名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堺雅人の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堺雅人のプロフィール

堺雅人、さかい・まさと。日本の俳優。兵庫県生まれ、宮崎県育ち。早稲田大学第一文学部中国文学専修中退。高校時代から演劇部に所属。大学生時代に劇団「東京オレンジ」立ち上げに参加。テレビドラマや映画で活躍し、多数の賞を受賞。

堺雅人の名言 一覧

もちろん伝統は大事です。しかし、それにこだわらず、自分たちが面白いと思うものに嘘をつかずに作っていくことが誠実なやり方だと思っています。


一人でできることはやはり小さくて、全員で力を合わせてよっこいしょとやったときに、予想外の方向に物事が動いたりする。


世の中はそれぞれの人が自分の持ち場をしっかり守るから回っていきます。僕は、自分の持ち場をしっかり守れる実務の人をとても尊敬しています。昔、劇団で裏方の仕事をさせてもらったことがあるのですが、ことごとく失敗してしまった。僕にはそういう才能がないので、実務家には憧れがあるのです。


堺雅人の経歴・略歴

堺雅人、さかい・まさと。日本の俳優。兵庫県生まれ、宮崎県育ち。早稲田大学第一文学部中国文学専修中退。高校時代から演劇部に所属。大学生時代に劇団「東京オレンジ」立ち上げに参加。テレビドラマや映画で活躍し、多数の賞を受賞。

他の記事も読んでみる

堤清二

最近はメールの発達など、ものごとを伝える手段自体は多様化しています。ところが言葉の方は紋切り型の表現が目立ち多様性を失っている印象があります。多様性がないところには独創性もありません。まずは紋切り型の表現をやめて、自分の言葉を探すところから始めてみると、人の心に響く文章が書けるようになるのではないでしょうか。


森下一喜

ゲームの企画を生み出すときに大切なのは「原体験」。木に蜜を塗ってカブトムシを取るとか、スキーが滑れるようになるとか、人間が面白がる要素は、原体験の中にたくさん転がっている。それをゲームに転用することで、琴線に触れられる。


畑彰之介

説得するというよりも、私たちの信念に沿ったコンテンツを作って示せれば、どんな業界でも最終的にはこちらを向いてくれる。


西村京太郎

小説を書き始めた頃、小さな鈍行に乗って山陰に向かったんだ。松本清張さんの『点と線』が売れていて、「これなら簡単だ。自分でも書ける」と思ったけど、考えが甘かった。原稿が上手く書けなくて落ち込んでいたとき、ボックスシートで地元のおばちゃんがミカンをくれた。それで不思議と気が晴れた。


工藤公康

きつい練習をするとき、やる前から「嫌だなあ」と思って臨んだら体は絶対については来ません。たとえきつくても覚悟を決めてやり続けることで、体力も自然とついてきて「嫌だ」という部分が消えていきます。さらに続けると体力の限界が近づいてきます。そこで心の葛藤が起こるはずです。葛藤に打ち勝ち、その壁を乗り越えられるかどうかが、その人がそこで終わるかさらにステップアップするかの試練なんです。ここで問われるのが気力です。


大西洋

商品が高いとか安いとかではなくて、「絶対的価値」と「質」がキーワード。これまでも弊社ではずっとフォーカスしてきた事ですが、百貨店はそこを追求していかない限り生き残りは困難。


佐々木常夫

どんな組織にも「できる人」と「できない人」がいます。そして、組織として大事なのは、「できない人を引き上げること」だと私は考えています。


高山善司(髙山善司)

グーグルマップへの地図提供はエンドユーザーには無料で提供しているので、収益はグーグルからのライセンス料だけ。今後は、付加価値を高めて有料でのサービスにも力を入れたい。今は、どんなコンテンツにすれば利用者に納得してもらえるか模索しているところです。今までにはなかった斬新な機能を出す必要があります。


平本清

組織にはある程度の競争は必要です。しかし、決まった仕事をきちんとこなしてくれる社員も大事です。適材適所でチームが回ればいいのです。


高橋がなり

優秀な商売人は、いかに無駄に金を使うかを考えるんです。高く仕入れて安く売ることができるのが、優秀な商売人だと僕は思うんです。駄目な商売人は、安く仕入れて高く売る。SODの制作の場合でも、優秀な監督たちは、独立させます。自分が経営者になって、良い作品をつくって大儲けすればいい。ただ、悲しいかな、僕のお金で作っていたときは、1000万円使わせろと言っていた奴が、自分の金となると200万ぐらいでつくろうとする。ダメな製作者ほど金に汚く、お金の使い方がわかっていないんだと思います。


土光敏夫

変化の時代の経営では時間の要素が大きくものをいう。スピードこそが生命である。


弘兼憲史

一人ひとりが経営者と同じような危機感を持たなければいけないはず。