名言DB

9413 人 / 110706 名言

塚本康浩の名言

twitter Facebook はてブ

塚本康浩のプロフィール

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

塚本康浩の名言 一覧

「好きなこと」と「社会に役立つもの」。この2つをどう繋げていくかがカギ。


外野からの声には鈍感を決め込むに限る。「好き」と「社会」を繋げられたら、あとはダチョウのようにアホみたいに突き進んでいいんちゃいますかね。


人は話してみないとわからない。逆に言えば話せばわかる。


僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。


ダチョウの一番の問題点は、「コワい」ということ。抗体をつくるには、どうしたってダチョウに近づかざるを得ない。するとダチョウたちは危険を感じて、体重160kgもあるくせに、シャモみたいに跳び蹴りしてくるんです。僕も何度か吹き飛ばされてますね。あのかわいくも、恐ろしく凶暴な動物を実験材料に使えた、踏み込めた、というのは僕のダチョウ愛の賜物ではないでしょうかね。


ダチョウ抗体を作り出したのは僕らですが、ダチョウマスクなどの商品はベンチャー企業や素材メーカー、化粧品メーカーとのコラボレーションです。じつはここで活きたのが「獣医をしてきた経験」だと感じてます。要はコミュニケーション力。土佐犬を飼っているおっさんとか、逆ギレするおばちゃんとか……。それはもういろんなタイプの人間と折衝してきたわけです。それを体験していたので、いろんな価値観を持った方々とフラットに話せた。ずっと研究所に閉じこもりプラナリアを顕微鏡で覗くだけの研究者には難しかったんじゃないかなと。


ダチョウの自然治癒力はすごい。ある日数十羽のカラスに体をつつかれ皮はベロベロにはがれ、やっとクビが繋がっているダチョウがいた。「助からないな……」と確信したのに3日後には皮下組織が固まり、1か月後には新しい皮膚が再生していた。気が付いたらピンピンして走り回っていたんですよ。専門医として生態を観察しながら「生命力と免疫力が強いダチョウで抗体などをつくったら強力なものができるのでは?」という仮説が立った。「面白い。飼ってみたいな」という思いと同時にね。


ダチョウのどこに魅かれたか? まず、アホなんですわ。いままで見てきた動物と比べ、段違いにアホでしたね。さらに「汚い」んですね。普通鳥類はすべからくキレイ好きで熱心に羽づくろいする。おかげで病原菌を排除でき、長生きができるとも言われている。だけどダチョウは汚れたら汚れっぱなしなんです。なのに寿命は60年と極めて長い。「アホ」で「長生き」って何だかすごいでしょ? だけど、それは「生命力が強い」ということなんです。


大学院で研究をしながら、夜は大学近くの動物病院でバイトもしていたんです。現場はすごかったですよ。コワモテの飼い主が闘犬によって傷ついた土佐犬を連れて泣きついてきたり、自分とお揃いのマニキュアをプードルに塗り「除光液で皮膚炎が起きた」と嘆く飼い主が現われたり……。大阪ですから、めちゃくちゃですわ。でもそんな風に研究室に閉じこもっていられない性分だったから、ダチョウと出会えたんです。


子供の頃から烏好きで、ずっと烏を飼っていました。だけど小学生の頃、風呂も寝るのも一緒だった黒ブンチョウを誤って踏んで死なせてしまった。お尻から飛び出した内臓を前に、何もできなかった。その悔しさから獣医を目指したんです。研究室も、ほとんどの獣医希望者は犬や牛、豚などの家畜を選ぶけれど、僕はアヒルや鶏といつた家禽(かきん)を選んだ。大学院に進んでからの研究対象も鶏。鶏の砂ずりから抽出されるタンパク質の分子がガン細胞の転移に関与することを突き止め修士論文とした。


塚本康浩の経歴・略歴

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

他の記事も読んでみる

上野治男

企業が倫理規定を公表するようになると、不祥事が起こるたびにその遵守状況が俎上(そじょう)に載せられ、痛し痒しだという声もありますが、とんでもない。守れないようなことを約束するから、批判されるのです。きれいごとや大言壮語ばかり並べるから、後々、苦労するのです。守れない約束をするのは、約束を守るつもりがないのと同じこと。そうした組織風土では、いくら倫理規定を設けても、不祥事や法令違反はなかなか根絶されません。


小木紀親

物事の解決策を考えるうえで、いきなり解決策と考えると、どうしても小手先の対策になってしまいがち。まず理由を考え、それに基づいた解決策を出し、実行する。ソリューションはその一連の流れからしか生まれません。


宮嶋宏幸

やはり専門性は非常に重要でしょう。まず、顧客がいま使っているモノよりも、もっと暮らしを快適にできる商品が揃っていること。ライフスタイルに合わせて、それらを適切に案内できること。そして、購入後のサポートがきちんとできることが重要だと思います。


チャップリン

失敗した方が、人生は面白いよ。


文野直樹

当社の餃子は47年間続いてきた中で小さなイノベーションを起していきながら商品改良を重ねてきました。その結果が、いまでも店舗数が増えているという実績だと思うのです。


太田英昭

公共性の高い放送事業を健全に継続させるためにも、安定した経営基盤が必要。


ウォーレン・バフェット

日本企業、とりわけこれから事業を立ち上げようとする日本人への注文があります。それは、もっと顧客に焦点を当てて欲しいということです。喜んでいる顧客がいるような事業が失敗することはありません。あなたを愛する顧客と、あなたに満足する顧客がいれば、その事業はとても上手くいっているといえます。そのために、自分の仕事への愛情が大切になるのではありませんか。


鎌田實

「人のために」という意識に立って手がけた仕事は、ブーメランのように、巡り回って自分のところに帰ってくるものです。


樋口武男

当社では、介護する人もされる人も助かるよう、自動排泄ロボットを販売しています。どうしてハウスメーカーがそんなことをするのか。それは創業者の「時代の先の先を読む」「社会に役立つことをする」という教えがあるからです。日本には、寝たきりの高齢者が約130万人いると言われています。介護する人もまた高齢化しています。そして、下(しも)の世話というのはとても大変なことです。だから自動排泄ロボットを販売しているのです。


粟津恭一郎

私は経営者や役員にコーチングを行っていますが、そのときには対象企業のニュースや経営状態、理念、ほかの役員からのフィードバックなど、さまざまな情報に目を通します。コンサルタントではありませんから、アドバイスをするわけではありません。ただし、いい質問を考えるには、相手のことを知っておく必要があるのです。


アリストテレス

徳とは、我々にとって中庸である行為を選択する態度である。


加藤俊徳

平日に使い過ぎた脳番地を休めるために、休日は平日にやってない活動をしましょう。まず、平日6時間以下の睡眠が3日以上ある人は、脳の疲労がたまって元気が出ません。睡眠不足が元気のない理由、やる気が出ない理由なのです。脳は十分な睡眠を取っていなければ、日中の活動を自動的に低下させるメカニズムを持っているのです。ですから、うつっぽいと感じたら、夜零時前に就寝しているか、1日6時間以上寝ているかを確認してみてください。もし、1週間の睡眠時間の合計が42時間以下なら、それは「しに」に行くようなものと考えてください。休日の2日間でたっぷり寝て、1週間の睡眠時間を合計45時間は確保しましょう。


芝谷浩

どうしても残す・捨てるの判断が難しければ、「過去2カ月間、使っていない」→「捨てる」といった基準を決め、機械的に分けることをおすすめします。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

「マルチファンクション制」という制度も導入しました。1人の社員が「商品開発」と「販売」など2つ以上の仕事を担当します。他部門の課題や悩みを共有すれば、相手の立場に立った提案ができ、助け合いの精神も生まれます。


望月実

企業の数字のことがわかると自分の仕事に役立ちます。新聞に「A社が最終赤字○○億円」と出ると、一般的なビジネスマンは「あそことは新規取引は難しいだろう」と思いますが、試しに決算書を手に取って、セグメント情報を見てください。セグメント情報は何も難しいことはありません。部門別売上高や利益が記載されており、その状況は一目でわかります。これを見ると、たとえ巨額の最終赤字を出した企業でも、実は営業利益ベースでは黒字事業がいくつもある。好調といってもいい部門があるかもしれない。そこにビジネスを仕掛ける余地があるのです。多くの人は新聞の見出しにあった「赤字」のことしか頭にないので、案外、これは盲点です。