名言DB

9412 人 / 110637 名言

塚原光男の名言

twitter Facebook はてブ

塚原光男のプロフィール

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

塚原光男の名言 一覧

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


体操に取り組んだのは中学に入ってからですが、僕は子供のときから、人ができないことをやりたいとずっと思っていたんですね。それで、先輩が鉄棒をやっている姿を見て「おう!これだ」と。それが結果的に3連続オリンピックに出場し、金メダルを獲得することになるんですから、体操との出会いは大幸運だったと言えます。


誰かに勝ってやろうとか目立ってやろうという発想からじゃないんです。こんな技ができたら楽しいということに尽きるんです。
【覚書き:ムーンサルト(月面宙返り)をはじめ、新技を開発してきたことについて聞かれたときの発言】


練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。この三つは同じくらい大切なことです。


塚原光男の経歴・略歴

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

他の記事も読んでみる

堤智章

特に大事なのは「心」、意識のあり方です。なぜなら、心はいま、この瞬間に自分が変えようと思えば変えることができる。


森下裕道

二度目以降の印象を良くするために、ぜひ初対面のときにしておきたい「魔法の質問」それは「好きな芸能人は誰ですか?」。相手が男性なら男性の芸能人を、相手が女性なら女性の芸能人を聞き出してください。といっても、あくまでも雑談の中で自然に聞き出すのがコツ。そして重要なのは、「どうしてその芸能人が好きなのか」という理由を聞くこと。なぜなら、「好きな理由」=「自分がそう見られたい願望」だからです。


赤羽雄二

メモ書きをすることで、頭の中のモヤモヤを言語化し、素早く思考を整理できます。1枚につき1分、毎日10枚書くことを習慣にすれば、思考のスピードが加速していきます。瞬時に問題を整理し、解決策を考え、意思決定して、即座に動き出せるようになる。私は今では、どんなことでも「即断即決、即実行」できます。


石田宏樹

皆さん、安いのは好きですが、安っぽいものは嫌いです。


津賀一宏

本社人員が7000人いたとしても、会社全体を見渡せなければ「烏合の衆」になってしまいます。だから本社社員を150人に絞り見通しの良い組織にすることで、社員一人ひとりの役割も明確になってきます。結局は「見える化」なんですね。


鈴木修

私は、いざというときトップが直接乗り込むことは非常に大切だと思います。細かい話だけならディテールに通じた部長や課長のほうがうまくまとめるかもしれませんが、トップが動かないといけない局面があります。こちらがどれほど本気か、そのメッセージを伝えるには、トップが出ていくことに非常に大きな効果があると思います。


金田一秀穂

考えてみれば、「流行語」なんて呼ばれた途端、使われなくなる言葉は多いもの。なぜなら流行語みたいな新しい言葉は、たいてい「仲間言葉」から生まれるから。仲間言葉とは特定の仲間うちだけで使われる言葉、いわば「隠語」のようなもの。それが流行語になって誰も彼も意味がわかったら隠語の意味がなくなるよね。すると本来その言葉を使っていた集団が、その言葉を使うのをやめてしまうわけ。


松下幸之助

いかなる非難や屈辱にも耐え、自分の正しいと信ずる方針をつらぬいて、じっと時を待つということができなくては、真に優れた指導者とはいえない。


堤清二

低成長時代に入って、複眼的な思考の若い人たちが増えてきているように思えます。部門益に絶対の忠誠を誓うのではなく、もっと広く国益や普遍的な常識にのっとった判断をする人が増えること。これこそが、堕落を防ぐ第一の条件であると僕は思います。


出口知史

相手が理不尽なことを言ってきたとき、いったん受け入れることで、相手も冷静に話そうとします。表情も、できる限り笑顔で。


佐藤優

好きなことを続け、ひたむき努力をする限り、私たちは誰しも何かしら成長することができる。社会的な成功や名声を得るといった表面的なことよりも、それ以上に、はるかに意義深いものがそこにある。


中田亨

質問が得意な人と不得意な人では、明らかに後者の方がミスをする確率が高い。質問下手な人は、仕事を頼まれた時に「よく理解できなかったこと」や「疑問に思ったこと」を相手にしっかり聞けないまま仕事を進めるため、ミスをするのです。


堀田力

継続的、恒常的に、みんなが自分のできることを少しずつやって助け合っていく社会にしていきたいというのが私たちの願いです。


関谷英里子

勉強というのはゆっくりでも続けていれば、少しずつ力がついていきます。力がついてくることで、学ぶこと自体が楽しくなって、ペースも上がってきます。ですから、最初は毎日やると決めていたことが、実際は一週間に一日しかできなくても、まったく気にする必要はないのです。


八木洋介

会社は多くの人で成り立っている。とくに当社のようなメーカーでは、特別なエリートではない普通の社員たちを納得させたうえで、ひとつの方向へ引っ張っていかなければならない。すると、正論を吐き、ハードワークを強いる「強さ」だけでは人は付いてこない。だから社長には「チャーム(魅力)」があることも大切だ。ゆきすぎるほどの情熱、スーパーな知性があるのに、人間的な魅力にあふれ、ほほえましい可愛げもある。そんな人がリーダーになると私は思う。