名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塙義一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塙義一のプロフィール

塙義一、はなわ・よしかず。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

塙義一の名言 一覧

最初は外国人に再建を頼むことに対する反発もあったようですが、会社や従業員のために良ければ、私は社長がどこの国の人でも構わない。
【覚え書き|ルノー立て直しに成功したカルロス・ゴーンを社長に迎えたときの発言】


塙義一の経歴・略歴

塙義一、はなわ・よしかず。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

井村雅代

プレッシャーとは、やりがいです。ですから、プレッシャーのない人生というのは、やりがいのない人生に他なりません。誰がそんな人生を望んでいるでしょうか。


澤上篤人

儲けよう、儲けようで眼をつり上げている銭ゲバ投資家からすると、暴落相場はどう見ても儲かりそうにない。だから、買っておこうなんて気持ちは、全く湧いてこない。投資なんて、「安く買って、高く売る」だけのこと。その一番大事な「安く買う」ができないのは、何ともお気の毒と言ってあげたいよね。


西山昭彦

セミナーの長所は、知識を得られることよりも、講演者の姿を見られることです。「こういう人に追いつきたい」と刺激を受けるようなモデル的人物に出会うと、成長速度が上がるものです。そして、セミナーでヒントを得たら、ひとつでも必ず実行すること。ほとんどの人は、聞いて満足するだけで実行しませんが、それでは投資した意味がまったくありません。


定保英弥

いろいろな問題が降りかかるのは仕方ありません。大事なのは、そうした事態が起きても慌てないように、日頃から「基本プレー」を徹底して、準備しておくことです。


グレン・ガンペル

支出に対してきちんとした規律を持たせ、それを皆が共有することが重要。


福地茂雄

好きな言葉に「心は形を求め、形は心を進める」というものがあります。仏教の有名な教えのようで、電車通勤をしていたとき地下鉄の駅に掲示されていた仏壇店の広告看板で知りました。通勤で毎日眺めているうちに、いつしか心に残る言葉になっていました。私の父は熱心な日蓮宗の信者で、お経をあげることにかけてはプロであるお坊さんより上手なほどでした。一方、母が仏壇の前でお経をあげている姿を見たことはありません。ですが毎日欠かさずに朝4時前にお供えをしていました。先祖を大切に思う気持ち、心身の気持ちは父母ともに変わりはなく、父は「形」から入り、母は「心」から入る。表裏一体だったわけです。


佐々木常夫

上司が高く評価するのは、何でも言うとおりにする部下ではありません。上司も間違うことはありますから、ミスを寛容に受け入れ、適切な対応をしてくれる部下こそ、頼りがいがあると感じるのです。


安河内哲也

「他人」は集中力を阻む存在ともなり得ます。しょっちゅうかかってくる電話、一日何十通と届くメール。それらに追われて集中できない、ということもままあるからです。そんなときは、思い切って遮断するのが得策です。「向こう一時間は集中タイム」と決め、同僚にもその旨を話して電話をつながないよう頼み、携帯の電源も切り、メールもみないことにしましょう。


村田昭治

厳しい環境には精神的な強さ、競争に負けない執念が必要なことはまちがいない。しかし、グローバルな社会の競争をみると、がんばりズムや根性論だけでは乗り切ることはむつかしい。やはり、イノベーション、差別化、コア・コンピタンスの研磨をつづけるほかないだろう。


安藤宏基

守れば守るほど弱くなり、競えば競うほど強くなる。物事はそういう原理なのです。


大嶋啓介

「上から目線」の人って損ですよね。相手を敬わないので人の話を聞かない。それは多くを吸収し、人間関係を築く機会を捨てているようなものです。それに気づいた契機は、20代のときに行った講演会。聞く気のない聴衆が多く、「さすがに失礼」と終始相づちを打っていたら、「聞く姿勢が良い」と言われ、その後多くを教わりました。以来、年長者との会話は聞き役に徹しています。聞くメリットを体感すれば「上から目線」はなくなるのではないでしょうか。


堀紘一(コンサルタント)

多くの日本人は受験勉強のやり方に染まっているため、苦手科目を重点的に勉強し、総合点を引き上げればよいという発想に傾きがちだ。得意科目はさほど努力をしないでも高得点を期待できるから伸び代が少ない。だから苦手の克服に注力せよ、というのが受験勉強の鉄則となる。だが、ビジネスマンに必要な勉強法は、まったく逆で、得意科目を徹底的に伸ばすということ。極端にいえば苦手科目は捨てるくらいでいい。得意な人と組んで、その人に任せればいいからだ。