名言DB

9429 人 / 110879 名言

塙宣之の名言

twitter Facebook はてブ

塙宣之のプロフィール

塙宣之、はなわ・のぶゆき。日本のお笑い芸人。千葉県生まれ、佐賀県育ち。大学在学中、落研の後輩・土屋伸之とお笑いコンビ「ナイツ」を結成。数多くの賞を獲得。漫才協会理事・副会長を務めた。

塙宣之の名言 一覧

正直、深く考えたわけでも、将来の展望があったわけでもないんですよ。コンビを組む時に「一生の相棒」とは思っていないし、声をかけても断れるかもしれないわけで。コンビ選びって、後付ではいろいろなことが言えますけど、結局は縁だと思います。


寄席でちょっとウケるようになり、漫才だけで何とか生活できるくらい稼げるようになっていったんですよ。ただ、芸人としてはそこが分かれ目で、満足して「寄席の漫才師でいいや」となると、そこまで。僕は怖くなって、子供の頃からの夢はテレビに出て有名人になることだってところに戻りました。ここは1回リセットしないとまずいなと思ったんですよ。


負けた瞬間、人間ってすごいなと思いました。悔しいって気持ちを忘れたいからか、ド級のプラス思考になったんですよ。「これは絶対にこの後、いじられる。(M-1グランプリで)優勝しないでいじられるポジションもおいしいな」って。瞬で切り替えよう、切り替えようとする変わり身の早さに、自分で驚きましたよ。


僕らの強みであり、他の芸人と圧倒的に違うのは、ネタがめちゃくちゃたくさんあること。舞台で漫才をやる回数も多いし、毎年の独演会に向けて新ネタも作っていますし、なにより「ヤホーで調べました」で始まる「言い間違い」「言葉ボケ」のフォーマットは、題材を入れ替えるといくらでも広げていくことができる。だから、同じ番組に20回呼んでもらったとしても、同じネタを1回もやらずに出演し続けられるんです。消費しても消費しても作ればいい。だから、ずっとテレビに出られるんですよ。


コンビを結成してすぐ僕が足を切断するかどうかという大きな事故に遭ってしまい、入院。リハビリも含めると約1年、コンビで活動できなくなったんですよ。僕としては卒業してすぐに活躍するつもりが最悪の社会人1年目になってしまって。結局、病室で「復活したらやろう」とネタを考え、2人でたくさん話せた。振り返れば、いい準備期間だったのかもしれません。


ネタには自信がある一方で、最近は「テレビで本当に活躍するにはテレビ芸をちゃんと身に付けなくちゃいけない」とも思っています。漫才で勝負する上では地味な見た目も利点ですけど、バラエティ番組では「リアクションが薄い」と言われていますから。オンエアで見ると埋もれている。リアクション芸にしても他の芸人さんの動きについていけず、見ちゃうだけになっちゃうんですよね。独特のスピード感やどうしたら面白くなるかの動きの力学は、勉強になります。同じ畑に立ったらまったく勝てないですよ。


感じていたのは、売れるには一個の代表作「ナイツはこれ」というのがないとダメだな、と。悩みながら、自分たちの漫才のビデオを見返していたら、すごくウケている時は、だいたい小ボケだったんですよ。例えば、「お足元の臭い中、ようこそお越しくださいました」というツカミはウケるけど、その後の漫才はあんまりいまいち、とか。もしかして僕らは、小ボケとその処理という感じでテンポよくツッコむ形。それが一番ウケやすいんじゃないかなと。それで小ボケが連続するネタを作ってみたんです。ネタ見せの段階で、マネージャーさんから「漫才の基本は起承転結。小ボケばっかりのネタは良くないんじゃないか」と言われたんですよ。でも、自信があったので、忠告を無視してやったら、すごいウケて。その手応えのままネタを作り続け、翌年のM-1では初めて決勝に進出したんです。


考えた結果、商品としてのナイツが売れるとしたら、今時めずらしい「浅草の漫才師」というラベルでしか買ってもらえないだろうなと。そこで、落語芸術家協会にも入り、戦略的に活動の場もイメージも完全に浅草に寄せることに決めました。(漫才協会と落語芸術協会)2つの協会に入ったことで出演できる舞台の数がめちゃくちゃ増えるんですよ。そこから売れるかどうかは、本当にネタだけの勝負で。とにかく作りまくりました。


塙宣之の経歴・略歴

塙宣之、はなわ・のぶゆき。日本のお笑い芸人。千葉県生まれ、佐賀県育ち。大学在学中、落研の後輩・土屋伸之とお笑いコンビ「ナイツ」を結成。数多くの賞を獲得。漫才協会理事・副会長を務めた。

他の記事も読んでみる

葛西紀明

ジャンプ競技は、重心の位置や姿勢、タイミングなどを数秒間で考えなければならず、かなり頭が疲れるスポーツです。疲れた状態が続くといい思考は生まれず、いいジャンプにもつながりません。定期的に脳をリセットすることで、新たな思考が生まれやすく、集中力も増します。


若田光一

NASDA(宇宙開発事業団)の宇宙飛行士候補試験を受けたのは、試験に落ちてしまったとしても、自分の知らない世界に目を向けたり、挑戦してみるという経験が自分のこれからの人生に必ずプラスになると思ったから。


波頭亮

仕事をする上で心がけているのは、なによりフェアな仕事をすることです。ビジネスって、キレイごとだけでは進まないことがありますよね。でも僕は、そういうことはしたくない。ですから、何千万円にもなる契約でも、相手がアンフェアだったら、仕事をするのは辞退させていただきます。資本の理論からいったら、馬鹿げているかもしれませんが、これは言ってみれば僕の美意識です。決して格好つけているわけでも、無理をしているわけでもなく、フェアな仕事をしていると心地いいんです。


永野毅

ブレないようにしていけば、必ず数字は上がってくる。


古森重隆

人間をはじめ生物は皆、何らかの争いや競争をしながら生き延び、生き続け成長している。生きることは戦うことだと言ってもいい。その戦いには勝ち、生き続けなければならない。少なくとも負けてはいけない。しかし人間は知性や倫理、優れた価値観を持つ、ほかの生物とは違った特別な存在であり、誇りや尊厳をかけたふさわしい戦い方が要求されている。暴力や嘘、トリックではなく、国家や企業は自身が持つ正しい価値をもとにオープン(開かれた)、フェア(公正)、クリア(透明)に正しい手段で戦うことが要求されている。


小林喜光

三菱ケミカルホールディングスの社長に就任した当初、まずは危機感を社員と共有する必要があると考えました。社内報などを使いましたが、メディアも積極的に「使いました」。メディアやアナリストなどが客観的な立場で化学産業や当社に対して厳しい指摘を書けば、社員の受け止め方も変わると考えたからです。


仙田満

「こどもの国」は菊竹清訓建築設計事務所入所2年目に担当を任された大型の自然型児童遊園地造成プロジェクトで、私が「こどものあそび環境」づくりを生涯の仕事の柱にすることを決めた案件でもあります。この時、児童遊園をデザインした彫刻家のイサム・ノグチさんや、造園家の伴典次郎さんに出会ったことは貴重でした。建築以外の魅力的な世界の広がりを教えてもらったことで、いろんな領域と一緒に環境全体を考えていくべきだと認識することができました。


ジャック・ウェルチ

ビジネスでは、6ヶ月早くやっていれば良かったということはある。しかし、6ヶ月先延ばしにすれば良かったということはまずない。


平野友朗

催促のメールで強く出過ぎると、相手は大概すぐには返事をくれません。「すぐに対応できるくせに、いままで放っておいたのか?」と責められるのを恐れ、場合によっては「怒りがおさまるまで待とう」と考えるかもしれないからです。すると、なるべく早い返答が欲しいのに、さらに遅れてしまい、結局は非効率になってしまいます。


橋本孝之

グローバル化とはイコール、ダイバーシティー(多様性)を受け入れることだと思います。どんな人ともフラットに向き合う姿勢が必要です。