名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塚原光男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塚原光男のプロフィール

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

塚原光男の名言 一覧

僕が開発した月面宙返り(ムーンサルト)以前は、回転とひねりは別々の技で、二つ同時の合体技は人間の身体能力では不可能とされていました。しかし、あの技以降、世界が合体技に向かい、いまの選手の技もその延長上にあるんです。このメダルは「人ができないことをやりたい」と思っていた子供のころの、夢の実現の証でもあるんです。


体操に取り組んだのは中学に入ってからですが、僕は子供のときから、人ができないことをやりたいとずっと思っていたんですね。それで、先輩が鉄棒をやっている姿を見て「おう!これだ」と。それが結果的に3連続オリンピックに出場し、金メダルを獲得することになるんですから、体操との出会いは大幸運だったと言えます。


誰かに勝ってやろうとか目立ってやろうという発想からじゃないんです。こんな技ができたら楽しいということに尽きるんです。
【覚書き:ムーンサルト(月面宙返り)をはじめ、新技を開発してきたことについて聞かれたときの発言】


練習を楽しみ、技の開発を楽しみ、試合を楽しむ。この三つは同じくらい大切なことです。


塚原光男の経歴・略歴

塚原光男、つかはら・みつお。日本の体操選手。オリンピック金メダリスト。日本体育大学体育学部卒。大学在学中にメキシコ五輪に出場し、男子団体総合で金メダルを獲得。その後も、ミュンヘン五輪、モントリオール五輪で男子団体総合と鉄棒でそれぞれ金メダル、その他の五輪と種目で銀メダル1個、銅メダル3個を獲得。跳馬の「ツカハラ跳び」、鉄棒の「月面宙返り(ムーンサルト)」などの新技を編み出した

他の記事も読んでみる

ドナルド・トランプ

私には仕事をするとき、父直伝の四段階の方程式がある。おかげで経済的に助かっている。開始、実行、完了、撤収だ。


原田泳幸

世界レベルの企業では、経営者は3年で後継者を育てるくらいの意識でいます。これは社長に限らず、役員や部長も同じです。すべての管理職が「3年以内に自分の仕事を引き継げる人を育てる」というゴールを持つべきです。


野木森雅郁

現代のように環境の変化が激しい時代には、組織にもまた人にも、変わることを躊躇しない柔軟性が要求されます。当社の「明日は変えられる」というスローガンには、こういった意味も含まれています。


ガー・レイノルズ

スライドは伝えたいメッセージと、視覚的に訴えるビジュアルを組み合わせたシンプルなものにする。そのうえで話の内容に応じてスライドをタイミング良く見せることで、メッセージがより伝わる。


橋本治

私は地の文章について、自分を消すという作業しかしていないんです。世の中は他人だらけだけど、どこかに他人と自分の共通項みたいなものがあるから他人のことが書けるわけで、他人を書くのに忙しくしていたら、自分のことはどうでもよくなるんですよ。


河合薫

子供のいじめ問題で、テレビ番組のコメンテーターや記者が「弱いものいじめは卑怯だと、子供たちにもっと教えるべきだ」とごもっともな意見を言うのを聞くたびに、なんとなく釈然としない気分になる。なぜなら、子供のいじめ問題は、大人社会の縮図。大人の方がもっと卑怯なことはやっていないか?と思ってしまう。


福沢諭吉

独立の気力のない者は、国を愛する気持ちも希薄である。外国から自国を守るには、自由独立の気風を全国に充満させ、国中の人たちが、身分上下の別なく、国の問題を自分の問題とし、知恵や身体の障害の有無にかかわらず、それぞれ国民としての務めを果たさなければなりません。


カーリー・フィオリーナ

変化を受け入れるのは、何か新しいことを学ぶようなものだ。新しい仕事、新しいスポーツ、新しい言葉、などなど。最初は大変である。だがやがてコツがつかめてきて、少しずつできるようになり、そうなれば弾みがついてどんどんうまくなる。そして、いつの間にか第二の天性になる。変化の中にはチャンスと可能性が潜んでいる。しかし、そうは受け止められない人も多い。そういう人は、変化を怖がる。拒絶反応を示し、慣れ親しんだものに戻りたくなってしまう。


福沢諭吉

人間がもともと持っている、苦労を避けて安楽を好むという心をそのまま成長させていけば、善に従う道につながるであろう。やたらに悪いことをしようとして苦労する人は、不徳というよりもむしろ無知と評すべきである。


松井道夫

社長になって実質25年以上たちますが、その中で一番大きな仕事は外交営業をやめたことだと思っています。ただ、さすがに外交営業をやっていた社員は、何人もお客様を連れて辞めてしまいましたね。外交営業なんて、お客様は望んでいなかったからですよ。外交営業は大きなコストが掛かります。そのコストは手数料などの形で、結局お客様が負担している。当時はまだ手数料は自由化されていませんでしたが、遅かれ早かれ自由化される。そうなるとコスト競争になる。コスト競争が行われる環境では、不要なコストを放置していると負けるんです。だから最大のコストであり、不要な外交営業をやめました。ただし、ただやめるのではなく、コールセンターを整備して、そちらで外交営業の役割を担えると分かってからやめました。


ルノワール

楽しくなかったら絵なんか描きませんよ。


テリー伊藤

アピールしたいことはあるけど、どうしても人前では緊張してしまう。喋りに自信がないという人もいると思います。たしかに、会議では声の大きいヤツが目立つ傾向、残っているから。そういう意味で、自分の自己アピール下手を自覚しているのなら、事前に仕込むという作戦をオススメしたい。アイデア、企画を1枚の紙にまとめて出席する全員の席に配っておく。あるいは、参加者全員にメールを送っておく。オレの周りにも喋りはイマイチだけど、文章能力のあるヤツがいる。彼らは、会議での喋りではなく、キャッチコピーと一枚絵で力を入れた企画書でアピールしているね。