名言DB

9,502 人 / 112,123 名言

塚本こなみの名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚本こなみのプロフィール

塚本こなみ、つかもと・こなみ。日本の樹木医、造園家、植物園経営者。「あしかがフラワーパーク」園長、「はままつフラワーパーク」理事長。静岡県出身。庭師と結婚し、家業を手伝うなかで植物に興味を持つ。一級造園施工管理技士、樹木医などの資格を取得。造園・緑化・樹木保護コンサルティング会社を設立。その後、「あしかがフラワーパーク」「はままつフラワーパーク」の経営再建を成し遂げた。そのほか、公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長を務めた。

塚本こなみの名言 一覧

成功したら皆さんのおかげ。失敗したら私の責任。


何でもあるは、何もないのと同じ。「これしかない!」というものがなければ、生き残ることはできない。


お客様を呼びたいと思ったら、「そこそこ美しい」ではダメ。圧倒的に美しくなければいけない。


私がなによりも力を入れたのが、「ここにしかなくて、どこにも負けないもの」をつくること。


自分たちの力でどうにもならないことをあれこれ言うな。


私はあしかがフラワーパークで、うつの青年が植物と触れ合うことで、見事に立ち直った例を見てきました。植物には「人間性復元力」があると思います。その力を活用した「人の心の回復」こそ、公立の植物園がやるべき仕事だと思っています。


経営に損益の分岐点があるように、人の心にも「感動の分岐点」というものがあると思います。それを超えたら涙するくらい感動する、というポイントです。ほんとうに感動すると人に話したくなるし、また来たいと思う気持ちが高まります。感動分岐点は人、そして業績を動かすポイントではないでしょうか。しかし、感動分岐点を超えるためには、どうしても「圧倒的」である必要があるのです。


最終的にスタッフを変えたのはお客様でした。あしかがフラワーパークの藤を見たお客様は、「わあきれい!」と歓声を上げます。これはスタッフにとって、最高のほめ言葉。なにしろ、自分たちが苦労して管理してきたものを見て、お客様が体を震わせ、泣きながら感動してくださるのです。これにまさるご褒美はありません。お客様が感動する姿が、スタッフに「さらに頑張ろう」というやる気を起こさせ、どんどん成長させてくれるのです。


経営立て直しのために行なったのが、料金の変更です。パークはもともと、300円から700円の変動料金を採用していましたが、私はこれを1000円に値上げしました。その一方で、花の咲かない冬場の入園料を無料にしました。すると、売り上げがすぐに倍増。無料にしたことで、園内にお客様が入るようになり、レストランや売店の利用が増加したのです。


園長になる前、私は日本中の藤を見て歩きました。ほかの藤がどんなレベルにあるのか、それを知らないで商売はできません。要するに、競合他社をリサーチしたのです。その結果、あしかがフラワーパークの藤が、世界で一番美しいという結論に至りました。


私は「女性初の樹木医」として知られています。でも、樹木医になろうなんて思ってもいませんでした。1991年にぽっと生まれた樹木医の資格試験をたまたま受け、合格したに過ぎないのです。女性初というのも、受験した女性が私一人だけだった、というのが本当のところです。私は樹木医としてはまったく名医ではありませんが、女性初という肩書きのおかげで、いろいろなメディアに取り上げられました。


塚本こなみの経歴・略歴

塚本こなみ、つかもと・こなみ。日本の樹木医、造園家、植物園経営者。「あしかがフラワーパーク」園長、「はままつフラワーパーク」理事長。静岡県出身。庭師と結婚し、家業を手伝うなかで植物に興味を持つ。一級造園施工管理技士、樹木医などの資格を取得。造園・緑化・樹木保護コンサルティング会社を設立。その後、「あしかがフラワーパーク」「はままつフラワーパーク」の経営再建を成し遂げた。そのほか、公益財団法人浜松市花みどり振興財団理事長を務めた。

他の記事も読んでみる

嶋田卓彌(嶋田卓弥)

どうですか、神主さん。式には松が100円、竹が50円、梅が30円とありますが、松と梅では結婚の効き目が違いますかい?一番安い梅でお願いします。
【覚書き|結婚式場を決めたときの発言。当時嶋田氏は肺結核にかかって療養生活を送っていたため金がなかった】


鵜澤静

今年で日清紡は創業107年目を迎えました。なぜ潰れもせず、しぶとく今も生きているのか。考えてみれば、経営そのものがあまりブレていないからではないかと思います。


君塚良一

いまあなたがシナリオの先生から「君はシナリオに向いてないよ、やめなさい」と言われたら、これはチャンス!自伝の第二章で、『私がシナリオを捨てようとしたとき』というのが書けるじゃないですか。


武田双雲

アーティストとして、こうこだわりたい。こう書きたい。こんな字を使いたい。そういう捉え方をしたことは、ほとんどありません。個展の依頼を受けたとき、「書き下ろしのお気に入りの作品を展示したい」ではなく、担当者やオーガナイザーと話し、会場に来るお客さんの年齢層や地域性を聞き、「どうしたら喜んでもらえるかな」と考える。依頼者がいて、作品を待ってくれている人がいて、エネルギーが僕に流れ込んで初めて作品が生まれるんですね。


安田顕

十個のセリフがある役と、一個しかない役があっても、十の人が大変で、一しかないのはラクだなんて思ったら終わり。


大野直竹

経営者というのは、立ち止まったら負け。常に進化し続けられるようにしていく。


村口和孝

商品を企画するときこういう問いかけでもよいだろう。「ダダだったら、開発した商品を実際、顧客は喜んで今すぐ使い続けますか」。ダダでも使う顧客が居ないモノを、お金を出して使ってくれる奇特な人は世の中に居ない。いっぱいいますよと言うなら、一週間以内に使って喜んでいる商品のユーザーを目の前に連れて来て、使用した感想を聞かせて欲しい。


安田弘

知識や技能を伸ばすだけではなく、人間力も磨かないと「生きていく土台」になりません。今の世の中、先生たちはどうしても大学合格実績などの数字ばかりを追いかけてしまう。しかし、大事なのは周囲と一緒になって地道に歩んでいく力なんです。


亀山郁夫

40代から教養力を高めるにはどうするか。私は「気にかけていながら遠ざけてきたもの」に挑む小さな冒険をお勧めします。「気にかけながら遠ざけてきたもの」への取り組みは、何でも構わないと思います。これまで聞いたことのないジャンルの音楽を聴く、見たいと思いながら見逃してきた名作映画を見る、憧れの楽器を手にする、自分史を書いてみる、等々です。


吉野佳秀

運で勝てたとしても、運で得たものはまた失う。運、不運はあざなえる縄のごとく、順に出てくるものだから。したがって、たとえコインの裏が出ても勝ち抜いていけるだけのものを自分で作らなければならない。


四方田豊

工夫を重ねれば、値段以上の価値を生み出せる面白さがある。


晝馬輝夫

単純作業を繰り返す中で、高い問題意識を持ち、それをとことん究明する。それができるかどうかが仕事をするうえで大切なのだと思います。