堤真一の名言

堤真一のプロフィール

堤真一、つつみ・しんいち。日本の俳優、ナレーター。兵庫県出身。高校卒業後、ジャパンアクションクラブ(JAC)に入団。真田広之の付き人を経て、『天守物語』出演を機に本格的に役者を志す。その後、演劇、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍した。主な受賞に日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・優秀男優賞・優秀主演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、ほか。

堤真一の名言 一覧

頑張る、頑張らない以前に、自分が本当にやりたいことは何だったかと問いかける。すごく難しいんですけど。


「昔はよかった」っていう生き方が、一番いけないと思っています。


そのときはわからないけど、40代や50代になったときに、30代で頑張っていなかったらいまはないんだなぁってすごく実感すると思います。


20代のときは手探りで歩いていた感じでしたが、30代は少し落ち着いてくる。自分の個性を受け入れつつも、いまの自分が嫌だから変化しようとする。40代を過ぎると、30代でやっていたことが少しずつ形になっている気がします。


「追われている」という意識は、実は自分にも常にあります。仕事が続けば続くほど、「これでいいのか」「ちゃんとできているのか」と。20代、30代はがむしゃらに頑張ってきましたが、キャリアを積んで40代になった頃、苦しさが増してきました。自分自身としっかり向き合えるようになってからが逆につらかったのです。


今の社会には正しいとされている価値観があって、何となく「レールの上に乗ってしまっているな」と感じることってあると思うんです。でも、自分が本当にやりたいことは何だったか、何が好きでどんな夢があったのか――。そこに立ち返って、一歩でも踏み出す勇気が大事なんじゃないか、と。


集中の仕方を試行錯誤できるようなりました。ただ目の前のことだけを見据えるのが、必ずしも良い結果を生むわけではないんです。時には一歩引いて、自分を客観視する視野が開けてくれば、見えてくることもあります。目の前の仕事に焦点を合わせることと、客観視すること。40代以上になってから、この行為を行ったり来たり繰り返せるようになりました。


駆け出しの頃は、仕事で家を1か月ぐらい空けることも多かった。その時は部屋をメチャメチャ綺麗に掃除してから出発することにしていました。もし、自分が死んだら、身内が部屋を片付けに来るでしょう。その時に迷惑を掛けたくなかったんです。当時は食べるのもやっとで、いつ野垂れ死にするかも分からないと思ってましたから。


「新しい信長像をつくりたい」と言うしかなかったんです。まさか、「誰々さんの演じた信長を踏襲します」とは言えないでしょう(笑)。実際は、最初から具体的な信長像を持って挑んだわけではないんです。ただ、演じる上で、自分の中での「理由付け」をきちんとしようとは考えていました。信長には強さのイメージがありますが、「単にそういう性格だから」では済ませたくなかった。信長が激しかったり、暴力的だったりするのは、人としての弱さや不安の裏返しだと解釈したんです。そうした理由付けを1つずつした上で演技しようと。
【覚え書き|映画『本能寺ホテル』について】


今でも自分が「壁を乗り越えて成長した」という実感はありません。でも、自分の成長を少しだけ象徴するようなことが実はあります。セリフを覚えずに舞台の本番になってしまう……という夢をよく見るのですが、その夢の中での対処の仕方が、年齢と共に変わってきたのです。若い頃は「どうしよう!」とパニックになって目が覚めていたのですが、40代くらいからは「台本を持ってでも舞台に出てしまえ!」と考えるものの、その台本が見つからない……という夢。50代になった最近では、「覚えていなくても乗り切ろう」となんとなく舞台に出て、一幕やり切ってしまう、という内容に変わりました。60代になって見る夢では、台本を覚えていなくても舞台を演じ切ってしまうかもしれません(笑)。これは夢の話ですが、「恥をかいてでも出よう」という意識が芽生えてきたのは最近のことです。「どんなときも、前に進むしかない」という心境です。


堤真一の経歴・略歴

堤真一、つつみ・しんいち。日本の俳優、ナレーター。兵庫県出身。高校卒業後、ジャパンアクションクラブ(JAC)に入団。真田広之の付き人を経て、『天守物語』出演を機に本格的に役者を志す。その後、演劇、映画、テレビドラマなどで幅広く活躍した。主な受賞に日本アカデミー賞最優秀助演男優賞・優秀男優賞・優秀主演男優賞、ブルーリボン賞助演男優賞、ほか。

他の記事も読んでみる

安田佳生

仕事時間を減らすことは決して不可能ではありません。方法がないのではなく、忙しすぎてそれを考える余裕がなくなっているだけなのです。残業をやめ、週休3日にすると、仕事時間は半分に減ります。時間が半分にまで減ると、どんなに頑張ったところで、これまでの仕事はこなせなくなります。頑張ってもどうにもならないとわかると、人はガムシャラに頑張るのをやめ、頭を使って別のやり方を考えるようになります。そのためには考える時間をどう確保するかがポイントとなります。


古川享

幸せの訴求ポイントがモノ中心ではなくなったこと、一人一人の幸せの価値観が違ってきているというこの二つを考えあわせていかなければならないのですが、ソフトウェアを中心に考えていくと、その答えは出しやすいんです。パソコンでいえば、ソフトウェアが目に見えない一人一人の価値観を実現してくれます。ソフトウェアに盛り込まれているコンテンツそのものが幸せをもたらしてくれるんです。


清水克彦(報道キャスター)

第一印象で言えば、人は見た目が95%。特に地位が高い人ほど、相手の服装や持ち物に興味を持つ。以前取材したある大物政治家は、私が持っていたブランドのバッグに真っ先に気づき、「それ、いいね」と、ひとしきりそのブランドの話で盛り上がったこともあります。また、表情も大切。人は本能的に明るいものに引き寄せられる。いつも眉間にシワを寄せている人より、穏やかな笑顔を浮かべている人の方に、人は積極的に話しかけ、力を貸したいと思うものです。


伊東信一郎

現状に安住してはいけない。前例や常識にとらわれず、新たな発想を持って大改革を進めていく必要がある。


齋藤孝(教育学者)

かつて私は、小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトなどを主導された工学博士の川口淳一郎先生と対談させていただいたことがある。その際に強調されていたのが、「科学における問題発見の大切さ」だ。「どこに問題があるのか」「なぜこうなるのか」という明確な問いを立てられれば、あとはそれを技術的にクリアする方法を考えればいいだけ。「発問力」こそが創造力の源と言える。


千本倖生

私はいかに速く黒字を出すかに注力する。どうやったらよりスリムになるかに全精力を注いで、あらゆるところを全部見直した。社員も全部タクシーは禁止です。以来うちのネームタグは「一円の節約は一円の利益」で、標語にもしています。


市川忍

第一に、正しくあれ。きわめて平凡なことであるが、正しくあれば必ず強く、強いものは当然、明朗でもある。


森川亮

若いうちから貯蓄に励んだり、年金の心配をしたりする人がいます。将来に不安があるのは分かりますが、緊縮財政を敷きすぎて、可能性の芽を自ら摘んでしまっているかもしれません。お金の使い方は、会社の経営と全く一緒です。未来に向けて目標を設定し、投資するものが決まったなら、躊躇なく投資することが重要です。


山田隆持

我々がお客様満足度を上げる努力をしているのは、クチコミ情報の威力を知っているからなのです。TVCMでは、当然のことですが、各社ともにいいことしか言いません。しかしクチコミは違います。ドコモがいいサービスを提供すれば、お友達などに「やっぱりドコモっていいよ」と言っていただける。これこそ、我々にとって最強の武器だと考えているのです。


浜口友一

重要なシステムとは、社内のどれだけ影響を及ぼすかが尺度になります。そのシステムにトラブルが発生したら、どれだけの顧客や取引先に迷惑をかけるのかどうかで、重要度を区分すればいいわけです。


茂木健一郎

仕事柄、いろいろな方にお目にかかる。経営者やベテランのビジネスパーソンの場合もあるし、若い社会人や、学生さんとも会うことがある。そんな中、「できる人」と、「できない人」を比較したときに、見分けるための一つの指標になることがある。「できる人」の特徴。それはずばり、自分の目標をやたらと人に言わないこと。逆に言えば、「私はこれを目指しています」「ぼくはこんなことをしたい」と言い続けている人は、結果が出ていないことが多いのである。どうやら、目標を言うことで、すでに満足してしまっているようなのだ。


門昌央

上司など、断りづらい相手からの頼みなら、条件つきで引き受けるという方法もあります。22時ごろまでかかりそうな残業を頼まれたら「20時くらいまでならできます」と答えるのです。「できる」「できません」ではなく、その中間をとるわけです。曖昧さを好む日本人に対しては、有効だと思います。


佐藤勝人

うちのお客さんに限らず、どんな人でもコミュニティ、すなわち「よいつながり」がほしいと思っているはずだ。いくらネットが普及して便利になっても、人と人とのつながりがない生活はさびしいものだから。その点、うちのお客さんたちはサトーカメラに来ることで、もともと趣味ではなかった写真を趣味にして、みんなで一緒に楽しむことができるようになった。我々は、そういうコミュニティをつくることができたと思う。


林野宏

ビジネスを成功させるのに一番大事なのは情熱。2つ目に危機感。


山田敏夫

ブランドの原点はモノ作りの現場。工場の自主性がなければ、ブランドは生まれない。


ページの先頭へ