名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

塚崎義直の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚崎義直のプロフィール

塚崎義直、つかさき・よしなお。日本の経営者。海外進出支援会社「サイエスト」社長。東京生まれ、兵庫県育ち。京都大学経済学部経済学科卒業。経営コンサルティングファーム、ゼロ・サムなどを経て「サイエスト」を共同創業。

塚崎義直の名言 一覧

企業が求めているのは、机上のアドバイスや批評や昔話ではなく、実際に手足を動かすこと。


優秀な海外事業担当者がいるかどうかが、海外展開の成否を決める最大の要因。


海外支援と定年後のキャリア支援をかけ合わせた事業に特化している企業は当社以外にはないと思います。日本の中小企業には海外事業担当者が不足しており、ただ雇えばいいという声もあります。海外事業経験者は一般的に年収が高く固定費だけがかさみます。企業側も海外展開が初めてで、誰が良いのか分からないのが現状です。当社では、海外事業の即戦力人材を月額の業務委託形式で安価に提供しています。「すべての企業と個人にグローバルビジネスの機会を創出する」。この使命を果たしていきたい。


塚崎義直の経歴・略歴

塚崎義直、つかさき・よしなお。日本の経営者。海外進出支援会社「サイエスト」社長。東京生まれ、兵庫県育ち。京都大学経済学部経済学科卒業。経営コンサルティングファーム、ゼロ・サムなどを経て「サイエスト」を共同創業。

他の記事も読んでみる

葛西敬之

鉄道サービスの盛衰は、宣伝や説明の巧拙によって決まるのではなく、サービスの真価、すなわち安全・正確・安定・快適・高速・効率的な輸送を提供できるか否かによって決まります。当社の主力である東海道新幹線を基幹とする鉄道ネットワークは日本経済の大動脈であり、その価値をいかに高めるかをJR東海発足後20年間の間、一貫してやってきました。もの言いではなく、結果を示し得たのだと思っています。


曽山哲人

挑戦したくなる風土をつくるには、まず、「挑戦による失敗がマイナス評価にならない」と明言し、社員に安心感を与える必要があります。その上で、成功した人をしっかりと評価し、「むしろ挑戦しないほうが損だ」と思わせる風土をつくることが大切です。これは「挑戦と安心はセット」という考え方にもとづいています。


中邨秀雄

金の卵は鍛えてはじめてそうなる。ネクラだった明石家さんまをトークの達人にしたのも、間寛平を走れる芸人に仕立て直したのも、そのとき彼らに付いていたマネジャーだった。
【覚書き:芸人にとってマネジャーの重要性を説いての発言】


樺島弘明

大手自動車会社が初期の主なお客様でした。このお客様はITコンサル業界で一番要求水準が高いと言われていますから、そこで高い評価をいただけたことが大きかったですね。


秋田正紀

きちんと結果を出すためには、綿密な計画が必要です。中途半端な仕事では、中途半端な成果しか得られない。


村岡恵理

もし、ネガティブの深みにずるずるとはまって抜け出せない場合には、精神や身体の疲労から、自律神経が支障をきたしているサインかもしれません。そういう時は自分を責めたり、無理して頑張ろうとするのは逆効果。できるだけ心身を休ませることが先決です。


ロッシェル・カップ

終身雇用や年功序列、頻繁な人事異動に表れる人事管理への伝統的な日本式アプローチは高度成長期の日本では機能していました。しかし、変化が激しいこの時代では機能しなくなってきました。今こそ変革が必要。


トム・ピーターズ

起業家精神とは資金を集め、会社を立ち上げることのみを指すのではなく、よりよい仕事をしたい、新しいことを学びたい、自分が所属するコミュニティに対して価値を生み出していきたいと考える本能のようなものだ。


津賀一宏

事業部であっても売上が数千億円規模に拡大すれば、内部は細分化されています。その中で成長性のある領域、そして将来が危うい領域を見極めて、今後どの領域に手を打っていくべきかを、事業部内で健全に議論することが望ましい姿です。


小林達夫(経営者)

当社の基本スタンスは消費地で造るということ。


井上五郎

我々がここで一粒の種をまいて、それがどのように育つかなかなか難しい。しかし、まかぬ種は生えぬのである。


豊島逸夫

結局「投資」とは、自らリスクを取って、市場に突入していく以外にすべはない。