名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚崎公義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚崎公義のプロフィール

塚崎公義、つかさき・きみよし。日本のエコノミスト。「久留米大学」教授。東京都出身。東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でMBAを取得。日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)調査部主任部員、財団法人国際金融情報センター調査企画部長などを経て久留米大学教授。著書に『退職金貧乏 定年後のお金の話』『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』。

塚崎公義の名言 一覧

株式や外貨の場合、不慣れな投資家ほど高値づかみになってしまうリスクがあります。一気に大金を投入するのではなく、購入のタイミングを分散させるのが賢明。


日本人は心配性だと言われます。そのためか、2014年4~6月期のGDP(国内総生産)が大幅なマイナスと報道されて以来、景気の先行きについて弱気な見方が支配的です。しかし、着実にお金を貯めるなら、いたずらに不安にとらわれることなく、足元の現実を見つめ、対応を考える必要があります。


塚崎公義の経歴・略歴

塚崎公義、つかさき・きみよし。日本のエコノミスト。「久留米大学」教授。東京都出身。東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でMBAを取得。日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)調査部主任部員、財団法人国際金融情報センター調査企画部長などを経て久留米大学教授。著書に『退職金貧乏 定年後のお金の話』『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』。

他の記事も読んでみる

須田将啓

バイマの強みは、バイヤーが何でも出品できること。初期のバイマは、まさに何でもありのサービス。普通には手に入らないものが世界中から手に入るというコンセプトで、貝のアサリまで出品されていた。日本に入っているブランドよりは、まだ日本に入っていない魅力的な世界中のブランド。そのほうがバイマの強みを生かせるし、そういうブランディングを行ってきた。


河辺よしろう

独立するときは、まず実現したいことをリスト化することが大切です。「自分の住む地域で開業したい」「年に1度は海外旅行がしたい」など、何でも構いません。さらに、自分が何をしている時に幸せを感じるかをリスト化しましょう。例えば、「クロワッサンを食べる時」「植物を育てる時」などの瞬間を並べ、やりたいことリストの項目とつながるものを線で結べば、何らかの商品やビジネスに置き換えることができるはずです。


上田準二

もはやGMS(総合スーパー)は買い出しに行く場所では無くなっている。お客様の来店動機につながるような改革が必要だろう。


虚淵玄

大学生のころに映画サークルにいたんです。自分の監督作は頓挫してしまったんですが、ほかの自主制作映画を手伝っていたことがあったので、ありものの素材でいかにやりくりするか。いかにロケ地をごまかすか、といったやり口を見ていたのがかなり糧になりましたね。


林文子

クロージングでは、ここで決めたい、契約を取り付けたいと自分の側だけの都合で考えては駄目です。むしろお客様の重荷を取り除いてあげたいという気持ちで臨むこと。お客様というのは、ほとんどが非常に迷っています。楽しいはずの買い物が、ときに重荷にさえなってしまう。そこでタイミングを見計らって背中をポンと押して差し上げるのです。


ジェームズ・ダイソン

主力技術であっても革新の余地はまだまだある。


西本博嗣

会社は人がやるものですから、その会社の責任者が経営をやりやすくなれば、結果的に利益や売り上げが伸びる。


野津基弘

企業を人にたとえるなら、業績(P/L)は体調を、資産(B/S)は体質を表している。経営は体調に目が向きがちだが、健康な体質があれば不測の事態にも対応でき、成長の可能性は広がる。


野島廣司

振り返ると、決して平坦な道のりだったとはいえない。失敗や挫折こそが成長の糧。個人にも組織にも当てはまる。


出口治明

「良い社員」とは、「短時間で優れた成果をあげられる社員」、要するに労働生産性が高い社員です。仕事ができたうえで人間関係もうまくできるに越したことはないのですが、ウエートで言えば、仕事の能力が9割で、人間関係は1割ぐらいだと思います。


熊谷正寿

GMOには今まで、大きな失敗が1度もなかったのです。連戦連勝は自信過剰になってしまうから怖いですね。でも、もう大丈夫です。


小笹芳央

いまは教育の段階で問題があると思います。私が学生の頃は、成績の順位が発表されたり、運動会で勝ち負けを決めたり、学芸会で主役と端役がいることが当たり前でした。ところが、「競争心を煽ることは悪である」「みんな平等に」という教育が続き、若者が牙を抜かれてしまいました。新興国といわれる中国やインドなどの学生のエネルギーに触れてみて、強い危機感を覚えましたね。