塚本康浩の名言

塚本康浩のプロフィール

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

塚本康浩の名言 一覧

「好きなこと」と「社会に役立つもの」。この2つをどう繋げていくかがカギ。


外野からの声には鈍感を決め込むに限る。「好き」と「社会」を繋げられたら、あとはダチョウのようにアホみたいに突き進んでいいんちゃいますかね。


人は話してみないとわからない。逆に言えば話せばわかる。


僕がいくらダチョウを好きでも、それだけじゃ何も生まれない。社会のニーズだけ拾って動くのもやはりモチベーションとして弱い。「ダチョウを飼いたい、研究したい。そのためにはどうすれば。社会的な意義は」。そんないわば「こじつけ力」があったから、結果として、意義ある研究、商品ができた。


ダチョウの一番の問題点は、「コワい」ということ。抗体をつくるには、どうしたってダチョウに近づかざるを得ない。するとダチョウたちは危険を感じて、体重160kgもあるくせに、シャモみたいに跳び蹴りしてくるんです。僕も何度か吹き飛ばされてますね。あのかわいくも、恐ろしく凶暴な動物を実験材料に使えた、踏み込めた、というのは僕のダチョウ愛の賜物ではないでしょうかね。


ダチョウ抗体を作り出したのは僕らですが、ダチョウマスクなどの商品はベンチャー企業や素材メーカー、化粧品メーカーとのコラボレーションです。じつはここで活きたのが「獣医をしてきた経験」だと感じてます。要はコミュニケーション力。土佐犬を飼っているおっさんとか、逆ギレするおばちゃんとか……。それはもういろんなタイプの人間と折衝してきたわけです。それを体験していたので、いろんな価値観を持った方々とフラットに話せた。ずっと研究所に閉じこもりプラナリアを顕微鏡で覗くだけの研究者には難しかったんじゃないかなと。


ダチョウの自然治癒力はすごい。ある日数十羽のカラスに体をつつかれ皮はベロベロにはがれ、やっとクビが繋がっているダチョウがいた。「助からないな……」と確信したのに3日後には皮下組織が固まり、1か月後には新しい皮膚が再生していた。気が付いたらピンピンして走り回っていたんですよ。専門医として生態を観察しながら「生命力と免疫力が強いダチョウで抗体などをつくったら強力なものができるのでは?」という仮説が立った。「面白い。飼ってみたいな」という思いと同時にね。


ダチョウのどこに魅かれたか? まず、アホなんですわ。いままで見てきた動物と比べ、段違いにアホでしたね。さらに「汚い」んですね。普通鳥類はすべからくキレイ好きで熱心に羽づくろいする。おかげで病原菌を排除でき、長生きができるとも言われている。だけどダチョウは汚れたら汚れっぱなしなんです。なのに寿命は60年と極めて長い。「アホ」で「長生き」って何だかすごいでしょ? だけど、それは「生命力が強い」ということなんです。


大学院で研究をしながら、夜は大学近くの動物病院でバイトもしていたんです。現場はすごかったですよ。コワモテの飼い主が闘犬によって傷ついた土佐犬を連れて泣きついてきたり、自分とお揃いのマニキュアをプードルに塗り「除光液で皮膚炎が起きた」と嘆く飼い主が現われたり……。大阪ですから、めちゃくちゃですわ。でもそんな風に研究室に閉じこもっていられない性分だったから、ダチョウと出会えたんです。


子供の頃から烏好きで、ずっと烏を飼っていました。だけど小学生の頃、風呂も寝るのも一緒だった黒ブンチョウを誤って踏んで死なせてしまった。お尻から飛び出した内臓を前に、何もできなかった。その悔しさから獣医を目指したんです。研究室も、ほとんどの獣医希望者は犬や牛、豚などの家畜を選ぶけれど、僕はアヒルや鶏といつた家禽(かきん)を選んだ。大学院に進んでからの研究対象も鶏。鶏の砂ずりから抽出されるタンパク質の分子がガン細胞の転移に関与することを突き止め修士論文とした。


塚本康浩の経歴・略歴

塚本康浩、つかもと・やすひろ。日本の獣医、獣医学博士。「京都府立大学大学院」教授。京都府出身。大阪府立大学農学部獣医学科卒業、同大学院農学部生命科学研究学科博士課程獣医学専攻修了。大阪府立大学助手、ダチョウ牧場「オーストリッチ神戸」ダチョウ主治医などを経て京都府立大学大学院生命環境科学研究科教授。ダチョウの卵から新型インフルエンザ抗体を大量に生産する方法を開発。

他の記事も読んでみる

宮坂学

僕らにとって大事なことは、出店者がどれだけ儲かるか。出店者が儲けて初めて広告が出るわけですから、様々なサイトに出店して売上を増やしてもらう必要がある。


ゲーテ

常に時間はたっぷりある。うまく使いさえすれば。


榎本博明

完璧な人間などいませんから、どんな人でも何らかの劣等感を持っています。そこで弱みは弱みとして受け入れ、「自分はこういう強みがあるから、これで弱みをカバーすればいい」と考えられる人は、それ以上劣等感に悩まされることはありません。


芳川裕誠

競争力のあるプロダクトをつくるには、技術だけでなく、マーケティング、営業、マネジメントなど幅広い分野の人材が必要になる。


ロバート・キヨサキ

教育に卒業も定年もない。学び続けた者が勝つ。明日からと言わず、いまから始めることだ。やり続けている限り、あなたは一歩一歩成功に近づいている。


ピョートル・フェリクス・グジバチ

綿密な段取りを組んで指示を出しても、作業をするのは人間。チームで段取りよく仕事を進めるためには、リーダーが部下からの信頼を得て、話しやすい人間関係を作ることが大切。


岡本和彦(経営者)

大学卒業後に入社したのは松下電器産業(のちのパナソニック)です。松下に在籍した17年間は確実に私のビジネスライフの基盤となっています。私が松下に入社した時、創業者の松下幸之助は70代後半。現役の会長で入社式、配属式などでは登壇して話をしていました。私たちは幸之助の肉声を聞けた最後の世代と言えます。その影響は大きく、私は企業人として、また経営者として、幸之助の精神を常に心に留め実行してきたつもりです。中でも強く心に残っているのは幸之助が「松下電器が遵奉すべき精神」として掲げた「7精神」。「産業報国」「公明正大」「和親一致」「力闘向上」「礼節謙譲」「順応同化」「感謝報恩」です。毎日唱和するので社員は全員そらんじることかできました。入社直後は半信半疑だった新入社員も2~3年経つと「全くその通りだ」と共感するようになります。経営の根幹として定着した精神でした。


工藤英之

国籍や人種、性別、学歴や経歴などバックグラウンドの違いを排除の理由にするのではなく、面白さを感じる原因にすべきではないかと思うのです。それが何かの始まりとなり、進化につながるのではないでしょうか。


出口治明

立派な指導者は、一番下の人の意見を良く聞く。


村田昭治

いまの時代に求められるのは正しい人、正しい企業だ。正しい人とは誠のある人であり、正しい企業とは誠のある企業である。


村上力

上司とは部下へのサービス業です。部下のミスをフォローするのが上司の仕事です。そもそも部下だけに任せておける仕事なら、上司は必要ないわけです。仕事は一人ではできません。へこたれそうな部下を支えてあげられる上司のもとには、いい部下が集まります。


永守重信

午前中は頭脳の働きが冴えているので、稟議書などの書類を読み込んだり、難しい文書を作成したりという仕事にあてています。集中力が落ちてくる午後には、人と会って刺激を受けます。それが4時半までです。5時を過ぎると再び集中力が高まってくるので、またデスクワークに専念します。退社時間は、20代のころは夜12時と決めていましたが、60代のいまは8時に切り上げています。


渡邊陽一

私はインターネット事業にシフトする中で、あるスポンサー支援サイトの構築を計画していました。そのサービスの詳細を説明する際に、顧客から「説明が長い!」と苦情を言われていたんですね(笑)。だから、サービス名を聞いただけで、その内容がわかる商品にしなければと。


大坪速男

我々の社訓は「明るく誠実に研鑽努力すること」です。明るく誠実に努力すれば報われます。


吉田鋼太郎

映像の現場に行ってみると、学ぶことが多かったんです。映像作品で経験したり感じたことを、舞台での芝居に持ち帰って活かせたことも役者として財産になりました。


ページの先頭へ