名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚本喜左衛門・6代目の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本喜左衛門・6代目のプロフィール

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

塚本喜左衛門・6代目の名言 一覧

我が身も、お客様も、社会も、みんなが上手に共存できる。そういう世の中が作れたらええな、と思います。そのために私どもは微力を尽くすしかないですわ。


(近江商人の間では)「商いをやるなら、財産は3つに分けておけ」ともいわれてきました。いまでいうなら、「預金」「土地」「株」ですわ。これをあるユダヤ人に話したら、ユダヤ商法ではまさしく「黄金律」の中核であって、「永続するための鉄則」だと教えてくれました。


経営学者のピーター・ドラッカーさんも言うてはります。生活習慣の中で、自己のマネジメントをどうすべきか。近江商人は倹約と早起きという生活習慣を大事にします。親父も毎朝3時に起きて鉛筆削りから一日を始めました。そうやって精神を統一して仕事をやるぞ、と。こういう生活習慣を持つことは世界共通なんです。近江商人が特殊というわけではない。


近江商人が大事にする理念としてよく知られているのが「三方よし」です。売り手よし、買い手よし、世間よし。商売でまず大切なのは「売り手」の採算。借金せずに自分の力で立つ。でも、「買い手」のお役に立って、いつまでも、お客様に喜んでもらわないと、それは商売じゃない。そして、商いを通じて「世間」のお役に立つ。つまりは社会貢献できることが近江商人の目標であり、本願なんです。そんなことを小きい頃から何遍も繰り返し、聞かされて育つ。「創業したおじいさんは、どうした」「あの頃はどうだった」「この時はこうした」。失敗の経験や危機から学んだことなんかも交えて、伝えていく。どんどん変わる現実の中で、経験値を結晶化させ、原理原則として後世につないでいく。私も3人の息子にそうやって伝えています。


阪神大震災のさなか、先代の親父が言うんです。「人間、こういうときに援助を差し伸べるもんや。取引先が倒産するかもしれないからといって、商品を取り返しに行ったりしてはならん。今、一番必要なのはタオル、せっけん、瀬戸物の食器や。タオルなんて雑巾代わりにいくらでもいる。すぐに発送しなさい」と。私らもつい「送ったって、すぐには着かんで。橋が倒壊してえらい時なのに」と言ってしまいます。でも、親父も譲らん。「そんなもん、腐るもんであるまいし。はよ送れ」結果的に、親父の言う通りでした。得意先から、「なんでこんなんのが必要だと分かったんや。ちょうどいるところだった」と喜ばれまして。これが近江商人ですわ。


塚本喜左衛門・6代目の経歴・略歴

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

他の記事も読んでみる

藤井一郎

自分もチャンスがあれば起業ができる、という意識が、シリコンバレーでのインターン経験の中で芽生えた。


棚橋弘至

プロレスラーは、相手の技を避けずに受け止めます。まともに食らえば、もちろん痛いですよ。でも、痛みを体感するから、「これなら耐えられる」と冷静に判断できる。どんな痛みかわからないまま逃げ回るより、痛みを避けずに引き受けたほうが、ずっと前に向かっていける。これは多分、人生も変わらないと思う。


辻庸介

社長や経営幹部を経験しないと分からないことって多いんですよ。僕は、その人が持っている頭の良さってそれほど大きく変わるわけではなくて、変わるのは、経験によって幅や奥行きが広がる知識や判断力、スキルなどだと思っています。だから、早く経験させて、成長を促した方がいい。


小笹芳央

若いうちはお金に対するリテラシーを持ちつつ、自分株式会社としての意識を持ち、信頼残高をためなさいと言いたいですね。信頼残高がたまると自然にお金の残高も増えてくる。


小林佳雄

メニューは増やせばいいものではありません。良い店には「この店に行ったら絶対これを食べなきゃ!」という目玉商品があります。


和田秀樹

20代や30代という若いころに成功して、その先は年を取るにつれて下り坂というよりも、晩年になって成功し、そのまま人生をまっとうするというほうが楽しい人生で終われると私は思う。若いうちに少しくらい遠回りをしても、晩年に成功すれば、そちらのほうがトータルとしてみれば、人生投資に成功したことになる。人生はあくまでも超長期投資として考えるべきなのだ。


熊切直美

当社は「取締役の60歳定年制」を設けています。人は権力を持つとどうしても手放したくなくなるもの。その意味では組織硬直化を防ぎ、新陳代謝を起こす仕掛けとして、メリットは大きいでしょう。


花崎淑夫

百貨店の社員には、いまだに百貨店が「上」で、出店している取引先が「下」という意識が根強く残っている。上下の関係ではなく、協業のパートナーとして取り組む必要がある。百貨店は店舗を管理するのではな<、オーケストラの指揮者のように振る舞うべきだろう。指揮者がどんなに一流でも、肝心のプレーヤーの演奏がよくなければ質の高い演奏はできない。百貨店は個性的なプレーヤーを発掘して、まとめ上げていく能力が求められている。


福沢諭吉

人間の力量というものは、ただ読書からのみ得られるものではありません。読書は、学問をするための手段です。学問は、実際に事を行うための手段です。実地に体験して習熟するのでなければ、決して優れた力量は生まれません。


山本忠人

マネジャーに仕事を抱え込ませないために、トップマネジメントとしてできることは、人材リソースの分配を見直すことです。プロジェクトの途中でスタッフが入れ替わっても問題がないように、能力の標準化をしていくことも大切でしょう。


柄澤康喜

集まった情報を分析する際に留意しておきたいことは、「事実」と「真実」は異なるものだということです。たとえば、企業買収を考えるときに、財務諸表にある「売上が伸びている」「利益率が高い」といった表面的な数字は、ひとつの「事実」でしかありません。なぜ伸びているのか、経年ではどうだったのか、そして社員のモチベーションや社内のモラルはどうか。本当につかまなくてはならない情報は、このような「真実」だと思います。


オグ・マンディーノ

絶望は恐怖の子供です。わしらが過酷な人生の問題に対処できるという自信を失うと、それは誰にでも訪れます。