名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堺美保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堺美保のプロフィール

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

堺美保の名言 一覧

何回会議をしても、行動しなければ事は何も進まない。進めるためには、部下が動けるようにしてやらなければならない。


独自性のある新しい生産技術で新しい差別化された商品をつくり、新しい事業力を発揮できる仕事をつくることこそメーカー本来の使命。


新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


得意分野でしっかり商品開発してこそお客様のお役に立てる。


ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


他社の商品を真似して安く売り出したり、少し改良したりする程度では、お客様の支持は得られない。


顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


どのような産業であれ、独創的な新商品や新サービスを生み出すことが最も大切。


市場において真似をしない商品開発を具現化し生産技術化していこうと考えています。それが実現しなければ消費者の方々に存在感のある企業として、期待していただくことはできない。


売上げ至上主義で、自社のブランドも主張しないで、売れる商品を作る下請けになればある程度は売れます。しかし、それでは会社としての独自性がない。


他のものを真似して作るのではなく、独自の技術で独自の差別化された商品開発をするのが基本。それが社会の役に立つならば、きちんとお金を払っていただけるでしょう。


昔は上司が「やれ」と言えば済みましたが、今の人たちは納得しないと動かない。


昔の経営の在り方とはかなり違ってきています。行く先は変わらないが行き方は違う。市場もあるので、それに対して変わっていくことはあるかもしれない。


会社を1つにまとめて職務を実行していくためには、行動できるような内容にして伝えていかなければいけない。聞いた途端にわかる指示じゃないと誰も動かないし、行動しなければ意味がない。


理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


新商品開発において常識的なマーケティングデータの収集と分析、それに基づく新商品開発では感動は与えられずサプライズは生まれません。挑戦する意欲と勇気が新商品開発にとって今こそ必要です。


青じそなど「ノンオイルスーパードレッシング」や「わかめスープ」などがゼロから市場を開拓した画期的な商品だと自負しています。これらの商品が成功したのは「独創的」で、なおかつ「お客様のニーズを満たす」とともに「お客様の感覚に何か強く訴えるものがあった」からではないかと思います。


堺美保の経歴・略歴

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

中村天風

私のところじゃ、何か事が起こるだろ。そうすると、「あ、私が悪かった」とこう言う。誰でもいいから、私が悪かったってことを言って罪を背負ってしまうと、喧嘩にならない。人が一言でも、「あ、私が悪かった、そこにそれを置いたもんだから、壊れたのね」というふうに言っちまうと、これ、喧嘩にならないよ。ところが、あなた方の家庭だと、善人ばかりだからいけねえ。何か事があると、「私はいいんだ、私は何も悪いことはしてないんだ。あの人が悪いんだ」とこうなるから、そりゃ好きに喧嘩をやりだすものね。


倉持淳子

時間管理の面で気をつけたいのは残業です。とくに注意したいのは、緊急の仕事があるわけでもないのに、なんとなく帰りづらい雰囲気が漂っているときです。流されてずるずると残業するのは時間の無駄です。あえて空気を読めないフリをして出るべきでしょう。言い出しづらい人はいっそ遠くに引っ越してください。私は熱海から東京の会社に通っていたため、10時半になると終電なのでと言って帰宅していました。


加藤諦三

失敗をどう受け止めるかということが、人間をテストする最良のものだと、カーソンという人がいっています。彼は運について研究した人です。さらに彼は、もっとも成功した人は不運から人生をスタートしているといいます。失敗のなかで鍛えられ、自分を向上させる人もいれば、失敗に負ける人もいる。「この失敗のおかげでこんなにいいことがある」と思えれば、失敗は苦しみになりません。


佐藤正午

僕の書いている小説のエピソード、そのひとつひとつはありえない話ではありません。たとえば『身の上話』の主人公・ミチルは、不倫相手にくっついてふらっと地元を出て行ってしまう。それ自体は僕の知人女性の実体験がもとになっています。その先で、たまたま宝くじで高額当選していることに気がついた彼女は、東京に居つくことを決めるのだけど、日本中のどこかで誰かが当選しているのだから、これもまた起こりうる話。さらに殺人事件に巻き込まれることについても、理由なく誰かが殺されてしまうことが簡単に起きる世の中ですから、なんら不思議ではありません。だけど、どれもたいていの人の日常からはかけ離れているから、事実をそのまま羅列するだけでは「こんなのありえない」と言われてしまう。はずみで駆け落ちするのならば、そのはずみがどういう経緯で起きたのかを何ページもかけて読者に説明して初めて、読者は「ああ、だからこういう事象に至ったのか」と納得してくれる。それを成すのが小説であり、嘘を本当に見せるということだと僕は思っています。


今瀬ヤスオ

結果は水物。それを責めてしまうと落ち込むだけ。


望月実

数字に強くなるということは、背後で起きているメカニズムを考えられること。


澤口俊之

新聞の社説を批判的に読むのも、複雑なものごとを理解して覚えるという記憶力の向上に効きます。毎日テーマが異なるので知識が増えますし、批判するためには更なる知識を使います。これを日々の習慣にすれば、判断力や決断力など別の能力も磨かれます。


南場智子

最近気をつけていることは、「理屈で話しすぎない」ということです。特に外部の方から誤解に基づくクレームを受けたり、あるいは折衝事において意見が異なる時、私のような元経営コンサルタントは正論やロジックで直接的な反論をしてしまいがちです。しかし実際は相手も理屈は十分に分かっていることが多く、ほかに言いにくい不満があったり、感情のやり場がなかったり。そんな時に分かりきった正論を振りかざしても「こと」はなせないどころか、火に油を注いでしまいます。


松井忠三

あえて難易度の高い状況に飛び込んでみるのは良い方法だと思います。そうすれば、ためらったり迷ったりする暇もなく前へ進めますから。


又吉直樹

虐げられている人は、もちろんしんどいけど、恵まれている人は悩んだらあかんような風潮もあるじゃないですか。「おまえぐらいで文句を言うなよ」って永遠に言い続けられる、みたいな。人それぞれの痛みや苦しみって、数値化して比べられない。だから自分の痛みはきちんと痛みとして受け止めながら周りの人の気持ちも理解できるようになればいいんだけど、今、逆に行ってるじゃないですか。「もっとたいへんな人、おんねんぞ」って。苦しむことすらできない人がつくられてる。いや、血ぃ出てるよ? なんで痛がったらいかんねんって思う。


江上治

足元、目先の相場の動きに一喜一憂しては長期のリターンを獲得するのは難しい。日経平均株価や円相場でも長期の視点を持って見る必要がある。


山下哲生(経営者)

会社の成長と社会の幸せは一致しうる。