塙昭彦の名言

塙昭彦のプロフィール

塙昭彦、はなわ・あきひこ。日本の経営者。「デニーズ」「セブン&アイ・フードシステムズ」社長。東京出身。青山学院大学卒業後、ツルヤフルーツを経てイトーヨーカ堂に入社。食品事業部長、衣料事業部長、営業本部長、専務取締役中国室長などを経てセブン&アイ・フードシステムズ、デニーズジャパン社長に就任。

塙昭彦の名言 一覧

人間は、ぬくぬくと生きていてはいけない。


「なんとかなる」ではなんともならない。なんとかなるという安易な生き方ではいけない。偉業をなす人は、なんとかなるなどという生やさしい考えは持っていない。


ハズレくじを当たりくじにするのが、おれの仕事。


ひたむきに、一所懸命に仕事をする。これは、いまも昔も変わらず日本人にとって大事なこと。


「おいしかったね。楽しかったね。また来ようね」。三つの「ね」はまさに商売の真髄。


病気だって景気だって同じこと。根本にあるのは自分の気持ちです。「元気になるよ、元気になるよ」と思っているから、人は元気になる。


何があっても挑戦し続けるという精神を、いつも持たなければならない。


いまはいましかない。いまを精一杯生きた者にだけ、明日への栄冠がある。


人事異動を命じられたとき、その辞令を当たりだと思うのか、はずれだと思うのか。それによってその人の一年後、三年後の運命が決まってくる。


本当のチームワークとは、自らに課された責任分担を確実に果たすことであり、組織にとってはそれがすべてです。


不必要に仲良くなんかせず、互いをよい意味でライバル視していればいい。素晴らしいチームワークは、切磋琢磨の中から築かれていくもの。


前例がないからこそ、チャレンジする価値がある。


これまで誰もやっていないなら、お客さんが入るか入らないかも分からない。まずはやってみよう!


人がダメだと言っていても、それを鵜呑みにはしない。まず一度、常識を疑ってみることが大切。


自然にただただ従うだけで、本当にいいのだろうか。そう思って私は、「朝の来ない夜もある」と、あえて言うようにしています。何もしないで、いつも朝が来ると思っていたら大間違い。人間の社会が自然と同じようになると思うのは、甘えではないでしょうか。


人々が「正しい」と言っていることでも、きっかけさえあればあっけなく覆る可能性もある。たとえば、中国人は寒い冬には冷たいものを食べないと言われていました。そんな常識がある北京で、私は雪の降る日にかき氷500杯とアイスクリーム2000個の大特売を仕掛けたのです。あっというまに完売して、販売新記録を達成しました。


頑張っているかどうかは、自分が決めることではなく、周囲の人が決めること。やっているつもり、言っているつもり、頑張っているつもり。「つもり」で仕事をしていても、朝は来ない。


会社の規模にかかわらず、経営トップは迷わず決断を下すべきです。リーダーにとってはわずかな迷いでも、部下に伝わる過程でその迷いはさらに増幅していきます。決断を下す責任ある立場にいる人は、そういうことを常に心しておかねばなりません。


手の中でくじをギュッと握って、「当たりだよ、当たりだよ」と思い続ければ、それは必ず当たりくじになる。しかし、「はずれだ、はずれだ」と思っていたら、当たりくじだったとしても、手を開いてみたらはずれくじに変わってしまう。


苦労は買ってでもしろと言われますが、本当にその通りだと思います。自分の来し方を振り返っても、苦しいことの連続でした。しかし、その中で自分が磨かれていったのです。


いきなり知恵を出せる人は少ないのではないかと思っています。しかし、汗はだれでもかくことができる。私はなかなか知恵を出せない分、人に負けないくらいの汗をかいてきました。


塙昭彦の経歴・略歴

塙昭彦、はなわ・あきひこ。日本の経営者。「デニーズ」「セブン&アイ・フードシステムズ」社長。東京出身。青山学院大学卒業後、ツルヤフルーツを経てイトーヨーカ堂に入社。食品事業部長、衣料事業部長、営業本部長、専務取締役中国室長などを経てセブン&アイ・フードシステムズ、デニーズジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

米村でんじろう(米村傳治郎)

僕のキャリアは、周りが与えてくれたものです。仕事ってそういうものだと思います。自分が「こうしたい」と決めたことしかやらないと、自己の可能性を狭めてしまいます。それよりは、自分を取り巻く人々の求めに素直に呼応して、与えられた仕事に夢中になって取り組む方が、新しい展開が訪れ、仕事も楽しくなると思います。


和佐見勝

経営にはトップダウンも必要ですが、ボトムアップも大事。我が社には社員から改善の提案を受けると報奨金を支払う「改革・提案奨励金制度」があり、日々、様々な改善提案が出てきています。


豊島俊弘

日本企業は、技術が足りなかったのではなく、金融力が足りなかった。今もそうですけど、本当に日本企業の技術力は優秀で、海外で日本の技術を欲している企業は山ほどあるんです。でも、海外の企業から「俺たちと手を組もう」と言われても、外国人と一緒になったら騙されると思って、結局、世界の市場の力を日本に取り込むことができないのだと。そういうリスクを乗り越えるためのエクイティ資金が欠けていて、そういう仕組みが今の日本には必要だと思ったんです。それが私の原点ですね。


かわぐちかいじ

編集者との打ち合わせについては、僕は、何人かで餅をついて美味しくしていくように、最後まで何回も相談を重ねて漫画を練り上げます。もちろん、編集者にあんまりいろいろ言われたくない側面もあります。不備を指摘されたものの次にいいアイデアが出るとは限らない側面もある。でも、やはり漫画は読者が面白がるべきものだから、読者が一番楽しめるものをとなると、作者一人の欲望は越えなければならない。


古市幸雄

勉強を長続きさせるためには、快適に学習できる環境を整えることも大切です。たとえば、効率を高めるものにはお金を惜しまず注ぎ込むべき。私の場合は、16万~17万円くらいするハーマンミラーの「アーロンチェア」を、留学中からずっと愛用しています。値は張りますが、疲れを感じることなく、快適に勉強できる。また、照明器具や足の保温グッズにも惜しみなく投資します。あとあとの収穫を考えれば、安い出費でしょう。


平井一夫

判断がブレると、失敗につながりやすい。自分がノーだと思っていても、周囲に流されイエスと言った時ほど、後で問題が大きくなっていく。周囲がどう言おうが、自分が正しいと思ったことを貫く。一貫性を重視しています。


浅野忠信

いまの仕事がつまらないという人がいるけれど、そう感じるのは、自分がつまらない生き方をしてるからですよ。ウジウジしないで辞めたいなら辞めればいい。誰のために働いてるのかわからない仕事ならね。お金のためだけなんて、そんなくだらない理由はないよ。


今村暁

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


大嶋啓介

やっぱり習慣が心を育てていく。習慣こそが人材育成そのものだと思いましたし、習慣イコール人生なんだと再確認しています。


茂木健一郎

自分が一番賢いと過信している人はマネジメントには向かない。むしろ、他人が自分よりも優れている点を認め、助けてもらうこと。他人から積極的に学ぶこと。そのような謙虚さを持っている人こそが、卓越したマネジャーになる。


砂山拡三郎(砂山擴三郎)

中小企業の場合、割増退職金の増額を要求したり、取引先を持っていくなどの条件を付けると、応じてもらえることが少なくない。会社側も「辞めてくれるなら」と聞き入れやすい。一方、大企業は条件面を組合との話し合いで決め、公平平等を重んじるので、個別交渉は難しい。


加藤諦三

人と人とを繋げる能力のあるタイプもいれば、最後のツメの仕事で集中力を発揮するタイプもいます。そのように自分の適性を社会に適合できれば、問題は起こらないのに、情緒的未熟さゆえに自分の価値を見誤っている人が、トラブル・メーカーになってしまうのです。もちろん、その人は能力がないわけではなく、むしろ有能でさえあるかもしれません。しかし、社会の中で、まだ自らの心理として自分がどうすれば生きるのかが、わかっていない。心の内側が成熟していないのです。


アリストテレス

勇気は人間の第一の資質である。なぜなら、他の資質の土台となる資質であるから。


中村俊輔

僕は足が遅い。背が低い。でも、そこに気づくからこそ技術や創造性で自分の短所を消すことが出来る。


井上康生

武道として始まった柔道と、スポーツ化されたJUDOは別物です。我々はJUDOを目指す必要はありません。されど、世界と戦って勝つためにはJUDOを研究し、知ることが必要になります。ですので、良いところは認めようよという意識の改革を進めました。


ページの先頭へ