名言DB

9425 人 / 110833 名言

塚原光男の名言

twitter Facebook はてブ

塚原光男のプロフィール

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

塚原光男の名言 一覧

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


体操に取り組んだのは中学に入ってからですが、僕は子供のときから、人ができないことをやりたいとずっと思っていたんですね。それで、先輩が鉄棒をやっている姿を見て「おう!これだ」と。それが結果的に3連続オリンピックに出場し、金メダルを獲得することになるんですから、体操との出会いは大幸運だったと言えます。


誰かに勝ってやろうとか目立ってやろうという発想からじゃないんです。こんな技ができたら楽しいということに尽きるんです。
【覚書き:ムーンサルト(月面宙返り)をはじめ、新技を開発してきたことについて聞かれたときの発言】


練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。この三つは同じくらい大切なことです。


塚原光男の経歴・略歴

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

他の記事も読んでみる

堀久作

世の中というものは1万円いるというときに、あと千円足りないで失敗をする。私の場合は1万円欲しいときに9千円足りないのだ。最初から足りないんだから、必ずつくってみせるという勇気が湧き、これに全精力を注ぎ込む。


唐池恒二

最初は、あまり賛成の空気はなかったです。なぜなら自分たちが経験したことがなかったからです。裕福でゴージャスな旅行をしたことがないのです。ですから、「ななつ星」を準備するチームにはヨーロッパなどにある豪華列車に手分けして乗せに行きました。私も乗りに行きましたが、どこの列車もほとんど平日でも満室に近い。「これはいける」。そう感じました。
【覚え書き|ななつ星の高額料金設定について】


岩田弘三

人は一人で何でもできるわけではないので、自分にはない能力を持った人を集め、その力を生かして事業なり国の運営を行っていくことが重要になります。つまり人間のマネジメントです。


山口真由

中学生時代の家での勉強時間は4時間。高校生時代は5時間。大学受験のときは14時間。大学3年生で司法試験の勉強をしていたころは19時間の猛勉強で、幻聴まで聞こえてしまいました(笑)。そのときはさすがに「やりすぎたな」と反省しましたが、成果を得るために努力する姿勢はその後も続いています。


窪田良

ただの白線の上を歩くことはできますよね。でも同じ太さでも高層ビルの上に渡った鉄骨だと思うと、足がすくんでしまいます。このように、危機だと思うとパフォーマンスは下がるのです。


伊藤邦雄

経営者に独善の芽が大いに出てしまったら手遅れにもなりかねない。社外取締役に必要なのは、錬磨された常識だ。経営陣との緊張関係と協調、その両立の道を探るべきだ。


田原総一朗

ベトナムで、現地の総領事館から食事に招かれ、日系企業の現地代表者ら約30人と会食しました。みな40~50代のバリバリ働いている人たちです。仕事を抜きに話を楽しもうと思っていたのですが、話題に中心は自然と今回の日本の大震災のことになりました。僕はいつもの通り、東電の対応の甘さや杜撰さを厳しい口調で話し、菅政権の後手後手に回るやり方を酷評しました。すると彼らが言うのです。「だけどアジアの国の人たちは、日本人を見直してますよ。震災での日本人の行動をとても評価しています」と。家も肉親も失った人。プライバシーのない避難所生活。食事もトイレも少ない環境――。こんな状況であれば他の国なら大混乱になっていた、と。こうした話は耳にしたことはありましたが、実際に外国の人たちに熱く語られると驚き、衝撃を受けました。社交辞令ではなく、本気で「日本人は誇りをもったほうがいい」と、少し前に同じ日本人をこき下ろした僕に言うのです。恥ずかしかった。僕を含めてマスコミは、批判することこそが良心と錯覚してしまっていたけれど、それは間違いだった。日本人の良さを認め、伝えることも使命であり、責任なのではないかと感じた。


海老原嗣生

人間は自由を与えられただけでは、それをうまく使うことができない。


神谷明

声を出すということは、とてもエネルギーが必要です。だから声優はいつでも同じレベルの声が出せるように体力維持が重要となります。


三浦孝之(職人)

できるだけ自然に触れ、五感を使うようにしています。その中で、昆虫や植物などをよく観察していると、わずかな変化に気がつくのです。