名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚本こなみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本こなみのプロフィール

塚本こなみ、つかもと・こなみ。日本の樹木医、造園家、植物園経営者。「あしかがフラワーパーク」園長、「はままつフラワーパーク」理事長。静岡県出身。庭師と結婚し、家業を手伝うなかで植物に興味を持つ。一級造園施工管理技士、樹木医などの資格を取得。造園・緑化・樹木保護コンサルティング会社を設立。その後、「あしかがフラワーパーク」「はままつフラワーパーク」の経営再建を成し遂げた。そのほか、公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長を務めた。

塚本こなみの名言 一覧

成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


何でもあるは、何もないのと同じ。「これしかない!」というものがなければ、生き残ることはできない。


お客様を呼びたいと思ったら、「そこそこ美しい」ではダメ。圧倒的に美しくなければいけない。


私がなによりも力を入れたのが、「ここにしかなくて、どこにも負けないもの」をつくること。


自分たちの力でどうにもならないことをあれこれ言うな。


私はあしかがフラワーパークで、うつの青年が植物と触れ合うことで、見事に立ち直った例を見てきました。植物には「人間性復元力」があると思います。その力を活用した「人の心の回復」こそ、公立の植物園がやるべき仕事だと思っています。


経営に損益の分岐点があるように、人の心にも「感動の分岐点」というものがあると思います。それを超えたら涙するくらい感動する、というポイントです。ほんとうに感動すると人に話したくなるし、また来たいと思う気持ちが高まります。感動分岐点は人、そして業績を動かすポイントではないでしょうか。しかし、感動分岐点を超えるためには、どうしても「圧倒的」である必要があるのです。


最終的にスタッフを変えたのはお客様でした。あしかがフラワーパークの藤を見たお客様は、「わあきれい!」と歓声を上げます。これはスタッフにとって、最高のほめ言葉。なにしろ、自分たちが苦労して管理してきたものを見て、お客様が体を震わせ、泣きながら感動してくださるのです。これにまさるご褒美はありません。お客様が感動する姿が、スタッフに「さらに頑張ろう」というやる気を起こさせ、どんどん成長させてくれるのです。


経営立て直しのために行なったのが、料金の変更です。パークはもともと、300円から700円の変動料金を採用していましたが、私はこれを1000円に値上げしました。その一方で、花の咲かない冬場の入園料を無料にしました。すると、売り上げがすぐに倍増。無料にしたことで、園内にお客様が入るようになり、レストランや売店の利用が増加したのです。


園長になる前、私は日本中の藤を見て歩きました。ほかの藤がどんなレベルにあるのか、それを知らないで商売はできません。要するに、競合他社をリサーチしたのです。その結果、あしかがフラワーパークの藤が、世界で一番美しいという結論に至りました。


私は「女性初の樹木医」として知られています。でも、樹木医になろうなんて思ってもいませんでした。1991年にぽっと生まれた樹木医の資格試験をたまたま受け、合格したに過ぎないのです。女性初というのも、受験した女性が私一人だけだった、というのが本当のところです。私は樹木医としてはまったく名医ではありませんが、女性初という肩書きのおかげで、いろいろなメディアに取り上げられました。


塚本こなみの経歴・略歴

塚本こなみ、つかもと・こなみ。日本の樹木医、造園家、植物園経営者。「あしかがフラワーパーク」園長、「はままつフラワーパーク」理事長。静岡県出身。庭師と結婚し、家業を手伝うなかで植物に興味を持つ。一級造園施工管理技士、樹木医などの資格を取得。造園・緑化・樹木保護コンサルティング会社を設立。その後、「あしかがフラワーパーク」「はままつフラワーパーク」の経営再建を成し遂げた。そのほか、公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

田久保善彦

経営理念とはシンプルに表現すると、創業者が何のために、何をしたいと考え、人としてどうありたいと思ってこの会社をつくったのか。あるいは社員にどうあってほしいと思って会社をつくったのか、だけなのです。これを社是と呼ぶ会社もあれば、理念と呼ぶ会社もあり、綱領やWay、クレドと呼ぶところもあるだけです。


豊島逸夫

私が、金に関して必ず紹介するエピソードがあります。スイス時代に、同僚の家などに招かれると、分厚いアルバムを見せてくれる。それを開くと、娘さんの誕生日ごとの写真と一緒に、同じページに金貨が1枚ずつ貼ってあるんです。そして、娘が嫁ぐ前の晩に、お母さんが「家庭内で有事が起こった時にこの金貨を売りなさい」と言って娘にそのアルバムを渡す。私はそれを見たとき、「まさにこれが金だ」と思いました。金は、万が一に備えたものだという教訓がそこにはあります。


伊藤高明

ヨーロッパの学者は「蚊帳に薬剤を塗ればマラリアの感染予防になる」という実験結果を発表していました。私は会社員だから、仕事は商売にしなければダメです。蚊帳に塗る薬剤って1セット15グラムぐらいで済んでしまうから、薬剤だけではビジネスにならない。それなら、と考えました。住友化学は総合的な化学会社です。他の部門の研究者との交流もある。私はそこで知った社内の樹脂加工技術を活用し、樹脂に殺虫剤を練りこんだ「防虫網戸」なんてニッチな商品も作っていたんですよね。防虫網戸はあまり売れなかったですが、蚊帳を開発するのに必要な技術は、もうそこにあったんです。


斎藤岳

会議の場ではできるだけ「事実」ベースに議論ができるように話を向けると、無用の対立を避けられます。「抽象的な言葉を定義する」「ニュアンスではなく数値を示してもらう」。そうやって「事実」をあぶりだすことで、中身のある議論を促すのです。


大原孝治

インフラづくりに完成形はない。時代が変わればそれに合わせて変えていかなければならない。


岩田松雄

離職率の高いときは人への投資をしにくいものですが、あえて先行してそれに取り組むことで、好循環を生むことができました。


和田秀樹

睡眠時間に正解はありません。「日本人の平均睡眠時間は7.7時間」などという報道を聞き、自分はそれを下回るから睡眠不足で不健康だ、と思い込んでいる人もいるかもしれません。しかし、十分な睡眠には個人差もあり、一概に何時間がいい休暇はとは言えないのです。睡眠時間に限らず、平均年収を始めとする「平均」という言葉にとらわれると、心がムダに疲弊します。


ジョセフ・ジューベル

我々の信用は、我々の財産のひとつである。


谷原章介

整理整頓することを心がけています。自分の部屋の有り様は、精神状態の現われでもあると思うのです。頭がこんがらがっているときは、部屋も乱れている。そういうときは、掃除します。ちょっとスッキリすると、悩んでいたことの答えがフッと出てきたりすることもあります。


磯野圭作

武器好きが高じて大学では軍事史を研究しました。軍事史を研究できる学科がないので、政治史を専攻しつつ、軍事史を研究していました。卒業後、軍事史学会に入会し、いまでも学会で仲間や先生と情報交換をしあうことで、知識を深めています。


セルバンテス

喜劇で最も難しい役は愚かな役であり、その役は愚か者には演じられない。


金子豊久

大切なのは柔軟性、環境適応能力です。いわゆる変化に対応できる者のみが生き残れる時代になりました。