名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

堺雅人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堺雅人のプロフィール

堺雅人、さかい・まさと。日本の俳優。兵庫県生まれ、宮崎県育ち。早稲田大学第一文学部中国文学専修中退。高校時代から演劇部に所属。大学生時代に劇団「東京オレンジ」立ち上げに参加。テレビドラマや映画で活躍し、多数の賞を受賞。

堺雅人の名言 一覧

もちろん伝統は大事です。しかし、それにこだわらず、自分たちが面白いと思うものに嘘をつかずに作っていくことが誠実なやり方だと思っています。


一人でできることはやはり小さくて、全員で力を合わせてよっこいしょとやったときに、予想外の方向に物事が動いたりする。


世の中はそれぞれの人が自分の持ち場をしっかり守るから回っていきます。僕は、自分の持ち場をしっかり守れる実務の人をとても尊敬しています。昔、劇団で裏方の仕事をさせてもらったことがあるのですが、ことごとく失敗してしまった。僕にはそういう才能がないので、実務家には憧れがあるのです。


堺雅人の経歴・略歴

堺雅人、さかい・まさと。日本の俳優。兵庫県生まれ、宮崎県育ち。早稲田大学第一文学部中国文学専修中退。高校時代から演劇部に所属。大学生時代に劇団「東京オレンジ」立ち上げに参加。テレビドラマや映画で活躍し、多数の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

田崎正巳

あれもこれもやりたいと迷う人は「自分はどちらが好きか」で選べばいい。自分軸で選ぶのです。自分軸で仕事を選び、他の道を捨てた人が「伸び続ける人」になれます。


早川幸治

英語のライティングは、「使う可能性のある文章」を想定し、実際に書いてみましょう。ビジネスシーンで使う英語は、難しい単語や独特の表現が多い一方で、「型が決まっている」という利点もあります。いくつかのパターンを覚えさえすれば、すぐに使える・通じる英語として活用できるのです。


吉野真由美

営業をしているとき、相手に「高いよね」と言われたら、「この業界のことをよくご存知ですね」と相手を認めてしまいましょう。さらに「私も高いと思っていたんですよ」と共感まで示します。こう言われると、相手もそれ以上言うことがなくなってしまいます。そこで、「どうしてこんなに高いのかなと思って調べてみたら、ちゃんとした理由があったんです。それは……」とプレゼンに持ち込んでしまえば、もうこちらのペースです。


山田直美(社会起業家)

家賃はもちろん、フードや生活用品費、ワクチン接種や薬の費用、去勢手術費用……運営にはたくさんの資金が必要になります。寄付集めや街頭募金活動も必死ですよ。加えて、行政や信頼できる団体と連携しながら譲渡会や写真展などのイベントを開催したり、併設しているペットホテルとトリミングサロンの売り上げをシェルター運営に充てたりして、何とか費用を捻出しています。「かわいそう」「助けてあげたい」という感情だけでは、決して続きません。持続可能にするための仕組みをきちんと考えること、そして、何としてでもやり抜くという覚悟。それが重要だと思っています。


澤田貴司

即戦力であるかどうかは、自分ではなくて、人が判断することですよね。いくらキャリアプランを考えても、「俺はできる」とアピールをしてみても、周りが認めてくれなければどうしようもない。だったら、そんなこと考えても仕方がないよね。


野路國夫(野路国夫)

現場を歩いて現状を把握し、データに基づいて改善していく。それができれば、企業であれ国であれ、課題を乗り越えていける。


鈴木喬(経営者)

運を引き寄せるかどうかは、その人の考え方次第。それが「根拠なき確信」。


ベンジャミン・ディズレーリ

人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。そうすれば、相手は、何時間でもこちらの話を聞いてくれる。


永瀬昭幸

いきなり英米のネーティブ英語を習得するのはハードルが高いから、まずは身近なアジア英語から、と考える人もいるでしょう。ただ、英米人は顔全体の筋肉を運動させて話すのに対して、日本人も含めてアジア人の多くは「口先もごもごイングリッシュ」。アジア人同士だと伝わりやすいのですが、その癖を一度つけてしまうとなかなか抜けません。学ぶなら最初から英米のネーティブ・イングリッシュのほうがいい。


笠原健治

SNSでは「mixi」、スマホゲームでは「モンスト」、時代の主戦場でそれぞれホームラン級のサービスを立ち上げてきました。次なる主戦場でも、我々がホームランを打ちたい。準備は着々と進んでいます。これまでにない、新たな「つながりが深まる感動」にご期待ください。


枡野俊明

率先して動いて手本を見せれば、最初はぎこちなかった現場も、時間が経つにつれて変わり、職人さんたちは私に協力しようという雰囲気になっていただけます。周りから協力、支持を得たいのであれば、自ら渦中に入っていくことが何よりも大事。


Mr.マリック

テレビに出演する際、私はよくプロデューサーに「誰がゲストかわからなければ、出し物は決まらないんだ」と話します。具体的に目の前で相手が喜ぶ姿が浮かんでくるような説得力のある仕事を目指す。これこそ、私にとってのエンターティナーの原点なのです。