名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚崎義直の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚崎義直のプロフィール

塚崎義直、つかさき・よしなお。日本の経営者。海外進出支援会社「サイエスト」社長。東京生まれ、兵庫県育ち。京都大学経済学部経済学科卒業。経営コンサルティングファーム、ゼロ・サムなどを経て「サイエスト」を共同創業。

塚崎義直の名言 一覧

企業が求めているのは、机上のアドバイスや批評や昔話ではなく、実際に手足を動かすこと。


優秀な海外事業担当者がいるかどうかが、海外展開の成否を決める最大の要因。


海外支援と定年後のキャリア支援をかけ合わせた事業に特化している企業は当社以外にはないと思います。日本の中小企業には海外事業担当者が不足しており、ただ雇えばいいという声もあります。海外事業経験者は一般的に年収が高く固定費だけがかさみます。企業側も海外展開が初めてで、誰が良いのか分からないのが現状です。当社では、海外事業の即戦力人材を月額の業務委託形式で安価に提供しています。「すべての企業と個人にグローバルビジネスの機会を創出する」。この使命を果たしていきたい。


塚崎義直の経歴・略歴

塚崎義直、つかさき・よしなお。日本の経営者。海外進出支援会社「サイエスト」社長。東京生まれ、兵庫県育ち。京都大学経済学部経済学科卒業。経営コンサルティングファーム、ゼロ・サムなどを経て「サイエスト」を共同創業。

他の記事も読んでみる

森本千賀子

私は何事をするにも、常に優先順位を考えるようにしています。その日にやること、その週にすべきこと、その月、半年、1年間にすべき自分なりの「TODO」を決め、それに優先順位をつけるのです。そうしておかないと、時間の使い方がルーズになります。


ジョン・カビラ

僕は基本的に性善説の考え方なので、こちらの身元と意図を明らかにして、懐に入っていけば、相手が誰であれ、必ずコミュニケーションは取れると思っています。


佐藤可士和

「一般的にはそう言われているけれど、それは今も通用するのか、本当なのか」と再検証する「視点」を持つことが重要。前提を疑い、再検証することで、アイデアを考え始める土台ができます。


安崎暁

ビジネスリーダー選抜育成制度の卒業生300人には、いつでもコマツの社長が務まるというのは言いすぎですが、何人かは本当に自分が社長になったつもりで仕事に取り組んでいます。将来は、きっとこの300人の中からコマツの社長が誕生するでしょう。巨大企業では実現が難しくても、我々くらいの規模のメーカーで45歳の社長が誕生すれば、日本の産業界にもプラスだと思います。


諏訪内晶子

おもしろかったのは、ベルリン大学ではどの楽器の専攻者も歌の授業に出なければならなかったところでした。私の音域はメゾソプラノでしたが、自分の体を楽器にして歌うとなると、もう私の歌はどうしようもないレベルなんです。ただ、その歌の授業では呼吸と音楽の関係であるとか、フレージングの方法論であるとか、楽器を持たずに歌うからこそ「音楽とは何か」を考えさせられました。このとき、ヴァイオリンの一番の特色はそれこそ「歌うこと」であろうと思ったんです。ヴァイオリンは、歌に最も近い楽器なのではないだろうか、と。


伊東龍也

創業当時から行っていることですが、とにかく「お売りください」の精神を持ち、どれだけお客様にアピールできるかに尽きます。店頭では、とにかくお客様と会話をして、たとえばその方がクラブを買い換えるとなれば、同時にクラブが1本余るので、そこは買い取れるチャンスです。そこに対するアプローチは店頭が一番のチャンスになるので積極的に取り組んでいます。


高松雄康

同時進行でいろんなことを考えているので、僕の会議は話があちらこちらに飛んだりして、参加するメンバーは大変だと思いますよ(笑)。僕はアウトプットが先にくるタイプなのでプロセス構築はほぼ任せています。まわりの社員にはそうしたところを支えてもらっているのかもしれませんね。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

定年後、社会との接点を持ち続けるために、生きがいのためにも仕事を続けたほうがいい。それには起業して自分の好きなことをするのが一番。50代をその準備期間として活用するのもいいでしょう。


鶴野充茂

プレゼンや会議では自分の側の優位性をしっかりと認識したうえで、それに関係のない余計な情報は極力省き、「こうすれば問題を解決できますよ」というメッセージを重点的に打ち出すべきでしょう。そのうえで、相手の理解を確認するため、聞き手に質問を挟みながら説明していくのが効果的です。黙ったまま人の話を聞き続けるのは苦痛を伴いますから、聞き手にも意見や感想を言う機会を与えることで、話の歩調を合わせることができます。


加藤寛一郎

独自の減量法を編み出し30数年来続けています。それは、バランスのとれた1400キロカロリー程度の食事を一日一食だけ取るというものです。私の場合は夜食べて、朝と昼は断食です。「それで大丈夫か」と思う人もいるでしょうが、私は大丈夫だと思っています。食事をしない分、体に蓄積した脂肪が燃焼してエネルギーを補ってくれるようです。もちろん、標準体重の人や子供は三食きちんと食べた方がいいと思いますし、私の減量法がすべての人に向いているわけでもないと思います。


田中良和(GREE)

会社とは業態を転換していくものです。グーグルは検索の会社ですが、今や世界最大のOSメーカー。アップルはPCメーカーから携帯メーカーになりました。昔はソニーというラジオの会社がやがてゲームや映画を手がけるとは誰も思わなかったでしょう。


カーリー・フィオリーナ

私がベル・システムを選んだ理由の一つは、幹部育成プログラムが整備されていることだった。若手の幹部候補は、あらゆる部署を次々に体験できる。いわゆるアップ・オア・アウト(昇進か、転職か)で、能力を認められれば上へ行けるが、ダメだと判定されれば転職を促される。いいじゃないのと私は思った。いろいろな経験をして成長できる。何が好きなのかわかっていないのだから、たくさんの部門で働けるのは面白い。クビになる可能性は大いにありそうだけれど、貴重な経験だと思えば、それもよし。
【覚書き|ビジネススクール卒業後、ベルシステムに入社を決めた経緯を振り返っての発言】