信哉

民放やNHKの制作力は非常に優れていると思います。資金力や人材面の厚みからしても、我々有料テレビが簡単に追いつけるレベルではありません。ただ、ここ十数年に限ると、民放は視聴率やマーケティングにとらわれすぎてしまったのかもしれません。放送時間帯と視聴者層とをかけあわせると、どうしても各局似たような企画が並んでしまいます。その結果、番組内容が均質化し、その局ならではのカラーが薄まってしまいました。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

僕は相手が怒ったり、機嫌を損ねたら、私のどこが悪かったんですかと正直に聞いちゃんうです。それで顔が怖いといわれたら、家に帰って鏡の前で優しく見える表情の研究をしたりしてね(笑)。