塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の名言

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)のプロフィール

塚原哲、つかはら・さとし。日本のファイナンシャルプランナー。労働組合シンクタンク「生活経済研究所」事務局長。著書に『銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識』。

塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の名言 一覧

老後資金に限りませんが、大きなお金を貯めるには、長い時間軸で、自分はどれくらい貯められるのかを考えることが大切です。


あなたは自分の今日時点の資産合計額を即答できるだろうか。即答できれば、お金が上手く回っている可能性が高い。逆に即答できなければ確実に上手くいっていないはずだ。


私の見ている範囲では、リーマン・ショックで運用をやめてしまったのは住宅ローンを抱えていた会社員がほとんどですよ。毎月ローンで7万円返済している人が、評価額が月に30万円前後も動く様子を心穏やかには見ていられませんから。ローンを抱えての資産運用はメンタル面でも厳しいということですね。


クレジットカード、携帯電話、公共料金などの「引き落とし日」と「引き落とし額」を把握していない人は、支払日の直前に資金繰りがショートしやすい。これが常態化するとキャッシングでその場をしのぎ、気付けばクレサラ問題や住宅ローン破綻の入り口に足を踏み入れてしまう。いかに手前から備えるかがものをいう。


「引き落とし日・引き落とし額」を即答できると資金繰りが上手になります。逆に把握していないと、引き落とし日に残高不足となり、不要な延滞利息や手数料を負担することに。キャッシングに手を伸ばすきっかけにもなりかねず、家計破綻につながります。


仮に今日の資産合計額が501万円だったとしましょう。これをきちんと把握している人が職場の同僚から飲み会に誘われた時には、支払いで資産合計が500万円を切らないようにセーブするのではないでしょうか。資産合計を意識することで、支出に細かな歯止めがかかるケースが多い。


収入の多さと裕福さはリンクしない。収入が多くても支出が大きければ資産が減り続けるからだ。毎月の収支差額を常に把握しておく必要があるが、単に毎月プラスならいいというわけではない。仮に今月2万円のプラスだったとしても、このペースでは20年間(240か月)で480万円しか財産は殖えない。収支差額を知れば、それもすぐ分かる。常に自身の支出を見直す習慣が身に付くのだ。


「今月の収支差額」は将来の貯蓄額を予測するのに欠かせません。毎月の収支差額から10年後、20年後の貯蓄が容易に算出できるからです。例えば今月が2万円の黒字なら、20年後の貯蓄は240倍、すなわち480万円増えるであろうことがすぐに分かります。今日の習慣が20年後の結果にどれだけ影響するかを意識することが大切です。


定年後も年収150万円で再雇用で働くとします。65歳までの5年間の収入は750万円。一方、国民年金保険料を40年間納めた時の老齢基礎年金は年約78万円です。つまり、5年間の労働力は基礎年金10年分に相当します。一方、運用で750万円を稼ぐには1000万円の元本を年12%という高利回りで5年間回す必要があります。これは非常に困難です。つまり、定年後5年間の労働は、年金や高利回り運用に匹敵する資産だと考えられます。その価値は自分自身で決められるのです。


定年後の生活を支えるのは金融資産だけではありません。例えば健康。医療費がかからなければその分、蓄えたお金を別なことに使えます。住宅や自動車も適切なメンテナンスを怠らなければ修繕や買い替えまでの時期を延ばせます。定年後も働けば、働いた分だけ老後資金を補填できます。こういった人的資産や現物資産は、豊かなセカンドライフを考える上で欠かせない資産です。


私は会社員は投資をやっていい人とやってはいけない人がいると考えています。やっていい人は負債のない方だけ。住宅ローンがあるなら返済が最優先です。「1%で借りておいて、5%で運用すればいい」みたいな発言も耳にしますが、あまりに軽率です。1%で借りたら、きっちり1%の利息を取られますが、毎年5%運用なんて普通はできませんよ。ブレが大きいと元本割れする可能性が高い。


まずお勧めしたいのが、資産残高推移表を作ること。やり方は簡単で、複数の口座がある場合は、全ての資産残高を毎月1回一覧表にまとめて集計するだけです。数か月続けていると、「前月と比べて今月は赤字だった」「住宅ローンの繰り上げ返済をする余裕がない」「支出を減らすには、毎月一定額だけを引き出すようにした方がよさそうだ」といった気付きがあるので、それらを書き留めておきましょう。これだけで「今日の資産合計」と「今月の収支差額」を把握できるのでお金が貯まり始めます。


塚原哲(ファイナンシャルプランナー)の経歴・略歴

塚原哲、つかはら・さとし。日本のファイナンシャルプランナー。労働組合シンクタンク「生活経済研究所」事務局長。著書に『銀行・保険会社では教えてくれない 一生役立つお金の知識』。

他の記事も読んでみる

深野康彦

資産運用で大損失を出したときは、いいづらいという気持ちを押して、まずは謝る。多少、奥さんから怒られたり、家族の中で立場をなくすかもしれませんが、その程度ですむのなら、ぐだぐだ考える気持ちと時間がもったいないだけなので、一刻も早く報告すべきです。リカバリーの範囲を超えた場合であっても、基本的には素直に謝ったほうがいい。


小島弘章

片づいていない会社の収納には明確な特徴があります。「使わないモノ」が収納され、「使うモノ」が乱雑に外に出されているのです。結果、紛失や探し物が増えます。そうしたオフィスでは、各社員が毎日10分程度を探し物に充てています。これが1年続くと約40時間。その間に何度、新規企画の会議ができるでしょうか。


柳井正

未来に向かって次はこういうことをやろうと考えないと、いまのこの位置すら危ない。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

仕事っていうのは、物語をつくることなんだ。そして、物語は登場人物が多いほど面白くなる。人と人とが直に触れ合えば、必ず何かの化学反応が起きる。そこに「想い」があり、「愛」が芽生えれば、必ず新しいものが生まれてくる。これが仕事だね。


織田大蔵

上が質素倹約を旨としておれば、下も必ずそれに習うものだ。下は常に上をうかがいおるから、上が乱れておれば、下も必ず乱れてくる。上が贅沢であれば、下もこれに習って、ムダ金を使うようになる。上の者が、己に厳しくなければならぬのはこのためだ。


兒玉圭司

集中したときとリラックスしたときの差が大きいほど、集中力は高まります。


北川正恭

フリーアドレスにすると、まずは従来はデスクが島型に並んでいて、課長がここで係長がここにいると決まっていましたが、それがなくなります。これは3、4年かけて徐々に進めていきましたが、部長室をなくす時には議論が起きました。そこで私は納得がいくまで徹底的に、無制限で対話をしました。職員の中にはもちろん抵抗もありましたが、変えることに喜びを感じ始めていました。


荒木香織

日常生活でも、強豪チームを参考にして、「勝つための秘策」を取り入れました。強豪チームは「勝ちの文化」が出来上がっていて、試合以外の時間の過ごし方1つとっても違います。それを研究し、参考にしました。身の回りの整理整頓がその1つです。普段から身の回りの細部にこだわることが、いざという時に力を出すことにつながります。混沌とした展開でも規則を守り、失点につながるミスや反則をしないことが、ラグビーの試合でも重要だからです。


藤野英人

SNS(交流サイト)などでの情報発信にも力を入れていますが、まずは発信そのものよりも、それを通して「受け取る」ことの方が投資家としては重要だと考えています。人間はどうしても自分の立場や年齢、考えが近い人の情報ばかりをフィルタリングして選択するようにできている。知らず知らずのうちに視野が狭くなるのを避けるために、私はSNSを使って意図的に自分とは違う生活をしている人たちの考えを取り入れるようにしています。


桃谷誠一郎

いくら品質の良い製品でも、実際に使ってもらわないと良さが分からない。だから、中身を開発するのと同じぐらいに、伝える力を大事にしている。


天野篤

どんなつまらない問題でも、逆にどんな難題に直面しても、まず握手をすることです。自分の持っている力で真正面から対応する。それを忘れなければ、仕事は必ず、心の内に深い喜びをもたらしてくれると思います。


有本隆浩

法改正、制度改正を常に注視し、どこよりも早く対応してきた。だからこそ先駆者としてマーケットを握れた。


若山陽一

M&Aで重要なのはインテグレーション(一体化)です。効果を発揮するには、働く人の気持ち、感情を大切にしなければなりません。つまるところ、買収先の社員、取引先が、M&Aを受け入れてくれるか、我々と一緒になることで喜んでもらえるか。


城繁幸

いろいろな業界の人たちを見ていて感じることですが、40代になってから自分の人生の方向性を変えるのは厳しいかもしれない。それを考えると、30代は自分で人生の舵を取る最後のチャンスといえる。


ケリー・マクゴニガル

過ちや失敗はすべての終わりではないし、恥や不名誉の原因でもない。過ちや失敗とは、その対処法を見つけ出し、最善のアクションを取るためのきっかけに過ぎない。


ページの先頭へ