名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

堺美保の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

堺美保のプロフィール

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

堺美保の名言 一覧

何回会議をしても、行動しなければ事は何も進まない。進めるためには、部下が動けるようにしてやらなければならない。


独自性のある新しい生産技術で新しい差別化された商品をつくり、新しい事業力を発揮できる仕事をつくることこそメーカー本来の使命。


新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


得意分野でしっかり商品開発してこそお客様のお役に立てる。


ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


他社の商品を真似して安く売り出したり、少し改良したりする程度では、お客様の支持は得られない。


顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


どのような産業であれ、独創的な新商品や新サービスを生み出すことが最も大切。


市場において真似をしない商品開発を具現化し生産技術化していこうと考えています。それが実現しなければ消費者の方々に存在感のある企業として、期待していただくことはできない。


売上げ至上主義で、自社のブランドも主張しないで、売れる商品を作る下請けになればある程度は売れます。しかし、それでは会社としての独自性がない。


他のものを真似して作るのではなく、独自の技術で独自の差別化された商品開発をするのが基本。それが社会の役に立つならば、きちんとお金を払っていただけるでしょう。


昔は上司が「やれ」と言えば済みましたが、今の人たちは納得しないと動かない。


昔の経営の在り方とはかなり違ってきています。行く先は変わらないが行き方は違う。市場もあるので、それに対して変わっていくことはあるかもしれない。


会社を1つにまとめて職務を実行していくためには、行動できるような内容にして伝えていかなければいけない。聞いた途端にわかる指示じゃないと誰も動かないし、行動しなければ意味がない。


理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


新商品開発において常識的なマーケティングデータの収集と分析、それに基づく新商品開発では感動は与えられずサプライズは生まれません。挑戦する意欲と勇気が新商品開発にとって今こそ必要です。


青じそなど「ノンオイルスーパードレッシング」や「わかめスープ」などがゼロから市場を開拓した画期的な商品だと自負しています。これらの商品が成功したのは「独創的」で、なおかつ「お客様のニーズを満たす」とともに「お客様の感覚に何か強く訴えるものがあった」からではないかと思います。


堺美保の経歴・略歴

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

高田明(ジャパネットたかた)

ブランド力を向上させるには、会社を構成する社員一人一人の質を高めなければなりません。通信販売は、消費者と直接顔を合わせるわけではありません。テレビやラジオ、チラシなどを通して販売する商品を説明し、お客様から電話を受けて注文や質問に対応します。コミュニケーションのハードルが高いのは当然ですが、そこで人間の質が問われます。


遠藤保仁

サッカーって運動量やフィジカルが目立って見えますが、僕が試合で心がけているのは、頭を使うことですね。もちろん、容易ではありません。常に試合は動いていますから、どこにボールを出すスペースがあるか、敵と味方がどんなポジションか。それらを確認しながら、先を読んでプレーしなければいけない。


澤穂希

現役時代、休みは週に一日だけだったのですが、その日はチームメイトにはほとんど会わずに、学生時代の友人や違う分野の人たちに会って、サッカー以外のいろいろな話をしていました。「仕事も全力」「遊びも全力」を意識していて、それが精神的にもよかったように思います。それに、サッカーだけでなく、違う世界の人とも接したほうが、人生はより豊かになるという思いもありました。


常見陽平

いまの会社に評価されないから転職や独立を考える、というのは甘すぎる。転職を繰り返すほど年収は減るし、起業の多くは失敗している。「土地勘」のある自分の会社でさえ満足な評価を得られない人間が、外で成功できるとは思えない。むしろ社内評価は「ルールの決まっているゲーム」にすぎず、外に出るより簡単なはずだ。


澤田秀雄

チャレンジしなければ変化は起きない。変化しないと新しい製品やサービスは生まれてきません。


荻田伍

企業も商品も同じですが、じっとしていると瞬く間に飽きられてしまいます。飽きられることを防止するには、常に付加価値を積み重ねていくしかありません。その努力を一瞬でも怠ると、これだけ情報が飛び交っている世の中ですから、あっという間に陳腐化の波に飲み込まれてしまいます。


柳井正

経営者は自分が仕事をするのは当然として、社員に仕事をしてもらわないといけない。社風とか、価値観とかを組織に根づかせるのも、経営者の仕事です。


山内隆司

利益額を大きくするには、海外にせよ国内にせよ、地元企業とスーパーゼネコンが役割分担をして、地元企業にはできない困難なプロジェクトを我々がやるべきなのです。


出口治明

僕は、毎日2、3件の会合をハシゴして、深夜まで飲んで人と会っていました。また、他の同僚がやっていたゴルフをやらず、テレビも見ない代わりに、週末はひたすら読書の時間に充てていました。そして、夏と冬には、仕事を調整して2週間程度の休みを取り、あちこち旅にも出かけていたのです。この「人・本・旅」が自分への投資になり、今はその経験を本に書いたり、講演で話したりと、僕の仕事の一つにつながっていくわけです。


川島永嗣

数カ国語を同時に学ぶのも、試行錯誤の末に行き着いた方法です。ある言語だけ学んでいると、僕の場合、時々行き詰まってしまうんです。そんな時は、別の言語の勉強に切り替える。すると、発音や文法の共通点に気づき、一気に理解が進むことがあります。


外尾悦郎

どんな時代にも職人たちの現場には、技術やその伝統を守らなければ自分たちの価値がなくなってしまうのではないかという不安が存在します。しかし、なぜガウディはサクラダ・ファミリア教会の仔細な設計図を残さなかったのかを考えると、伝統を守ることや技術の伝承が大切なのではなく、時代ごとに人々への深い愛情を表現していくことが、この壮大な建築物をつくり続ける目的なのだということが理解できます。


正垣泰彦

世の中ってどんどん変わっていくんですよ。変化することが大事なんです。放射能の問題も変化するきっかけだと捉えています。農業はもちろん、畜産も漁業も絶対、これを機にいままでのやり方から進化すべきですよね。