名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚崎公義の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚崎公義のプロフィール

塚崎公義、つかさき・きみよし。日本のエコノミスト。「久留米大学」教授。東京都出身。東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でMBAを取得。日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)調査部主任部員、財団法人国際金融情報センター調査企画部長などを経て久留米大学教授。著書に『退職金貧乏 定年後のお金の話』『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』。

塚崎公義の名言 一覧

株式や外貨の場合、不慣れな投資家ほど高値づかみになってしまうリスクがあります。一気に大金を投入するのではなく、購入のタイミングを分散させるのが賢明。


日本人は心配性だと言われます。そのためか、2014年4~6月期のGDP(国内総生産)が大幅なマイナスと報道されて以来、景気の先行きについて弱気な見方が支配的です。しかし、着実にお金を貯めるなら、いたずらに不安にとらわれることなく、足元の現実を見つめ、対応を考える必要があります。


塚崎公義の経歴・略歴

塚崎公義、つかさき・きみよし。日本のエコノミスト。「久留米大学」教授。東京都出身。東京大学法学部卒業、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でMBAを取得。日本興業銀行(のちの、みずほ銀行)調査部主任部員、財団法人国際金融情報センター調査企画部長などを経て久留米大学教授。著書に『退職金貧乏 定年後のお金の話』『世界でいちばんやさしくて役立つ経済の教科書』『なぜ、バブルは繰り返されるか?』。

他の記事も読んでみる

鍵山秀三郎

長いことやっていれば社風や社員が変わってくることは確かです。しかし、自分が払っている努力に対しての効果は遅い。だから皆何でも途中で止めちゃうわけです。8年ほど前のことですが、私は森信三さん(明治生まれの哲学者、教育者)のこんな言葉に出合いました。「教育とは流水に文字を書くようなはかない業である。だがそれを巌壁に刻むような真剣さで取り組まねばならぬ」もっと早くこの言葉を知っていたら、私は迷わなかったかもしれません。ただそれを知ったのは最近のことですが、自分がやってきたのはこのことだ、森信三さんの言ったことを、私は本当に身をもってやってきたのだと思いました。


渡瀬謙

黙って相手の話をちゃんと聞いていれば、相手は信頼感を持ってくれます。人事情報など他に言えない情報をもらえるようになりますよ。


桜井章一

大きな一番になればなるほど、一つの見落としが命取りになる。相手のちょっとした表情の変化とか、場の流れから少しでも多くのことを「気づいた」人が運をも呼び込むことができるんだ。


末吉興一

栄枯盛衰はどの町にもあります。国際化すればなおさらです。だからこそ、リーダーと人材を、地域でどう育てるかが大事。


駒村純一

いくら、優秀な若い人材を獲得できても、その能力を引き出せなければ、会社も成長できない。従来は人材紹介会社からスキルやキャリアに基づき紹介を受けて採用していましたが、ミスマッチが多かったのです。今はその人の「意識」を重視しています。それは、伝えて、広めて、浸透させるといったエバンジェリスト(伝道者)を欲しているからです。


土井英司

見た目がイマイチな人は知らず知らずのうちにビジネスチャンスを失っている。そのことに、早く気づいた方がいい。私は76kgから59kgまでダイエットしましたが、これまでいかに損をしていたかを実感した。ぽっちゃりしていた頃とは明らかにつき合う人の種類が変わった。仕事の会合でも、身なりがよく仕事を精力的にこなすトップ層の方々から声をかけられる機会がぐっと増えた。


岡村正

歴代の内閣はこれまで成長戦略と称して様々な施策を打ち出してきましたが、中身にそれほど大きな違いはありません。問題は実行力です。


厚切りジェイソン

本当の自分の価値は何かを考えて、スキルをしっかりと積み重ねて、自分に自信をつけること。それさえあれば、いつでも変わるための第一歩が踏み出せますよ!


柳川徹(経営者)

これまでの和歌山工場では生産の3割ほどしかまかなえず、7割をアウトソーシングしていました。しかし、今後、このままでは企業としての成長はおぼつかないと考えました。お客様は新しい技術の素早い提供を求めています。生産の7割を外注しているようでは、それに応えられません。技術の伝承・蓄積ができず、開発のスピードも落ちてしまうからです。


江見朗

社外に発表したら、もう絶対に怒れない(笑)。それぐらい怒りの根絶は重要だと考えています。
【覚え書き|「怒らない経営」を公言し、ホームページでも公開していることについて】


大橋悦夫

私は業種交流会などで人に出会ったとき、名刺を二つに分けて名刺入れにしまいます。ひとつはメールを送る必要がある人、もうひとつはメールを送る必要がない人です。しかも、メールが必要な人については、その人と話しながらその人にしか当てはまらないお礼の言葉を考え、会合が終わったらすぐに書いて送ります。このように事前に要点をおさえておけば、時間の節約だけでなく、人脈も無理なく広げられるのです。


杉本真樹

例えばプレゼンの資料を作る場合も、内容がかぶった部分は潔く捨ててシンプルに徹している。自分だけでなく聴き手の頭の中にもスキマができて、ひらめき同士がつながりやすくなります。