堺美保の名言

堺美保のプロフィール

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

堺美保の名言 一覧

何回会議をしても、行動しなければ事は何も進まない。進めるためには、部下が動けるようにしてやらなければならない。


独自性のある新しい生産技術で新しい差別化された商品をつくり、新しい事業力を発揮できる仕事をつくることこそメーカー本来の使命。


新しい市場、新しい需要をつくろうと思ったら、人真似なんかしていられない。


得意分野でしっかり商品開発してこそお客様のお役に立てる。


ロングセラーになる商品は必ずユニークです。


他社の商品を真似して安く売り出したり、少し改良したりする程度では、お客様の支持は得られない。


顕在化したニーズを新商品にしても魅力が乏しい。


どのような産業であれ、独創的な新商品や新サービスを生み出すことが最も大切。


市場において真似をしない商品開発を具現化し生産技術化していこうと考えています。それが実現しなければ消費者の方々に存在感のある企業として、期待していただくことはできない。


売上げ至上主義で、自社のブランドも主張しないで、売れる商品を作る下請けになればある程度は売れます。しかし、それでは会社としての独自性がない。


他のものを真似して作るのではなく、独自の技術で独自の差別化された商品開発をするのが基本。それが社会の役に立つならば、きちんとお金を払っていただけるでしょう。


昔は上司が「やれ」と言えば済みましたが、今の人たちは納得しないと動かない。


昔の経営の在り方とはかなり違ってきています。行く先は変わらないが行き方は違う。市場もあるので、それに対して変わっていくことはあるかもしれない。


会社を1つにまとめて職務を実行していくためには、行動できるような内容にして伝えていかなければいけない。聞いた途端にわかる指示じゃないと誰も動かないし、行動しなければ意味がない。


理研ビタミンは固有の技術を活かし独自性のあるものを開発する。人真似はしないという考え方が源流にあります。もちろん、商品政策上、既に世の中にあるものをつくることもありますが、基本的なもの、核になるものは人真似しません。


新商品開発において常識的なマーケティングデータの収集と分析、それに基づく新商品開発では感動は与えられずサプライズは生まれません。挑戦する意欲と勇気が新商品開発にとって今こそ必要です。


青じそなど「ノンオイルスーパードレッシング」や「わかめスープ」などがゼロから市場を開拓した画期的な商品だと自負しています。これらの商品が成功したのは「独創的」で、なおかつ「お客様のニーズを満たす」とともに「お客様の感覚に何か強く訴えるものがあった」からではないかと思います。


堺美保の経歴・略歴

堺美保、さかい・よしやす。日本の男性経営者。「理研ビタミン」社長・会長。東北大学農学部食糧化学科卒業後、「理研ビタミン油(のちの理研ビタミン)」に入社。草加工場技術グループリーダー、本社食品企画室長、取締役、常務取締役、代表取締役専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

豊田章男(モリゾウ)

風が止まったり逆風に変わったとしても持続的に前に行けることが大事で、そのようにするためには、やはりペース配分が大切。


矢野博丈

注意しなければならないのは、お客さんの変化はこれからも続くということです。いまのお客さんの傾向は、あくまでいまのものにすぎません。これからいくらでも変わっていく可能性があります。


マックス桐島

自分の知識の範囲でしか会話ができないのは、守備範囲の狭い野球選手のようなもの。決して重宝がられず、新しい可能性に挑戦することもなく消えてゆきます。


田中仁(経営者)

メガネには、視力補正、目を守る、よりよく見えるという3つの機能を持たせています。しかし、これは全部外の世界に対してのもの。外の世界を見るものという発想を変えて、内側、つまり「自分を見る」という機能も実現できるのではないかという視点から開発に着手しました。目は心の窓、目は口ほどに物を言う、という言葉からもわかるように、目は非常に多くの情報を有しています。自身の状態を知ることで新しいライフスタイルを提供することを約束します。


後藤昇(経営者)

当社は確かに合格点はつけられると思います。けれど満点ではありません。グローバル化にしてもアジアはテクニカルサポート体制を含めて充実しているものの、今後は世界のどこでも同じ価値をお届けする必要があるでしょう。


大木優紀

入社したての頃は、肩肘張っていたというか、カッコつけてたんですよ。「素の自分を捨て、立派なアナウンサーにならなければ」と思い、新人研修のときから、髪の毛もメイクもバッチリ整えて、言葉少なくすましていた。周囲の人から見たら、相当取っつきにくかったと思います。実際、同期の前田(有紀アナ)にも「最初は話しかけづらかったよ~」と言われました。でも、バラエティ番組内での前田とのマイクパフォーマンス対決で取り乱したり、番組降板ドッキリや激辛料理企画で号泣したりと、素の自分をさらけ出すうちに、それまでのカッコつける自分がいなくなった。すると仕事を楽しめるようになったんです。


岩田聡

ときには踏み鳴らされた道を離れ、新しい道に入ってみる。そこで出会った偶然を活かせば非連続的な変化を起こせる。人と違うことをするのは常にリスクを伴いますが、不可能だと思ったことを可能にできる自信がつけば、みんなが新しい道に進もうとする。


高橋茂雄

最近、僕が大事にしているのが、年賀状です。ある番組をきっかけに筆ペン習字にハマり、2年前から、年賀状を全部手書きで書くようになりました。黒、金、赤と3色を使い分けて、相手によって文面やデザインは全部変えます。「この人なら、何を書いたら喜んでくれるかなぁ」と相手のことを考えている時間がたまらなく楽しいんですね。僕の場合は、手渡しが基本。元日に番組で会う人や、正月に会う予定がある人をあらかじめ想定しておいて、1枚ずつ渡してます。ニヤッとしながら、「ありがとうな」と言ってもらうのがうれしい。もらって迷惑そうな人なんて、絶対にいませんよね。自然にほころぶようなあの感じが、年賀状ならではで、いいんですよ。


アレックス・ラミレス

気分転換法はあえて言えば音楽です。しかし常に一定レベルのポジティブな気持ちを保つことで、気分転換をしなくてもいいように心がけています。


竹下佳江

身体は小さくても、心はでっかく。


伊丹万作

法則とは自分で発見したら役立つが、人から教わるとあまり役に立たない。


松本晃(経営者)

豊かさとは「金銭的」なものだけとは限らない。いまの時代は「時間的」とか「社会的」な豊かさを求める人が増えています。会社はそれに応える必要がある。


樋口武男

過去を語っていても飯は食えない。


大山健太郎

僕は採用基準に、はっきりと順番をつけています。一に人柄、二に意欲、三に能力です。おわかりだと思いますが、これ、世の一般企業と逆です。


青井忠雄

バリバリやる企業という丸井のイメージと、中庸を保てという私の「ほどほど哲学」は一見矛盾しているように見えるかもしれない。だが、物販からキャッシングまで幅広く積極展開している丸井のビジネスは、あくまで私の「ほどほど哲学」の具現化なのです。もし、私が足元を見ずに突っ走る人間であったなら、今日の丸井はなかったかもしれない。


ページの先頭へ