名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)のプロフィール

塚原哲、つかはら・さとし。日本のファイナンシャルプランナー。労働組合シンクタンク「生活経済研究所」事務局長。著書に『銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識』。

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の名言 一覧

老後資金に限りませんが、大きなお金を貯めるには、長い時間軸で、自分はどれくらい貯められるのかを考えることが大切です。


あなたは自分の今日時点の資産合計額を即答できるだろうか。即答できれば、お金が上手く回っている可能性が高い。逆に即答できなければ確実に上手くいっていないはずだ。


私の見ている範囲では、リーマン・ショックで運用をやめてしまったのは住宅ローンを抱えていた会社員がほとんどですよ。毎月ローンで7万円返済している人が、評価額が月に30万円前後も動く様子を心穏やかには見ていられませんから。ローンを抱えての資産運用はメンタル面でも厳しいということですね。


クレジットカード、携帯電話、公共料金などの「引き落とし日」と「引き落とし額」を把握していない人は、支払日の直前に資金繰りがショートしやすい。これが常態化するとキャッシングでその場をしのぎ、気付けばクレサラ問題や住宅ローン破綻の入り口に足を踏み入れてしまう。いかに手前から備えるかがものをいう。


「引き落とし日・引き落とし額」を即答できると資金繰りが上手になります。逆に把握していないと、引き落とし日に残高不足となり、不要な延滞利息や手数料を負担することに。キャッシングに手を伸ばすきっかけにもなりかねず、家計破綻につながります。


仮に今日の資産合計額が501万円だったとしましょう。これをきちんと把握している人が職場の同僚から飲み会に誘われた時には、支払いで資産合計が500万円を切らないようにセーブするのではないでしょうか。資産合計を意識することで、支出に細かな歯止めがかかるケースが多い。


収入の多さと裕福さはリンクしない。収入が多くても支出が大きければ資産が減り続けるからだ。毎月の収支差額を常に把握しておく必要があるが、単に毎月プラスならいいというわけではない。仮に今月2万円のプラスだったとしても、このペースでは20年間(240か月)で480万円しか財産は殖えない。収支差額を知れば、それもすぐ分かる。常に自身の支出を見直す習慣が身に付くのだ。


「今月の収支差額」は将来の貯蓄額を予測するのに欠かせません。毎月の収支差額から10年後、20年後の貯蓄が容易に算出できるからです。例えば今月が2万円の黒字なら、20年後の貯蓄は240倍、すなわち480万円増えるであろうことがすぐに分かります。今日の習慣が20年後の結果にどれだけ影響するかを意識することが大切です。


定年後も年収150万円で再雇用で働くとします。65歳までの5年間の収入は750万円。一方、国民年金保険料を40年間納めた時の老齢基礎年金は年約78万円です。つまり、5年間の労働力は基礎年金10年分に相当します。一方、運用で750万円を稼ぐには1000万円の元本を年12%という高利回りで5年間回す必要があります。これは非常に困難です。つまり、定年後5年間の労働は、年金や高利回り運用に匹敵する資産だと考えられます。その価値は自分自身で決められるのです。


定年後の生活を支えるのは金融資産だけではありません。例えば健康。医療費がかからなければその分、蓄えたお金を別なことに使えます。住宅や自動車も適切なメンテナンスを怠らなければ修繕や買い替えまでの時期を延ばせます。定年後も働けば、働いた分だけ老後資金を補填できます。こういった人的資産や現物資産は、豊かなセカンドライフを考える上で欠かせない資産です。


私は会社員は投資をやっていい人とやってはいけない人がいると考えています。やっていい人は負債のない方だけ。住宅ローンがあるなら返済が最優先です。「1%で借りておいて、5%で運用すればいい」みたいな発言も耳にしますが、あまりに軽率です。1%で借りたら、きっちり1%の利息を取られますが、毎年5%運用なんて普通はできませんよ。ブレが大きいと元本割れする可能性が高い。


まずお勧めしたいのが、資産残高推移表を作ること。やり方は簡単で、複数の口座がある場合は、全ての資産残高を毎月1回一覧表にまとめて集計するだけです。数か月続けていると、「前月と比べて今月は赤字だった」「住宅ローンの繰り上げ返済をする余裕がない」「支出を減らすには、毎月一定額だけを引き出すようにした方がよさそうだ」といった気付きがあるので、それらを書き留めておきましょう。これだけで「今日の資産合計」と「今月の収支差額」を把握できるのでお金が貯まり始めます。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の経歴・略歴

塚原哲、つかはら・さとし。日本のファイナンシャルプランナー。労働組合シンクタンク「生活経済研究所」事務局長。著書に『銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識』。

他の記事も読んでみる

井上英明

お金を儲けることは、人生を生き抜く手段であって目的ではありません。だから少しくらい失敗してもいいと思うんです。うちは業態上、一度に10億、20億を失うことなんてありえませんし。


古賀信行

私は40歳の時に総合企画室長に就き、当時の4大証券による「損失補填事件」の対応に追われることになりました。この不祥事は、昭和の終わりのバブル経済が崩壊する過程で起こったものです。突然のトップ交代を間近で見ました。突発的な出来事を前に、右往左往するだけの役員も少なからずいました。こうしたことを通して、生意気にも「自分が(経営の)真ん中だったらどうすべきか」ということを考える癖がついたように思います。


森田正光

ウェザーマップの経営については地道に進めてきた面もあります。経営を傾かせる訳にはいきませんから。例えば人を採用する時、急に増やすのではなく、天気解説に加えて、裏方でも活躍できそうな人を見極めて採用したりしていました。


永守重信

現在の日本の偏差値一辺倒の教育には問題がある。大学名やブランドなど関係ない。人は教育次第でいくらでも良くすることが出来る。


片倉兼太郎(初代)

事業は国家的観念を行動の基本とし、あわせて自分の利益を忘れないように。


渥美育子

私は企業経営をよく「幕の内弁当」に例えます。幕の内弁当は器と中身がセットとなって完成します。英語はひとつの「おかず」でしかありません。今の日本企業を見ると、全体像が見えないまま議論している気がします。日本から世界へ器が大きくなった時に、どのようなおかずを入れるべきか。日本企業の立ち位置が問われます。


横山邦男

社会人生活の最後に、最も社会的使命を持った会社で働きたいと考えた。
【覚え書き|日本郵便の社長を引き受けたことについて】


矢矧晴一郎

学生時代のテストでは、簡単な問題から片付けて、時間のかかる問題は最後にじっくりと解いたのではないでしょうか。書類作成もこれと同じ。まず内容を箇条書きの要領で目次をつくり、それぞれに必要な文字量を決めます。そして、項目ごとにかかる時間と難易度を記入。簡単なものから書けばいいのです。すると、時間がかかるのは一部だけであることがわかり、気分も楽になりますし、終了までの時間を想定しやすくなります。


粟田貴也

いまの自分には手の届かないくらいの夢や目標をもつことにしています。たとえば、いまの自分が100%だとして110%の目標であれば、手が届きそうに思うでしょう。しかし、たとえば100倍の目標だったら、簡単には届きませんよね。あえてそういう大きな目標をもって、自分を追い込んでいく。そうすると、次に向かっていけるのです。


阿刀田高

小泉純一郎元首相は言葉に鋭敏な政治家だった。次のジョークも聴衆の言葉をつかむ秀逸なものだ。「人生には3つの坂がある。上り坂、下り坂、『まさか』」。下り坂までは、普通に納得できる話である。では3つ目は何だろうと身構えていると、一転して「まさか」。洒落である。だが、考えてみれば「まさか」という出来事が人生にはよくある。洒落で笑わせつつ、状況を的確に伝える見事な言い回しだ。


南谷三世

海外ドラマで英語を学ぶと、英語力がどの程度伸びているのか、把握しにくいところがあります。自分の実力を測る物差しとして、TOEICを受けることにしました。点数が上がると自信になり、勉強のモチベーションも上がりました。海外ドラマで生きた英語を学びながら、社会的に認められたTOEICの勉強をすることで、お互いが補完し合い、相乗効果があったと思います。


宇佐美進典

カリスマ性のある人のやり方はその人にしかできないので次につながりません。