名言DB

9429 人 / 110879 名言

塚本喜左衛門・6代目の名言

twitter Facebook はてブ

塚本喜左衛門・6代目のプロフィール

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

塚本喜左衛門・6代目の名言 一覧

我が身も、お客様も、社会も、みんなが上手に共存できる。そういう世の中が作れたらええな、と思います。そのために私どもは微力を尽くすしかないですわ。


(近江商人の間では)「商いをやるなら、財産は3つに分けておけ」ともいわれてきました。いまでいうなら、「預金」「土地」「株」ですわ。これをあるユダヤ人に話したら、ユダヤ商法ではまさしく「黄金律」の中核であって、「永続するための鉄則」だと教えてくれました。


経営学者のピーター・ドラッカーさんも言うてはります。生活習慣の中で、自己のマネジメントをどうすべきか。近江商人は倹約と早起きという生活習慣を大事にします。親父も毎朝3時に起きて鉛筆削りから一日を始めました。そうやって精神を統一して仕事をやるぞ、と。こういう生活習慣を持つことは世界共通なんです。近江商人が特殊というわけではない。


近江商人が大事にする理念としてよく知られているのが「三方よし」です。売り手よし、買い手よし、世間よし。商売でまず大切なのは「売り手」の採算。借金せずに自分の力で立つ。でも、「買い手」のお役に立って、いつまでも、お客様に喜んでもらわないと、それは商売じゃない。そして、商いを通じて「世間」のお役に立つ。つまりは社会貢献できることが近江商人の目標であり、本願なんです。そんなことを小きい頃から何遍も繰り返し、聞かされて育つ。「創業したおじいさんは、どうした」「あの頃はどうだった」「この時はこうした」。失敗の経験や危機から学んだことなんかも交えて、伝えていく。どんどん変わる現実の中で、経験値を結晶化させ、原理原則として後世につないでいく。私も3人の息子にそうやって伝えています。


阪神大震災のさなか、先代の親父が言うんです。「人間、こういうときに援助を差し伸べるもんや。取引先が倒産するかもしれないからといって、商品を取り返しに行ったりしてはならん。今、一番必要なのはタオル、せっけん、瀬戸物の食器や。タオルなんて雑巾代わりにいくらでもいる。すぐに発送しなさい」と。私らもつい「送ったって、すぐには着かんで。橋が倒壊してえらい時なのに」と言ってしまいます。でも、親父も譲らん。「そんなもん、腐るもんであるまいし。はよ送れ」結果的に、親父の言う通りでした。得意先から、「なんでこんなんのが必要だと分かったんや。ちょうどいるところだった」と喜ばれまして。これが近江商人ですわ。


塚本喜左衛門・6代目の経歴・略歴

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

他の記事も読んでみる

木下弘貴(経営者)

使いながら学ぶことが大事。


アレックス・ゴルスキー

私はCEO(最高経営責任者)就任以降、会社のどの部分を進化させて、どの部分を残すかということを常に考えてきました。


江上治

自分が何に強いのか、何が得意なのか、何が好きなのか、などについて分析したことがなく、いきなり未来を作ろうとする。これでうまくいくはずがない。自分が分かっていないから、何も伝えられない。


窪田健一(経営者)

オペレーションについては、1980年代辺りから外食が産業化していく流れの中で、我々ももっと効率化した方がいいのではないか、という議論はその時々でありました。ただやはり食べ物屋さんとして大事なものは何だというと、「おいしさ」ということになる。では、その「おいしさ」とは何かというと、その場で作ったものをその場で食べていただくことに勝るものはない。そういった理念のもと、ずっと店内調理を行ってきています。さらに最近は食の在り方が大きく変化し、お客様が安心安全を求めている。店内調理がますます重要になってくると思います。


坂東眞理子

意識的にキャリアデザインをしておくことをお勧めします。「グローバルな仕事がしたい」くらいのざっくりしたもので構いません。そのために自分に足りないスキルを考え、それを補う努力をしましょう。


日覺昭廣

M&Aには条件があります。まず、我々のコア技術を生かせる領域であること。次に、シナジーを出せること。さらに、その市場が大きくなること。いくら我々が強くても、市場が大きくならなければ仕方ありません。炭素繊維や繊維など世界一の事業を強化するために、こうした条件に合致するものがあれば投資を惜しみません。


アラン(哲学者)

気分に任せて生きている人はみんな、悲しみにとらわれる。それだけでは済まない。やがていらだち、怒りだす。


宇野収

人生は「節」があるからいい。悩む中から何かを勉強してつかみとって行く。そこに人間的な成長もある。
【覚書き:人生の「節」を自覚せよという人生哲学について語った言葉】


新藤兼人

人は老いれば、老いというものの中にいろんな問題を抱えます。金銭的に恵まれないとか、健康を害するといったことです。しかし、生き方の成り行きの中でそれらにまみれて自滅していくのはやはり悲しい。できれば、闘いながら終わっていきたい。そのためには何のために生きるかという自分の意志や個性、生き方をしっかり持っていなければならないと私は思います。


木村達央

私はいまでもファッションビルやショッピングセンターに頻繁に足を運んでいます。屋上から最下層のフロアまで、ファッションだけでなく、飲食店や雑貨店などもすべて見て回るのです。行き来する来店客の様子をじっと観察すれば、細かな流行の差異はわからなくても、時代の方向性は感じられます。