名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚本幸一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本幸一のプロフィール

塚本幸一、つかもと・こういち。女性下着メーカーのワコール創業者。第二次大戦でインパール作戦などに従軍。復員後、ワコールの前身 和江(わこう)商事を設立し婦人用アクセサリー卸業を開始する。ワコールに社名変更し婦人用下着を主力商品とする。その後、日本トップクラスの女性アパレルメーカーとなる。京都商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭、財団法人地域活性化センター理事長などを務める

塚本幸一の名言 一覧

失敗をする。しかしそれが人生の一番のターニングポイントだと思う。


諦めと我慢の意思決定は、人生を左右する。


格好よく言えば、私は女性を美しくすることに生涯をささげてきた。まことに幸せな人生というべきだ。


この世に難関などない。難関というのは、あくまでも本人の主観の問題なのである。難関だと思っている自分があるだけだ。


どんな業界にあってもトップ企業は、リーダーとしての責任を負うべきだ。【覚書き:(社)日本ボディファッション協会を立ち上げた時の発言】


復員したその日から私はアクセサリーの行商に出た。昨日まで帝国軍人であった私が、今日から女性のアクセサリーを売る。奇異に思う人もいるかもしれないが、それは私の体の中に、近江商人である父の血が流れていたからに他ならない。25歳の私には家族を養わなければならない義務感もあったが、なによりも代々商人であった塚本家の血が私の中にも波打っていた。


人の心は日々、千変万化する。だが、喜怒哀楽や物事の大小にとらわれず、現在の自分でできるかできないかで判断する。そのためには正しい自分を常に知り続けなければならない。私が座右の銘とする「知己 自分自身を知る」とは、戦争から今日にいたるまでの体験から生まれ出た人生の取り組み方、また、そうありたいと願う私の願望の言葉でもある。


私にとって人生とは、自分自身を知るための日々なのだ。戦場で生き残り、天命によって生かされ、事業という第二の戦場で現在も戦い続けている私とはいったい何者なのか。自分の内面を見つめて、常に己を知ろうとしている。己は時には、対面する相手の言葉や表情にも表れる。自分が行っている仕事に対する周囲の反応から己が出てくる場合もある。


個人商店から株式会社へと切り替えた時、私は長期50年計画を打ち出した。はじめの10年は国内市場開拓の時代。次の10年は国内市場確立の時代。さらに次の10年は海外市場開拓の時代。その後の10年は海外市場確立の時代。そして最後の10年が世界企業として確立を目指す時代である。


どのような危機の時も私はたじろがなかった。むろん解決に自信があったわけではない。どんなときも全身全力でぶつかってきた。私は信じていたのである。あの戦地の地獄の白骨街道を生き延びてきた自分には、52人の戦友の魂がついている。ここで倒れるわけにはいかない。また彼らが助けてくれぬはずがないと。


死んだ気になればなんでもできるというが、もともと自分は一度戦地で死んだ体である。いわば戦地の決死隊が商売の決死隊に代わっただけだ。そう思えば商品をぎっしり詰め込んだリュックの重さなど物の数ではない。


人間がひとつの経験をすることによって、その後の人生が決まることを原点というなら、私にとっての原点は大東亜戦争です。食料も弾薬も尽き、部隊は敗走に次ぐ敗走の日々、戦死、病死、自殺、ゲリラや土民に殺される者、毎日、櫛の歯が抜けるように戦友たちが死んでいった。私が最も強く思ったのは「自分は生きているのではない。天の命によって生かされているのだ。私のこれからの人生は死んだ52名の戦友に代わって、世の中のために生きていくことだ」


己を知る。一刻一秒も止まらず変化し続ける己自身を正しく知れと教わった。うぬぼれず、卑下せず、己を正しく知って判断し、出来ることは必ず実行しろと教えていただいた。


リーダーというものは、下に対して俺を信頼しろというのではなく、まず自らが下を信頼すること。すべてはそこからはじまります。


私の思想の根幹は、「人間は生かされている」ということ。戦争に行くまでは、自分は生きていると考えていた。でも、あの地獄(インパール作戦)の中で再び生きては帰れないと諦めていたのに、ある日、気がつくと日本へ帰る復員船に自分が乗っている。どうして俺は生きているのか、という素直な疑問を突き詰めて考えた結果、生かされていると信じるようになった。


塚本幸一の経歴・略歴

塚本幸一、つかもと・こういち。女性下着メーカーのワコール創業者。第二次大戦でインパール作戦などに従軍。復員後、ワコールの前身 和江(わこう)商事を設立し婦人用アクセサリー卸業を開始する。ワコールに社名変更し婦人用下着を主力商品とする。その後、日本トップクラスの女性アパレルメーカーとなる。京都商工会議所会頭、日本商工会議所副会頭、財団法人地域活性化センター理事長などを務める

他の記事も読んでみる

坂木司

学生のときとか、よく将来の夢とか書かされるじゃないですか。あと、進路表とか。もちろん夢があるのは素晴らしいし、あって全然いい。でも、ない人にとっては、じゃあ、ないと素晴らしくないのかという矢がはね返ってくる。だから、別にどっちだっていいじゃん、と。ない人もいっぱいいるし、持ってもいいし、持たなくてもいい。


ケラリーノ・サンドロヴィッチ

事務所の連中、バンドメンバー、レコード会社は、「劇団なんか辞めてくれ」と言う。確かに劇団はまったく儲からず、バンドのツアーやレコーディングのほうが確実に実入りはよかった。でも、僕は、一つのことだけずっとやっていると息が詰まるんです。もしあの時、劇団を続けられなかったら、バンドも、もっとずっと早く解散していたと思います。


仲代達矢

「おまえら並のままでいいのか」。僕はよく若手をこう挑発するんです。人間の一生は長くない。この瞬間にやりたいことをやっているかと。


関正生

英語を真剣に勉強しようと思うなら、「覚悟」と「自分への甘やかし」が必須。語学の習得はものすごく時間がかかるもの。コツコツが苦手なら、一気にやる。三日坊主になるなら、三日で終わらせる。勉強するといったら真面目に机に向かって……となりがちですが、お気に入りの椅子に座って、ケーキを食べながらやるとか、勉強こそ一番お金をかけて楽しく学ぶ。お金を使えることが大人の武器だからです。


山本正已

指名委員会による社長選びのおかげで、変な気遣いは必要ない。自分が信じたものに従ってかじ取りをすることができました。


藤由達藏

失敗するのではないか、という不安は誰もが感じるもの。その不安の原因は「準備不足」であることが多い。


ゲーテ

欠点を改め、過ちを償うことは、最高の幸福である。


福井晴敏

いま、人類は史上かつてないほど活字を読んでいるんですよ。1日にチェックするニュースやメールって、たぶん10年前の青年男子が小説とか本に割いていた活字の許容量をオーバーしている。もはや小説単体では入り込みようがない。としたら、別の糸口が必要になる。俺にとってはそれが映画で、最終的な全体のリクープ(回収)は映像で目指す。


藤村靖之

いまの世の中は「競争型・依存型・非持続型」。それを「共生型・自立型・持続型」に変えたい。競争社会では効率を追求するため分業化し、人は歯車となる。するとその仕事しかできなくなるため、人は社会や会社に頼って生きるしかない。その結果、一握りの勝者を豊かにするだけで、それ以外の多くの人は疲弊するいっぽうになってしまう。このようなパターンに縛られることなく、新しい働き方を自分たちで作り出そう。


堤剛

音楽、とりわけ演奏の面では、人を育てる難しさと結果が出てきた時の喜びは表裏一体です。


猪瀬直樹

諦めたらそこで終わり。たとえ周りから認められなくても、誰にも負けないものを何か一つ持っていれば、いつか必ず日の当たるときが来る。そのときこそチャンス。そのときを信じて、自分の強みを磨き続けることが大切。


平井伯昌

様々なストレスがかかる環境で、いかに自分の力を発揮できるかが、世界で戦ううえでは重要。