名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

塙義一の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

塙義一のプロフィール

塙義一、はなわ・よしかず。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

塙義一の名言 一覧

最初は外国人に再建を頼むことに対する反発もあったようですが、会社や従業員のために良ければ、私は社長がどこの国の人でも構わない。
【覚え書き|ルノー立て直しに成功したカルロス・ゴーンを社長に迎えたときの発言】


塙義一の経歴・略歴

塙義一、はなわ・よしかず。日本の経営者。「日産自動車」社長・会長。東京大学経済学部卒業後、日産自動車に入社。取締役、常務、専務、副社長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高橋克徳

「よい会議」にはいくつかの条件があります。まず目的が明確であること。意思決定のため、議論のため、情報共有のため、などなど。また、「ブレインストーミングの際はどんな意見も否定しない」などマナーの共有も不可欠です。


熊谷聖司(経営者)

私の転機は、前任者が残した負債を抱えての会社再生です。私は社長に就任する前、現在のデータ復旧事業を立ち上げ、軌道に乗せたのですが、前任者が他の事業で作った負債が約16億円ありました。データ復旧の事業で独立することも可能でしたが、債権者の方々もおられましたし、少しでもお返しできればと考えました。そうして負債を背負ったまま民事再生に入りました。そこからはつらい日々が続きましたが、残った負債はデータ復旧事業の好調、みんなの頑張りもあって1年で返済できました。


山地章夫

強みは良い商品を提供するだけでなく、戦略立案からマーケティングまで一気通貫で支援できるところです。当社ではSV(スーパーバイザー)とは別に、集客と販売のマーケティング担当、施工関係には専門のコーディネータがついて加盟店を支援します。通常の住宅販売のフランチャイズやコンサルティング会社は、営業、販促などの部分的な支援にとどまっていますが、加盟者の悩みはすべての部分にありますから、当社ではそれらを一元で解決しています。


オグ・マンディーノ

一年を超える長期の計画を立てるときは気をつけなさい。人生においては、戦争においてもそうであるように、長期にわたる計画が意味をなさなくなることがある。予測不可能な敵の動きにどう出くわすか、そして、それらの事態にどのように対処するかによって状況は違ってくるからである。


高橋智隆

社内の人間だけでやっていると、組織のヒエラルキーの中で上司から社長、時には社長の奥さんまで次々口を出してきて、尖ったものは作りにくい。ならば、「外部の人」をリーダーに据えてはいかがでしょう。その外部の人に権限と責任を与え、各部門への十分なヒアリングを行う。すると現場からトップまでがその人のディレクションに従い、コンセプトの一貫性を持ってプロジェクトが進む。


馬英華

なぜ敗戦した日本が、こんなに早く経済発展を成し遂げられたのか興味を持った。

【覚え書き|来日したきっかけについて】


堀切功章

13代目の社長として先代たちの積み重ねてきた経営を繋がなくてはいけない。今の業容も56年前の経営陣が海外進出を決断したおかげだ。自らの意思決定が50年後、100年後の未来を見据えたものでなければ、という思いはある。


石坂典子

(父は経営者として)素晴らしいなと思いました。ただ、父がやれなかったことがあります。それは産業廃棄物処理業の社会的な意義を人々に伝えていくということです。父は職人的な発想でしたから営業しないスタイルなんです。いい仕事をしていたら、お客様はついてきてくれる。そういう考え方なんです。ですから、一生懸命やっていれば間違いないという考えです。しかし、残念ながら地域社会はそれを理解してくれるわけではありません。私はそれを理解してもらうためには我々の仕事を伝えていくしかないと考えました。つまり可視化です。ですから、私は多くの人たちに我々の仕事を見せることをやりたかった。それは父がやれなかったことであり、私にできることではないかと思いました。それで社長をやらせて欲しいと言ったんです。


岡田裕介(東映)

クールジャパンにしても、まずメイド・イン・ジャパンのキャラクターで海外に出ていって、その後に、俳優さんなどの実写で出ていくべきです。キャラクターは、言語などの壁を越えられますから。


具志堅用高

40代の半ばから本格的に芸能活動を始めたのも、自分の人生をまだ楽しみたいと思ったから。いや大変な仕事ですよ、芸能活動は。それでも楽しい。


安部修仁

私が20代後半のころ、吉野家は急成長企業でしたから、社員も大きな希望を持っていました。それに、吉野家を企業化した先代の松田瑞穂社長は、教育投資、報酬制度、利益の配分といった面で、社員の成長に必要な環境を非常によく整備してくださる方でした。それらをトータルに考えると、決して労働搾取されていたとは思いません。やはり、残業や過重労働の問題を考えるときは、経営者がごまかしで搾取しようとしているのか、そうでないのかが非常に重要だと思います。


江上治

営業マンにとって大切な思考の一つは、「徹底的な顧客志向」だ。お客様が、今欲しいもの。情報は何か、そこを理解し、提供することができれば、あなたはいつでもお客様に会うことができる。