名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堺美保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堺美保のプロフィール

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

堺美保の名言 一覧

何回会議をしても、行動しなければ事は何も進まない。進めるためには、部下が動けるようにしてやらなければならない。


独自性のある新しい生産技術で新しい差別化された商品をつくり、新しい事業力を発揮できる仕事をつくることこそメーカー本来の使命。


新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


得意分野でしっかり商品開発してこそお客様のお役に立てる。


ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


他社の商品を真似して安く売り出したり、少し改良したりする程度では、お客様の支持は得られない。


顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


どのような産業であれ、独創的な新商品や新サービスを生み出すことが最も大切。


市場において真似をしない商品開発を具現化し生産技術化していこうと考えています。それが実現しなければ消費者の方々に存在感のある企業として、期待していただくことはできない。


売上げ至上主義で、自社のブランドも主張しないで、売れる商品を作る下請けになればある程度は売れます。しかし、それでは会社としての独自性がない。


他のものを真似して作るのではなく、独自の技術で独自の差別化された商品開発をするのが基本。それが社会の役に立つならば、きちんとお金を払っていただけるでしょう。


昔は上司が「やれ」と言えば済みましたが、今の人たちは納得しないと動かない。


昔の経営の在り方とはかなり違ってきています。行く先は変わらないが行き方は違う。市場もあるので、それに対して変わっていくことはあるかもしれない。


会社を1つにまとめて職務を実行していくためには、行動できるような内容にして伝えていかなければいけない。聞いた途端にわかる指示じゃないと誰も動かないし、行動しなければ意味がない。


理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


新商品開発において常識的なマーケティングデータの収集と分析、それに基づく新商品開発では感動は与えられずサプライズは生まれません。挑戦する意欲と勇気が新商品開発にとって今こそ必要です。


青じそなど「ノンオイルスーパードレッシング」や「わかめスープ」などがゼロから市場を開拓した画期的な商品だと自負しています。これらの商品が成功したのは「独創的」で、なおかつ「お客様のニーズを満たす」とともに「お客様の感覚に何か強く訴えるものがあった」からではないかと思います。


堺美保の経歴・略歴

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

木川眞

「数兆円規模の市場で、ある事情に困っている企業が数千社あり、その潜在需要は1000億円です。だからうちはその10%をとりましょう」。現場からはよくこんな事業計画が上がってきます。けれども、マーケットのセグメントが多きすぎるとお客様のニーズは絞り込めません。そもそも巨大市場の10%をとるためにどんな商品をつくるのか、想像できますか。そうじゃなくてお客様が本当に喜ぶ可能性のあるサービスは何か。セグメントをぐっと絞り込む必要があります。そして絞り込んだマーケットの5割をとるのです。1000億円の10%も、200億円の50%も、収益は同じ100億円ですから。


岡島悦子

逆境に耐えて結果を出すのが経営者の仕事です。その力をつけるのは座学では無理。だから私は、できるだけ若いうちに逆境を体験することを勧めています。


根本次郎

欧米企業は業績が悪化すればドラスチックに従業員のレイオフ(一時解雇)を行いますが、日本企業はこれまでそのようなことをしてきませんでした。それは従業員がいちばん大事だからです。その意味で、終身雇用は人道主義的な立場に立った素晴らしい制度であり、日本が世界に誇れる経営システムだと断言できます。


林野宏

好奇心旺盛な子供のように、何事にも夢中になることは、心身の若さを保つ秘訣にもなるのではないでしょうか。


ジェームズ・アレン(自己啓発)

貧困や苦難などの厳しい状況の中でも穏やかさを保ち続けるには、動物的な勇猛さよりも、毅然とした気高い勇気が必要です。それは、相手を圧倒する強さとは別の、自分自身を律する強さです。その毅然とした精神の強さは、信念とともにあるものです。


高橋宣行

企画書などの見出しを書いたら「本当にそれで伝わるかどうか」、考えてみてください。


長谷川穂積

僕はあまり深刻には考えないんです。「今日はダメだったけれど、明日また頑張ろう」って。良くも悪くも深く考えないのがプラスに作用しているんじゃないですかね(笑)。何でもポジティブに考えた方がいい方向に行くんじゃないですか。


渡邉幸義

私が「利他の心」を重視し、アイエスエフネットグループの経営哲学の根幹に据えているのは、人と人がお互いに思いやることで一人の力が何倍にもなり、人も社会も成長・発展できると考えているからです。


二宮尊徳(二宮金次郎)

学者は書物を実にくわしく講義するが、活用することを知らないで、いたずらに仁はうんぬん、義はうんぬんといっている。だから世の中の役に立たない。ただの本読みで、こじき坊主が経を読むのと同じだ。


村口和孝

立ち上がりの新規領域は、リスクも大きいかわりに、最初の不確実な段階だからこそ、最先端企業になることが比較的容易だ。領域が小さいうちにいわゆるデファクトスタンダードとなり、急成長の上げ潮に乗る可能性がある。その新規創業ベンチャーも急成長後は、規模の力が働き、新業界をリードする存在として、他社に対して参入障壁が築ける。新規参入者は提携しか選択肢がなく、新リーダーとなったベンチャー企業を、提携がさらに大きなものに成長させてくれる。


杉原博茂

不毛なことを二度と起こさないためにも、やはり今まで通りのやり方を続けていてはダメなんだと気が付く必要がある。


渡辺雅隆

社長就任直後は、経営への批判が強くありました。社内が一つにまとまろうというよりも、ざわついているという感じを受けました。けれども、社員との対話を続ける中で、当初は「会社は」「経営は」という第三者的に語っていたものが、最近は、自分は何をすべきかという視点で「わたしは」と語る社員が増えてきたと感じています。