名言DB

9419 人 / 110788 名言

塚本喜左衛門・6代目の名言

twitter Facebook はてブ

塚本喜左衛門・6代目のプロフィール

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

塚本喜左衛門・6代目の名言 一覧

我が身も、お客様も、社会も、みんなが上手に共存できる。そういう世の中が作れたらええな、と思います。そのために私どもは微力を尽くすしかないですわ。


(近江商人の間では)「商いをやるなら、財産は3つに分けておけ」ともいわれてきました。いまでいうなら、「預金」「土地」「株」ですわ。これをあるユダヤ人に話したら、ユダヤ商法ではまさしく「黄金律」の中核であって、「永続するための鉄則」だと教えてくれました。


経営学者のピーター・ドラッカーさんも言うてはります。生活習慣の中で、自己のマネジメントをどうすべきか。近江商人は倹約と早起きという生活習慣を大事にします。親父も毎朝3時に起きて鉛筆削りから一日を始めました。そうやって精神を統一して仕事をやるぞ、と。こういう生活習慣を持つことは世界共通なんです。近江商人が特殊というわけではない。


近江商人が大事にする理念としてよく知られているのが「三方よし」です。売り手よし、買い手よし、世間よし。商売でまず大切なのは「売り手」の採算。借金せずに自分の力で立つ。でも、「買い手」のお役に立って、いつまでも、お客様に喜んでもらわないと、それは商売じゃない。そして、商いを通じて「世間」のお役に立つ。つまりは社会貢献できることが近江商人の目標であり、本願なんです。そんなことを小きい頃から何遍も繰り返し、聞かされて育つ。「創業したおじいさんは、どうした」「あの頃はどうだった」「この時はこうした」。失敗の経験や危機から学んだことなんかも交えて、伝えていく。どんどん変わる現実の中で、経験値を結晶化させ、原理原則として後世につないでいく。私も3人の息子にそうやって伝えています。


阪神大震災のさなか、先代の親父が言うんです。「人間、こういうときに援助を差し伸べるもんや。取引先が倒産するかもしれないからといって、商品を取り返しに行ったりしてはならん。今、一番必要なのはタオル、せっけん、瀬戸物の食器や。タオルなんて雑巾代わりにいくらでもいる。すぐに発送しなさい」と。私らもつい「送ったって、すぐには着かんで。橋が倒壊してえらい時なのに」と言ってしまいます。でも、親父も譲らん。「そんなもん、腐るもんであるまいし。はよ送れ」結果的に、親父の言う通りでした。得意先から、「なんでこんなんのが必要だと分かったんや。ちょうどいるところだった」と喜ばれまして。これが近江商人ですわ。


塚本喜左衛門・6代目の経歴・略歴

6代目・塚本喜左衛門、つかもと・きざえもん。日本の経営者。「ツカキグループ」社長。滋賀県出身。大阪市立大学経済学部卒業後、ニチイを経て家業の塚喜商事に入社。6代目・塚本喜左衛門を襲名。ツカキグループの経営を行った。また、近江商人の哲学について啓蒙活動を行った。

他の記事も読んでみる

南原竜樹

結局、時流をどうつかまえて、世の中に出ていくしかない。


楠木建

制約や弱点を積極的に受け入れることによって、それらに思いがけない機会や強みが潜在していることに気づく。


鈴木貴子(経営者)

「洗浄力モコ泡わトイレクリーナー」を新発売しました。便器にスプレーするとモコモコと広がる泡でトイレ掃除ができるという手軽さが受けたのだと思います。発売後の3か月で年間販売目標60万本を達成するヒット商品になりました。それまで、トイレクリーナーというとリキッドタイプがほとんど。ブラシでゴシゴシこすらなければなりません。でも、ユーザーの立場からすれば、もっと楽にトイレをきれいにしたいはずです。そんな洗浄剤があってもいいという発想から開発がスタートしました。


堀之内九一郎

自身は打つ手がない、とか、行き詰るとかそんなことを思ったことないですね。立ち止まる余裕なんかない。常に前進するしかないですから。


山本玄峰

人事を尽くして天命を待つのではない。人事を尽くして天命に従うのだ。


池上彰

テレビの世界では、視聴者が画面で一人の発言を聞き続けられるのは、20秒が限度です。短い時間で発言をまとめなければなりませんから、起承転結で話すのではなくて、まず「結」を端的に言いきることがポイントです。


牛島信

雇用は大きなポイントだと思うんです。でも雇用を絶対的に守ることはできない。雇用を削減すべきときにそれができなければ会社は潰れてしまう。ただ、そうしたときに経営者は傲慢になりがちです。そうした経営者を正す制度がコーポレートガバナンスだと思うのです。


藤森義明

あらゆる人は必ず尖った部分を持っている。


石田淳(コンサルタント)

「毎日1時間は勉強しよう」なんて思った時点でムリがある。働き盛りのビジネスパーソンなら、自分の時間を1日1時間も取れる人なんかいませんよ。取れても15分とか、せいぜい30分。短い時間をたくさん積み重ねることが、日々の努力を持続させる秘訣なんです。


山口勉(経営者)

蛍光灯が切れたと連絡が入ればすぐ交換に行く。旅行中のペットの餌やり、植木の剪定、番組の予約録画……無料で行っている顧客サービスが「高売り」を成功させるカギ。なぜなら、うちの顧客の平均年齢は64歳。家族と別居の方も多いので、こうしたサービスは重宝されるんです。これが信頼になる。「困ったときに頼りになるから、やっぱりヤマグチで買うわ」という感じで。